2020年東京都知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年東京都知事選挙
東京都
2016年 ←
2020年7月5日 (2020-07-05)
→ 2024年

投票率 55.00%(減少 4.73%)
  Yuriko Koike cropped.jpg Kenji Utsunomiya 2016.jpg Taro Yamamoto 202006.jpg
候補者 小池百合子 宇都宮健児 山本太郎
政党 無所属 無所属 れいわ新選組
出身地域 兵庫県 愛媛県 兵庫県
得票数 3,661,371 844,151 652,277
得票率 59.70% 13.76% 10.72%

選挙前知事

小池百合子
無所属

選出知事

小池百合子
無所属

2020年東京都知事選挙(2020ねんとうきょうとちじせんきょ)は、2020年令和2年)7月5日に実施された東京都知事選挙[1][2]。現職東京都知事の任期満了に伴う選挙は2011年以来9年ぶり(4回ぶり)となった[3][注 1]。東京都知事選挙における立候補者の人数としては、歴代最多となる22人が立候補。令和時代に入ってから初の東京都知事選挙である。

選挙データ[編集]

告示日・執行日[編集]

  • 告示日:2020年(令和2年)6月18日
  • 執行日:2020年(令和2年)7月5日

現職の任期満了日(7月30日)が2020年東京オリンピック(開会式:7月24日)の開幕後であり、東京都内での聖火リレーが7月10日から始まる予定であったことから、東京都選挙管理委員会は公職選挙法が規定する範囲内(任期満了前の30日以内[注 2])でもっとも早い日曜日である7月5日を投開票日とした[4][5][注 3]

同日選挙[編集]

イメージキャラクター・キャッチコピー[編集]

選挙への啓発を目的としたイメージキャラクターとして、女優広瀬アリスを起用[6]。東京都知事選としては、2012年以来3回ぶりのタレントの起用となった。キャッチコピーは「さすがワタシ。見てるよ、東京。」。

主な争点[編集]

立候補者[編集]

22名、立候補届け出順[9][10]2016年東京都知事選挙の21人を上回り、過去最多となった。

候補者名
(読みかた)
年齢 党派 肩書き
山本太郎
(やまもと・たろう)
45 れいわ新選組
国民民主党の一部支援[11]
党代表、前参議院議員
小池百合子
(こいけ・ゆりこ)
67 無所属
連合東京支持[12]公明党[13]都民ファーストの会[14]自由民主党の一部[15]支援)
東京都知事(現職)
七海ひろこ
(ななみ・ひろこ)
35 幸福実現党[16] 党広報本部長兼財務局長
宇都宮健児
(うつのみや・けんじ)
73 無所属
立憲民主党日本共産党社会民主党新社会党緑の党グリーンズジャパン[17]、国民民主党の一部[18][19]支援)
弁護士、元日本弁護士連合会会長
桜井誠
(さくらい・まこと)
48 日本第一党[20] 党首
行動する保守運動代表
在日特権を許さない市民の会創設者
込山洋
(こみやま・ひろし)
46 無所属
スマイル党推薦[21]
介護職員[22]
小野泰輔
(おの・たいすけ)
46 無所属
日本維新の会あたらしい党推薦、国民民主党の一部支援[23]
熊本県副知事
竹本秀之
(たけもと・ひでゆき)
64 無所属 先物トレーダー、元朝日新聞社社員[24]
西本誠
(にしもと・まこと)
33 スーパークレイジー君[25] 党代表、歌手
関口安弘
(せきぐち・やすひろ)
68 無所属 建物管理会社社長
押越清悦
(おしこし・せいいち)
61 無所属 NPO法人Targeted Individuals Japan代表[22][26]
服部修
(はっとり・おさむ)
46 ホリエモン新党[27]
NHKから国民を守る党推薦)
ミュージシャン
立花孝志
(たちばな・たかし)
52 ホリエモン新党[28]
NHKから国民を守る党推薦)
NHKから国民を守る党党首
前参議院議員
NHK職員
齊藤健一郎
(さいとう・けんいちろう)
39 ホリエモン新党[29]
NHKから国民を守る党推薦)
実業家秘書[22]
後藤輝樹英語版
(ごとう・てるき)
37 トランスヒューマニスト党[30](略称[31])[32] 党代表、政治活動家
澤紫臣
(さわ・しおん)
44 無所属 作家
市川浩司
(いちかわ・ひろし)
58 庶民と動物の会[33] 党代表、ディスコイベントプロデューサー[34]
石井均
(いしい・ひとし)
55 無所属 フリージャーナリスト
長澤育弘
(ながさわ・やすひろ)
34 無所属 薬剤師[22]
牛尾和恵
(うしお・かづえ[35]
33 無所属 製造会社社員[36]
平塚正幸
(ひらつか・まさゆき)
38 国民主権党[37] 党首
社会活動家
内藤久遠
(ないとう・ひさお)
63 無所属 元陸上自衛官[22]

立候補者の撤退[編集]

2020年6月25日、幸福実現党公認で立候補している七海ひろこが、「選挙から撤退する」と述べ、街頭演説など、選挙活動を行わない意向を表明した。理由について、「マスコミによって、なぜか同じ候補者5人[注 4]が選ばれて(報道されて)いる。マスコミの世論誘導型民主主義に一石を投じ、チャンスの平等を守っていく」などと語った[38]。また、無所属の牛尾和恵も、政見放送を申し込まなかった上に選挙公報の原稿も提出せず、同年7月4日時点で選挙戦から撤退した[39]公職選挙法では、告示日の立候補届け出締め切り後の辞退を認めておらず、七海と牛尾は、投開票日まで、候補者として扱われた[38]

記者会見による立候補表明の日時[編集]

関口安弘押越清悦服部修後藤輝樹澤紫臣石井均長澤育弘牛尾和恵内藤久遠(立候補届け出順)は、記者会見で立候補を表明したのか不明。石井は、2020年6月4日、都庁で報道陣の取材に応じ、立候補する意向を明らかにした[53]。 長澤は、2020年6月5日、都庁で報道陣に対して、立候補する意向を表明した[54]。押越は、2020年6月17日、NHKによる記事での、2020年東京都知事選挙の立候補表明者一覧に、名前が掲載された[55]。内藤は、2020年6月17日、都庁で報道陣に対し、立候補すると明らかにした[56]

立候補を取りやめた人物[編集]

  • 黒川敦彦(くろかわ・あつひこ) - 政治団体「オリーブの木」代表
    • 2019年12月18日、記者会見で立候補を表明[57]。2020年5月12日、立候補を取りやめ[58]
  • 古田真(ふるた・まこと) - コンサルティング会社代表[22]
    • 2020年6月5日午後6時10分より放送、NHK総合テレビ首都圏ネットワーク』より、2020年東京都知事選挙の立候補表明者一覧に、古田真の名前あり。2020年6月11日、ニッポン放送による記事での、2020年東京都知事選挙の立候補表明者一覧にも、古田真の名前あり[59]。2020年6月17日までに、立候補を取りやめ[60]
  • 山口節生(やまぐち・せつお) - 不動産
    • 2019年11月18日、記者会見で立候補を表明[61]。選挙告示日の2020年6月18日、立候補を届け出なかった。
  • 久田真理子[62](ひさた・まりこ) - フェンシング選手[63]
    • 2020年6月11日、記者会見で立候補を表明[64]。選挙告示日の6月18日、立候補を届け出なかった。その後、6月26日告示の東京都議会議員補欠選挙(大田区選挙区)に無所属で立候補した(落選)。
  • 岩橋健一(いわはし・けんいち[65]) - 会社員[22]
    • 2020年6月15日、NHKによる記事での、2020年東京都知事選挙の立候補表明者一覧に、岩橋健一の名前あり[66]。選挙告示日の6月18日、立候補を届け出なかった。
  • 高橋尚吾(たかはし・しょうご) - 元派遣社員[67]
    • 2016年都知事選立候補者。公示日である6月18日の未明に「2020年都知事選の公約」を発表し[68]、その後に立候補を模索したが、資金難を理由に断念した[69]

この他、七海ひろこが6月25日 「(自らを含まない)主要5候補という形で偏向報道がされている」と説明し、選挙戦からの「撤退」を表明。以降選挙運動を行わないとした[70]。牛尾和恵も、7月4日までに選挙戦を撤退[39]都選挙管理委員会によれば立候補の辞退ができるのは告示日の午後5時までであるため、投票は有効票になった[71]

立候補が取り沙汰された人物[編集]

※報道順

  • 丸川珠代 - 自民党参議院議員、元東京オリンピック・パラリンピック担当大臣
    • 自民党都連内で擁立を模索するも2020年1月までに固辞した[72]
  • 鈴木大地 - スポーツ庁長官
    • 2020年1月に自民党都連が擁立を模索していることが報じられた[73]
  • 松岡修造 - スポーツキャスター、元男子プロテニス選手
    • 自民党都連が丸川らと並行して出馬を打診していた[74]
  • 前川喜平 - 元文部科学事務次官
    • 2020年2月頃から、野党間で擁立が取り沙汰され[75]、3月には立憲民主党が出馬を打診したものの、固辞した[76]
  • 蓮舫 - 参議院議員、立憲民主党参議院幹事長
    • 立憲民主党都連内で出馬待望論があったが、緊急事態宣言以降は出馬論が下火となり[75][77]、蓮舫自身も打診を固辞した[78]
  • 前澤友作 - 実業家
    • Twitterのフォロワーから出馬を要請されたが、2020年5月21日に「そもそも千葉県民なので」と固辞した[79]
  • 堀江貴文 - 実業家
    • 2020年5月22日に立花孝志が「(堀江が)出ることを決めたと確信した」と述べたものの[80]、同月26日には堀江が否定、出馬に対する合意もないと明らかにした[81]。翌6月5日には、立花は定例会見にて堀江に対し「たぶん出ないんじゃないかな」「具体的な話は出ていない」と語っている[82]。堀江は2020年5月30日発売の著書「東京改造計画」にて都政に対する37項目の提言を記している[83]。結局堀江自身は出馬せず、代わりに秘書の斉藤健一郎が出馬することとなった[84]

政党、政治団体の動向[編集]

自由民主党では、2019年3月、二階俊博幹事長が現職の小池百合子都知事に対して、「都知事選に出馬することになれば、全面的に協力する」と述べ、支持する考えを表明。2017年東京都議会議員選挙で小池率いる都民ファーストの会に惨敗した禍根の残る自民党東京都連は二階の発言に猛反発した[85]。2019年6月に都連は候補者選考委員会を立ち上げ対立候補の擁立を模索したが、丸川珠代松岡修造らに立候補を打診するも実現せず、さらに2020年3月には新型コロナの感染拡大により都連内でも主戦論が下火となった[74]。その後、党本部は5月15日に正式に独自候補の擁立断念を決定[77]。また、自民党と連立を組む公明党は、2020年1月に山口那津男代表が街頭演説で小池の再選支持を示唆した[86]

自民党本部は小池からの要請があれば推薦する方向で調整していたものの[87]、小池が6月12日に出馬表明した際に政党の推薦を求めない考えを示したため、同日に自主投票とすることを決定した。二階は「全力で小池氏を応援する」と述べ、小池を支援する意向を改めて示した[15][88]。また、自民党都連も同日、「候補者はいたが、勝てる候補者はいなかった」などとして独自候補の擁立を正式に断念した[89]。公明党も小池の意向を踏まえ推薦や支持を見送ったものの、16日には山口が実質的に支援する方針を示した[13]。都民ファーストの会も小池に対し党として推薦や支持を出さなかったが、代表の荒木千陽が小池陣営の選対本部長に就いた[90]

一方、立憲民主党国民民主党日本共産党社会民主党の野党4党は2019年11月に野党統一候補の擁立を目指す方針で一致[91]。2017年の第48回衆議院議員総選挙で小池が希望の党を設立したことをきっかけに分裂した立憲・国民両党には一致して小池と戦うことで分裂のしこりを解消したい思惑もあったが、新型コロナの感染拡大以降は統一候補として推す声のあった山本太郎が立候補に消極的な姿勢を示すなど候補者の擁立が難航[77]。2020年5月20日には小池がコロナ対応にあたっていることや、小池と関係が良好な連合の意向もあり、国民民主党の玉木雄一郎代表が対抗馬擁立に慎重な考えを示した[92]。5月27日には20122014年都知事選で共産・社民の支援を受け立候補経験のある元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児が立候補する意向を表明[93]。6月3日に行われた集会[94]で立憲・共産・社民の3党は宇都宮を支援すると表明したが[95]、同集会に参加していた国民民主党内では宇都宮に対して革新色が強いことや高齢であることを理由に支援に消極的な意見もあり[96]、同日、宇都宮を支援しない方針を決めた[97]。国民は6月9日に開催された総務会で、特定の候補への支援を見送り「自主投票」とする方針を正式決定[98]。これにより、今回の都知事選での立憲・国民・社民・共産によるいわゆる「野党統一候補」は実現しないことが確定[99]。これに対し、上記の各野党と協力関係を持つ新社会党は6月3日の集会で宇都宮支援を表明して機関紙『新社会』で告知し[95]、同集会に参加していた緑の党グリーンズジャパンは6月9日に宇都宮支援を同党のサイトで告知して[100]、国政野党3党と都内の特別区議会に所属議員を持つ政治団体(野党)2党による共闘となった。

また、当初野党統一候補の筆頭に挙げられた山本太郎は、6月15日に会見し、自身が代表を務める政党・れいわ新選組の公認候補として出馬することを表明[101]。その際山本は、前述の宇都宮健児と2回会談し立候補について調整したことや、消費税を5%へ減税することを次期衆議院議員選挙での野党の共通政策にすることを求めたが、受け入れられず野党統一候補としての立候補が破断になったことなどを明かしている[102][103]。立憲民主党では当初、枝野幸男代表が「国政政党の選挙ではない」と述べるなど消極姿勢を示していたが、山本の出馬表明により野党間の主導権争いに直結する状況となり、告示前日の6月17日には「国政選挙なみに総力を」を述べ方針を転換させた[104][105]。また、同日には山本を支持する意向を示していた須藤元気が都知事選を巡る意見の相違を理由に立憲民主党に離党届を提出した[106]。自主投票となった国民民主党では原口一博国対委員長[18]や、かつて山本と政党を共にした小沢一郎が宇都宮を支援する意向を示した[19]一方、馬淵澄夫は山本への支援を、前原誠司は小野泰輔(後述)への支援を呼び掛けた[11][23]。前回自主投票としていた連合東京は6月17日、小池を支持する方針を決め、立憲・国民両党と対応が分かれた[12]

2012年と2014年の都知事選では宇都宮を支援し、2017年の都議会議員選挙では小池の都民ファーストの会と政策協定を結んでいた東京・生活者ネットワークは6月10日付けの選挙方針で今回の都知事選で支援する候補者名を特定せず[107]、都知事選と同日投開票となる都議補選での公認候補当選を重視する姿勢を示した。

日本維新の会は、2月時点では柳ヶ瀬裕文東京都総支部代表が政策次第では小池を支援する可能性に言及していた[108]が、馬場伸幸幹事長ら関係者が6月2日に立候補を表明した熊本県副知事の小野泰輔と4日会談を行い、支援を検討していることを明らかにした[109]。6月9日、小野は東京維新の会との会見で、日本維新の会が8日の常任役員会で小野の推薦を決定したと発表した[110]。同日には維新の遠藤敬国対委員長が国民民主党の小沢一郎衆議院議員と会談し、遠藤は小野への支援を打診したが、小沢は「小野氏は結構得票するかもしれない」と述べるにとどめた(同日に国民民主党は自主投票を正式決定)[111]。維新は小池と対立する自民党都連との協力を模索し、告示後の22日には柳ヶ瀬と小野が都議会自民党控室を訪れるなどしたが、支援は実現しなかった。

前回も立候補したNHKから国民を守る党党首の立花孝志は、新たに政治団体『ホリエモン新党』を設立し、2020年6月17日、立花がホリエモン新党公認、N国党推薦で立候補することを表明した[112]。また、ホリエモン新党は、党員でミュージシャンの服部修と、党員で実業家秘書の齊藤健一郎も、党公認・N国党推薦で擁立した[27][29]

このほか、長らく都知事選への立候補を続けてきた、マック赤坂(2019年港区議会議員に当選)が総裁を務める政治団体『スマイル党』からは、マックの元秘書である込山洋が、推薦候補として立候補した[21]。東京都外に地方議員がいる政治団体のうち、『幸福実現党』は、公認候補として広報本部長の七海ひろこを前回に引き続き擁立した[16]。『日本第一党』は同党の代表である桜井誠を公認候補として擁立し、桜井は無所属だった前回に続いての立候補となった[20]

所属議員を持たない各政治団体では、『スーパークレイジー君』が党代表で歌手の西本誠を、党公認で擁立[25]。『トランスヒューマニスト党(略称[31])[32]』は、党代表で政治活動家の後藤輝樹を、党公認で擁立した[30]。『庶民と動物の会』は、党代表でイベントプロデューサーの市川浩司を、党公認で擁立[33]。『国民主権党』は、党首の平塚正幸を、党公認で擁立した[37]

選挙期間中の出来事[編集]

  • 3人の候補者を擁立したホリエモン新党では、立花孝志を除く2人の候補者が選挙ポスターに自身の顔や名前を掲載せず、同選挙に立候補していない堀江貴文の写真を掲載。このため、「違反ではないのか」など苦情や問い合わせが都選挙管理委員会に300件以上寄せられた。公職選挙法では選挙妨害や利益誘導などの記載をしなければ、誰の写真や名前を載せるかは候補者の自由であり、都選管は「違法とまでは言えない」と述べた[113]
  • 6月26日にTOKYO MXで放送された後藤輝樹の政見放送が、公職選挙法第150条の2の規定をふまえて21か所の音声が削除された状態で放送された。弁護士ドットコムでは「主に消されていたのは、男性器排泄物を意味する名称だったようだ」としている。なお後藤は2016年の都知事選にも立候補しているが、この際も政見放送における音声削除が行われている[114]
  • 都知事選で宇都宮を支援している立憲民主党では、公職選挙法で選挙運動が禁じられている投票日当日に党代表の枝野幸男が「#宇都宮」とハッシュタグをつけ、自身の出身地である宇都宮市餃子についてツイートした。このツイートに対し、「特定候補(宇都宮候補)を匂わせる不自然なツイート」「姑息だ」「公職選挙法違反ぎりぎりだ」など批判的なコメントがネット上で飛び交った[115][116][117]。同党の地方議員からも「#宇都宮」のツイートが相次いでいたが、投開票日翌日の6日に記者から公選法違反の可能性を問われた枝野は、「誤解と心配をかけていることを恐縮に思っているが、他意はない」と釈明した[118][119]

選挙結果[編集]

各候補の得票率

  小池百合子 (59.70%)
  宇都宮健児 (13.76%)
  山本太郎 (10.72%)
  小野泰輔 (9.99%)
  桜井誠 (2.92%)
  立花孝志 (0.72%)
  七海ひろこ (0.36%)
  後藤輝樹 (0.36%)
  澤紫臣 (0.34%)
  その他 (1.13%)

※当日有権者数:11,468,938人 最終投票率:55.00%(前回比:-4.73%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
小池百合子67無所属3,661,371票59.70%
宇都宮健児73無所属844,151票13.76%
山本太郎45れいわ新選組652,277票10.72%
小野泰輔46無所属612,530票9.99%日本維新の会
桜井誠48日本第一党178,874.293票2.92%
立花孝志52ホリエモン新党43,912票0.72%NHKから国民を守る党
七海ひろこ35幸福実現党22,003票0.36%
後藤輝樹37(略称)トランスヒューマニスト党21,997票0.35%
澤紫臣44無所属20,738票0.34%
西本誠33スーパークレイジー君11,887.698票0.19%
込山洋46無所属10,935.582票0.18%
平塚正幸38国民主権党8,997票0.15%
服部修46ホリエモン新党5,453票0.09%NHKから国民を守る党
齊藤健一郎39ホリエモン新党5,114票0.08%NHKから国民を守る党
市川浩司58庶民と動物の会4,760.414票0.08%
内藤久遠63無所属4,145票0.07%
関口安弘68無所属4,097票0.07%
竹本秀之64無所属3,997票0.07%
石井均55無所属3,356票0.05%
長澤育弘34無所属2,955票0.05%
押越清悦61無所属2,708票0.04%
牛尾和恵33無所属1,510票0.02%

現職の小池百合子が次点以下に大差をつけ再選。小池は自民党支持層の8割、公明党支持層の9割超と無党派層の5割超を固めた。年代別でも全ての年代で小池が最も得票し、男女別では女性からの支持が特に強かった。立憲民主党支持層で宇都宮に投票したのは4割強にとどまり、立憲は支持層の3割を小池に、2割弱を山本に切り崩された。共産党も支持層の6割を宇都宮支持で固めたものの、2割弱が小池、山本にそれぞれ流れた。小野は自主投票となった自民党支持層の受け皿を目指したが、固められたのは自民支持層の1割にとどまり、推薦を受けた維新からの支持も4割で、維新支持層は3割弱が小池に流れた。無党派層からの支持は小池が5割超、宇都宮が2割弱、小野と山本が1割強であった[122][123][124][125][126]。同日に行われた東京都議会議員補欠選挙(4選挙区)では、いずれも自民党が勝利し、4議席を独占した[127]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この間、2011年の選挙で選出された石原慎太郎2012年の選挙で選出された猪瀬直樹2014年の選挙で選出された舛添要一が3代続けて任期途中で辞職した。そのため、現職が再選を目指して立候補するのも2011年以来9年ぶり(4回ぶり)となる。
  2. ^ 本選挙のケースでは6月30日から7月29日まで。
  3. ^ 東京オリンピック・パラリンピック新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行を受けて、当初の開催日程から1年延期となっており、日程はいずれも2019年11月の投開票日決定当時のもの。
  4. ^ 山本、小池、宇都宮、小野、立花の5氏。

出典[編集]

  1. ^ 2020年東京都知事選挙”. 選挙ドットコム. 2020年6月18日閲覧。
  2. ^ 次期都知事選、来年7・5投開票 小池氏任期満了で 日刊スポーツ 2019年11月13日配信 2019年11月14日閲覧
  3. ^ 都知事選、コロナの陰に 小池氏に注目、対抗馬なく―告示まで1カ月”. 時事通信. 2020年6月16日閲覧。
  4. ^ “五輪開催都市トップ、直前に決定 7月5日都知事選へ”. 日本経済新聞. (2019年11月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51852560W9A101C1CC1000/ 2020年6月16日閲覧。 
  5. ^ “都知事選、来年7月5日投開票 任期満了なら11年以来”. 東京新聞. (2019年11月14日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/24962 2020年6月16日閲覧。 
  6. ^ 7月5日執行東京都知事選挙 イメージキャラクターが決まりました 東京都選挙管理委員会、2020年4月17日、2020年6月9日閲覧。
  7. ^ a b c “都知事選が告示、コロナ対策など争点 7月5日投開票”. 日本経済新聞. (2020年6月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60482110Y0A610C2MM0000/ 2020年6月18日閲覧。 
  8. ^ a b c “都知事選告示はしたけれど…各党支援及び腰 候補者は独自色アピール”. 毎日新聞. (2020年6月18日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200618/k00/00m/010/256000c 2020年6月18日閲覧。 
  9. ^ 東京都知事選挙における候補者の届出 (PDF) - 令和2年東京都知事選挙選挙長告示第2号、東京都公報
  10. ^ 東京都知事選 きょう投票<立候補届け出順に、候補者の氏名・年齢・党派・肩書きが掲載> - NHK、2020年7月5日
  11. ^ a b “揺らぐ野党盟主の座 立民・枝野氏、都知事選で統一候補失敗に焦り”. 産経新聞. (2020年6月20日). https://www.sankei.com/politics/news/200620/plt2006200009-n2.html 2020年6月21日閲覧。 
  12. ^ a b “連合東京は小池氏支持 都知事選”. 時事ドットコム. (2020年6月17日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061701064&g=pol 2020年6月18日閲覧。 
  13. ^ a b “公明・山口氏、東京都知事選で「小池氏を実質支援」表明”. 朝日新聞. (2020年6月16日). https://www.asahi.com/articles/ASN6J5X1NN6JUTFK00G.html 2020年6月18日閲覧。 
  14. ^ “「自公」対「都民ファ」 都知事選から一転、ねじれる区”. 朝日新聞. (2020年6月25日). https://www.asahi.com/articles/ASN6T449KN6SUTIL001.html 2020年6月25日閲覧。 
  15. ^ a b “都知事選、自民は自主投票 二階氏は小池氏支援へ”. 時事ドットコム. (2020年6月12日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061200990&g=pol 2020年6月18日閲覧。 
  16. ^ a b 2020年東京都知事選 候補者 七海ひろこ<肩書き欄に党派が記載> - 朝日新聞
  17. ^ “都知事選きょう告示 共同会見 宇都宮さんコロナ禍の支援策示す”. しんぶん赤旗. (2020年6月18日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-06-18/2020061801_02_1.html 2020年6月18日閲覧。 
  18. ^ a b “国民・原口氏「宇都宮氏を支援」 都知事選”. 時事ドットコム. (2020年6月15日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061500762&g=pol 2020年6月21日閲覧。 
  19. ^ a b “小沢氏、都知事選で宇都宮氏支援 山本氏推さず共闘優先”. 朝日新聞. (2020年6月19日). https://www.asahi.com/articles/ASN6M5Q1FN6MUTFK00Z.html 2020年6月21日閲覧。 
  20. ^ a b 2020年東京都知事選 候補者 桜井誠<肩書き欄に党派が記載> - 朝日新聞
  21. ^ a b 込山洋のツイッター(『私、込山洋は6月18日告示7月5日投開票の東京都知事選挙において、"無所属 スマイル党推薦" にて出馬させていただくこととなりました』と記載) - 2020年5月28日
  22. ^ a b c d e f g あす告示 これまでに21人が立候補を表明<肩書きが記載> - NHK、2020年6月17日
  23. ^ a b “【東京都知事選】野党、足並み揃わず…次期衆院選に課題”. 産経新聞. (2020年7月5日). https://www.sankei.com/politics/news/200705/plt2007050032-n1.html 2020年7月6日閲覧。 
  24. ^ 竹本秀之のツイッター(上部に肩書きが記載)
  25. ^ a b 2020年東京都知事選 候補者 西本誠<肩書き欄に党派が記載> - 朝日新聞
  26. ^ NPO法人ポータルサイト”. 内閣府NPOホームページ (2020年6月18日). 2020年6月19日閲覧。
  27. ^ a b 2020年東京都知事選 候補者 服部修<肩書き欄に党派が記載> - 朝日新聞
  28. ^ 2020年東京都知事選 候補者 立花孝志<肩書き欄に党派が記載> - 朝日新聞
  29. ^ a b 2020年東京都知事選 候補者 齊藤健一郎<肩書き欄に党派が記載> - 朝日新聞
  30. ^ a b 2020年東京都知事選 候補者 後藤輝樹<肩書き欄に党派が記載> - 朝日新聞
  31. ^ a b 東京都知事選挙立候補者一覧(東京都選挙管理委員会)<後藤輝樹の党派に『(略称)』と記載>
  32. ^ a b 正式名称『「愛してる」という挨拶を日本に普及し、靈氣(レイキ)の義務教育必修を目指す、この国の表現の自由を守る愛国左翼 トランスヒューマニスト党 featuring世界政府@地球幸福』(リンク先は、ニコニコ生放送の2020年都知事選候補者ネット演説動画。0:02に、正式名称らしき党名が映る)
  33. ^ a b 2020年東京都知事選 候補者 市川浩司<肩書き欄に党派が記載> - 朝日新聞
  34. ^ 市川浩司(いちかわひろし) 東京都知事選挙2020<肩書きが記載> - 政治山
  35. ^ 東京都知事選 立候補者一覧<名前の読みかたが記載> - NHK
  36. ^ 東京都知事選2020 候補者<牛尾和恵の肩書きが記載> - 読売新聞
  37. ^ a b 2020年東京都知事選 候補者 平塚正幸<肩書き欄に党派が記載> - 朝日新聞
  38. ^ a b “幸福実現党の七海氏が都知事選「撤退」表明”. 産経新聞. (2020年6月25日). https://www.sankei.com/politics/news/200625/plt2006250028-n1.html 2020年6月25日閲覧。 
  39. ^ a b 緊急企画!都知事選候補者にMC乙武が直撃!有権者が #最後にどうしても聞きたいこと(YouTube 選挙ドットコムちゃんねる、2020年7月4日)<6:03で、番組進行が、「七海候補と牛尾候補は、選挙戦を撤退」と発言>
  40. ^ フリーランスライター・畠山理仁のツイッター、2020年4月1日(『4月1日、介護士の込山洋(こみやまひろし)氏が東京都庁で記者会見し、6月18日告示・7月5日投開票の東京都知事選挙への出馬を表明した』と記載)
  41. ^ N国党首が都知事選出馬へ 都のコロナ対策批判 - 2020年4月8日、山陰中央新報社
  42. ^ 幸福実現党の七海氏、都知事選出馬を表明 - 2020年5月8日、産経新聞
  43. ^ 宇都宮氏、正式に出馬表明 都知事選 - 2020年5月27日、時事ドットコム
  44. ^ <速報>「都知事選に出馬」正式表明 熊本県の小野副知事が会見 - 2020年6月2日、熊本日日新聞
  45. ^ 都知事選、桜井誠氏らが立候補へ 7月5日投開票 - 中国新聞、2020年6月4日
  46. ^ 【東京都知事選挙】竹本秀之候補 出馬表明会見 生中継(2020年6月8日放送) - ニコニコ生放送
  47. ^ 【東京都知事選挙】平塚正幸候補 出馬記者会見 生中継(2020年6月12日午後5時放送) - ニコニコ生放送
  48. ^ 【東京都知事選挙】小池百合子東京都知事 出馬記者会見 生中継(2020年6月12日午後6時放送) - ニコニコ生放送
  49. ^ れいわ山本太郎代表が都知事選出馬を表明 - 共同通信、2020年6月15日
  50. ^ 【東京都知事選挙】政治団体スーパークレイジー君 代表 西本誠候補 出馬会見(2020年6月16日放送) - ニコニコ生放送
  51. ^ 【東京都知事選挙】市川浩司候補 出馬記者会見 生中継(2020年6月17日午前11時放送) - ニコニコ生放送
  52. ^ 【東京都知事選挙】ホリエモン新党 さいとう健一郎氏 出馬表明会見 生中継(2020年6月17日午後1時放送) - ニコニコ生放送
  53. ^ 都知事選、桜井誠氏らが立候補へ 7月5日投開票<『フリージャーナリスト石井均氏(55)~都庁で報道陣の取材に応じ、立候補する意向を明らかにした』と記載> - 中国新聞、2020年6月4日
  54. ^ 薬局経営者が出馬表明 東京都知事選 - 産経新聞、2020年6月5日
  55. ^ あす告示 これまでに21人が立候補を表明<文章中の立候補表明者一覧に、押越清悦の名前あり> - NHK、2020年6月17日
  56. ^ 千葉の元派遣社員、内藤久遠氏が都知事選出馬へ - サンケイスポーツ、2020年6月17日
  57. ^ 黒川氏が都知事選出馬表明 オリーブの木代表 - 2019年12月19日、産経新聞
  58. ^ 重大なお知らせ。黒川あつひこ、より。 - 2020年5月12日、YouTube(オリーブの木 代表黒川あつひこ チャンネル)<0:26より、「わたくし黒川敦彦は、7月に立候補を表明しておりました、東京都知事選挙への立候補を辞退することを決めました」と発言>
  59. ^ 小池都知事の都知事選出馬表明が遅れている理由(4ページめ)<文章最下段、2020年東京都知事選挙の立候補表明者一覧に、古田真の名前あり> - ニッポン放送、2020年6月11日
  60. ^ フリーランスライター・畠山理仁のツイッター<『古田真さんは出馬断念とのこと』と記載> - 2020年6月17日
  61. ^ 山口氏が出馬表明 知事選 - 2019年11月19日、産経新聞
  62. ^ 東京都知事選 あす告示 これまでに21人が立候補を表明<名前が記載> - NHK、2020年6月17日
  63. ^ 【東京都知事選挙】久田真理子候補 出馬記者会見 生中継(2020年6月11日放送)<04:53で、肩書きについて発言> - ニコニコ生放送
  64. ^ 【東京都知事選挙】久田真理子候補 出馬記者会見 生中継(2020年6月11日放送) - ニコニコ生放送
  65. ^ 2020年6月15日午後6時10分より放送、NHK総合テレビ首都圏ネットワーク』より、2020年東京都知事選挙の立候補表明者一覧に、岩橋健一の名前の読みかたが記載
  66. ^ 東京都知事選 れいわ新選組 山本太郎代表が立候補を表明<文章の下のほうの立候補表明者一覧に、岩橋健一の名前あり> - NHK、2020年6月15日
  67. ^ 2016年東京都知事選 候補者”. 朝日新聞社「asahi.com」. 2020年6月20日閲覧。
  68. ^ 「2020年東京都知事選の公約」(立候補はしませんが)”. 高橋しょうご. 2020年6月20日閲覧。
  69. ^ 高橋のツイッターの2020年6月18日付ログ[https://twilog.org/Shogo_tkhs/date-200618]より。
  70. ^ 東京都知事選の撤退について(党声明)幸福実現党
  71. ^ 七海ひろこ氏が都知事選「撤退」表明 幸福実現党役員:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年6月26日閲覧。
  72. ^ “焦点:都知事選まで半年、見えぬ対抗馬 小池氏、地ならし着々”. 毎日新聞. (2020年1月8日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200108/ddm/012/010/105000c 2020年5月23日閲覧。 
  73. ^ “五輪イヤーの都知事選「東京の顔」は誰に?”. 日テレNEWS. (2020年1月3日). https://www.news24.jp/articles/2020/01/03/07572087.html 2020年5月23日閲覧。 
  74. ^ a b “東京都知事選、自民が候補擁立断念へ 小池氏と対立回避”. 朝日新聞. (2020年3月24日). https://www.asahi.com/articles/ASN3S66J4N3SUTFK00Q.html 2020年5月23日閲覧。 
  75. ^ a b “小池氏、立・国の出方探る? 都知事選見据え幹部と会談”. 時事ドットコム. (2020年2月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020020701146&g=pol 2020年5月23日閲覧。 
  76. ^ “都知事選、野党の擁立難航 コロナ禍背景に「不戦敗」も”. 時事ドットコム. (2020年5月25日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052400168&g=pol 2020年5月25日閲覧。 
  77. ^ a b c “都知事選 自民なお綱引き 小池氏推薦 党本部容認/都連は反発”. 毎日新聞. (2020年5月20日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200520/ddm/005/010/043000c 2020年5月23日閲覧。 
  78. ^ “立憲、宇都宮氏支援へ 主要政党、構図固まる”. 毎日新聞. (2020年6月4日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200604/ddm/005/010/103000c 2020年6月4日閲覧。 
  79. ^ 前澤友作氏「僕は都知事選出ないです。そもそも千葉県民です」
  80. ^ “N国党首、都知事選「堀江氏出馬を確信」”. 時事ドットコム. (2020年5月22日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052201232&g=pol 2020年5月23日閲覧。 
  81. ^ 堀江貴文氏「合意もなにも」N国立花氏の発言を否定”. 日刊スポーツ. 2020年6月16日閲覧。
  82. ^ N国・立花党首、堀江貴文氏は都知事選に「出ないんじゃないかな」”. スポーツ報知. 2020年6月16日閲覧。
  83. ^ 「東京改造計画」で都知事選出馬のホリエモン 過去発言から見るインバウンド推進の見通しとは”. 訪日ラボ. 2020年6月16日閲覧。
  84. ^ 【東京都知事選】堀江貴文氏は現れず「ホリエモンイズムを受け継いだ」斉藤秘書が出馬
  85. ^ “【政界徒然草】二階氏「小池都知事の再選支持」発言は本気か”. 産経新聞. (2019年3月18日). https://www.sankei.com/premium/news/190318/prm1903180004-n1.html 2020年5月26日閲覧。 
  86. ^ “【小池氏再選支持を示唆 都知事選で公明代表”. 日本経済新聞. (2020年1月2日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO54011870S0A100C2PE8000?s=5 2020年5月26日閲覧。 
  87. ^ 小池氏が10日にも立候補表明 自民幹部「推薦応じる」”. 朝日新聞デジタル. 2020年6月16日閲覧。
  88. ^ 自民、都知事選自主投票へ「勝手連的に小池氏を支援」”. 共同通信. 2020年6月16日閲覧。
  89. ^ “都知事選2020:独自候補を正式に断念 自民都連 /東京”. 毎日新聞. (2020年6月13日). https://mainichi.jp/articles/20200613/ddl/k13/010/006000c 2020年6月18日閲覧。 
  90. ^ “話題の書「女帝」の質問受けず終わった小池氏の出馬会見 問われる記者「排除」の姿勢”. 毎日新聞. (2020年6月14日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200614/k00/00m/010/130000c 2020年6月20日閲覧。 
  91. ^ “統一候補の擁立目指す 都知事選で野党党首ら”. 時事ドットコム. (2019年11月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110700976&g=pol 2020年5月25日閲覧。 
  92. ^ “都知事選の野党共闘に暗雲 立民八方塞がり、小池氏支持の声も”. 産経新聞. (2020年5月20日). https://www.sankei.com/politics/news/200520/plt2005200027-n1.html 2020年5月25日閲覧。 
  93. ^ “「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見”. 毎日新聞. (2020年5月27日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200527/k00/00m/010/182000c 2020年6月4日閲覧。 
  94. ^ 正式名称は「市民と野党の共闘の実現で都政の転換をめざす呼びかけ人会議」。代表呼びかけ人は浜矩子五十嵐仁、永山利和、小林節
  95. ^ a b 『今週の新社会』、宇都宮さん勝利を 都政転換へ -東京都知事選6月18日告示-”. 新社会党 (2020年6月16日). 2020-60-20閲覧。
  96. ^ “立憲、宇都宮氏支援で調整 野党統一候補目指す―都知事選”. 時事ドットコム. (2020年6月2日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060201213 2020年7月2日閲覧。 
  97. ^ “立共社、都知事選で宇都宮氏支援へ 国民民主は応援せず”. 日本経済新聞. (2020年6月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59927480T00C20A6PP8000/ 2020年6月4日閲覧。 
  98. ^ 国民民主は自主投票に 都知事選、小池氏に配慮朝日新聞 2020年6月9日
  99. ^ 都知事選、国民民主は自主投票 野党間で対応分かれる毎日新聞 2020年6月9日
  100. ^ 【選挙】6/18~7/5 東京都知事選挙、宇都宮健児さんの支援を決定”. 緑の党グリーンズジャパン. 2020年6月20日閲覧。
  101. ^ 「五輪中止」「全都民に10万円」、れいわ新選組の山本代表が都知事選出馬表明讀賣新聞 2020年6月15日
  102. ^ @tbs_newsのツイート(1272416522355400705)2020年6月16日閲覧。
  103. ^ 山本太郎氏、東京五輪「中止だ」 都民に10万円給付案”. 朝日新聞デジタル. 2020年6月16日閲覧。
  104. ^ “都知事選、国政に影響必至 立憲、主導権維持に向け本腰”. 朝日新聞. (2020年6月19日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200702/ddm/005/010/075000c 2020年7月2日閲覧。 
  105. ^ “都知事選2020:野党、支援先巡り神経戦 衆院選にらみ主導権争い”. 毎日新聞. (2020年7月2日). https://www.asahi.com/articles/ASN6M6251N6MUTFK01M.html 2020年7月2日閲覧。 
  106. ^ “立憲離党表明の須藤元気参院議員 涙で語ったロスジェネ世代の本音”. 毎日新聞. (2020年6月18日). https://mainichi.jp/articles/20200618/k00/00m/010/007000c 2020年7月2日閲覧。 
  107. ^ 2020年都知事選挙方針”. 東京・生活者ネットワーク (2020年6月10日). 2020年6月20日閲覧。
  108. ^ “維新、政策次第で小池氏支援も”. 時事ドットコム. (2020年2月19日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021900809&g=pol 2020年6月8日閲覧。 
  109. ^ “都知事選「敗北」リスク避けた与野党 双方が独自候補見送る異例の展開”. 東京新聞. (2020年6月5日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/33463 2020年6月6日閲覧。 
  110. ^ 維新、元熊本副知事推薦 都知事選”. 沼津経済新聞. 2020年6月9日閲覧。
  111. ^ “小沢氏、維新幹部と会談”. 時事ドットコム. (2020年6月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060900987&g=pol 2020年6月16日閲覧。 
  112. ^ 堀江貴文氏の“マネージャー”が都知事選に参戦 立花氏はホリエモン新党公認に - スポーツ報知、2020年6月17日
  113. ^ “不出馬なのに「ホリエモン」ポスターはなぜOK? 都知事選で選管に問い合わせ300件超”. 東京新聞. (2020年6月29日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/38629 2020年7月6日閲覧。 
  114. ^ 後藤輝樹氏が「政見放送」で過激発言を連発、何を言っても許されるの? 都知事選弁護士ドットコム 2020年6月26日
  115. ^ “餃子と言えば… 立憲・枝野氏、投票日のツイートが物議”. 朝日新聞. (2020年7月6日). https://www.asahi.com/articles/ASN766FPBN76UTIL01X.html 2020年7月6日閲覧。 
  116. ^ “内憂外患の立民・枝野氏 問われる求心力 高知から地方行脚再開”. 産経新聞. (2020年7月6日). https://www.sankei.com/politics/news/200706/plt2007060038-n1.html 2020年7月6日閲覧。 
  117. ^ “枝野氏、都知事選投票日に「宇都宮ギョーザ」ツイート 宇都宮氏支援?と物議”. 毎日新聞. (2020年7月6日). https://mainichi.jp/articles/20200706/k00/00m/010/264000c 2020年7月6日閲覧。 
  118. ^ “宇都宮ギョーザで投票呼びかけ? 枝野氏、都知事選当日のツイッターが物議”. 時事ドットコム. (2020年7月6日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020070601019 2020年7月6日閲覧。 
  119. ^ “都知事選支援候補を連想? 「#宇都宮」に批判、枝野氏「他意ない」”. 産経新聞. (2020年7月6日). https://www.sankei.com/politics/news/200706/plt2007060047-n1.html 2020年7月6日閲覧。 
  120. ^ 公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)第68条の2: 同一氏名の候補者等に対する投票の効力”. e-Gov (2019年5月31日). 2019年12月28日閲覧。 “2019年6月1日施行分”
  121. ^ 公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)第68条の2: 同一氏名の候補者等に対する投票の効力”. e-Gov (2019年5月31日). 2019年12月28日閲覧。 “2019年6月1日施行分”
  122. ^ “東京都知事選 現職の小池百合子氏 2回目の当選確実”. NHKニュース. (2020年7月5日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200705/k10012497581000.html 2020年7月5日閲覧。 
  123. ^ “自公支持の80%超が小池氏に 都のコロナ対策評価、60%”. 共同通信. (2020年7月5日). https://this.kiji.is/652479235845489761 2020年7月5日閲覧。 
  124. ^ “自公支持層8割以上が小池氏支持、JNN出口調査”. TBS NEWS. (2020年7月5日). https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4020910.html 2020年7月5日閲覧。 
  125. ^ “自公支持層の8割以上が小池氏に投票 都のコロナ対策「評価」6割 出口調査”. 毎日新聞. (2020年7月5日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200705/k00/00m/010/208000c 2020年7月5日閲覧。 
  126. ^ “無党派層の5割が小池氏に、女性支持高く 朝日出口調査”. 朝日新聞. (2020年7月5日). https://www.asahi.com/articles/ASN756TLKN75UZPS002.html 2020年7月5日閲覧。 
  127. ^ “都議補選 自民4議席独占 /東京”. 毎日新聞. (2020年7月5日). https://mainichi.jp/articles/20200706/ddl/k13/010/220000c 2020年7月6日閲覧。 

外部リンク[編集]