2007年東京都知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2007年東京都知事選挙
東京都
2003年 ←
2007年4月8日 (2007-04-08)
→ 2011年

投票率 54.35%
 
候補者 石原慎太郎 浅野史郎 吉田万三
政党 無所属 無所属 無所属
得票数 2,811,486 1,693,323 629,549
得票率 51.06% 30.75% 11.43%

選挙前知事

石原慎太郎
無所属

選出知事

石原慎太郎
無所属

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

2007年東京都知事選挙(にせんななねんとうきょうとちじせんきょ)は、2007年平成19年)4月8日に執行された東京都知事選挙第16回統一地方選挙の一環で実施された。

選挙の概要[編集]

東京オリンピック誘致の是非[編集]

現職の石原は実現すれば1964年以来となる2016年夏季五輪の東京招致計画を推進していた。招致に巨額の費用を投じること、招致を契機とした都市基盤整備への是非など、黒川・吉田らが明確な招致反対を掲げて立候補を表明したことによって、今選挙の争点の1つとなった[1]

石原都政への批判[編集]

都政と多選への批判
石原はトーキョーワンダーサイトにおける身内の採用や、高額の出張費・交際費の支出を行ったとして批判を受けていた。反石原派はこれを多選の弊害によるものと批判していたが、宮城県知事を3期務めた浅野の立候補表明により、多選批判は下火になった。
情報公開
東京都は、全国市民オンブズマン連絡会議が作成した「全国情報公開度ランキング」で、閲覧手数料が必要であることを理由に「失格」とされている。知事交際費が問題視されたことで、石原は知事交際費のウェブサイト上での公開を始めた他、選挙公約にも「世界の最先端都市にふさわしい『情報公開』」を掲げた。宮城県知事時代に情報公開に取り組んだ経験がある浅野らも積極的な情報公開を公約とした。[2]
政治的発言
石原の政治的発言、特に保守的・右翼的と受け取られかねない発言について左翼市民団体・特定アジア諸国などからの反発は大きかった。浅野は、国旗国歌訴訟などをめぐって石原と対立する市民団体の強い招請を受けての立候補[3]であり、「日本人国旗国歌へ敬意を払うのは当然」[4]としながらも、石原の近隣諸国に関する発言などについては問題視した[5]。黒川は「良いところは引き継ぐ」とし、吉田は「侵略戦争天皇への個人崇拝の象徴」として日の丸君が代そのものに反対した。

築地市場の移転[編集]

築地市場を2012年度をめどに中央区築地から江東区豊洲へ移転するという、東京都が2004年に発表した豊洲新市場基本計画をめぐり、移転先の地中から国の環境基準を大きく上回る有害物質[6]が検出されたことで、移転反対派の反対運動の根拠となっており[7]、争点の1つとなった。

石原は当初、土壌の入れ替えを行うため問題ないとしたが、専門家から意見を聞くという慎重な行動へシフトした[8]

政党[編集]

1991年以降、都知事選において政党本部の推薦を受けた候補はすべて落選しており、1991年の選挙では自由民主党幹事長だった小沢一郎が辞任に追い込まれている。石原は自民党推薦候補らを破って初当選しており、2003年にも自民党の推薦・支持を受けていない。しかし、この時の選挙では長男伸晃が東京都連会長である自民党が推薦を決定していた。

一方で、同年7月に予定されていた第21回参議院議員通常選挙を前に自民党との対立姿勢を示したい民主党が独自の対立候補擁立を模索したが、都議会民主党は知事与党であり、菅直人擁立をめぐる党内の混乱を招いて失敗に終わった。最終的に民主党は菅のブレーンでもある五十嵐敬喜が擁立に大きく関与した浅野の支援を決定して、独自候補の擁立を断念した[9]。また石原も自民党推薦を一度受諾したが、最終的に断った[10]。しかし、石原は「支援はいくらでも受ける」と自民・公明両党に支援を要請し、浅野も民主・社民に支援を要請しつつ、共産党には出馬辞退を迫った。この選挙を巡っては無党派層の拡大の前に政党色を隠し、事実上の支援に限定する構図となっている。黒川は、自身が出馬当日立ち上げた政党の公認候補として立候補し、吉田は共産党の推薦を受けて立候補した。

トピックス[編集]

  • 塩川正十郎は2007年3月25日に放送されたTBS時事放談』において、候補者が多すぎると主張し、「選挙を利用して遊んだり売名行為を行っている。これは良くないことだと思う」と発言した。
  • 中松が、テレビ朝日4月1日に放送した『サンデープロジェクト』の都知事選候補者による討論(主要4候補のみが招かれた)に参加させなかったことを公職選挙法違反(選挙の公正の侵害や選挙運動の放送)として、4月4日にテレビ朝日を告訴し、主要4候補に対しても告発状を送った。[11]
  • 外山恒一の政見放送が、2ちゃんねるをはじめインターネット上で取り上げられ、「YouTube」「AmebaVision」などの動画共有サイトに、政見放送の音声・映像や、これに別の音楽や映像などをコラージュした映像が続々とアップロードされた。東京都選管は動画共有サイトの運営会社にこれらの動画の削除要請を行った[12]。公職選挙法上の規定では、政見放送はその放送日時や回数、放送局が厳格に指定されており、その指定以外の放送を行ったり、放送内容の編集を行なったりしてはならない[13]

選挙データ[編集]

東京都庁舎前・東京都知事選挙横断幕

告示日[編集]

執行日[編集]

キャッチコピー[編集]

東京の未来は私が決める

同日選挙[編集]

イメージキャラクター[編集]

立候補者[編集]

14名、届け出順

立候補者 年齢 公認・推薦・支援政党名 新現元 肩書・備考
山口節生
(やまぐち せつお)
57 カント平和で親ナチ的改憲阻止
最高裁訴訟会[14]
不動産鑑定士
吉田万三
(よしだ まんぞう)
59 無所属
共産党 推薦)
歯科医師、前足立区
外山恒一
(とやま こういち)
36 無所属 政治活動家ストリートミュージシャン
石原慎太郎
(いしはら しんたろう)
74 無所属
自民党公明党 支援)
東京都知事作家
浅野史郎
(あさの しろう)
59 無所属
民主党社民党 支援)
慶應義塾大学教授、前宮城県知事
黒川紀章
(くろかわ きしょう)
73 共生新党 建築家共生新党党首
ドクター・中松
(どくたー なかまつ)
78 無所属 発明家、国際創造学者
高橋満
(たかはし みつる)
61 無所属 タクシー運転手
佐々木崇徳
(ささき すうとく)
64 無所属 行政書士、元大阪府警警部補
桜金造
(さくら きんぞう)
50 無所属 タレント
高島龍峰
(たかしま りゅうほう)
71 無所属 易学者
内川久美子
(うちかわ くみこ)
49 無所属 風水研究家
鞠子公一郎
(まりこ こういちろう)
33 無所属 野村證券社員、ディレッタント
雄上統
(おがみ おさむ)
65 無所属 作家真宗大谷派住職

マスメディアでは、吉田・石原・浅野・黒川の4候補を「主要候補」として、報道時間や紙面のスペース、記事として取り上げる回数などを多く取るなどして扱った。青年会議所リンカーン・フォーラム共催の公開討論会3月15日開催)でも上記の4人が招かれ(中松は20日に立候補を表明しているので、元々招かれる立場にない)、各テレビ番組での討論も主要4候補のみが招かれた。

以上4候補と、過去の都知事選で一定の得票を得ている中松、タレントである桜以外の8候補は、マスメディアからほぼ完全に無視される形となった(→詳細)。更に、鞠子は政見放送に臨まず、選挙管理委員会への顔写真提出も行わない独自の選挙戦を展開した。

立候補を断念した人物[編集]

立候補事前説明会に出席、書類を入手したため動向が注目されたが、期日直前に辞退[15]。同年7月の第21回参議院議員通常選挙自民党比例区で出馬し初当選した。
「ふくろう博士」の通名使用届が却下され、糖尿病も悪化したため直前に断念し、友人の高島龍峰が代理出馬した[16]
夕張市長選挙に転出。

他にも数名が立候補の動きを見せた。

タイムライン[編集]

投票結果[編集]

各候補の得票率(得票数の多かった順)

投票率は54.35%で、前回2003年の44.94%を上回った、当日の有権者数は1023万8704人で投票総数は556万5127票となった[26]。20代の投票率は33.45%だった[27]

候補者別の得票数の順位、得票数[28]、得票率、惜敗率、供託金没収概況は以下のようになった。供託金欄のうち「没収」とある候補者は有効投票総数の10%を下回ったため全額没収された。得票率と惜敗率は未発表のため暫定計算とした(小数3位以下四捨五入)。

  順位 候補者名 新現元 得票数 得票率 惜敗率 供託金
当選 1 石原慎太郎 2,811,486 51.06% ----
  2 浅野史郎 1,693,323 30.75% 60.23%
  3 吉田万三 629,549 11.43% 22.39%
  4 黒川紀章 159,126 2.89% 5.66% 没収
  5 ドクター・中松 85,946 1.56% 3.06% 没収
  6 桜金造 69,526 1.26% 2.47% 没収
  7 内川久美子 21,626 0.39% 0.77% 没収
  8 外山恒一 15,059 0.27% 0.54% 没収
  9 高橋満 5,558 0.10% 0.20% 没収
  10 雄上統 4,020 0.07% 0.14% 没収
  11 山口節生 3,589 0.07% 0.13% 没収
  12 高島龍峰 3,240 0.06% 0.12% 没収
  13 □佐々木崇徳 2,845 0.05% 0.10% 没収
  14 鞠子公一郎 1,373 0.02% 0.05% 没収
無効票 58,861  

結果は、3選を目指す石原が支援を受けた自民党公明党の基礎票をまとめ上げた他、無党派層の票も手堅く獲得し当選を果たした。一方、前宮城県知事の浅野は県知事を務めあげた手腕を強調し、都政転換を目指したが、石原の前では一歩及ばなかった。注目された建築家の黒川は石原・浅野の知事経験者の前で都民の大きな支持を得られず得票数4位で供託金没収となった。共産党推薦の吉田は石原・浅野の論戦に加われず3位止まりであった。

この他の候補では、都知事選3度目の挑戦となった中松が5位で最上位に食い込み、タレントの桜は支持が広がらず6位。唯一の女性候補の内川は7位だった。

有権者の投票行動[編集]

以下、報道各社の出口調査を参照する。

  • 2003年に石原に投票した有権者のうち、約64%が再び石原に投票し、約25%が浅野に投票した。
  • 支持政党別にみると、自民党支持層は約80%が石原、約10%が浅野に投票した。また、民主党支持層は約63%が浅野に、25%が石原に投票した。公明党支持層は75%が石原に投票し、創価学会員の桜に流れた票は少なかった。
  • だが、有権者の33%程度を占める無党派層は、石原に投票した割合も浅野に投票した割合もそれぞれ40%程度と二分しており、民主党の議員などは「無党派層をうまく取り込めなかった」と述べている。

脚注[編集]

  1. ^ 五輪招致で賛否くっきり 都知事選で公開討論会. 中国新聞 (2007-03-16). 2007年3月17日閲覧。
  2. ^ 都知事選、情報公開の波 東京の「格付け」また失格. 朝日新聞 (2007-03-17). 2007年3月22日閲覧。
  3. ^ 浅野氏、都知事選出馬へ 「市民の思い真剣に受け止め」. 朝日新聞 (2007-03-01). 2007年3月22日閲覧。
  4. ^ NEWS23に出演した際の発言
  5. ^ 浅野氏「隣国の悪口を言うのは良くない」. 日本テレビ (2007-03-05). 2007年3月22日閲覧。
  6. ^ ベンゼンヒ素六価クロムなど。この地域では、かつて東京ガス石炭を原料として都市ガスを製造していた。
  7. ^ 築地市場移転:市場業者ら「豊洲移転反対」でデモ あす安全配慮求め請願提出. 毎日新聞 (2007-03-06). 2007年3月22日閲覧。
  8. ^ 石原知事「築地」移転は不変、都知事選では配慮”. 読売新聞 (2007年3月17日). 2007年3月19日閲覧。
  9. ^ 民主が都知事選で浅野氏支援決定、独自候補は見送り”. 読売新聞 (2007年3月6日). 2007年3月22日閲覧。
  10. ^ 石原都知事、無党派重視で自民推薦を辞退”. 読売新聞 (2007年2月20日). 2007年3月22日閲覧。
  11. ^ ドクター・中松候補、テレ朝を公選法違反で告発”. JANJAN (2007年4月6日). 2007年4月8日閲覧。
  12. ^ サイバーエージェント「AmebaVision」上の政見放送を削除東京都選挙管理委員会の削除要請を受け”. Impress Watch (2007年4月6日). 2011年2月16日閲覧。
  13. ^ 参考
    • 公職選挙法第150条(政見放送
      1. (略)
      2. (略)
      3. …(以上略)都道府県知事の選挙においては、当該公職の候補者…(中略)…は、政令で定めるところにより、選挙運動の期間中日本放送協会及び一般放送事業者ラジオ放送又はテレビジョン放送の放送設備により、公益のため、その政見…(中略)…を無料で放送することができる。この場合において、日本放送協会及び一般放送事業者は、その政見を録音し又は録画し、これをそのまま放送しなければならない。
      4. (略)
      5. 第3項の放送に関しては、それぞれの選挙ごとに当該選挙区(選挙区がないときは、その区域)のすべての公職の候補者に対して、同一放送設備を使用し、同一時間数…(中略)…を与える等同等の利便を提供しなければならない。
      6. 前各項の放送の回数、日時その他放送に関し必要な事項は、総務大臣が日本放送協会及び一般放送事業者と協議の上、定める。(以下略)…。
    • 公職選挙法第151条の3(選挙放送の番組編集の自由)
    この法律に定めるところの選挙運動の制限に関する規定(「人気投票の公表禁止」を除く)は、日本放送協会又は一般放送事業者が行なう選挙に関する報道又は評論について放送法の規定に従い放送番組を編集する自由を妨げるものではない。ただし、虚偽の事項を放送し又は事実をゆがめて放送する等表現の自由を濫用して選挙の公正を害してはならない。
    一般放送事業者がその設備により又は他の放送事業者の設備を通じ、公選による公職の候補者に政見放送その他選挙運動に関する放送をさせた場合において、その選挙における他の候補者の請求があったときは、料金を徴収するとしないとにかかわらず、同等の条件で放送をさせなければならない。
  14. ^ 東西冷戦後又左右のイデオロギーの終えん後、イデオロギーを超えてカントの「永遠平和のために」の反改憲論をよく読み、ヒットラー的自由な解散権の恐怖と核爆弾、徴兵制を目指す改憲を政治的強さの立場から絶対阻止する団体が正式な政治団体名。届出時の略称は「カント永遠平和論での最高裁反改憲訴訟の会」だったが、選挙期間中に「カント平和で親ナチ的改憲阻止最高裁訴訟会」に変更された。
  15. ^ 丸山弁護士、不出馬表明「解決困難な事情多く」. livedoor (2007-03-12). 2007年3月17日閲覧。
  16. ^ 「ふくろう博士」で登録できず出馬断念. 日刊スポーツ (2007-03-21). 2007年3月22日閲覧。
  17. ^ 不動産鑑定士山口氏出馬表明 来春の知事選. 毎日新聞2006年7月26日朝刊東京版24面。
  18. ^ 吉田万三氏が出馬表明「石原都政の横暴止める」”. しんぶん赤旗 (2006年10月26日). 2007年3月17日閲覧。
  19. ^ 石原都知事が3選出馬表明. 日刊スポーツ (2006-12-7). 2007年3月17日閲覧。
  20. ^ 東京都知事選出馬表明 - 外山恒一と我々団
  21. ^ 建築家の黒川紀章氏、都知事選に立候補へ HPで公表. asahi.com (2007-2-21). 2007年3月17日閲覧。
  22. ^ 桜金造氏が出馬表明/動き続く都知事選”. 四国新聞 (2007年3月19日). 2007年3月27日閲覧。
  23. ^ ドクター中松都知事選出馬へ「候補予定者みんなダメ」”. 産経新聞 (2007年3月19日). 2007年3月27日閲覧。
  24. ^ 読売新聞2007年3月21日朝刊都民版34面。
  25. ^ 風水学研究家内川氏出馬へ. 朝日新聞2007年3月21日朝刊東京版33面。
  26. ^ 平成19年 東京都知事選挙 投票結果 - 東京都選挙管理委員会
  27. ^ AKB起用したのに…都知事選PR、節電で苦戦
  28. ^ 平成19年 東京都知事選挙 開票結果 - 東京都選挙管理委員会

外部リンク[編集]