2017年東京都議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2017年東京都議会議員選挙(2017ねんとうきょうとぎかいぎいんせんきょ)は、2017年(平成29年)7月2日に執行された東京都議会議員を選出する一般選挙[1]

投票日 2017年7月2日
首長 小池百合子
任期満了日 2021年7月23日
改選数 127
選挙制度 中選挙区制
議席内訳
2017年都議選

都政与党 (79)

  公明党(23)

都政野党 (48)

  民進党(5)
  日本共産党(19)
  自由民主党(23)
テンプレートを表示

概要[編集]

都議選のポスター掲示板(港区)

築地市場の豊洲地区への移転問題や受動喫煙問題、待機児童問題など、2016年に就任した小池百合子東京都知事の都政運営などが争点に挙げられる[2]

なお、今回から議員定数が変更となり、北区と中野区がそれぞれ1減、北多摩第3区(調布市・狛江市)と町田市がそれぞれ1増となる。公職選挙法の改正(平成28年6月19日施行)により、選挙権が「満18歳以上」に引き下げられる初の都道府県会議員選となる。

東京都議会選挙は、1965年の東京都議会自主解散による選挙の為に執行時期がずれたため、東日本大震災の被災地を除けば、統一地方選挙にて執行されない3つの都道府県議会選挙の1つである(他の2つは茨城県沖縄県の議員選挙)。

啓発ポスター・PRイベント等に登場するイメージキャラクターは2017年2月に18歳となった橋本環奈(歌手・女優)が務めた[3]

各会派・政党の動き[編集]

前回2013年の都議選で公認候補が全員当選し圧勝、第一党を獲得した自由民主党(以下、自民党)は、小池知事ならびに都民ファーストの会と全面的に対立し、第一党を維持できるかどうかが争点であるが、2016年12月に公明党会派が1979年から続いてきた自民党会派との連携を見直し、事実上の連立解消を表明[4]。同じく12月には、都議会議員3人が『都議会自民党』に対し会派離脱届を提出し、新たな会派『新風自民党』を結成、翌2017年2月には「新風自民党」を結成した都議会議員3人のうち、2人が自民党に対し離党届を提出、20日付で自民党東京都連により離党届が受理され、都民ファーストの会に合流[5]、などの事態が相次いだ。5月、自民党東京都連は都議選に向けた総決起大会を党本部で行い、公認候補60人を披露[6]。5月19日、自民党東京都連は「豊洲早期移転」などを柱とするマニフェストを発表[7]。6月2日には、中山恭子代表率いる日本のこころが自民党の候補者60人全員に推薦を出すことを決定[8]

都議会第二党の公明党は、3月に都民Fと公明党東京都本部が、東京都議選における選挙協力を行うことを発表[9]。公明党は42選挙区のうち、1人区と新人候補を擁立する2人区(荒川区を除く)で都民Fが擁立する候補を推薦。一方、都民Fは公明党の公認候補者23人を全て推薦する[10]。5月11日、公明党東京都本部はマニフェストを発表。罰則規定がある「受動喫煙防止条例」の制定や、2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の経費透明化や議会のチェック体制を確立することなどをマニフェストに盛り込んだ[11]

前回2013年では都議会における第三党、野党第一党に躍進した日本共産党(以下、共産党)は、37人の公認候補を擁立、4人の候補を推薦、支持(うち1人は生活者ネットワーク所属)。小池都政には是々非々の立場を取りつつ現有17議席を確保し、新たな議席の獲得を目指す[12]。5月8日、共産党東京都委員会は「豊洲市場の移転中止」を中心とするマニフェストを公表。なお、都民Fとの選挙協力について共産党側は「豊洲市場への移転を進めてきた公明党との選挙協力をしている以上、協力できない」とコメント[13]

前回の2013年では議席を大幅に減らし惨敗、第一党の座から第四党にまで転落した民主党を前身とする民進党は、旧・民主党系の「都議会民進党」と、旧・維新の党系の「民進党都議団」の2つの会派を合流、新会派『東京改革議員団』を結成[14]。4月7日、民進党の支持組織である日本労働組合総連合会(連合)の東京支部・連合東京は、都民Fの支援を約束する合意書を締結したことを発表。合意書の内容としては、連合東京が「都議会選の都民Fの公認・推薦候補の活動の支援について協力・努力する」とした。一方、都民Fは長時間労働の是正など連合側が求める政策を推進することが定められた[15]。ただし、連合はこれまで通り、民進党候補の応援も行うこととしている。5月9日、民進党東京都連は、いわゆる「東京都版・子ども手当」の支給や小中学校の給食費無償化など、子育て支援を中心に七つの重点政策をメインとするマニフェストを公表[16]。民進党は一部の公認候補が離党し、都民Fに移籍する「離党ドミノ」が相次いだが、23人が立候補[17]

小池百合子東京都知事が率いる地域政党・都民ファーストの会(以下、都民F)が参戦。都民Fは、「議会改革」や「受動喫煙防止条例制定」など13テーマの基本政策およびマニフェストを掲げ[18]、6月1日開催の「都議選総決起集会」の中で、小池都知事が主宰する政治塾「希望の塾」の塾生をはじめ、自民党・民進党から脱退し合流した現役都議など48人の都議選公認候補がお披露目された[19]。都民F単独での過半数ではなく、選挙協力を行う公明党・生活者ネットら支持勢力と合わせての過半数を目指すとしている[20]。なお都民Fは、公認候補50人を擁立した他、公明党・生活者ネット、さらに無所属候補11人などに推薦を出した[21]

社会民主党(以下、社民党)は、世田谷区選挙区より候補者を1人擁立[22]。社民党は2001年(平成13年)の都議選で議席がゼロとなって以来、その回復には至っていないため、16年ぶりの議席獲得を目指すとしている。

東京都議会の地域政党・東京・生活者ネットワーク(以下、生活ネット)[23]は、4人の候補者を擁立。なお生活ネットは、都民Fと政策協定を締結し、生活者ネットの公認候補1人を都民Fが推薦することでも合意している[24]。なお、西崎光子代表は今回の選挙では、地盤を新人候補に譲り、自らは出馬せず引退を表明。

日本維新の会(以下、維新の会)は、都民Fとの選挙協力は一切行わず、単独で候補者を擁立することを表明。但し、選挙後における都民Fとの連携には前向きに検討するとした[25]。3月25日、維新の会は結党以来本拠地の大阪で行ってきた党大会を、今回の都議選を見据える形で、東京都内で初開催[26]。都議選における公認候補6人と維新の会が都議選で掲げるマニフェストを発表した[27]

また、小沢一郎代表率いる自由党は、今回の都議選では公認候補は擁立しないものの、国政での野党共闘のパートナーである民進・社民・共産各党の公認候補あわせて23人に、推薦を出した[28]

また諸派の動きは、以下の通り。

  • 政治団体「NHKから国民を守る党」から1人が葛飾区選挙区より立候補[要出典]
  • 2016年の東京都知事選挙に立候補した桜井誠が結成した日本第一党から1人が八王子市選挙区より立候補[29][30]
  • 元ライブドア社長で実業家の堀江貴文が主宰するインターネット上の交流サロンの有志が4月に設立した政治団体「地方議員ゼロの会」からは3人が立候補[31]
  • 宗教法人・幸福の科学を母体とする幸福実現党は、5月10日に6人の公認候補者を擁立することを決定した[32]。幸福実現党が都議選に候補者を擁立するのは、同党の初陣となった2009年に10人の公認候補者を擁立(ちなみに結果は全敗)以来8年ぶり。
  • 中核派系政治団体の都政を革新する会杉並区選挙区より公認候補が1人立候補。24年ぶりの議席回復をめざす[33]
  • 政治団体「国民ファーストの会」は、千代田区選挙区より公認候補が1人立候補[34]
  • 政治団体「希望ファーストの会」は、中央区選挙区より公認候補が1人立候補[34]
  • 政治団体「行革110番」は、世田谷区選挙区より公認候補が1人立候補。議席回復を目指す[34]
  • 政治団体「環境党」は、練馬区選挙区より公認候補が1人立候補[34]
  • 政治団体「区民ファーストの会」は、葛飾区選挙区より公認候補が1人立候補[34]

その他、22人が政党ならびに政治団体からの公認・推薦を受けない無所属で立候補[34]

行政府・国会の動き[編集]

稲田朋美防衛大臣は2017年6月27日夕方、板橋区で開かれた東京都議会議員選挙の自民党候補の応援演説で、以下のように述べた[35][36]

防衛省・自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい — 稲田朋美、2017年6月27日 NHK[35]

自衛隊法に違反しているこの発言をめぐり与野党・識者・マスコミから疑義が出され[35][37][38]、同日稲田は「撤回したい」と述べ発言を撤回した[39]

これに対し、民進・共産・社民・自由の野党4党は、稲田の自主的な辞任か、安倍晋三総理に対し稲田の罷免を求めることを示した[40]

基礎データ[編集]

  • 選挙事由: 議会議員の任期満了
  • 告示日: 2017年(平成29年)6月23日
  • 投票日時(即日開票): 2017年(平成29年)7月2日午前7時〜午後8時(檜原村、奥多摩町及び新島村は午後6時まで)
    • 期日前投票: 2017年(平成29年)6月24日〜7月1日
  • 有権者数: 1126万6521人(2017年6月22日現在)
  • イメージキャラクター: 橋本環奈(タレント・歌手・女優)[41]

議員定数[編集]

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区
1 1 2 4 2 2 3
江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区
4 4 3 8 8 2 3
杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区
6 3 3 2 5 6 6
葛飾区 江戸川区 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 青梅市
4 5 5 2 1 2 1
府中市 昭島市 町田市 小金井市 小平市 日野市 西東京市
2 1 4 1 2 2 2
西多摩 南多摩 北多摩第一 北多摩第二 北多摩第三 北多摩第四 島部
2 2 3 2 3 2 1

選挙前勢力[編集]

会派名 議員数 所属党派
東京都議会自由民主党 57 自由民主党
都議会公明党 22 公明党
東京改革議員団 18 民進党
日本共産党東京都議会議員団 17 日本共産党
都民ファーストの会 東京都議団 5 都民ファーストの会
都議会生活者ネットワーク 3 東京・生活者ネットワーク
無所属(深呼吸のできる東京) 1 無所属(元民主党
無所属(東京みんなの改革) 1 無所属(元みんなの党
無所属(日本維新の会 東京都議会) 1 日本維新の会
無所属(新風自民党) 1 自由民主党
現員 126 ※2017年2月20日現在[42]

議員数が5名以上の会派には代表質問権が、11名以上の会派には議案提案権が与えられている。

社会民主党2001年(平成13年)に議席がゼロとなって以来、その回復には至っていない。

東京都議会においては「一人会派」の結成自体は認めているものの、都議会における会派は「議会内に結成された議員の同志的集合体をいう」とされていることから、議員の集合体ではない「一人会派」については2001年(平成13年)12月より会派名称の使用を認めず、一律に「無所属」と称することが決められた。ただし公式サイトでは会派名「無所属」の後ろにかっこ書きで所属議員が名乗っている団体・会派名を表記している。

立候補者[編集]

6月23日に告示され、42選挙区・定数127に対し、259人が立候補。前回2013年の253人から6人増。ちなみに今回の都議選では、女性候補の人数が65人となり、およそ4人に1人が女性候補と過去最多となった[43][34]

党派別立候補者数[編集]

出典:[44]

  • 自由民主党: 60(推薦: 日本のこころ)
  • 公明党: 23(推薦: 都民ファーストの会)
  • 日本共産党: 37(このうち1人を、自由党が推薦)
  • 民進党: 23(推薦: 自由党)
  • 都民ファーストの会: 50
  • 東京・生活者ネットワーク: 4(このうち1人を、都民ファーストの会が推薦・共産党が支持)
  • 日本維新の会: 4
  • 社会民主党: 1(世田谷区選挙区、推薦: 自由党)
  • 幸福実現党: 6
  • 地方議員ゼロの会: 3
  • 国民ファーストの会: 1(千代田区選挙区)
  • 希望ファーストの会: 1(中央区選挙区)
  • 行革110番: 1(世田谷区選挙区)
  • 都政を革新する会: 1(杉並区選挙区)
  • 環境党: 1(練馬区選挙区)
  • 区民ファーストの会: 1(葛飾区選挙区)
  • NHKから国民を守る党: 1(葛飾区選挙区)
  • 日本第一党: 1(八王子市選挙区)
  • 無所属: 40
    • 都民ファーストの会推薦・無所属候補:11
    • 日本共産党推薦・無所属候補:4

争点[編集]

出典:[45][46]

選挙結果[編集]

7月2日に投票が行われ、即日開票される。20時ちょうどに発表されたマスメディア各社の開票速報では、都民ファーストの会が議会の第一党に躍進、また都民Fならびに公明党・生活者ネットら小池知事を支持する勢力が過半数を超える圧勝となる一方で、自民党は第一党はおろか獲得議席が過去最低を下回る歴史的敗北を喫するという情勢が伝えられる[47]

東京都議会議員選挙各党獲得議席数と得票[48][49]
政党 得票数 得票率 獲得
議席
改選前 増減
都民ファーストの会 1,884,029.850 33.68 49 6 +43
公明党 734,697.000 13.13 23 22 +1
生活者ネット 69,929.000 1.25 1 3 -2
自由民主党 1,260,101.444 22.53 23 57 -34
日本共産党 773,722.553 13.83 19 17 +2
民進党 385,752.149 6.90 5 7 -2
日本維新の会 54,016.000 0.97 1 1 0
社会民主党 13,243.000 0.24 0 0 0
幸福実現党 5,322.000 0.10 0 0 0
地方議員ゼロの会 6,499.000 0.12 0 0 0
国民ファーストの会 602.000 0.01 0 0 0
希望ファーストの会 1,347.000 0.02 0 0 0
行革110番 13,141.000 0.23 0 0 0
都政を革新する会 2,496.000 0.04 0 0 0
環境党 1,274.000 0.02 0 0 0
区民ファーストの会 5,351.000 0.10 0 0 0
NHKから国民を守る党 4,463.000 0.08 0 0 0
日本第一党 2,597.000 0.05 0 0 0
無所属 375,048.000 6.70 6 5 +1
5,593,630.996 127  
:得票の小数点以下の数字は按分票

各党別の結果[編集]

出典:[50]

都民ファーストの会
都民ファーストの会(改選前: 6議席)は、公認候補50人中、島部選挙区の1人(自民党候補に敗戦)を除く49人が当選する大勝利。推薦した無所属候補6人の追加公認を含め55議席を確保し、議席を大幅にアップさせ、自民党から都議会第一党の座を奪取。
特に前回2013年では、自民の7戦全勝だった1人区を6勝1敗で都民Fが制したことなどが勝利につながった。
自由民主党
自民党(改選前: 57議席)の獲得議席は23議席に終わり、東京都議会黒い霧事件の影響で都議会自民党に大逆風が吹き荒れた1965年と、民主党(当時)が圧勝した2009年の都議選で記録した38議席を大幅に下回る過去最低の大惨敗。国政で連立を組む公明党と同じ議席数になった。
国政での森友学園と加計学園をめぐる一連の疑惑や防衛大臣の失言・国会議員の不祥事など選挙期間に失策が続き、それが足を引っ張る形となり、大敗を喫した。
2013年には7戦全勝だった1人区では島部選挙区を除く6選挙区で都民Fに敗戦した事、2人区では都民Fの公認・推薦無所属候補などの議席独占を許す選挙区が相次いだ事、3人区では墨田区選挙区で最終議席に滑り込んだものの、5選挙区で共産党に、中野区で民進党に競り負けた事、前回2議席獲得した品川区・目黒区・板橋区選挙区で共倒れした事が大敗につながった。
公明党
公明党(改選前: 22議席)は、小池知事ならびに都民ファーストの会との選挙協力の甲斐もあり、候補者全員の23人が当選する完勝で、引き続き都議会第二党の座をキープ、親小池勢力の都議会過半数獲得に大きく貢献した。
なお、公明党の候補が全員当選するのは7回連続となる。
日本共産党
共産党(改選前: 17議席)は、2議席を上乗せし19議席を獲得。都議会での議案提出権のある11議席以上を引き続き確保。
築地市場移転に反対する層や、安倍政権と小池都政のどちらにも反対する勢力の票を吸収し、さらに勢力を拡大した形となった。
民進党
民進党(改選前: 7議席)は、中野区や板橋区、三鷹市などで自民党候補に競り勝ったものの、「都民ファーストVS自民」の構図の中で埋没する形となり、議席数は2議席減の5議席に終わる。
民主党結党以来過去最低の議席数だった前回(2013年)の15議席をさらに下回る結果となった。また、2009年都議選で民主党が圧勝したピーク時(54議席)から、たった8年で約10分の1にまで議席数を減らしたことになる。
東京・生活者ネットワーク
生活者ネット(改選前: 3議席)は、候補者4人を擁立。小池知事ならびに都民ファーストの会との連携を打ち出すも、獲得議席は1議席に終わり、過去最低となった。
日本維新の会
日本維新の会(改選前: 1議席)は、候補者4人を擁立。選挙期間中には、本拠地の大阪から松井一郎代表(大阪府知事)や吉村洋文大阪市長らが応援に駆け付け全面的なバックアップを展開したが、『都民ファーストVS自民党』の構図の前に埋没した形となり、獲得議席は改選前と変わらず、現職のみの1議席にとどまった。
社会民主党
社民党(改選前: 0議席)は、候補者1人を擁立するも落選。16年ぶりの議席獲得はならなかった。
幸福実現党
幸福実現党(改選前: 0議席)は、候補者6人を擁立するも、全員が落選。
地方議員ゼロの会
地方議員ゼロの会(改選前: 0議席)は、候補者3人を擁立するも、全員が落選。
国民ファーストの会
国民ファーストの会(改選前: 0議席)は、候補者1人を擁立するも落選。
希望ファーストの会
希望ファーストの会(改選前: 0議席)は、候補者1人を擁立するも落選。
行革110番
行革110番(改選前: 0議席)は、候補者1人を擁立するも落選。8年ぶりの議席獲得はならなかった。
都政を革新する会
都政を革新する会(改選前: 0議席)は、候補者1人を擁立するも落選。14年ぶりの議席回復をめざしたものの、失敗に終わる。
環境党
環境党(改選前: 0議席)は、候補者1人を擁立するも落選。
区民ファーストの会
区民ファーストの会(改選前: 0議席)は、候補者1人を擁立するも落選。
NHKから国民を守る党
NHKから国民を守る党(改選前: 0議席)は、候補者1人を擁立するも落選。
日本第一党
日本第一党(改選前: 0議席)は、候補者1人を擁立するも落選。
都民ファーストの会推薦以外の無所属
都民ファーストの会推薦以外の無所属(改選前: 4議席)は、29人が立候補したが、全員が落選。

選挙データ[編集]

投票率(東京都選挙管理委員会調べ): 51.27%(前回〈2013年〉比: 7.77ポイント上昇)[51]
  • 期日前投票(東京都選挙管理委員会調べ): 135万5163人(前回比: 1.51倍増)[52]

地区別結果[編集]

選挙区 議員定数 自民党 公明党 都民ファースト 生活者ネット 共産党 民進党 日本維新の会 その他
千代田区 1 0/1 1/1 0/2
中央区 1 0/1 1/1 0/3
港区 2 1/2 1/1 0/1 0/2
新宿区 4 1/2 1/1 1/1 1/1 0/1 0/1
文京区 2 1/1 1/1 0/1
台東区 2 0/1 1/1 0/1 1/2
墨田区 3 1/2 1/1 1/1 0/1
江東区 4 1/2 1/1 1/1 1/1 0/1 0/3
品川区 4 0/2 1/1 2/2 1/1 0/1
目黒区 3 0/2 1/1 1/1 1/1
大田区 8 2/3 2/2 2/2 1/2 0/1 1/1 0/4
世田谷区 8 3/3 1/1 2/2 0/1 1/1 1/1 0/1 0/8
渋谷区 2 0/1 1/1 0/1 0/1 1/1
中野区 3 0/1 1/1 1/1 0/1 1/1 0/1
杉並区 6 2/2 1/1 2/2 0/1 1/1 0/2 0/3
豊島区 3 0/1 1/1 1/1 1/1 0/1
北区 3 0/1 1/1 1/1 1/1 0/1
荒川区 2 0/1 1/1 0/1 1/4
板橋区 5 0/2 1/1 2/2 1/1 1/1 0/3
練馬区 6 1/2 1/1 2/2 0/1 1/1 1/1 0/1
足立区 6 1/2 2/2 2/2 1/1 0/1 0/1
葛飾区 4 1/2 1/1 1/1 1/1 0/1 0/2
江戸川区 5 1/2 1/1 2/2 1/1
八王子市 5 1/2 1/1 2/2 1/1 0/1 0/2
立川市 2 1/1 1/1 0/1 0/1
武蔵野市 1 0/1 1/1 0/1
三鷹市 2 0/1 1/1 0/1 1/1
青梅市 1 0/1 1/1 0/1
府中市 2 0/1 2/2 0/1
昭島市 1 0/1 1/1 0/1
町田市 4 1/2 1/1 1/1 1/1 0/1 0/1 0/1
小金井市 1 0/1 1/1 0/3
小平市 2 1/1 1/1 0/1 0/1
日野市 2 1/1 1/1 0/1 0/1
西東京市 2 0/1 1/1 0/1 1/1
西多摩 2 1/1 1/1 0/1 0/1
南多摩 2 0/1 1/1 0/1 1/2
北多摩第一 3 0/1 1/1 1/1 1/1 0/1 0/1
北多摩第二 2 0/1 1/1 1/1 0/1
北多摩第三 3 0/1 1/1 1/1 1/3
北多摩第四 2 0/1 1/1 1/1 0/1
島部 1 1/1 0/1 0/1
合計 127 23/60 23/23 49/50 1/4 19/37 5/23 1/4 6/58
  • 無所属で当選した6人は都民ファーストの会に追加公認された。

選挙後の動き[編集]

選挙後勢力図[編集]

会派名 議員数 所属党派
都民ファーストの会 55 都民ファーストの会
東京都議会自由民主党 23[53] 自由民主党
都議会公明党 23 公明党
日本共産党東京都議会議員団 19 日本共産党
都議会民進党[54] 5 民進党
都議会生活者ネットワーク 1 東京・生活者ネットワーク
日本維新の会 東京都議会 1 日本維新の会
現員 127 ※2017年7月23日現在[55]

各党の動き[編集]

都民ファーストの会
  • 今回の選挙で圧勝した都民ファーストの会は、翌日3日に小池百合子東京都知事が記者会見で「二元代表制等々への懸念があることも想定し、知事に専念する」と語り、都民ファーストの会の代表を辞任[56]。後任には、初代代表の野田数幹事長が復帰[57]。その後、7月11日には当選した都議の中から幹事長・政調会長・総務会長が選出される党役員人事も行われた[58]
  • 今回の都議選圧勝を受け、一部マスメディアからは「都民ファーストの会の国政進出」も噂されたが[59]、小池知事は3日の記者会見で「今はそういう状況にない」ときっぱりと否定した[60]。一方で、小池知事とは2016年都知事選以来行動を共にし、小池知事とともに自民党から離党された若狭勝衆院議員は、都議選後に出演したフジテレビの番組で「少なくとも年内に国政新党への動きが出てくることは流れとしてあり得る」と語った[61]
  • 8月、都民ファーストを母体とする国政における政治団体「日本ファーストの会」を7月13日付で設立したことを、若狭勝衆議院議員が発表した。同会代表には若狭が就き、同会が新たな政治塾「輝照塾」を運営する[62]。なお、小池は同会の役職には就かず、9月16日に開校が予定されている政治塾の講師を務める[63]
自民党
  • 歴史的惨敗となった自民党は、今回の責任をとる形で下村博文東京都連会長以下、5役全員が辞任を表明[64]、翌3日に開催された臨時の役員会において正式に報告された[65]
  • 学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画に関して、野党4党が要求していた閉会中審査を7月10日に行うことを決定した[66]。都議選前に受け取り、1ヶ月以上態度を保留していた小池百合子の離党届についても正式に了承された[67]
  • 今回の大惨敗を受け、自民党総裁の安倍晋三首相は「大変厳しい審判が下された。自民党に対する厳しい叱咤と深刻に受け止め、反省しなければならない」と述べた。また、敗因について聞かれると「政権の緩みがあるとの厳しい批判があったと思う」と分析した[68]
  • また、今回の大惨敗の原因について、一部マスメディアでは、暴言・暴行が報じられ自民党から離党した豊田真由子衆院議員、加計学園関連極秘文書疑惑の萩生田光一官房副長官、選挙期間中に失言の稲田防衛相、加計学園からの献金を受け取った下村都連会長、以上4人のイニシャルから「THIS is 敗因」と呼ばれた[69]
民進党
  • 民主党時代を含め、最も少ない議席数となった民進党は、松原仁都連会長が辞任を表明した[70]。その一方で、都議選直後は蓮舫代表や野田佳彦幹事長ら中央の執行部メンバーの引責辞任には発展しない見込みである[71]とされていたが、7月20日に日本テレビが、蓮舫代表が執行部メンバーの交代に踏み切る意向を示したと報道[72]
  • 選挙後、都議会会派名を「東京改革議員団」から「都議会民進党」へ変更することを決めた[73]。なお、この会派名は2月に旧民主・旧維新の両会派を合併する前に旧民主側が使用していた会派名であり、元の名称に戻すことになる。
  • この惨敗からおよそ3週間後の7月26日に開催した、都議選総括の党両院議員懇談会において、敗北の責任を取り、野田幹事長が辞任する意向を表明[74]。さらに翌27日には、蓮舫代表が記者会見で正式に辞任を表明した[75]
  • 選挙後、参議院議員の藤末健三、衆議院議員の細野豪志横山博幸木内孝胤と国会議員の離党が相次いでいる[76]
公明党
  • 公明党は、今回の選挙では、都議会自民党と決別し都民ファーストの会との選挙協力を打ち出したが、翌3日に行われた公明党の山口那津男代表と安倍総理の首脳会談の中で、山口代表は「国政は国政、都政は都政で別だ」と強調。国政レベルでは自公が連携し、引き続き連立政権を運営していくことを確認した[77]
共産党
  • 議席を17から19に伸ばし躍進した共産党は、現有議席を上回るとした目標を達成。この結果について小池晃書記局長は「安倍政権の国政の私物化は許せないとの声が日増しに強まり、非常に手応えを感じた」と語った[78]
  • 志位和夫委員長は翌3日、東京都内で行った街頭演説の中で「安倍自民を歴史的な敗北に導いたことが、最も大きい」と胸を張り、安倍政権に対して臨時国会の開催や解散総選挙を要求した[79]
日本維新の会
  • 改選前と変わらず1議席に終わった維新の会は、翌3日に代表を務める大阪府の松井一郎知事が大阪府庁内で行われた記者会見において「小池タイフーンに、みんな吹き飛ばされた。」とコメント。また、1議席にとどまったことについて「われわれが大阪、関西でやっていることが、東京にまだまだ伝わっていなかった。」と分析。さらに、圧勝した都民ファーストの会について「国政政党になる可能性は大ありではないか」と警戒感を示した[80]
東京・生活者ネットワーク
  • 過去最低の1議席に終わった生活者ネットワークは、西崎光子共同代表が選挙後に記者会見で「情報公開や福祉優先といった生活者目線の政策を訴え、共感を得られた」と述べた一方で、今回の敗因について「(ネット自体が)存在感を示せたという感じではない」と分析[81]

選挙特別番組[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

ネット配信[編集]

※配信日時は投開票日の2017年7月2日を基準とする。

  • ホウドウキョク
    • 都議会選挙2017SP ~シジョウ最大の決選~
      • 配信時間: 19:50 - 22:30(生配信)
      • 出演者:
MC: 三浦瑠麗古市憲寿
アシスタント: 新美有加
ゲスト: 森功、平松秀敏(報道局社会部 ホウドウキョクニュースデスク)
開票情報コーナー: 森下知哉、山本周
イノウエGO(Skype中継): 井上義則(報道番組部 記者)
ネット動画: 久永一成(報道局ネット取材部 部長)
MC: みのもんた下平さやか
コメンテーター: 吉木誉絵桜雪たかまつなな東国原英夫細川珠生角谷浩一

出典[編集]

  1. ^ “東京都議会議員選挙の選挙期日等の決定について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京都選挙管理委員会, (2017年1月29日), http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/uploads/b9da2432ec519798b6da585f1aeb5a1e-1.pdf 2017年2月10日閲覧。 
  2. ^ 東京・豊洲新市場:争点化で神経戦 都議会「小池同調」に自民苦慮 きょう特別委 毎日新聞 2017年1月31日
  3. ^ “橋本環奈 “感情AI”に表情を認識されず苦笑いも都議選を笑顔でPR”. スポーツニッポン. (2017年6月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/24/kiji/20170624s00041000202000c.html 2017年7月3日閲覧。 
  4. ^ “都議会公明「自民との連携見直し」 報酬削減案巡り溝”. 日本経済新聞. (2016年12月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14HCP_U6A211C1CC1000/ 2016年12月25日閲覧。 
  5. ^ 都民ファーストに合流=自民離党の2都議 時事通信 2017年2月20日
  6. ^ 知事へ対抗意識むき出し…自民が都議選決起大会 読売新聞 2017年5月13日
  7. ^ 自民の都議選公約は「豊洲早期移転」打倒百合子知事 日刊スポーツ 2017年5月20日
  8. ^ 日本のこころ、自民党の都議選候補者全員に推薦 TBS 2017年6月2日
  9. ^ 公明と都民ファーストの会が政策合意 選挙協力へ NHK 2017年3月13日
  10. ^ 「小池新党」公明と選挙協力で合意 フジテレビ 2017年3月13日
  11. ^ 【東京都議選】公明、都議選公約に「全面禁煙条例」 「都民」と相互推薦も発表 産経新聞 2017年5月11日
  12. ^ 都議選6月23日告示 7月2日投票-共産党 17議席確保し、前進に全力 しんぶん赤旗 2017年1月26日
  13. ^ 共産党が都議選に向け公約を発表 豊洲移転が争点 テレビ朝日 2017年5月8日
  14. ^ 都議会 民進党の2会派 小池知事支持で合流へ NHK 2017年2月14日
  15. ^ 連合東京、都議選で「小池新党」支援へ 合意書締結日本経済新聞 2017年4月7日
  16. ^ 都議選:民進党都連が七つの重点政策を柱に公約発表 毎日新聞 2017年5月9日
  17. ^ 民進・蓮舫氏、正念場の都議選 離党相次ぎ、支持率低迷 朝日新聞 2017年6月20日
  18. ^ 都民ファーストの会が公約発表「議会棟で禁煙実施」 日刊スポーツ 2017年5月24日
  19. ^ 小池代表「戦い勝ち抜く」=都議選へ総決起大会-都民ファースト 時事通信 2017年6月1日
  20. ^ 【東京都議選】小池百合子知事「支持勢力で安定過半数」 都民ファーストは都政チェック可能 産経新聞 2017年6月9日
  21. ^ 小池都政に初の審判、「知事支持」過半数が焦点 読売新聞 2017年6月23日
  22. ^ 東京都議選、7月2日投開票 小池氏支持勢力の伸長焦点 朝日新聞 2017年1月25日
  23. ^ 都議選公認の4氏、生活ネットが発表 知事、協力呼びかけ 産経新聞 2017年2月1日
  24. ^ “生活者ネットと政策協定=候補1人推薦-都議選で小池新党”. 時事通信. (2017年4月21日). http://www.jiji.com/sp/article?k=2017042100613&g=pol 2017年5月30日閲覧。 
  25. ^ 維新 馬場幹事長 都議選で協力せず小池知事の都政改革には協力 NHK 2017年1月31日
  26. ^ 維新代表「都議選へ力結集」=東京で初の党大会 時事通信 2017年3月25日
  27. ^ 維新、党勢拡大を明記 党大会で活動方針決定 日本経済新聞 2017年3月25日
  28. ^ 2017年東京都議会議員選挙における推薦候補者発表自由党公式サイト
  29. ^ 東京都議選 日本第一党 公認候補予定者 決定のお知らせ”. Doronpaの独り言 (2017年4月17日). 2017年4月17日閲覧。
  30. ^ “桜井誠氏が日本第一党を結党 「政権を取ったら韓国と断交する」 仇敵、神奈川新聞の石橋学記者に向かって「北朝鮮の批判をしてもヘイトかい?」”. 産経新聞. (2017年2月26日). http://www.sankei.com/politics/news/170226/plt1702260010-n1.html 2017年4月17日閲覧。 
  31. ^ 都議選殴り込み「ホリエモン新党」堀江氏本人の動向は? 東京スポーツ 2017年5月10日
  32. ^ 東京都議会議員選挙 公認候補予定者6名を決定 幸福実現党 2017年5月11日
  33. ^ 共謀罪阻止へ労組先頭に銀座をデモ 労働者の代表=北島さんを都議会へ『前進』2017年6月15日号
  34. ^ a b c d e f g 東京都議会議員選挙 立候補者一覧
  35. ^ a b c “防衛相 防衛省・自衛隊の名を挙げて都議選投票呼びかけ”. NHK. (2017年6月27日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170627/k10011032521000.html 2017年6月27日閲覧。 
  36. ^ “稲田氏「自衛隊としてお願い」”. ロイター. (2017年6月27日). http://jp.reuters.com/article/idJP2017062701001945?il=0 2017年6月27日閲覧。 
  37. ^ “稲田氏「自衛隊としてお願い」”. 朝日新聞. (2017年6月27日). http://www.asahi.com/articles/ASK6W6K8FK6WUTFK017.html 2017年6月27日閲覧。 
  38. ^ “稲田朋美防衛相、都議選応援演説で「自衛隊として(自民候補を)お願いしたい」”. 産経新聞. (2017年6月27日). http://www.sankei.com/politics/news/170627/plt1706270035-n1.html 2017年6月27日閲覧. "公明党幹部は自民党議員による相次ぐ不祥事を念頭に「オウンゴールの大合唱だ。野党に付け入る隙を与えただけだ」と批判した。" 
  39. ^ “稲田防衛相が発言撤回”. 福井新聞. (2017年6月27日). http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/210226 2017年6月27日閲覧. "稲田朋美防衛相は、都議選の応援演説で「自衛隊としてもお願い」とした発言について「撤回したい」と述べた。" 
  40. ^ 稲田氏発言で臨時国会召集を 4野党、衆院議長に要請 北海道新聞 2017年6月29日
  41. ^ 都政新報電子版【きょうの都政新報】(2017年4月18日号)(1面)▽都議選啓発=イメキャラに橋本環奈さん”. 都政新報 (2017年4月18日). 2017年4月24日閲覧。
  42. ^ 会派構成・会派略称一覧”. 東京都議会. 2017年2月20日閲覧。
  43. ^ 都議選の女性候補 過去最多65人 選挙の光景に変化は? 東京新聞 2017年6月26日
  44. ^ 東京都議会議員選挙 立候補者一覧(東京都選挙管理委員会)
  45. ^ 社説:小池都政と東京都議選 争点は築地だけではない 毎日新聞 2017年6月24日
  46. ^ 共謀罪・加計で自民大逆風 有権者「ふざけるな」毎日新聞2017年6月21日
  47. ^ “都民ファースト圧勝、「小池勢力」で過半数の勢い 自民は惨敗”. 産経新聞: pp. 1/2. (2017年7月2日20時0分). http://www.sankei.com/politics/news/170702/plt1707020017-n1.html 2017年7月2日閲覧。 
  48. ^ 東京都選挙管理委員会「平成29年7月2日執行 東京都議会議員選挙 党派別得票率」2017年7月23日閲覧
  49. ^ 東京都選挙管理委員会「平成29年7月2日執行 東京都議会議員選挙 党派別当選人数」2017年7月23日閲覧
  50. ^ 2017都議選(NHK選挙WEB)
  51. ^ 都議選:投票率51.27% 7.77ポイント上昇 毎日新聞 2017年7月2日
  52. ^ 都議選期日前投票、前回の1.51倍に増 約135万人朝日新聞 2017年7月2日
  53. ^ このうち1名は一人会派の「新風自民党」に在籍。
  54. ^ 都議選後に「東京改革議員団」から改名。
  55. ^ 会派構成・会派略称一覧”. 東京都議会. 2017年2月20日閲覧。
  56. ^ 小池氏、都民ファースト代表辞任 「知事に専念」 日本経済新聞 2017年7月3日
  57. ^ “小池流、突然の代表交代劇 他党は「離れ業」とチクリ”. 産経新聞. (2017年7月3日). http://www.sankei.com/politics/news/170703/plt1707030089-n1.html 2017年7月3日閲覧。 
  58. ^ 都民ファーストの会、幹事長は元民進の増子博樹氏 党三役が決定”. 産経新聞 (2017年7月12日). 2017年7月12日閲覧。
  59. ^ 百合子都知事圧勝!“国政新党”結成へ 都議選立候補50人中49人当選 サンケイスポーツ 2017年7月3日
  60. ^ 小池氏、都民ファ代表辞任 「知事に専念」国政は否定中日新聞 2017年7月3日
  61. ^ 小池氏側近「都ファ」年内にも国政進出 ホウドウキョク 2017年7月9日
  62. ^ 若狭衆院議員 日本ファーストの会設立 国政進出へ布石”. 毎日新聞 (2017年8月7日). 2017年8月7日閲覧。
  63. ^ 「日本ファーストの会」設立 小池氏は役職に就かずテレビ朝日 2017年8月7日
  64. ^ 自民 現有57から半分以下の23議席、下村都連会長辞任へスポーツニッポン 2017年7月3日
  65. ^ 歴史的大敗から一夜明け 自民党臨時役員会開くテレビ朝日
  66. ^ “前川前次官:招致へ 閉会中審査、10日実施 首相は不在”. 毎日新聞. (2017年7月4日). https://mainichi.jp/articles/20170705/k00/00m/010/067000c 2017年7月5日閲覧。 
  67. ^ 自民、小池百合子都知事の離党了承 若狭勝衆院議員も”. 産経新聞 (2017年7月3日). 2017年7月4日閲覧。
  68. ^ 都議選惨敗:自民に衝撃 首相「厳しい叱咤」 毎日新聞 2017年7月3日
  69. ^ 小倉智昭氏、自民議員の「THIS IS 敗因」発言に「本当にうまいこといいますね」2017年7月4日 スポーツ報知
  70. ^ 都議選受け 民進・松原都連会長、辞任表明日本テレビ
  71. ^ 【都議選投開票】「議席ゼロ」回避も民進党は大幅減へ「蓮舫降ろし」には発展せず産経新聞 2017年7月2日
  72. ^ 民進党・蓮舫代表 執行部交代の意向固める2017年7月20日 日本テレビ
  73. ^ 都議会民進党:会派名を戻す 東京改革議員団から毎日新聞 2017年7月20日
  74. ^ 民進党・野田幹事長が辞任へ 蓮舫氏「体制を強化」”. 日刊スポーツ (2017年7月25日). 2017年7月25日閲覧。
  75. ^ “民進・蓮舫氏「代表退く決断をした」会見で辞意表明”. アサヒ・コム. 朝日新聞社. (2017年7月27日) 
  76. ^ 民進の木内氏が離党届提出…都議選後4人目に”. 読売新聞 (2017年8月18日). 2017年8月18日閲覧。
  77. ^ 自民・公明 連立維持を確認フジテレビ 2017年7月3日
  78. ^ 共産党・小池書記局長、目標達成に「非常に手応えを感じた」サンケイスポーツ 2017年7月3日
  79. ^ 共産党志位委員長、安倍首相に解散総選挙を要求日刊スポーツ 2017年7月4日
  80. ^ 維新 松井知事「小池タイフーンに吹き飛ばされた」NHK 2017年7月3日
  81. ^ 「存在感示せず」西崎光子・生活者ネット共同代表”. 産経新聞 (2017年7月3日). 2017年7月5日閲覧。
  82. ^ みのもんたのよるバズ!都議選スペシャル AbemaTV 2017年6月29日閲覧。

外部リンク[編集]