東京都知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都知事
Flag of Tokyo Prefecture.svg
Yuriko Koike, Aug. 17, 2007.jpg
現職者
小池百合子
任期 4年(再任可)
初代 安井誠一郎
創設 1947年5月3日

東京都知事(とうきょうとちじ)は、日本東京都首長であり特別職地方公務員。略して都知事(とちじ)とも言う。

第二次世界大戦中の1943年昭和18年)に、行政の効率化を図るために東京府東京市の統合によって誕生した東京都の首長職である東京都長官(とうきょうとちょうかん)が設置され、戦争終結後の1947年(昭和22年)に地方自治法の施行により、現在の名称に変更された。

概要[編集]

東京都知事は、東京都首長であり、東京都知事の立候補者の中から、東京都に住所を持つ有権者の投票により選出される。通常、自身の補佐役となる東京都副知事を選び任命する(定員4名)。権能についてはほかの道府県知事の地位と職務と同様、広域行政と市町村の事務の一部を管掌している。

東京府は大阪府京都府と同格であったが、東京都はカナダの旧自治領であるトロント・ドミニオン(Toronto Dominion)に倣って制定され、地方自治法上は他のと同格でありつつも制度の運用面において特別な扱いを講じた自治体である。首府の東京市の行政区は東京都の発足とともに東京都の行政区となるが、1947年に22区、さらに23区に再編され、同年の地方自治法の施行により特別地方公共団体である東京特別区(通称:東京23区)となった。これにより制度上は東京という名称で一体として統治される都市は消滅し、都市としての自治権は各区へ移管・委譲されたことになる。

東京都制1943年1947年)による東京都の首長は官選の東京都長官(親任官)であり、閣議に出席することもできた。現在でもその名残があり、知事の給与は国務大臣とほぼ同額である(ただし石原慎太郎の知事就任時から10%削減されている)。

東京は、規模が大きく、様々な面で影響が広がり、国政にも影響を及ぼすので、その首長が誰であるかということは影響力が大きい。そのため都知事は、他の都道府県の知事に増して注視される存在であり、選挙の時も特に注目される。47都道府県の知事で組織する団体である全国知事会においても特に発言力が強い[注 1]。また、首相や国務大臣と同様警視庁警備部のSP(セキュリティポリス)が警護につき、自宅、別荘には”ポリスボックス”(交番)が設置される。

定例記者会見

休日を除く毎週金曜日に、都知事の定例記者会見が行われており、記者から都政を中心として様々な質問が行われ、都知事がそれに即答する様子が公開されている。この模様は、東京都のウェブサイトや、東京都のテレビ局である東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)などで生放送されるほか、過去の分はインターネット上に公開されており視聴可能である[1][2]

東京都知事表彰[編集]

名誉都民
社会文化の興隆に功績があった者に対し、その功績をたたえ、もって都民敬愛の対象として顕彰するため、名誉都民称号及び表彰記章として名誉都民章を贈る。
東京都栄誉賞
特に顕著な業績により、広く都民に敬愛され、社会に明るい夢と希望と活力を与え、東京都の名を高めた方に対して、その栄誉をたたえる
消防褒賞
地域住民の生命・財産の安全確保に従事している消防団及び消防団員の労苦に報いるため、消防団員として20年以上勤務した者で、特に消防業務の功績が顕著であり、消防団員の模範となる者を表彰するため、賞状並びに記念章を授与する。褒賞に記念章が伴うことから消防褒章とも通称される(正確な呼称ではなく国の栄典褒章とは異なる)。
東京都文化賞
廃止
都民文化栄誉章
廃止
東京都職員表彰
新しい研究や発明を行ったものや、成績が特に顕著なものなど、卓越した発想や努力によって都政に多大な貢献をした職員、職務の内外を問わず善行があった職員への表彰
東京スピリット賞
民間からの寄付により2001年度より設置した制度で、抜群の功績をあげた事業や、他の職員の模範となる行為について、時期を失せず表彰することで職員の士気を高め、その功績を都庁内外に明らかにすることを目的とするもの
東京都青少年健全育成功労者等表彰
青少年の健全な育成に功労のあった者への表彰
消防功労章
消防職員として抜群の功労があり一般の模範となると認められる者に対して知事賞として消防功労章を贈る。
消防功績章
消防職員として特に著しい功労があると認められる者に知事賞として消防功績章を授与する。
部隊賞
東京消防庁の消防隊のうち、職務遂行上特に著しい功労があり、他の模範となると認められるとき授与する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 他の国も同様で、例えばフランスでもパリの市長は特に大きな影響力を持っている。
出典
  1. ^ 都知事定例会見
  2. ^ 知事の記者会見

関連項目[編集]

外部リンク[編集]