2001年東京都議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2001年東京都議会議員選挙(2001ねんとうきょうととぎかいぎいんせんきょ)は、2001年6月25日に投票が行われた東京都議会を構成する議員を選出するために行われた選挙である。

概要[編集]

東京都議会議員選挙は、1965年の東京都議会自主解散で時期がずれたため、統一地方選挙で行われない3つの都道府県議会選挙の1つである(他の2つは茨城県沖縄県の議員選挙)。4月に発足した第1次小泉内閣が高支持率を誇る中で行われ、7月に行われる第19回参議院議員通常選挙の行方を占う意味合いが強い選挙となり、激しい選挙戦が展開された。

選挙では、低迷していた支持率が小泉内閣の発足で回復した自民党がどこまで議席を増やせるのか、公明党を抜いて都議会第2党を目指す民主党、前回選挙で都議会第2党となった共産党が議席を維持できるのか、などが焦点となった。

選挙結果[編集]

  • 投票日:2001年6月25日
  • 投票率[2]:50.08% - 前回(40.8%)より9%強上昇
党派別議席数と得票[1][3]
党派 得票数 得票率 議席数 女性 新旧内訳 現有
議席
自由民主党 1,721,603 35.96 53 2 41 0 12 48
公明党 722,464 15.09 23 1 17 0 6 23
民主党 647,572 13.53 22 3 9 2 11 13
日本共産党 748,085 15.63 15 5 14 0 1 23
生活者ネット 137,489 2.87 6 6 3 0 3 3
社会民主党 68,055 1.42 0 0 0 0 0 1
自由党 132,719 2.77 0 0 0 0 0 0
諸派[4] 49,224 1.03 1 0 0 0 1 0
無所属 560,245 11.70 7 2 2 0 5 5
総計 4,787,457 100.00 127 19 86 2 39 119
欠員8

小泉政権の誕生で復調した自民党が順調に議席を増やした。公明党は候補者23名全員が当選、民主党は当初目標としていた20名を上回る22議席を得てまずまずの結果となった。一方、前回の都議選で躍進した共産党は得票数では第2党であったが、議席を大幅に減らし第4党に転落した。また、社民党は候補者全員が落選し、都議会の議席を失った。

脚注[編集]

  1. ^ a b 都議会議員選挙(平成13年6月25日執行)の概要(東京都選挙管理委員会)
  2. ^ 都議会議員選挙(平成13年6月25日執行)投票結果(東京都選挙管理委員会)
  3. ^ 都議会議員選挙(平成13年6月25日執行)党派別得票率(東京都選挙管理委員会)
  4. ^ 諸派には「無所属の会」も含まれる。

出典[編集]

  • 朝日新聞社『「朝日新聞」縮刷版 2001年6月号』
  • 朝日新聞社『「朝日新聞」縮刷版 2001年7月号』
  • 東京都選挙管理委員会