代理人運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

代理人運動(だいりにんうんどう)とは、生活クラブ生活協同組合1977年5月に始めた社会運動のひとつ。現在は、グリーンコープの地域にも広がり、全国市民政治ネットワーク(ぜんこくしみんせいじねっとわーく 英名:Japan People's Political Network)として活動している。2005年11月までの旧称は代理人運動交流センター

既成政党の政治家による政治が政治権力を生み出している現状を変えるために、消費者納税者・生活者がネットワークをつくり、ひとりひとりの生活者の政治参加を代理する代理人を議会に送り込む運動。加盟団体は、地域政党として地域に密着した活動を展開している。

事務局は東京・生活者ネットワークの内部におかれている。

かつては日本社会党新党さきがけ1990年代後半から旧民主党時代を含め民主党民進党、2017年以降は立憲民主党[1]と協力関係にある。一部では社民党との協力関係もみられる。

脚注[編集]

加盟団体[編集]

外部リンク[編集]