1995年東京都知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1995年東京都知事選挙
東京都
1991年 ←
1995年4月9日 (1995-04-09)
→ 1999年

投票率 50.67%
 
候補者 青島幸男 石原信雄 岩國哲人
政党 無所属 無所属 無所属
得票数 1,700,993 1,235,498 824,385
得票率 36.60% 26.59% 17.74%

選挙前知事

鈴木俊一

選出知事

青島幸男

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

1995年東京都知事選挙(1995ねんとうきょうとちじせんきょ)は、1995年4月9日に執行された東京都知事選挙第13回統一地方選挙の一環として実施された。

概説[編集]

4期16年の長きにわたり東京都知事を務めた84歳の鈴木俊一が不出馬により勇退した。バブル景気の好況に乗り、鈴木が推進してきた箱物行政の象徴的存在である世界都市博覧会東京臨海副都心開発の処遇が大きな焦点になった。

当時の都議会のオール与党体制に不満を持つ勢力は、前の島根県出雲市長で、ユニークな行政手腕の評価が高かった岩國哲人を擁立した。また、マッキンゼー・アンド・カンパニー出身の経営コンサルタントで、平成維新の会を立ち上げたばかりの大前研一も「新・薩長連合」をスローガンに掲げて立候補した。

続いて、自民社会公明民社自連連合が推薦し、さきがけが支持する石原信雄が、東京都知事選では史上初のオール与党相乗りで立候補した。石原は鈴木同様自治省出身で内閣官房副長官を務めた経験があり、鈴木都政の継承を掲げた。あらゆる面において最有力候補と見做されうる人物だったが、阪神・淡路大震災などの影響で官房副長官退官が2月までずれ込み、正式な出馬表明は告示16日前という慌ただしさで、中央政界・官界では名前が知られていても一般都民への知名度で劣る点を最後まで払拭出来なかった。

そこへ「世界都市博覧会中止・東京臨海副都心開発見直し」「破綻した2信組の救済反対」[1]を掲げ、青島幸男無党派を標榜して出馬。告示の13日前だったが、高い知名度を生かした選挙戦を展開した。

一方、1990年代に入り退潮傾向に歯止めのかからない革新勢は日本共産党、翌年に社会党を離党し新社会党を結党する社会党左派が、早稲田大学法学部名誉教授弁護士黒木三郎を擁立した。一方、元NHK記者で知名度の高い上田哲も、市民参加型行政への転換を掲げ、社会党の一部の支持を受けて出馬し、セクト化が目立った。

戦後一貫して都知事選の常連だった右翼諸派候補は、特殊株主への利益供与を禁じた商法改正、宿敵ソ連の崩壊に続き、各右翼団体の最大のパトロンだった笹川良一国際勝共連合元名誉会長)の死去が痛手になり、全員姿を消した。その一方で、新人の目片文子国立大学の裏口入学をなくす会)と、山口節生の独自の主張が一部の有権者の注目を集めた。

立候補者[編集]

8名、届け出順。

立候補者名 年齢 新旧 党派 肩書き
大前研一
(おおまえ けんいち)
52 無所属 平成維新の会代表、経営コンサルタント
岩國哲人
(いわくに てつんど)
58 無所属
(東京都民党[2] 推薦)
出雲市長
山口節生
(やまぐち せつお)
45 無所属 不動産鑑定士
上田哲
(うえだ てつ)
67 無所属
社会党の一部 支持)
社会党衆議院議員労組委員長
石原信雄
(いしはら のぶお)
68 無所属
自民党社会党公明自由連合 推薦・新党さきがけ 支持)
内閣官房副長官自治省次官
青島幸男
(あおしま ゆきお)
62 無所属 参議院二院クラブ代表、作家
目片文子
(めかた ふみこ)
49 国立大学の裏口入学をなくす会 団体役員
黒木三郎
(くろき さぶろう)
73 無所属
共産党社会党の一部 推薦)
早稲田大学名誉教授弁護士

選挙結果[編集]

各候補の得票率(得票数の多かった順)

投票率は50.67%で、前回1991年の51.56%を僅かに下回った(前回比 -0.89%)[3]

候補者別の得票数の順位、得票数[4]、得票率、惜敗率、供託金没収概況は以下のようになった。供託金欄のうち「没収」とある候補者は、有効投票総数の10%を下回ったため全額没収された。得票率と惜敗率は未発表のため暫定計算とした(小数3位以下四捨五入)。

  順位 候補者名 党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 供託金
当選 1 青島幸男 無所属 1,700,993 36.60% ----
  2 石原信雄 無所属 1,235,498 26.59% 72.63%
  3 岩國哲人 無所属 824,385 17.74% 48.46%
  4 大前研一 無所属 422,609 9.09% 24.84% 没収
  5 黒木三郎 無所属 284,387 6.12% 16.72% 没収
  6 上田哲 無所属 162,710 3.50% 9.57% 没収
  7 目片文子 国立大学の裏口入学をなくす会 10,142 0.22% 0.60% 没収
  8 山口節生 無所属 6,579 0.14% 0.39% 没収

オール与党相乗りで立候補し、前知事鈴木の後継として立候補していた石原の当選が有力視されていた中で、無党派を掲げていた青島が他の有力候補を退けて勝利した。石原は知名度が低いにもかかわらず出馬表明が遅れたことが響いた。この統一地方選挙では、同様に元参議院議員で無党派を掲げる横山ノック大阪府知事に当選し、投票率の向上もあって「無党派層」に注目が集まり、同年の流行語大賞にも「無党派」がノミネートされた。

脚註[編集]

  1. ^ ただし、都市博中止や2信組救済反対は他の候補も主張していた。
  2. ^ 1975年東京都知事選挙で垂井正太郎が名乗った『東京都民党』とは無関係
  3. ^ 各種選挙における投票率 -投票率(東京都)- - 東京都選挙管理委員会
  4. ^ 東京都知事選 - 過去の選挙 朝日新聞デジタル

外部リンク[編集]