都民ファーストの会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政党
都民ファーストの会
代表 野田数
成立年月日 2017年1月23日
東京都議会議席数
5 / 127   (4%)
2017年2月20日現在)
政治的思想・立場 中道右派
政党交付金
0 円
公式サイト 「都民ファーストの会」公式サイト
テンプレートを表示

都民ファーストの会(とみんファーストのかい)は、小池百合子東京都知事が主宰する政治塾「希望の塾」の運営団体、ならびに東京都議会において活動する地域政党。代表は小池の特別秘書(政策担当)をつとめる野田数。小池自身は党の代表をはじめとする役職には就いていなかったが[1]、2017年4月28日、特別顧問に就任[2]。メディアで『小池新党』と呼ばれることがある[3]

沿革[編集]

設立[編集]

2016年9月20日、小池百合子を支援する議員らによる政治団体として発足。2016年東京都知事選挙においてマニフェストの1つに掲げた『都民ファースト』というフレーズにちなんで命名[4]。10月30日に小池都知事が主宰する政治塾『希望の塾』が開校。約4800人の応募の中から約2900人が参加[5]。12月13日、豊島区議会において『都民ファーストの会 豊島区議団』が結成。同年夏に行われた都知事選で自民党の方針に反して小池を応援したとして自民党東京都連から除名処分を受けた豊島区議5人が所属していた『自民党 豊島区議団』を脱退した上で参加[6][7]

2017年1月23日、小池都知事を支持する議員による地域政党として活動開始し、会の代表に小池の政務担当特別秘書の野田数が就任。小池は会の役職には当面付かないこととしていたが[1]、4月28日、特別顧問に就任[8]。なお、野田は小池が「実質的なリーダー」であり、野田自身は「名ばかりの代表兼幹事長」であるとしている[9]

旧・みんなの党で都知事選より小池を支持する都議会会派『かがやけTokyo』の現職都議3人(音喜多駿、両角穣、上田令子)と、都知事選で党方針に反して小池支持に回ったことで自民党東京都連を除名された本橋弘隆豊島区議の4人が参加[10]。3都議は都議会に対し、『かがやけTokyo』を改名し新会派『都民ファーストの会 東京都議団』を設立[11]

その後、「都議会自由民主党」から離脱した3名[12]で結成された会派「新風自民党」所属の木村基成、山内晃の両都議が自民党を離党[13]し、「都民ファーストの会 東京都議団」に合流した[14]。これにより、会派構成人数が5名となり都議会での代表質問権を得ている。

「都議会のドン」との代理戦争[編集]

初陣となった2017年2月5日投開票の千代田区長選挙では、現職の石川雅己を全面的にバックアップ。一方、小池と対立を深める都議会自民党ならびに自民党東京都連は対立候補として、地元選出の衆議院議員だった与謝野馨の甥・信を推薦候補として擁立しており、小池と「都議会のドン」と呼ばれる内田茂の「代理戦争」と報じられていた[15]。開票の結果、現職の石川が与謝野ら新人候補らを大差で破り、再選を果たした[16]。一方、大敗を喫した自民党は都議選に向けての戦い方の転換を迫られる結果となり、内田は次期都議選への不出馬を表明した[17]

2017年都議選[編集]

7月開催の東京都議会議員選挙では、公明党東京都本部と選挙における相互協力の合意が発表されている[18]

4月11日に会の綱領を発表[19]。5月3日には、都議会改革などを主な柱とする都議選において掲げるマニフェストの一部を発表した[20]

支援団体[編集]

  • 連合東京 - 2017年4月7日に合意(もとは民進党の支持組織)[21]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 【東京都議選】地域政党「都民ファーストの会」始動 事実上の“小池新党”旗揚げ 現職と新人の計4人公認産経新聞 2017年1月23日
  2. ^ 都民ファーストの会 小池百合子氏が特別顧問に産経新聞 2017年4月28日
  3. ^ 小池新党、都議会単独過半数狙う 64人以上擁立検討日本経済新聞
  4. ^ 小池都知事の政治団体「都民ファーストの会」発足報知新聞 2016年9月21日
  5. ^ 小池都知事の政治塾開講=2900人参加、新党へ布石も時事通信 2016年10月30日
  6. ^ 自民除名の区議が新会派 「都民ファーストの会」産経新聞 2016年12月13日
  7. ^ 自民除名の豊島区議らが新会派 「都民ファーストの会」朝日新聞 2016年12月13日
  8. ^ 都民ファーストの会 小池百合子氏が特別顧問に産経新聞 2017年4月28日
  9. ^ 小池都知事、新党代表になぜ就かない? いまも自民党籍朝日新聞 2017年5月20日
  10. ^ 都民ファーストの会:小池氏支援の4人を公認 夏の都議選毎日新聞 2017年1月23日
  11. ^ 都民ファーストの会、現職都議3人と豊島区議1人を1次公認フジテレビ 2017年1月24日
  12. ^ 都議選控え都議会自民党「分裂」へ、新会派結成も - 日刊スポーツ 2016年12月28日
  13. ^ 自民都議2人離党へ、小池知事政党の公認目指す - 読売新聞(YOMIURI ONLINE)2017年2月16日
  14. ^ 都民ファーストに合流=自民離党の2都議 - 時事ドットコム 2017年2月20日
  15. ^ 北爪三記 (2017年1月23日). “来月5日投開票の千代田区長選 都議選占う「代理戦争」?”. 東京新聞. http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201701/CK2017012302000123.html 2017年1月28日閲覧。 
  16. ^ 千代田区長選:小池氏支援の現職が勝利…自民推薦に大差 毎日新聞 2017年2月5日
  17. ^ 「都議会のドン」内田茂氏、7月都議選に立候補せず朝日新聞 2017年2月25日
  18. ^ 公明と都民ファーストの会が政策合意 選挙協力へNHK 2017年3月13日
  19. ^ 都民ファーストの会が勉強会 党の綱領も発表NHK 2017年4月11日
  20. ^ 【東京都議選】「都民ファーストの会」が公約発表 知事の反問権など議会改革が柱 議員公用車廃止や政務活動費での飲食禁止も…産経新聞 2017年5月3日
  21. ^ 連合東京、都議選で「小池新党」支援へ 合意書締結 2017年4月7日 日本経済新聞

外部リンク[編集]