この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

丸川珠代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
丸川 珠代
まるかわ たまよ
Marukawatamayo.png
生年月日 (1971-01-19) 1971年1月19日(46歳)
出生地 日本の旗 兵庫県神戸市
出身校 東京大学経済学部経営学科
前職 テレビ朝日アナウンサー
所属政党 自由民主党細田派
称号 学士経済学東京大学1993年
配偶者 大塚拓衆議院議員
公式サイト 丸川珠代オフィシャルサイト

選挙区 東京都選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年7月29日 - 現職

日本の旗 国務大臣
(東京オリンピック競技大会・
東京パラリンピック競技大会担当)
内閣 第3次安倍第2次改造内閣
在任期間 2016年8月3日 - 2017年8月3日

内閣 第3次安倍第1次改造内閣
在任期間 2015年10月7日 - 2016年8月3日
テンプレートを表示
まるかわ たまよ
丸川 珠代
プロフィール
本名 珠代
国籍 日本の旗 日本
勤務局 テレビ朝日
活動期間 1993年 - 2007年
ジャンル バラエティ・報道番組ほか
出演番組・活動
過去 ビートたけしのTVタックル

丸川 珠代(まるかわ たまよ、1971年昭和46年〉1月19日 - )は、日本政治家、元テレビ朝日アナウンサー自由民主党所属の参議院議員(2期)、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当国務大臣第2代)。丸川は旧姓であり、戸籍名は 珠代(おおつか たまよ)。愛称は「丸珠」(まるたま)[1]

第3次安倍第1次改造内閣内閣府特命担当大臣(原子力防災)を務めたほか、環境大臣第22代)、厚生労働大臣政務官第2次安倍内閣)、参議院厚生労働委員長等を歴任した。

夫は自由民主党衆議院議員大塚拓

来歴

兵庫県神戸市生まれ。神戸大学教育学部附属住吉中学校大阪教育大学教育学部附属高等学校池田校舎東京大学経済学部経営学科卒業。1993年4月、テレビ朝日に入社し、同局アナウンサー。2003年6月から2004年5月まで、ニューヨーク支局に駐在していた。2007年5月15日、テレビ朝日を退職した。

2007年第21回参議院議員通常選挙東京都選挙区(定数5)から自由民主党公認で出馬し、得票数4位で初当選した[2][3]安倍晋三首相から直々に出馬要請を受け、平沢勝栄衆議院議員を選挙対策本部長に迎えたが、知名度の低さにより苦戦を強いられた[3][4]。さらに、新人の丸川が当選した一方、3選を目指した自民党公認の保坂三蔵が次点で落選したため、当選後の恒例である万歳三唱を省略した[3]。また、選挙戦では幸福の科学からも支援を受けていた[5]。当選後の2007年7月より自由民主党女性局長。2008年6月16日明治神宮で、同じ自民党に所属する大塚拓衆議院議員と挙式した[6]6月20日、夫婦揃って清和政策研究会に入会した。2009年、夫の大塚拓が第45回衆議院議員総選挙で落選する。

2012年6月26日、参院議員在職中に第1子の長男を出産した[7]。同年12月、夫の大塚が第46回衆議院議員総選挙で衆院議員に返り咲いた。選挙後に発足した第2次安倍内閣厚生労働大臣政務官に任命された。2013年第23回参議院議員通常選挙では、自民党公認で東京都選挙区(定数5)から出馬し、公明党代表山口那津男を上回る得票数トップで再選を果たした[8]2014年9月、参議院厚生労働委員長に就任。

2015年第3次安倍第1次改造内閣環境大臣及び内閣府特命担当大臣(原子力防災)に任命され、初入閣した[9][10]2016年8月、内閣改造により環境相・原子力防災担当相を退任し、第3次安倍第2次改造内閣では東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当国務大臣に横滑りした[11]

政策・主張

人物

不祥事

選挙権がないまま参院選に立候補

2007年7月16日期日前投票をするために新宿区役所を訪れたが、丸川は選挙人名簿に登録されておらず、同区における選挙権を有していなかった。さらに、2004年アメリカ合衆国から帰国して以来、6回の国政・地方選挙でまったく投票に行っていなかった。さらに住民税の未納疑惑も取り沙汰されたが、丸川事務所によれば給与支払者(テレビ朝日)から特別徴収はされており、居住の実態があるため、住民税は新宿区に納付されていた[19]

人材派遣会社広告記事への登場

2013年2月25日付の日本経済新聞に掲載された人材派遣会社ヒューマントラストの広告に、厚生労働大臣政務官在任中ながら登場した(広告の内容は丸川・阪本美貴子ヒューマントラスト社長の対談)。その広告において「日雇い派遣の原則禁止は見直すべき」と発言し、3月15日衆議院厚生労働委員会で「見直しは省の見解」と答弁したが、禁止規定自体が2012年10月に労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律で施行されたばかりであり、厚労省内でも具体的な検討はなされていなかった。丸川のこれらの発言に対し、民主党議員が「厚生労働省の公式見解か」「自民党も禁止に賛成したのにおかしい」と追及し、丸川も「個人的見解。議論をしてほしいというのが厚労省としての見解」と述べ、発言を事実上撤回した[20]3月28日参議院厚生労働委員会で、「以後は誤解を招くことのないようにしたい」「派遣労働者に失礼に当たる点があると認識している」と陳謝した[21]。この問題を受け、厚生労働委員会は理事会で、丸川に答弁をさせない「謹慎扱い」を全会一致で決定した[22]6月25日、民主・社民みんな3党が提出した丸川政務官に対する問責決議が、日本共産党も加わった4党の賛成多数により可決された[23]

福島第一原発事故後の除染等の長期目標に関する失言

環境相在任中の2016年2月7日長野県松本市で行った講演において、東京電力福島第一原発事故後に当時の細野豪志環境大臣の下で定められた除染の長期目標について、「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ(線量を)下げても心配だという人は世の中にいる。そういう人たちが騒いだ中で、何の科学的根拠もなく時の環境相が決めた」と発言した[24]。この発言は、原発事故が発生した当時の内閣官房長官だった枝野幸男や、福島4区選出の衆議院議員である小熊慎司南相馬市長の桜井勝延らの批判を受け[25]衆議院予算委員会で当の細野豪志から追及を受けた際は発言の撤回を拒否していた[25]が、2月12日に開いた緊急の記者会見で「(原発事故被災者に)心からおわび申し上げる」と述べ、撤回した[24]。発言は撤回する一方で、「福島のみなさまの思いに応えることが大事だ。引き続き職責を果たしてまいりたい」と述べ、閣僚辞任は否定した[24]。なお除染等の長期目標である「年間1mSv以下」の数値は、人工放射線による一般人の年間追加被曝限度を「1mSv/年」とした国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告に基づいて定められたものである[24]

事実誤認発言

2015年7月13日、自民党のネット番組「平和安全法制のナゼ?ナニ?ドウシテ?」で「ピースボートに乗った民主党の辻元清美自衛隊に守ってもらった」と発言。辻元から「乗船もしていないし、指示もしていない」と抗議を受け、謝罪に追い込まれた[26]

所属団体・議員連盟

アナウンサー時代の出演番組

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ “丸川珠代参議院議員が40歳で第1子妊娠”. News Lounge. (2011年12月24日). http://newslounge.net/archives/665 2015年11月27日閲覧。 
  2. ^ “東京選挙区、元アナウンサーの自民・丸川氏が初当選”. 読売新聞. (2007年7月29日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/news/20070729i418.htm 2017年1月2日閲覧。 
  3. ^ a b c “丸川珠代氏当選も笑顔なし万歳も自粛”. 朝日新聞. (2007年7月30日). http://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707300014.html 2017年1月2日閲覧。 
  4. ^ “丸川氏が最下位当選お願い「5番目でも」”. 朝日新聞. (2007年7月13日). http://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707130006.html 2017年1月2日閲覧。 
  5. ^ 政界めざす「幸福の科学」が森田健作らを支援”. FACTA online. ファクタ出版. 2015年11月27日閲覧。
  6. ^ “丸川珠代「KY婚」に小泉“下ネタ”ジョークも 会期中、宮城内陸地震直後なのに…”. 夕刊フジ. (2008年6月17日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_06/g2008061701_all.html 2008年6月17日閲覧。 
  7. ^ “丸川珠代議員が第1子の男児出産”. 日刊スポーツ. (2012年6月27日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120629034706/http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20120627-973830.html 2012年6月27日閲覧。 
  8. ^ “自民・丸川氏が再選、公明・山口氏は3選”. 読売新聞. (2012年6月27日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/news/20130721-OYT1T00586.htm 2012年6月27日閲覧。 
  9. ^ “安倍首相「未来へ挑戦する内閣」 1億総活躍で行程表も策定 「少子高齢化…課題にチャレンジする」”. 産経新聞. (2015年10月7日). http://www.sankei.com/politics/news/151007/plt1510070072-n2.html 2017年1月2日閲覧。 
  10. ^ “第3次安倍改造内閣の閣僚名簿発表 初入閣・留任が9人ずつ”. 日本経済新聞. (2015年10月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H2E_X01C15A0000000/ 2017年1月2日閲覧。 
  11. ^ “内閣改造:五輪担当相に丸川環境相 顔ぶれ固まる ”. 毎日新聞. (2016年8月3日). http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160803/k00/00e/010/174000c 2017年1月2日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g “2013 参院選 選挙区 東京 丸川 珠代”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B13000009001 2017年1月2日閲覧。 
  13. ^ “丸川出馬でテレ朝社長困惑「個人的感想いっぱいある」”. 夕刊フジ. (2007年5月23日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_05/g2007052301.html 2015年11月27日閲覧。 
  14. ^ 菅首相が閉口する“ヤジ将軍”ウラに控えるのはあの元首相”. 週刊文春WEB. 文藝春秋 (2010年12月16日). 2015年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月27日閲覧。
  15. ^ 内閣改造 丸川珠代大臣「愚か者め」女王様キャラに注目”. 週刊朝日. 朝日新聞社 (2015年10月14日). 2017年1月2日閲覧。
  16. ^ “丸川氏の「この愚か者めが」Tシャツ試作品完成”. スポーツ報知. オリジナル2010年5月22日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0522-1720-56/hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100521-OHT1T00057.htm 2010年5月21日閲覧。 
  17. ^ “首相に「ルーピー」のヤジは自民・丸川珠代氏 与党から「失礼だ」「出て行け」の声も”. 産経新聞. (2010年5月21日). オリジナル2010年5月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100524144856/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100521/plc1005211302009-n1.htm 2015年11月27日閲覧。 
  18. ^ 丸川珠代氏わずか2人! 昨年の党員獲得数、産経ニュース、2017年7月8日
  19. ^ “丸川氏仰天!選挙権がなかった”. 朝日新聞. (2007年7月17日). http://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707170027.html 2015年11月27日閲覧。 
  20. ^ “派遣会社の広告に登場した丸川政務官 国会でもデタラメ答弁”. しんぶん赤旗. (2013年3月17日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-17/2013031702_02_1.html 2017年1月2日閲覧。 
  21. ^ “日雇い派遣禁止見直し発言 丸川氏が陳謝 政務官の資格問われる問題”. しんぶん赤旗. (2013年3月29日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-29/2013032902_02_1.html 2017年1月2日閲覧。 
  22. ^ “「日雇い派遣原則禁止の見直し」公言 丸川珠代政務官を「謹慎扱い」 自民含め全会一致”. しんぶん赤旗. (2013年5月25日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-25/2013052503_01_1.html 2017年1月2日閲覧。 
  23. ^ “丸川政務官の問責可決=参院厚労委”. 時事通信. (2013年6月25日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013062500785&g=pol 2013年7月8日閲覧。 [リンク切れ]
  24. ^ a b c d “丸川環境相「根拠ない」撤回/年間1ミリシーベルト基準めぐる発言”. しんぶん赤旗. (2016年2月13日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-13/2016021301_04_1.html 2017年1月3日閲覧。 
  25. ^ a b “丸川氏「除染の目標、何の根拠もなく決めた」 これが環境相の発言か”. 毎日新聞. (2016年2月24日). http://mainichi.jp/articles/20160224/dde/012/010/052000c 2017年1月2日閲覧。 
  26. ^ “自民・丸川参院議員が民主・辻元衆院議員に謝罪”. エコノミックニュース. (2013年7月15日). http://economic.jp/?p=51183 2013年7月15日閲覧。 

関連項目

外部リンク

公職
先代:
遠藤利明
日本の旗 国務大臣
(東京オリンピック競技大会・
東京パラリンピック競技大会担当)

第2代:2016年 - 2017年
次代:
鈴木俊一
先代:
望月義夫
日本の旗 環境大臣
第22代:2015年 - 2016年
次代:
山本公一
先代:
望月義夫
日本の旗 特命担当大臣原子力防災
第6代:2015年 - 2016年
次代:
山本公一
議会
先代:
石井みどり
日本の旗 参議院厚生労働委員長
2014年 - 2016年
次代:
三原じゅん子
その他の役職
先代:
(創設)
関東広域圏キー局
地上デジタル放送
推進大使テレビ朝日担当

初代:2004年 - 2007年
次代:
野村真季