部落解放同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
  1. 東京都中央区入船1-7-1にある現在の部落解放同盟中央本部の画像
画像提供をお願いします。2012年12月
部落解放同盟
Flag of Buraku Liberation League.png
荊冠旗(部落解放同盟の旗)
The Headquarters of Buraku Liberation League.jpg
かつて東京都港区六本木にあった旧・部落解放同盟中央本部
略称 解放同盟
設立年 1946年
(部落解放全国委員会設立)
種類 同和団体
本部 日本の旗 日本東京都中央区入船1-7-1
設立者 松本治一郎
ウェブサイト http://www.bll.gr.jp/

部落解放同盟(ぶらくかいほうどうめい)は、部落差別の解消を目的に標榜している同和団体である。関係者みずからによる略称解放同盟[注釈 1]。関係者の間では単に「同盟」と呼ばれることもある。解同と略されることもあり、この略称は裁判所でも使われており、特に日本共産党はカギカッコつきで「解同」と表記する。また、警察庁出身の佐々淳行部解と略している[2]。裁判所によって部解同と略されたこともある[3]

民主党の主な支持団体の一つであり、同党に組織内候補を輩出している。地域によっては自民党公明党社民党新社会党などを支持する場合もある。

規約では「部落民でない者についても、都府県連合会で審査決定し、中央本部の承認により同盟員とすることができる」と定めるが[4]、過去には、部落外の協働者から「部落外の人間からの批判の拒否」を指摘されたこともある[5]

歴史[編集]

1922年大正デモクラシーの空気の中で、全国水平社が結成された。戦前の運動は、1940年の大会で国歌斉唱・宮城遥拝英霊に対する黙祷で幕を下ろすまで続けられた。

戦後部落解放運動は、戦前の水平運動、融和運動双方の活動家の大同団結した部落解放全国委員会の結成によって始まった。同委員会は1955年、大衆的運動団体であることを明確にするために、部落解放同盟と改称するが、その一方、55年体制の対立構図が明確化する過程で融和運動系列の活動家を除名、60年代後半から70年代前半にかけては日本共産党活動家を除名。除名された者たちはそれぞれ別組織を結成した。その結果、自由民主党系の全国自由同和会日本共産党系の全国部落解放運動連合会(全解連)、そして1955年結成の部落解放同盟に分かれて推進されることになる。

部落解放同盟内部の日本共産党系の派閥は、内閣同和対策審議会答申(1965年10月8日)を「毒まんじゅう」であり自民党との妥協の産物であると批判。一方、部落解放同盟内部の日本社会党系の派閥は同答申を歓迎した。佐々木隆爾によると、この部落解放同盟の分裂劇の裏側には、部落解放運動の主流から共産党勢力を排除し、部落解放同盟内の利権派に主導権を握らせ、部落解放運動を体制の中に取り込もうとする旧内務省系の自民党右派議員グループ「素心会」の思惑があったという[6]。以後、1970年代にかけて共産党系の勢力が社会党系の勢力に排除され、今日に至る。このような経緯から、日本共産党と部落解放同盟は反目を続けている。

日本共産党との対立が爆発したのが、1974年に起きた八鹿高校事件である。もともと日本共産党系の部落問題研究会が設置されていた兵庫県立八鹿高等学校で、部落解放同盟系の生徒が部落解放研究会を結成しようとしたのを、日本共産党系の教師が非公認としたことから、部落解放同盟が組織的に解放研の生徒の支援に乗り出し、教師を糾弾するに及んだ。このとき、日本共産党支持の教員のみならず日本社会党支持の教員や支持政党のない教員も暴力の被害を受けている[7]。当時は部落解放同盟の不祥事に関する報道がタブー視されていたことから、全国紙はこの事件を積極的に報道しようとしなかった。日本共産党はこれらの事件を国会で取り上げ、部落解放同盟を非難している。

部落解放運動の草創期から「言った・言わない」による暴力的な吊し上げが行われていた。その頂点が八鹿高校事件であった[8]。また、糾弾の対象とした宗教団体・企業・マスコミなどを「同和問題にとりくむ宗教教団連帯会議」(同宗連)、「同和問題に取り組む全国企業連絡会」(同企連)、「出版・人権差別問題懇話会」「人権マスコミ懇話会」などの組織に糾合し、参加費を徴収し、部落解放同盟の研究集会や糾弾会に糾弾側として動員している[9]。この間の事情について、部落解放同盟員は「将棋のコマや思ってくださったらええねん。将棋の場合は相手のコマを取ったらそれをまた今度は自分のコマで使うでしょう。そういうことなんですね。だからね、最近は企業の人、行政の人の発言の方が僕なんかよりも解放同盟寄りの発言だったりする。僕があべこべに『あんたはほんまに解放同盟ですか』と言うてやられるんだから(笑)」と説明する[9]

日本共産党は「部落問題は既に解決している」として全解連を解散し、人権一般を扱う団体に衣替えした。部落解放同盟も部落のみならず、障害者解放など社会的少数者全般の権利を擁護するとのスタンスに変わりつつあるが、部落問題を最終的に解決するのは行政の責任だとする立場は堅持している。

部落解放同盟は、かねてから日本社会党公明党民社党社会民主連合との関係を重視してきた。現在は、民主党との関係が深い[10]が、小森龍邦・部落解放同盟元書記長は、新社会党委員長を務めていた。ただし本来の部落解放同盟は多種多様なイデオロギーの持ち主が集まった大衆団体であり[11]、「部落解放同盟という看板あげてるけども、外したらやってること言うてること自由同和会とそんなに変わらへん」[12]との声も内部にはある。

公式方針としては反天皇制をスローガンに掲げており、1974年6月の部落解放同盟の「子ども会」では

  1. 日本共産党
  2. 橋本浙子(日本共産党員。矢田事件への見解が原因で勤務先の大阪市役所から研修名目による職場いじめを受け、法廷闘争をおこなった)
  3. 昭和天皇
  4. 機動隊

などを「6つの敵」と称し、この6つをかたどったロボットをつくり、これらを倒す競争をさせていた[13]

しかし末端レベルには天皇崇拝者もおり、「家の中行ったら天皇陛下の写真と日の丸があって、それで支部長やってる」場合もあるという[14]。「日本塾」の右翼が部落解放同盟に入り込んで幹部になった例も指摘されている[15]

1995年当時、部落解放同盟には

  1. 旧社会党の「党員協」
  2. いわゆるソ連派の「日本のこえ」
  3. 中国派の「中国研究会」

の3つの流れがあった[16]。元々は「党員協」が主流で、松本治一郎上杉佐一郎もこの派閥に属する[16]。しかし1995年までには「日本のこえ」が主流派閥となり、「日本のこえ」の上田卓三が書記長となる[16]。これに伴い、「日本のこえ」と対立関係にある新社会党の小森龍邦は書記長を解任されるに至った[16]。かつての岡山県連合会(「中国研究会」系)のように、同盟中央の方針に対立したために解体された例もあり、中核派系統の支部が同盟中央から機関解体されて部落解放同盟全国連合会(全国連)となった例もあり、部落解放同盟は一枚岩の組織ではない[17]。また、同盟中央から解体されてからも自らの正統性を主張し、行政から補助金を受け続けている組織もある[18]

1999年4月30日、広島県教育委員会は、君が代の斉唱を推進する立場をとり、教員と対立した県立校長の自殺事件の背景に、解放同盟県連や日教組の「圧力」があったとする調査結果を発表した。

2002年に同和立法が期限切れを迎え、一部地方自治体において同和予算を見直す動きが出る。これに危機感を持った部落解放同盟は同和立法の代替法として人権擁護法案の成立を強く推進。メディアでは関係の深い朝日新聞社に強く働きかけを行っており、2005年の通常国会時は専務取締役の坂東愛彦や社会部の本田雅和などが同調し、紙面の論調に反映された。これに対して、共産党は赤旗などを通じて反対姿勢を鮮明にした。

部落問題研究所は部落解放同盟を憲兵特高刑事になぞらえている[19]。全解連もまた

「戦前の国民は、天皇の国家の名で民主主義のかけらもない暗黒支配のもとにおかれて、自由、権利を圧殺されていた。天皇を批判し、冗談にもやゆするものは、それだけで『不敬罪』として逮捕され、牢獄にほうりこまれたのである。これとは、次元がちがうが、『解同』朝田派を批判したものだけでなく、かれらににらまれたものは、それだけでも、"差別糾弾"の対象にされ、"糾弾学習会"とよぶ監禁、どうかつ、脅迫、暴行をうけなければならないのである。このようにみてみるならば、『解同』朝田派の部落排外主義とは、鉄面皮な新しい差別主義である」[20]

と述べている。戦前の特高が内務省警保護局保安課編『特高月報』を通じて国民の不敬発言とされたものを便所の落書きに到るまで逐一監視し記録していたように、部落解放同盟もまた「部落解放基本法」の永久立法の必要性を世に訴えるために「部落解放基本法制定要求国民運動中央実行委員会」名義で小冊子『全国のあいつぐ差別事件』を毎年刊行し、国民の部落差別発言とされるものを便所の落書きに到るまで逐一監視し記録している。

「日本のこえ」派で上田卓三のブレーンであり、部落解放同盟の「影の書記長」「影の委員長」「最大の権力者」ともいわれた[21]大賀正行部落解放・人権研究所名誉理事、元部落解放同盟中央本部顧問)は、部落解放同盟を「人権同盟」と改称し、部落問題だけではなく人権問題全般を扱うNGOに改組し、行政の補助により運営していく構想を持っている、とも伝えられる[22]

最盛期には18万人いた部落解放同盟員は、同和対策関連法の失効(2002年)を経て、2012年現在、6万人に激減している[23]飛鳥会事件ハンナン事件八尾市入札妨害恐喝事件大阪府同和建設協会談合事件芦原病院問題京都市環境局不祥事奈良市部落解放同盟員給与不正受給事件などの相次ぐ不祥事を受けて、部落解放同盟大阪府連飛鳥支部の元幹部は「部落差別はほとんどなくなってるから、解放同盟はもう要らんと思う。別に解放同盟がなくても生活できるやん。結婚差別はまだあるで。でも、それも一部やろ。解放同盟はすでに役割を果たし終えた」と語っている[24]

政界との関係[編集]

初代委員長の松本治一郎や長らく書記長を務めた田中織之進日本社会党の国会議員であり、社会党との友好関係が最も深く、松本英一や、上田卓三谷畑孝などの組織内議員を擁していた。

55年体制崩壊後の政界再編の中で、軸足を新たに結成された民主党に移し、2004年に部落解放同盟中央書記長であった松岡徹が民主党公認で参院選比例代表区に立候補し、当選。民主党『次の内閣』ネクスト法務副大臣(2007年9月就任)となっており[25]、また部落解放同盟副委員長の松本龍なども民主党に所属している。

ただし一部の地方では、自由民主党議員の支援も行っており[26]、全国大会では、自民党、民主党の他、公明党社会民主党などの政党からも来賓の出席や祝電の披露がされている。

暴力団との関係[編集]

被差別部落から多数のヤクザが誕生してきた歴史的経緯から、部落解放同盟もまた暴力団と深い関係がある[27]。たとえば部落解放同盟大阪府連合会では、西成支部長が元酒梅組準構成員、荒本支部副支部長が山口組系暴力団組員、飛鳥支部長が山口組系金田組幹部、寝屋川支部長が伊藤組組頭、執行委員が元土井組系津田組組員といった具合である。部落解放同盟傘下の土建会社の団体である同和建設協会(同建協)の加盟業者も暴力団と関係が深く、同建協初代専務理事(部落解放同盟羽曳野支部員)は小三組最高幹部、同建協会長(部落解放同盟浪速支部副支部長)は小三組組長の三男、大新土木建設社長は酒梅組組長、東大阪清水建設社長は山口組系川崎組幹部、南方建設社長は山口組系一(はじめ)会内都会会長代行、麻建設社長は砂子川系麻組組長である[27]1971年3月には、部落解放同盟員が大阪府八尾市役所でピストルを発射して助役を脅迫した事件もあった[28]

部落解放同盟の支部役員のポストをめぐる争いに暴力団が介入したこともある[27]。1974年11月から12月にかけて、部落解放同盟大阪府連合会浪速支部で、同支部書記長とその弟の部落解放浪速生協専務理事長らを中心とするH派が、浪速地区の同和地区施設からあがる利権に目をつけ、同和促進協議会(同促協)浪速地区会長Nを病気と偽り、勝手に作った辞任届を大阪市同促協に提出した[27]。これに怒ったN派がH派の私腹を肥やす乱脈ぶりを暴露し、山口組系暴力団白神組を使って実力行使に出た[27]

この抗争事件は国際的なスキャンダルとなり、『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』紙(1975年1月20日付)に「日本の部落解放同盟は暴力が利権をもたらすと考えているようだ」という見出しのもと、「浪速区内での2つの建設業者の利権争いから、解放会館が町のギャングに襲撃されるところまで事態はきた。これらの襲撃を防ぐために、部落解放同盟事務所のまわりにたくさんの防衛員を配置している」と報じられた[27]

1985年5月には、覚醒剤取締法違反、賭博、銃砲等不法所持、火薬類不法所持などの前科を持つ部落解放同盟宮崎県連合会延岡支部長(暴力団石井組系山崎組系岸本組組長)が愛人をピストルで射殺し、殺人と死体遺棄で指名手配を受け、1987年に逮捕される事件も起きている[29]

資金源[編集]

部落解放同盟の資金源の一つに、税金の同和減免措置を利用した脱税の請負料がある[30]

部落解放同盟傘下の企業の組織に「部落解放大阪府企業連合会」(略称は大企連または企業連)というものがある[31]。この大企連に入っている企業は、税務申告の際に大企連を窓口にすれば1000万円の所得が300万円から400万円に、2000万円の所得が500万円から600万円に圧縮され、所得の3分の2が「減免」される[31]七項目の確認事項)。このとき、減免された金の一部が「税対策カンパ」という名目で部落解放同盟のものになる仕組みである[30]

部落解放同盟亀岡市野条支部の1980年度会計決算書によると、収入総額2405万円のうち、90パーセントにあたる2165万円が「税対策カンパ」で占められていた[30]。ついで支出の項目を見ると、そのうち62パーセントすなわち1355万円が「大企連上納金」として部落解放同盟大阪府連合会に納められている[30]。一方、支部員会費収入は67万円で、収入総額の3パーセントにも満たなかった[30]

1985年3月には、部落解放同盟亀岡市馬路支部長が京都市右京区の主婦に「解放同盟のワシに任せてくれたら税金を安くする方法がある。税務署には話がついている」「700万円の税金が270万円になる」と持ちかけたことがある[30]。不審に思った主婦が右京税務署に確認したところ、総務課長が税金の同和減免措置を背景に「あなたの件は支部長さんから聞いてます」と返答[30]。安心した主婦は支部長に270万円を渡し、その全額が部落解放京都府企業連合会(京企連)のものとなった[30]

その後、1986年4月、主婦は相続した土地に対する税務署の抵当権の抹消を確認したところ、そのままになっていることを発見[30]。右京税務署に問い合わせると、総務課長は「例の件は無理です」と通告した[30]。主婦が支部長に270万円の返金を求めると、支部長はこれを拒否し、「文句をいえば命がないものと思え」と脅してきた[30]。最終的に主婦は日本共産党の事務所に相談し、1986年11月、全額を支部長から取り戻した[30]

なお、部落解放同盟に加盟すると上述の減税・免税措置のような恩恵が受けられる反面、部落解放同盟の支部の規約には「支部を脱退する場合、部落解放運動の中で得た全ての条件はこれを返却するものとする」と定められている[32][33]。具体的には「部落解放運動の中で得た条件とは、同和住宅入居者は住宅を明け渡さなければならないし、運動の中の資金融資はこれを返さなければならない」ということである[33]

この他、部落解放同盟京都府連合会は、解放センター建設資金のカンパを、みずから糾弾した企業から徴収して問題となり、部落解放同盟東京都連合会の幹部数人は、「地名総鑑」糾弾闘争を通じて「地名総鑑」購入企業の顧問や相談役に就任し、やはり問題となっている[34][35]。部落解放同盟から糾弾を受けた企業は年間16万円から23万円の会費を徴収されて「同和・人権問題企業連絡会」(同企連)への加入を要求され、部落解放同盟の研究集会や糾弾会(糾弾側)への参加、「人権擁護法」制定運動への協力、部落解放同盟員の講師による有料の「人権啓発講演」の開催、同和研修の教材の購入を求められる[36]。大阪同企連の場合、企業144社から年間2800万円程度を集めている[36]。高知では、事業の設計単価を部落解放同盟が行政から事前に聞いておき、特定の事業者にその情報を漏らし、その業者が落札すると落札した単価の3パーセントが部落解放同盟に入るという問題が起きていた[37]

このことから、人権連の側では部落解放同盟そのものを「えせ同和行為の本家」と批判している[38]徳島県川島町では、町議の日出和男(無所属)が「解同はえせ同和行為」と議会で批判し、一度は差別発言として議会から1998年に除名処分を受けたが、1999年徳島地裁で除名取り消しの判決を勝ち取ったこともある[39][40][41]

組織体質への批判[編集]

八鹿高校事件で被害者側の弁護士をつとめた山内康雄は4つの根拠を挙げて「部落解放同盟こそ『差別性』の塊である」と批判している[42]

  1. 民族差別。八鹿高校事件の被害者の中には朝鮮民族出身の教員がおり、部落解放同盟や解放研生徒からは「○○(教員の名)チョウー」と侮蔑的に呼ばれていた[42]。法廷で被害者側の弁護士の山内康雄が「それは民族差別ではないか」と質問すると、部落解放同盟は何も反論できなかった[42]1992年9月には、金靜美が部落解放同盟大阪府連合会矢田支部と矢田解放教育共闘会議が共催する集会で「全国水平社と侵略戦争」というテーマによる講演を依頼され、水平社の戦争協力を批判する内容の講演を行おうとしたところ、「刺激が強すぎる」「この内容では、大衆に聞かせるわけにはいかない」との理由で、部落解放同盟から講演を妨害されたことがある[43]。金靜美はまた、部落解放同盟初代委員長の松本治一郎による、満州時代の「偽医者」行為について「もし、松本治一郎が、日本帝国主義者の中国侵略に批判的であったなら、『大日本国一等軍医監』と自称することはできなかっただろう」「松本は、日本侵略軍に所属する医者であるかのようにふるまい、中国民衆を『治療』し、金銭を得ていた。あやまった『医療』は、しばしば人命にかかわることがある。松本はなぜ、中国では、このような詐欺をおこない、日本ではおこなわなかったのだろうか」[44]と松本を批判している。ところが部落解放同盟は、松本の「偽医者」行為を「行く先々で近代的医療から見放された人々から歓迎され」たと賛美している[45]
  2. 男女差別1975年から1976年にかけて、兵庫県八鹿町養父町朝来町で住民訴訟が起き、部落解放同盟のための違法な公金支出が問題となった[42]。このときの焦点の一つに、狭山闘争等への支部同盟員の動員日当があった[42]。日当の金額には明確な男女差が設けられていた[42]。また、八鹿高校事件では部落解放同盟員の男が24歳の女性教師に対して強制わいせつ行為をおこなっていた[42]。このほか、1972年4月には、もろさわようこ長野県における全国婦人集会で「職場で社会主義共産主義を唱えている活動家に部落問題を尺度にあてたら、それが本物か偽物かわかります。さらに、部落解放運動をしている方に女性問題を尺度にあてたら、それが本物か偽物かわかります」と発言したところ、部落解放同盟中央本部から「部落解放同盟の中に分断を持ち込んだ」との理由でボイコットを受け、すべての部落解放同盟支部でもろさわの講演が差し止められたことがある[46]
  3. 思想差別。八鹿高校事件の当時、部落解放同盟は自治体に支出させた公金で「差別者集団日共宮本一派糾弾」「八鹿高校差別教育糾弾」などの立て看板を3000枚以上つくらせ、ビラも刷らせていた[42]。そして交通安全妨害の苦情が出て、建設省が撤去を指示しても応じなかった[42]1974年元津事件では、氏名不詳者を含む部落解放同盟員約60名が兵庫県朝来郡和田山町の共産党町議の佐藤昌之宅を襲撃し、町議の支援者の男性(47歳)に肋骨骨折3ヶ所、脊髄損傷、大腿骨にヒビが入る大ケガをさせ、網膜剥離で失明させた[47][42]1970年12月4日には、大阪府東大阪市で63歳の病身の女性が部落解放同盟大阪府連の行動隊に「コラ、赤犬」と罵詈雑言を浴びせられ、小突かれ、靴で足を蹴られるなどの暴力を受け、病院への通院を妨害されて死亡した[48]。この女性もまた部落解放同盟大阪府連の蛇草支部員であったが、日本共産党支持者だったため死に追いやられたものである[48]
  4. 部落排外主義。部落解放同盟に逆らう者は日本共産党員とみなして排除する[42]全国水平社の方針には「注意しなければならないことは、決して全国水平社に加入した者、また、全国水平社に好意をもっているものだけにかぎらず、あくまで全部落大衆の世話役として活動しなければならぬ。そうでないとかえって大衆の反感を買うようになり、全国水平社と部落大衆とを切り離す結果になるからである」[49]とあるにもかかわらず、部落解放同盟に逆らう者に対しては、たとえそれが被差別部落民であろうと解放奨学金の支給を違法に打ち切らせる[42]。元津事件では、日本共産党員の橋本哲朗のみならず、橋本の救援に来た出石町の部落解放同盟支部長までが一昼夜監禁された[42]1975年には、北九州市職員労組が八鹿高校事件の真相を知るべく現地を視察し[50]、部落解放同盟の役員でもある労組員が暴力やリンチの存在を確認し、それを同年3月20日付で機関紙『北九の仲間』に書いたところ、部落解放同盟から除名処分を受けた[50]

犯罪・不祥事[編集]

部落解放同盟は、同和行政執行に関わる不法行為に明らかになった事例だけでも多数関与している。補助金の不正受給などの犯罪行為を行っているとの指摘があったが、2006年あたりから一気にその実態が暴かれるようになっている。同和立法の期限が切れた後、以前より指摘されていた関係者の不祥事が相次いで発覚[51]2006年には奈良市役所および京都市役所での不祥事が発覚し、部落解放同盟が声明を発表するに至った。[要出典]

著名な事件[編集]

刑事[編集]

民事[編集]

その他[編集]

  • 2008年8月、部落解放同盟鳥取市協議会が2007年に架空の人権コンサートをでっちあげて補助金50万円を不正受給した事が明らかになり、元会計責任者は詐欺容疑で書類送検、執行部17人が総辞職する事態に発展している[54]
  • 2003年12月から2009年1月に渡って、部落解放同盟福岡県連合会の正式所属員である男性が立花町(現・八女市)へ「部落のあなたが指導すると子どもに部落が伝わる。辞めてください」などと自らを中傷する差別的な文章40通以上を送り付け、正常な業務を妨害し続けた。判決によると、男性は嘱託職員の職を継続させるため、あたかも自らが差別されているかのようにみせかけ、町に対策会議を開かせ、正常な業務を妨害した。この男性は2002年から1年更新で立花町役場の嘱託職員として雇われ、2005年から人権同和教育の啓発に携わっていた[55]
  • 部落産業の一つに三味線製造用のの捕獲がある[56]。動物愛護団体は猫の捕獲に反対する運動を展開しているが、部落解放同盟は部落産業を擁護する立場から「動物を守る会」に公開質問状を出している[57][58][59]

歴代委員長[編集]

  1. 松本治一郎1955年 - 1966年福岡県福岡市東区馬出出身。死亡により退任。
  2. 朝田善之助1966年 - 1975年京都府京都市左京区田中出身。派閥抗争により解任。
  3. 松井久吉1975年 - 1982年三重県上野市出身。
  4. 上杉佐一郎1982年 - 1996年福岡県小郡市出身。死亡により退任。
  5. 上田卓三1996年 - 1998年大阪府大阪市東淀川区西淡路出身。
  6. 組坂繁之1998年 - 現在)福岡県小郡市出身。

組織内議員・準組織内議員[編集]

関連会社[編集]

関連団体[編集]

  • 大阪府同和建設協会
  • 大阪府同和事業促進協議会
  • 財団法人同和金融公社 - 1969年設立。大阪府や大阪市、府下市町村の無利子の貸付金で運用されている機関。三役や理事はいずれも部落解放同盟幹部であり、部落解放同盟員や企業連会員に限って融資をおこなう。府市町村の公社に対する貸付額は1986年までに109億円にのぼっているが、同年3月末までに7億7000万円の焦げつきを出し、杜撰な運営が問題となった[60]
  • 財団法人大阪府同和産業振興会(現・大阪府地域支援人権金融公社) - 1969年設立。同和地区住民への雇用対策として「新大阪タクシー」を運営。府は1985年度までに無利子で約70億円を融資し、2006年現在約48億円が未返済となっている。府と公社は2004年に返済計画に合意したが、返済には200年かかる見通しである[61]。  
  • 財団法人皮革産業会館
  • 社団法人同和地区人材雇用開発センター
  • 財団法人同和貿易振興会
  • 財団法人阪南医療解放センター(阪南中央病院
  • 部落解放府生活協同組合

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 解放同盟を名乗る組織には
    1. 1895年レーニンが組織した労働者階級解放同盟
    2. 1918年にアジア諸国の共産主義化を目的としてモスクワで結成された東方解放同盟
    3. ウクライナ分離独立を図ってソ連政府から弾圧されたウクライナ解放同盟
    4. 大東亜共栄圏の確立を支持する翼賛団体の東南亜細亜民族解放同盟(会長・安達謙蔵
    5. アイヌ解放同盟
    6. 沖縄解放同盟
    などがあり、解放同盟の名称は部落解放同盟の専売特許ではないが、湯浅学によると、「幻の名盤解放同盟」というユニット名が部落解放同盟員から苦情を受け、このユニットのCDが出荷停止に追い込まれ、CDのライナーノーツ「すべての音盤はすべからくターンテーブル上(CDプレイヤー内)で平等で再生表現される権利を有する」における「幻の名盤解放同盟はこの権利を著しく妨げる者たちとの闘争を活動の根幹に置くものである」との記述が黒塗りにされたという[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 森達也『放送禁止歌』ドキュメンタリー (3/6)
  2. ^ 佐々淳行『菊の御紋章と火炎ビン』(文藝春秋社、2009年)p.269-278
  3. ^ 『戦後部落問題関係判例: 資料編』(部落解放研究所、1995年)p.956。
  4. ^ 『部落解放年鑑』1988年、p.37。
  5. ^ 『同和はこわい考』の二十年を振り返って─自らを糾す思想の実践を 月刊『こぺる』編集人 藤田敬一
  6. ^ 佐々木隆爾『戦後政治支配と部落問題 「解同路線」はどう形成されたか』(部落問題研究所、1995年)
  7. ^ 上原善広「誰も書かなかった「同和教育」 3タブー・八鹿高校事件」(「文藝春秋」2012年2月号)
  8. ^ 『部落』第42巻、第524~530号、1990年、p.34
  9. ^ a b 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.110
  10. ^ 部落解放同盟は「2004年民主党大躍進パーティー」にて献金をしている
  11. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.105
  12. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.106
  13. ^ 中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.81(部落問題研究所、1977年)
  14. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.108
  15. ^ 中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.27
  16. ^ a b c d 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.103
  17. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.102-104
  18. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.104
  19. ^ 『部落』第45巻、第559~565号、1993年、p.75
  20. ^ 中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.278-279
  21. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.116
  22. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.116-117
  23. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.246(講談社、2012年)
  24. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.246-247(講談社、2012年)
  25. ^ 松岡徹公式サイト
  26. ^ 2007年3月4日付『しんぶん赤旗』
  27. ^ a b c d e f 中原京三『追跡・えせ同和行為』p.137-138(部落問題研究所、1988年)
  28. ^ 中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.75
  29. ^ 中原京三『追跡・えせ同和行為』p.115-117
  30. ^ a b c d e f g h i j k l 中原京三『追跡・えせ同和行為』p.207-210(部落問題研究所、1988年)
  31. ^ a b 比良次郎著・税務署オンブズマン編『税務署をマルサせよ』(GU企画出版部、1991年)
  32. ^ 部落解放同盟沢良宜支部規約第18条。
  33. ^ a b 中原京三『追跡・えせ同和行為』p.145(部落問題研究所、1988年)
  34. ^ 朝日新聞社会部『土地ころがし』p.268(葦書房、1982年)
  35. ^ 西岡智『荊冠の志操』
  36. ^ a b 『月刊 同和と在日』2011年3月号(第5号)
  37. ^ 森田益子『自力自闘の解放運動の軌跡』p.142(解放出版社、2012年)
  38. ^ えせ同和行為の実態と対処法
  39. ^ 日出和男除名処分取消訴訟 弁護団声明
  40. ^ 徳島県「解同王国」崩壊の第二章-民主勢力、県民のたたかいのさらなる前進を-村崎 勝利
  41. ^ その後、2003年に日出は焼死体で発見されたが、自殺として片付けられた。川島町で燃えた車から焼死体。町議の可能性、行方探すを参照。
  42. ^ a b c d e f g h i j k l m 兵庫人権問題研究所編「今、あらためて八鹿髙校事件の真実を世に問う : 一般社団法人兵庫人権問題研究所開所40周年記念 : 「八鹿高校事件」40周年」(兵庫人権問題研究所, 2014)pp.197-200
  43. ^ 金靜美『水平運動研究史』p.763
  44. ^ 金靜美『水平運動史研究──民族差別批判』、pp.451-452
  45. ^ 『松本治一郎伝』p.24
  46. ^ 森田益子『自力自闘の解放運動の軌跡』p.293(解放出版社、2012年)
  47. ^ 八鹿の真実を守る会編「八鹿高校事件の真実: 但馬からのレポート」(部落問題研究所出版部, 1978.3)p.16。
  48. ^ a b 『解放の道』1970年12月5日付。
  49. ^ 「部落委員会活動について」1934年。
  50. ^ a b 兵庫人権問題研究所編「今、あらためて八鹿髙校事件の真実を世に問う : 一般社団法人兵庫人権問題研究所開所40周年記念 : 「八鹿高校事件」40周年」(兵庫人権問題研究所, 2014)p.373
  51. ^ 不祥事受け「規約改正」 部落解放同盟
  52. ^ 2006年12月5日(火)「しんぶん赤旗」生保受給者の金着服 元「解同」幹部の元職員逮捕 京都市
  53. ^ 元市職員に有罪 京都地裁 業務上横領判決 2007年03月29日 21:12【京都新聞】
  54. ^ 解放同盟鳥取市協執行部17人総辞職 市の補助金不正受給
  55. ^ 福岡県立花町文書偽装 差別自演の男性有罪
  56. ^ 坂東眞砂子ほか『「子猫殺し」を語る: 生き物の生と死を幻想から現実へ』p.78
  57. ^ 坂東眞砂子ほか『「子猫殺し」を語る: 生き物の生と死を幻想から現実へ』p.80
  58. ^ 『新聞研究』第564~569号(1998年)p.15
  59. ^ 東京人権歴史資料館『日本差別史資料集成』(科学書院、2004年)p.108
  60. ^ 中原京三『追跡・えせ同和行為』p.142(部落問題研究所、1988年)
  61. ^ 返済に200年?で合意 同和金融公社に大阪府

外部リンク[編集]