吉野利明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉野 利明
よしの としあき
生年月日 (1947-06-26) 1947年6月26日(71歳)
出生地 日本の旗 東京都三鷹市
出身校 東京都立三鷹高等学校卒業
中央大学法学部法律学科卒業
所属政党 自由民主党

在任期間 2013年8月 - 2014年10月

選挙区 三鷹市選挙区
当選回数 5回
在任期間 1997年7月6日 - 2017年7月22日

当選回数 2回
在任期間 1991年 - 1997年
テンプレートを表示

吉野 利明(よしの としあき、1947年昭和22年)6月26日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元東京都議会議員(5期)。東京都議会議長(第45代)。元三鷹市議会議員(2期)。都議会自民党顧問。

経歴[編集]

東京都三鷹市出身。東京都立三鷹高等学校卒業。中央大学法学部法律学科卒業。1991年より三鷹市議会議員を2期務める[1]

1997年東京都議会議員選挙自由民主党公認で出馬し初当選する。その後、2005年に都議会自民党総務会長、2007年に都議会自民党幹事長に就任。2009年に都議会オリンピック・パラリンピック招致特別委員長に就任。

2013年8月に東京都議会議長に就任。しかし、2014年10月に一身上の都合を理由に議長職を辞職[2]

2017年7月2日東京都議会議員選挙には出馬せず、政界からの引退を表明した[3]

脚注[編集]

  1. ^ トップインタビュー Vol.72 東京都議会議長 吉野利明さん”. 都政新聞 (2013年12月20日). 2017年8月16日閲覧。
  2. ^ 吉野都議会議長が辞職を申し入れ 体調不良か”. 産経ニュース (2014年10月3日). 2017年8月16日閲覧。
  3. ^ <都議選 対決の構図> 八王子、立川、武蔵野、三鷹”. 東京新聞 (2017年5月23日). 2017年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]

議会
先代:
中村明彦
東京都の旗 東京都議会議長
第45代:2013年 - 2014年
次代:
高島直樹