2021年東京都議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2021年東京都議会議員選挙
東京都
2017年 ←
2021年7月4日
→ 2025年

公示日 2021年6月25日
改選数 127
選挙制度 小選挙区制 7
大選挙区制 35
有権者数 11,157,715
都議選2021.svg
選挙結果

投票率 42.39% (減少 8.89%)
  第1党 第2党 第3党
  Ichiro Kamoshita cropped 1 Ichiro Kamoshita 200709.jpg Chiharu Araki 2022-5-7(2)(cropped).jpg Takagi yousuke.jpg
党首 鴨下一郎 荒木千陽 高木陽介
政党 自由民主党 都民ファーストの会 公明党
党首就任 2017年9月 2017年9月 2009年9月
前回選挙 23 49 23
選挙前議席 25 45 23
獲得議席 33 31 23
議席増減 増加8 減少14 増減なし

  第4党 第5党 第6党
  Replace this image JA.svg Akira Nagatsuma 201006.jpg Hirofumi Yanagase 20171010.jpg
党首 田辺良彦 長妻昭 柳ヶ瀬裕文
政党 日本共産党 立憲民主党 日本維新の会
党首就任 2020年2月 2017年12月 2019年8月
前回選挙 19 新党 1
選挙前議席 18 8 1
獲得議席 19 15 1
議席増減 増加1 増加7 増減なし

  第7党
  Replace this image JA.svg
党首 山内玲子
政党 東京・生活者ネットワーク
前回選挙 1
選挙前議席 1
獲得議席 1
議席増減 増減なし

2021 Tokyo Legislative Election.svg

各選挙区における最多得票の党派と議席獲得状況

選挙前都議会議長

石川良一
都民ファーストの会

選出都議会議長

三宅茂樹[1]
自由民主党

2021年東京都議会議員選挙(2021ねんとうきょうとぎかいぎいんせんきょ)は、2021年(令和3年)7月4日に施行された東京都議会の議員を選出する一般選挙である[2]

概要[編集]

4年前の前回の都議選で、小池百合子都知事が率いて大勝し都議会第1党となった地域政党「都民ファーストの会」の消長や、公明党との協力関係を復活させた自民党が、都議会第1党と自公で過半数の議席を獲得できるかが焦点となった[3][4]。また、共闘態勢を構築し一部の選挙区で候補者調整に成功した共産党と立憲民主党が、どこまで議席を伸ばせるかも注目された[5][6]。主な争点として新型コロナウイルス感染症や東京五輪・パラリンピックへの対応、新型コロナウイルス流行の収束後も視野に入れた経済対策が挙げられた[7]

新型コロナウイルスの影響

告示直前に閉会した第204回国会公職選挙法の特例法として成立した特定患者等の郵便等を用いて行う投票方法の特例に関する法律(コロナ郵便投票法)が6月23日から施行されたことにより、新型コロナウイルス感染症療養者らが郵便投票できる制度が全国で初めて適用された選挙となった[8][9]

一部の自治体では、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場と同じ建物に投票所が設けられ、期日前投票とワクチン接種が同時並行で行われた[10][11]

基礎データ[編集]

議員定数

  • 定数:127議席
  • 選挙区:42選挙区
  • 選挙制度:1人区(小選挙区)と2〜8人区(大選挙区
  • 定数是正:練馬区 7(増加1)、大田区 7(減少1)

選挙前の動き[編集]

各党派の動き[編集]

都民ファーストの会 前回は強烈な「小池旋風」に乗って55議席(追加公認を含む)を獲得し、都議会第1党の座を掴んだ都民ファーストだが、今回は前回の50人より3人少ない47人の公認となった[13]。都議選告示日、都民ファーストの会の荒木千陽代表は小池氏に代表に復帰してもらい、全面支援を得たい考えを明かした[14]。ただ小池氏は、都民ファ候補に応援メッセージを送るなどにとどめて、特定政党の支援を明言しなかった[14]

自民党・公明党 自民党は「小池旋風」の前に過去最低の23議席と歴史的惨敗を喫した前回の60人と同数の候補者を擁立した。

前回、公明党は長年続いてきた自公連携を見直し、都民ファーストの会との選挙協力を行い選挙戦に挑んだが、今回の都議選では「自民党と選挙協力をする」と発表[15]。今回は全42選挙区のうち、公明の公認候補が出馬しない21選挙区で、公明が自民の候補を応援する見通しとなった[16]

共産党・立憲民主党 前年の都知事選で統一候補を擁立した共産党と立憲民主党は、今回の都議選でも1、2人区を中心に候補者を一本化できるよう調整した[17]

その他の政党 日本維新の会は13人を擁立。他党との選挙協力は基本的に行わないとした[18]

れいわ新選組山本太郎代表は、「とにかく数を立てようという戦略には立っていない」と説明し、少数精鋭で議席獲得を目指すとして3人の候補者の擁立にとどめた[19]

嵐の党は公認2人、推薦3人の候補を擁立。また、党首の立花孝志は「都民ファーストの会さんは非常に優秀な方が多い」と候補者らの資質を高く買い、都民ファーストの会に国政政党である自党への参画を呼びかけた[20]

選挙前勢力[編集]

選挙前の各党議席数は、都民45、自民25、公明23、共産18、立民8、維新1、ネット1、無所属5(欠員1)[21]

各会派等の構成[22]

会派名 議員数 所属党派
都民ファーストの会 東京都議団 46[注 1] 都民ファーストの会
東京都議会自由民主党 25 自由民主党
都議会公明党 23 公明党
日本共産党東京都議会議員団 18 日本共産党
東京都議会立憲民主党 7 立憲民主党
無所属 東京みらい 3 無所属[注 2]、立憲民主党
無所属(都議会生活者ネットワーク[注 3] 1 東京・生活者ネットワーク
無所属(自由を守る会[注 3] 1 自由を守る会[注 2]
無所属(東京維新の会[注 3] 1 日本維新の会[注 2]
無所属(新風[注 3] 1 無所属
現員 126
欠員 1[注 4]
定員 127

立候補者[編集]

6月25日に告示され、42選挙区・定数127に対し、平成以降最多の271人が立候補[23]。前回の259人から12人増。また、女性として届け出た人数は、前回の65人を上回る74人で過去最多を更新した[24]

立候補者数が最も多かった選挙区は世田谷区の18人となった[25]。葛飾区選挙区では、定数4に対し13人が立候補したことで、定数3以上の選挙区では最も倍率が高い3.25倍となった。東京スポーツは、この候補者乱立の要因を11月の同区議選の前哨戦になっている背景があるためとの見方を示した[26]

党派別立候補者数[27]
党派 現職 元職 新人
自由民主党 60 22 15 23
都民ファーストの会 47 42 0 5
日本共産党 31 16 1 14
立憲民主党 28 7 2 19
公明党 23 17 0 6
日本維新の会 13 0 2 11
国民民主党 4 0 3 1
テレビ改革党 4[注 5] 0 0 4
東京・生活者ネットワーク 3 0 1 2
れいわ新選組 3 0 0 3
減税とうきょう 3[注 6] 0 0 3
日本公益党 3[注 7] 0 0 3
嵐の党[注 8] 2 0 0 2
NHKから国民を守る党[注 9] 1[注 10] 0 0 1
みんなの党 1[注 11] 0 0 1
つばさの党 1[注 12] 0 0 1
  議席を減らします党 1[注 12] 0 0 1
  こころのやまい党 1[注 13] 0 0 1
  全都黎明 1[注 14] 0 0 1
  台東教育ネットワーク 1[注 15] 0 0 1
  選挙に私も連れてって党 1[注 13] 0 0 1
  平和の党 1[注 16] 0 0 1
  国民主権党 1[注 17] 0 0 1
  庶民と動物の会 1[注 17] 0 0 1
  SDGs党 1[注 12] 0 0 1
  目覚めよ日本党 1[注 18] 0 0 1
  女性ファーストの会 1[注 18] 0 0 1
  立憲共和党 1[注 19] 0 0 1
  (略称)愛の力でLGBT差別・動物殺処分解決の党[28] 1[注 12] 0 0 1
  (略称)土頭を働かし最高裁裁判官5人を弾劾する党[29] 1[注 20] 0 0 1
  無所属 30 4 1 25
271 108 25 138

政策[編集]

争点[編集]

都議選立候補予定者に対するNHKのアンケート調査では、「新型コロナウイルスの対策・対応」や「小池知事の評価」、「東京オリンピック・パラリンピックの在り方」、「少子高齢化の対策など福祉政策」などが今回の最大の争点として挙げられた[30]

主な争点に対する政党の姿勢

小池都政への評価[31] 東京五輪・パラリンピックの開催[32][33] 主な新型コロナウイルス感染対策[34][35][36]
都民ファーストの会 評価 開催するなら無観客 水際対策の強化
自由民主党 やや評価 感染対策を徹底して開催[注 21] 感染収束まで個人都民税20%、事業所税50%減税
公明党 評価 感染対策を徹底して開催[注 22] 大規模接種会場での20代へのワクチン接種推進
日本共産党 評価しない 中止 検査能力を1日20万件以上に引き上げる
立憲民主党 あまり評価しない 延期か中止 積極的な検査による感染者の早期発見
日本維新の会 評価しない 感染状況などを基準に開催か延期を判断 生活困窮者に毎月定額無利子無担保の貸付金制度を新設する
東京・生活者ネットワーク あまり評価しない 中止 失業・減収者への所得補償
国民民主党 やや評価 延期 公共交通機関などを無料化
れいわ新選組 評価しない 中止 都民1人当たり10万円支給
嵐の党 評価しない 無観客での開催 ワクチン接種を大至急進める

各政党の役員[編集]

都民ファーストの会[37]
代表:荒木千陽
特別顧問   :小池百合子
幹事長    :増子博樹
総務会長   :入江伸子
政務調査会長 :山田浩史
選挙対策本部長:本橋弘隆
自由民主党東京都支部連合会[38]
会長:鴨下一郎
幹事長    :高島直樹
総務会長   :萩生田光一
政務調査会長 :井上信治
公明党東京都本部[39]
代表:高木陽介
幹事長    :小磯善彦
幹事会会長  :藤井一
日本共産党東京都委員会[40]
委員長:田辺良彦
書記長     :関口達也
副委員長    :安部安則 今村順一郎
         大山とも子 谷川智行
         望月康子
立憲民主党東京都総支部連合会[41]
会長:長妻昭
会長代行   :蓮舫
幹事長    :手塚仁雄
政務調査会長 :山花郁夫
選挙対策委員長:落合貴之
東京維新の会[42]
代表  :柳ヶ瀬裕文
最高顧問   :馬場伸幸
代表代行   :石井苗子
幹事長    :音喜多駿
総務会長   :三沢清太郎
政調会長   :藤條尭之
選対委員長  :松田哲也
国民民主党東京都総支部連合会[43]
会長:小林正夫
顧問     :中山義活
副会長    :山尾志桜里
幹事長    :石黒達男

世論調査[編集]

調査期間・投票日 調査主体・選挙 都民 自民 公明 共産 立民 維新 ネット 国民 れ新 嵐党 その他 無所属 分からない・無回答 第1党と第2党の差 調査対象
6/26~27 選挙ドットコム[44] 9.7 23.4 8.4 12.3 10.3 1.6 0.6 0.7 1.2 0.5 1.8 29.6 11.1
6/26~27 東京MX・JX通信社[45] 13.9 18.4 6.5 15.7 13.6 4.1 1.8 0.9 1.7 0.3 2.7 20.6 2.7
6/25~27 読売新聞[46] 17 23 9 8 8 2 1 1 8 22 6
6/26~27 朝日新聞[47] 15 24 5 7 9 2 1 1 2 0 1 7 26 9
6/25~27 共同通信[48] 12.1 31.8 14.1 13.1 7.1 17.7 投票先を決めている人の政党別内訳
6/26 毎日新聞・TBS・SSRC[49] 7 13 5 5 5 1 0 0 0 0 0 2 60 6 NTTドコモの携帯ユーザーを中心とするプレミアパネルを対象に調査
6/19~20 選挙ドットコム[44] 6.9 18.6 6.1 10.0 10.4 2.5 0.6 0.4 1.4 0.4 1.2 41.6 8.2
6/12~13 選挙ドットコム[44] 5.6 19.4 6.2 8.9 11.3 2.1 1.0 1.0 0.8 0.8 2.9 40.0 8.1
5/28~30 読売新聞[50] 11 30 7 6 8 3 9 25 19
5/22~23 東京MX・JX通信社[51] 9.6 19.3 3.4 12.9 14.0 3.4 1.6 0.5 2.0 0.5 2.8 N/A 30.0 5.3
2017/7/2 前回選挙 33.7 22.5 13.1 13.8 N/A 1.0 1.3 N/A 0.1 7.8[注 23] 6.7 50.5 11.2

選挙運動[編集]

新型コロナウイルス対策として都内に発令されていた緊急事態宣言が20日をもって解除され、21日から23区と一部を除く多摩地域で「まん延防止等重点措置」に移行。新型コロナウイルスの影響の中、さまざまな制約を迫られた選挙戦となった[52]

各党派の動き[編集]

各党の党首も候補の応援に出たが[53]菅義偉自民党総裁だけは街頭での応援に立たなかった[54]

小池都知事が告示直前に過労で入院した後、各種情勢調査で都民ファーストの支持が増える現象が見られた[55]。そんな中、1週間ほど入院し6月30日に退院していた小池は、選挙戦最終日になって突如、都民ファースト候補者の支援に入り注目をさらってみせた[56]

葛飾区選挙区では、都議選の4カ月後に行われる同区議選を見据えて、諸派・無所属候補らが知名度浸透を兼ねた運動を展開した[57]

選挙結果[編集]

7月4日投票、即日開票された。投票率は42.39%と前回より8.89ポイント低下。過去最低だった1997年の40.80%に次いで2番目に低い投票率となった[58][59]。小平市選挙区は無投票。都議選で無投票当選が生じたのは1963年の八王子市選挙区以来58年ぶりとなった[60]

都民ファーストの会は改選前の45議席から31議席まで減らし、33議席を獲得した自民党が都議会第1党を奪還したが、目標としていた自公両党での過半数には達せず、自民党の獲得議席は38議席を獲得した2009年東京都議会議員選挙を下回り過去2番目に少ない結果となった。前回都民ファーストの会と組んだ公明党が今回自民党との選挙協力を復活させたこともあり、自民党内では選挙戦当初から「前回23議席の倍増は固い」との楽観論も飛び交っていたが、選挙戦最終日には過労を理由に入院していた小池が都民ファーストの会の候補を激励。都民ファーストの会は1人区で3議席を獲得するなど、最終盤で追い上げた。立憲民主党と共産党は今回、1~2人区を中心に候補者のすみわけを行い、立憲民主党は改選前の8議席から上積みして15議席に達した。現有議席数と同じ23人を擁立した公明党は8回連続の全員当選を果たした[61][62][63]

党派別[編集]

各党獲得議席数と得票[27]
党派 議席数 得票
現職 元職 新人 改選前 増減 獲得議席 得票数 得票率
自由民主党 17 5 11 25 増加8 33 1,192,796.997 25.69%
都民ファーストの会 31 0 0 45 減少14 31 1,034,778.100 22.28%
公明党 17 0 6 23 増減なし 23 630,810.000 13.58%
日本共産党 15 0 4 18 増加1 19 630,158.624 13.57%
立憲民主党 5 1 9 8 増加7 15 573,086.899 12.34%
日本維新の会 0 0 1 1 増減なし 1 165,850.552 3.57%
東京・生活者ネットワーク 0 0 1 1 増減なし 1 61,070.580 1.32%
れいわ新選組 0 0 0 0 増減なし 0 37,299.000 0.80%
国民民主党 0 0 0 0 増減なし 0 31,101.419 0.67%
テレビ改革党 0 0 0 0 増減なし 0 9,816.000 0.21%
減税とうきょう 0 0 0 0 増減なし 0 8,633.000 0.19%
みんなの党 0 0 0 0 増減なし 0 3,924.000 0.08%
NHKから国民を守る党[注 24] 0 0 0 0 増減なし 0 3,669.000 0.08%
  女性ファーストの会 0 0 0 0 増減なし 0 3,095.000 0.07%
日本公益党 0 0 0 0 増減なし 0 2,691.000 0.06%
  国民主権党 0 0 0 0 増減なし 0 2,439.000 0.05%
嵐の党[注 25] 0 0 0 0 増減なし 0 2,028.000 0.04%
  平和の党 0 0 0 0 増減なし 0 1,962.000 0.04%
つばさの党 0 0 0 0 増減なし 0 1,892.000 0.04%
  台東教育ネットワーク 0 0 0 0 増減なし 0 1,583.000 0.03%
  議席を減らします党 0 0 0 0 増減なし 0 1,497.000 0.03%
  SDGs党 0 0 0 0 増減なし 0 1,326.000 0.03%
  庶民と動物の会 0 0 0 0 増減なし 0 1,265.000 0.03%
  目覚めよ日本党 0 0 0 0 増減なし 0 1,048.000 0.02%
  こころのやまい党 0 0 0 0 増減なし 0 1,012.000 0.02%
  (略称)愛の力でLGBT差別・動物殺処分解決の党[28] 0 0 0 0 増減なし 0 0929.000 0.02%
  立憲共和党 0 0 0 0 増減なし 0 0555.000 0.01%
  全都黎明 0 0 0 0 増減なし 0 0523.000 0.01%
  選挙に私も連れてって党 0 0 0 0 増減なし 0 0502.000 0.01%
  (略称)土頭を働かし最高裁裁判官5人を弾劾する党[29] 0 0 0 0 増減なし 0 0427.000 0.01%
  無所属 3 0 1 5 減少1 4 235,888.822 5.08%
合計 88 6 33 126 127 4,643,656.993 100.00%
投票者数(投票率) 4,729,484 42.39%
有権者数 11,157,715 100.00%

地区別[編集]

地区別・政党別の候補者数と当選者数[64]
選挙区 定数 立候補者数 選出/立候補者数推薦
自民 都民 公明 共産 立民 維新 ネット れ新 国民 嵐党 諸派 無所属
千代田区 1 4 増減なし 0/1 1/1 0/1 0/1
中央区 1 4 減少1 1/1 0/1 0/1 0/1
港区 2 8 増加2 1/1 1/1 0/1 0/1 0/1 0/1 0/2
新宿区 4 11 増加4 1/2 1/1 1/1 1/1 0/1 0/1 0/3 0/1
文京区 2 3 増減なし 0/1 1/1 1/1
台東区 2 7 増加2 1/1 1/2 0/1 0/1 0/1 0/1
墨田区 3 6 増加1 1/2 1/1 1/1 0/1 0/1
江東区 4 8 減少1 1/2 1/1 1/1 1/1 0/1 0/1 0/1
品川区 4 8 増加1 0/2 0/1 1/1 1/1 1/1 0/1 1/1
目黒区 3 7 増加2 0/2 1/1 1/1 0/1 1/1 0/1
大田区 7 15 増減なし 1/3 1/2 2/2 1/1 1/1社,ネ 1/1 0/1 0/21×嵐 0/2
世田谷区 8 18 増減なし 3/3 1/2 1/1 1/1 2/21×社 0/1 0/1 0/1 0/1 0/2 0/3
渋谷区 2 5 増減なし 0/1 1/2 1/1 0/1
中野区 3 5 減少1 0/1 1/1 1/1 1/1 0/1
杉並区 6 12 増減なし 2/2 1/2 1/1 1/1 1/1 0/1 0/1 0/1 0/2
豊島区 3 6 増加1 0/1 1/1 1/1 1/1 0/1 0/1
北区 3 5 増減なし 1/1 0/1 1/1 1/1 0/1
荒川区 2 6 減少1 0/1 1/1 1/1 0/1 0/1 0/1
板橋区 5 10 増減なし 1/2 1/1 1/1 1/1 1/1 0/1 0/3
練馬区 7 14 増加4 2/3 2/2 1/1 1/1 1/1 0/1 0/1 0/1 0/31×(立,社,ネ)
足立区 6 11 増加2 2/2 1/2 2/2 1/1 0/1 0/1 0/2
葛飾区 4 13 増加5 1/2 1/1 1/1 1/1 0/1 0/51×嵐 0/2
江戸川区 5 8 増加2 1/2 1/1 1/1 1/1 0/1 0/1 1/1
八王子市 5 10 増加1 2/2 0/2 1/1 1/1 1/1社,ネ 0/1 0/2
立川市 2 3 減少1 1/1 0/1 1/1
武蔵野市 1 4 増加1 0/1 0/1 1/1社,ネ 0/1
三鷹市 2 3 減少1 0/1 1/1 1/1
青梅市 1 2 減少1 0/1 1/1
府中市 2 3 減少1 1/1 0/1 1/1
昭島市 1 3 増減なし 0/1 1/1 0/1
町田市 4 9 増加1 1/2 1/1 1/1 1/1 0/1 0/1 0/2
小金井市 1 3 減少2 0/1 0/1 1/1立,共,社,ネ
小平市 2 2 減少2 1/1 1/1社,ネ
日野市 2 3 減少1 0/1 1/1 1/1
西東京市 2 4 増減なし 1/1 1/1 0/1 0/1
西多摩 2 5 増加1 1/1 1/1 0/1社,ネ 0/1 0/1
南多摩 2 4 減少1 1/1 1/1 0/1 0/1
北多摩第一 3 5 減少1 0/1 1/1 1/1 1/1 0/1
北多摩第二 2 4 増減なし 1/1 0/1 1/1 0/1
北多摩第三 3 5 減少1 1/1 1/1 1/1 0/1 0/1
北多摩第四 2 3 減少1 1/1 0/1 1/1
島部 1 2 減少1 1/1 0/1
選挙区 定数 立候補者数 自民 都民 公明 共産 立民 維新 ネット れ新 国民 嵐党 諸派 無所属
合計 127 271 増加12 33/60 31/47 23/23 19/31 15/28 1/13 1/3 0/3 0/4 0/2 0/27 4/30

当選した議員[編集]

 自由民主党   都民ファーストの会   公明党   日本共産党   立憲民主党   日本維新の会   東京・生活者ネットワーク   無所属 

千代田区 平慶翔 中央区 石島秀起
港区 菅野弘一 入江伸子 新宿区 大山とも子 古城将夫 森口つかさ 吉住栄郎
文京区 福手裕子 増子博樹 台東区 鈴木純 保坂真宏
墨田区 成清梨沙子 川松真一朗 加藤雅之 江東区 細田勇 山崎一輝 畔上三和子 白戸太朗
品川区 伊藤興一 森澤恭子 白石民男 阿部祐美子 目黒区 伊藤悠 斉藤泰宏 西崎翔
大田区 藤田綾子 松田龍典 斉藤里恵 鈴木晶雅 世田谷区 福島理恵子 里吉ゆみ 高久則男 小松大祐
勝亦聡 森愛 玉川英俊 三宅茂樹 山口拓 風間穣 土屋美和
渋谷区 中田喬士 龍円愛梨 中野区 西沢圭太 荒木千陽 高倉良生
杉並区 茜ヶ久保嘉代子 原田暁 小宮安里 関口健太郎 豊島区 本橋弘隆 米倉春奈 長橋桂一
松葉多美子 早坂義弘
北区 山田加奈子 曽根肇 大松成 荒川区 慶野信一 滝口学
板橋区 鎌田悦子 宮瀬英治 木下富美子[都 1][辞 1] 松田康将 練馬区 小林健二 藤井智教 戸谷英津子 尾島紘平
徳留道信 村松一希 柴崎幹男 山加朱美
足立区 後藤奈美 薄井浩一 発地易隆 高島直樹 葛飾区 北口剛士 和泉尚美 米川大二郎 平田充孝
中山信行 斉藤真理子
江戸川区 竹平智春 田之上郁子 上田令子[無 1] 宇田川聡史 八王子市 東村邦浩 青柳有希子 西山賢 伊藤祥広
原純子 須山卓知
立川市 酒井大史 清水孝治 武蔵野市 五十嵐衣里
三鷹市 中村洋 山田浩史 青梅市 森村隆行
府中市 小山有彦[都 2] 鈴木錦治 昭島市 内山真吾
町田市 小磯善彦 藤井晃 星大輔 池川友一 小金井市 漢人明子[無 2]
小平市[注 26] 磯山亮 竹井庸子 日野市 菅原直志 清水登志子
西東京市 浜中義豊 桐山ひとみ 西多摩 清水康子 田村利光
南多摩 石川良一 小磯明 北多摩1 谷村孝彦 尾崎あや子 関野杜成
北多摩2 岩永康代 本橋巧 北多摩3 尾崎大介 林明裕 中嶋義雄
北多摩4 原紀子 渋谷信之 島部 三宅正彦

各党の反応[編集]

自民党・公明党 自民党の菅義偉総裁は目標に掲げた自民、公明両党合わせての過半数に届かなかったことについて「謙虚に受け止めたい」との認識を示した[65]。自民関係者は今回の不振の原因を「五輪開催による新型コロナウイルス感染拡大への不安や、ワクチン供給不足が響いた」と分析した[66]。都連関係者は、小池が投票日前日の7月3日に突如都民ファーストの会の応援に入ったことについて「完全に約束違反。やられたよ」と述べ、「応援するなら自民、公明両党の候補者も平等にしてほしいと、二階幹事長らからお願いしてきたのに」と内幕を明かした[67]

全員当選を果たした公明党の山口那津男代表は「コロナの感染状況の中で全員当選を果たすことができた。まさに奇跡的とも思える結果だ」と述べた[68]

都民ファーストの会 第2党となった都民ファーストの会の荒木千陽代表は「第1党を譲り渡し、責任を感じている。命がけで浸透を図ったが、まだまだ足りなかった」と述べた[61]

共産党・立憲民主党 前回、前々回に続く伸長ぶりの議席数を得た共産党は、都議選での立憲民主党との共闘を「両党にとっての成果」ととらえ、次期衆院選でも立民との選挙協力を目指す考えを示した[69]

立憲民主党都連の長妻昭会長は、現有議席から大幅に議席を増やした結果に「議席を伸ばして、都議会で役割を果たせる最低限の陣立てができた」と一定の評価を示した[70]。一方で立憲民主党の獲得議席数は都民ファーストの会や共産党を下回り、都議会第5党に留まった。党代表の枝野幸男は「自民党に代わる選択肢は我々しかないんだ、ということが十分に届ききっていない選挙になってしまった」と反省の弁を述べた[71]。また、立民幹部は都議選全体を見て「勝者なき選挙で終わった」と総括している[72]

その他の政党 1議席に留まった日本維新の会では松井一郎代表が「やはり東京は厳しい。コロナで組織がなく伝わりにくかった」と述べ、議席を獲得できなかった国民民主党の玉木雄一郎代表は「結果は大変厳しく、厳粛に受け止めている」と述べた。同様に議席を獲得できなかったれいわ新選組の山本太郎代表は「選挙結果から言えば敗北。一方でボランティアの方々が中心的役割を担った」などと述べた[73]

メディアの反応[編集]

日本経済新聞社は自社で実施した出口調査から「支持政党なし」と答えた無党派層の投票先が分散したことが、自民が伸び悩み、都民フが持ちこたえる要素になったと分析した[74]

フジテレビ解説委員の平井文夫は、今回の都議選は事前調査に基づくメディアの予測と結果が逆に出る「アンダードッグ効果」だったとの見方を示した[75]

選挙後の動き[編集]

投開票翌日の5日、都民ファーストの会から立候補して当選した木下富美子議員が、選挙期間中の2日に無免許の状態で車を運転して事故を起こしていたことが報道されたため[76]、同日に都民ファーストの会は木下を除名処分にした[77]。その後、同年11月22日に議員を辞職した[78]

11月7日に投票が行われた葛飾区議会選挙(定数40)においては、本選挙で落選した9人中6人が立候補したものの、37位当選の小川優太が当選したのみで他5人は落選している。

選挙後勢力(2021年11月22日現在)[79]
会派名 議員数 所属党派
東京都議会自由民主党 33 自由民主党
都民ファーストの会 東京都議団 31 都民ファーストの会
都議会公明党 23 公明党
日本共産党東京都議会議員団 19 日本共産党
東京都議会立憲民主党 15 立憲民主党
無所属(東京みらい) 1 無所属[注 2]
無所属(東京維新の会[注 3] 1 日本維新の会
無所属(地域政党 自由を守る会[注 3] 1 自由を守る会[注 2]
無所属(グリーンな東京[注 3] 1 緑の党グリーンズジャパン
無所属(都議会生活者ネットワーク[注 3] 1 東京・生活者ネットワーク
現員 126
欠員 1
定員 127

タイムライン[編集]

2020年[編集]

  • 7月17日 - 東京都議会臨時会の本会議で、都議会の選挙区ごとの議席配分を「1増1減」する定数是正の実施条例が可決、成立[80]

2021年[編集]

  • 1月27日 - 東京都選挙管理委員会は都議会議員の選挙の日程を6月25日告示、7月4日投票で即日開票することを決めた。
  • 3月19日 - 自民党と公明党が7月の都議選協力に向けた「政策協定書」に調印した。自公連携の復活は5年ぶりとなる[15]
  • 3月26日 - 東京都議会定例会が閉会。本会議後、小池は報道陣からの「都民ファを支援するか」との問いに、「都政を担っていくには、いろいろな切り口が必要。その意味でどのような動きをされるか、注視したいと思っている」と答えた。東京新聞はこの日、「小池はけむに巻いた」と報じた[81]
  • 4月9日 - 日本共産党小池晃書記局長は街頭演説で「都議選の構図は『自民・公明・都民ファースト』対『共産など市民と野党の共闘』だ」と発言[82]
  • 4月15日 - 立憲民主党都連が公認候補者発表会見を開催。手塚仁雄幹事長は、日本共産党との連携を図り、同党と選挙区のすみ分けをしていることを明らかにした[82][83]
  • 5月13日 - 日本共産党東京都委員会が都議選に向けた重点公約を発表[84]
  • 5月16日 - 日本共産党東京都委員会の機関紙である「東京民報」の1面で、立憲の手塚幹事長は「東京で共闘を積み上げられれば政権交代への大きな弾みになる」と強調した。
  • 6月1日 - 連合東京は事務局長談話を発表。斉藤千秋事務局長は「都議選と衆院選の予定候補者と交わした協定には、共産党と与しないこと、違反行為がある場合には推薦等の支援を取り消すことになっている」「立憲民主党東京都連とは埋められない距離感を感じざるを得ない」と述べ、手塚のコメントに対する遺憾の意を表した[85][86]
  • 6月3日 - 東京都選管はイメージキャラクターに女優の浜辺美波を起用し、浜辺が出演する周知用のWeb動画全2編を公開した[12]
  • 6月4日 - 日本維新の会の地方組織「東京維新の会」が都議選の公約を発表[87]
  • 6月15日
    • 参院本会議で、コロナ療養者の郵便投票特例法が与党と一部野党の賛成多数で可決、成立した[88]
    • 都民ファーストの会が都議選の公約を発表[89]
  • 6月20日 - 都に発令していた緊急事態宣言が解除[90]
  • 6月21日 - 緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」に移行[90]
  • 6月22日 - 小池は過度の疲労で静養が必要になったとの理由により、都内の病院に入院した[91]
  • 6月25日
    • 東京都議会議員選挙が告示。
    • 小平市選挙区は無投票当選が決まった。
    • 都民ファーストの会代表の荒木千陽が小池に代表就任の依頼をしたことが明らかになった[92][93]
  • 6月26日 - 7月3日
    • 期日前投票期間。
  • 6月30日
    • 小池は退院。医者の判断により、7月1日以降はテレワークで公務を行うとされた[94][95]
    • 小池は退院コメントを発表。都議選については「新型コロナウイルス対策をはじめ都政の諸課題が山積する中、改革を続け、伝統を守る皆様に、エールを送ります」とだけ言及した。全方位外交のような表現に、自民党都連幹部は「コメントの『伝統を守る皆様』とはうちと公明党のことだろう。都民ファだけの応援をすることはないはずだ」との見解を述べた。都民ファーストの会幹部は、期待していた支援が明言されなかったものの「われわれは小池知事と共にこの選挙を戦っている」と一体感を強調した[96]
  • 7月2日
    • 小池は10日ぶりに登庁。午後4時に開いた定例記者会見で「東京都にとって、今ほど重要な時期はないと考えております」「どこかでばたっと倒れてるかもしれませんが、それも本望だと思ってやり抜いていきたい」と述べた[97]
    • 夜から3日未明にかけて、各紙が「倒れても本望」という見出しで小池の定例会見の記事を配信[98][99]
  • 7月3日 - 小池は選挙応援に初めて参加。都民ファ候補者の事務所18カ所を訪れ激励した。また、「○○○(候補者名)へあなたの一票を託してください。これからも私とともに東京を発展させます」と呼びかける録音メッセージを一部の有権者に電話で流した[100]
  • 7月4日 - 投票および開票。
  • 7月22日 - 都議会議員の任期満了日。

選挙特別番組[編集]

テレビ番組[編集]

2021年のテレビ特別番組一覧#2021年東京都議会議員選挙」を参照

ラジオ番組[編集]

2021年のラジオ (日本)#2021年東京都議会議員選挙」を参照

ネット配信[編集]

  • TBS NEWS
    • 4日 - 都議選 開票速報!NewsPicksコラボ特番「東京UPDATE」[101]・第1~2部(21:50 - 22:30・22:30 - 23:30)
  • テレ東BIZ
    • 4日 - #都議選生配信〜国政選挙への影響を考える〜[102](22:30 - )
  • ニコニコ生放送
    • 4日 - 【東京都議選2021】独立系候補者たちと見守る 開票特番[103](19時50分 - )
  • 選挙ドットコム
    • 4日 - 都議選2021開票速報LIVE★生放送[104](19時55分 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 党所属の小山有彦が無所属で立候補したため、選挙前勢力の議席数とは異なる
  2. ^ a b c d e 元都民ファーストの会
  3. ^ a b c d e f g h 東京都議会においては「一人会派」の結成自体は認めており、会派としての質問・討論時間の設定や 政務調査費交付、会派控室の割り当ては行われているものの、都議会における会派は「議会内に結成された議員の同志的集合体をいう」とされていることから、議員の集合体ではない「一人会派」については2001年(平成13年)12月より会派名称の使用を認めず、一律に「無所属」と称することが決められた。ただし公式サイトでは会派名「無所属」の後ろにかっこ書きで所属議員が名乗っている団体・会派名を表記している。
  4. ^ 樋口高顕(都民ファーストの会)が2021年1月24日に議員失職(千代田区長選挙立候補のため。)。
  5. ^ 江東区選挙区、足立区選挙区、葛飾区選挙区、武蔵野市選挙区
  6. ^ 港区選挙区、新宿区選挙区、荒川区選挙区
  7. ^ 新宿区選挙区、品川区選挙区、世田谷区選挙区
  8. ^ 選挙期間中の6月28日に「古い政党から国民を守る党」から党名を変更。
  9. ^ 法規上は国政政党の旧NHKから国民を守る党とは別の政治団体。
  10. ^ 練馬区選挙区
  11. ^ 足立区選挙区
  12. ^ a b c d 葛飾区選挙区
  13. ^ a b 大田区選挙区
  14. ^ 新宿区選挙区
  15. ^ 台東区選挙区
  16. ^ 世田谷区選挙区
  17. ^ a b 杉並区選挙区
  18. ^ a b 八王子市選挙区
  19. ^ 西多摩選挙区
  20. ^ 町田市選挙区
  21. ^ 公約には明記せず
  22. ^ 公約には明記せず
  23. ^ 民進党や社民党などその他政党得票率の合計
  24. ^ 法規上は国政政党の旧NHKから国民を守る党とは別の政治団体。
  25. ^ 選挙期間中の6月28日に「古い政党から国民を守る党」から党名を変更。
  26. ^ 無投票
  • 議員辞職関連
  1. ^ 2021年11月、不祥事により議員辞職。
  • 都民ファースト関連
  1. ^ 当選2日後の2021年7月6日に都民ファーストの会より除名
  2. ^ 都民ファーストの会所属だが党公認を得ず無所属で出馬。
  • 無所属関連
  1. ^ 地域政党「自由を守る会」代表。
  2. ^ 政治団体「緑の党グリーンズジャパン」東京都本部共同代表。

出典[編集]

  1. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年7月23日). “都議会議長に三宅氏 無免許事故の木下氏に辞職勧告” (日本語). Sankei. 2021年8月19日閲覧。
  2. ^ “東京都議会議員選挙の選挙期日等の決定について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京都選挙管理委員会, (2021年1月27日), https://www.senkyo.metro.tokyo.lg.jp/uploads/r3togi_kijitsu.pdf 2021年4月14日閲覧。 
  3. ^ 衆院選にらみ与野党落とせぬ夏の首都決戦 都議選25日告示” (日本語). 西日本新聞me. 2021年7月1日閲覧。
  4. ^ 日本放送協会. “東京都議選が告示 42選挙区に271人が立候補 9日間の選挙戦に”. NHKニュース. 2021年7月1日閲覧。
  5. ^ 都議選、立候補届け出始まる 問われるコロナ対応の評価:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月1日閲覧。
  6. ^ 都議選スタート、「結果は小池知事次第」の選挙に | 国内政治” (日本語). 東洋経済オンライン (2021年6月25日). 2021年7月1日閲覧。
  7. ^ 都議選に271人立候補 コロナや五輪、経済対策が争点” (日本語). 日本経済新聞 (2021年6月25日). 2021年7月3日閲覧。
  8. ^ 選管、制度利用呼び掛け コロナ療養者の郵便投票―東京都議選:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年6月28日閲覧。
  9. ^ コロナ療養者の郵便投票、都議選で全国初の導入 都選管が発表:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年6月28日閲覧。
  10. ^ 日本放送協会. “都議選期日前投票 同じ建物でワクチン接種のケースも|NHK 首都圏のニュース”. NHK NEWS WEB. 2021年7月4日閲覧。
  11. ^ 期日前投票もワクチン接種も一緒に 東京都議選:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月4日閲覧。
  12. ^ a b “浜辺美波が都議選のイメージキャラクターに 周知用Web動画2篇を公開”. Adver Times(アドタイ). (2021年6月3日). https://www.advertimes.com/20210603/article352793/ 2021年6月5日閲覧。 
  13. ^ 都議選スタート、「結果は小池知事次第」の選挙に | 国内政治” (日本語). 東洋経済オンライン (2021年6月25日). 2021年7月1日閲覧。
  14. ^ a b 都民ファは小池知事に「代表復帰」を要請 告示日は姿見せず:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年7月1日閲覧。
  15. ^ a b 小倉貞俊、原昌志、松尾博史 (2021年3月20日). “公明、都議会自民との連携5年ぶり復活へ 都民ファとは「解消」 7月都議選の構図一変”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/92547 
  16. ^ [都議選2021]都ファに対抗、自公連携「第1党」奪還なるか 告示まで2か月 : 東京都議選2021 : 地方選 : 選挙・世論調査” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年4月22日). 2021年7月1日閲覧。
  17. ^ 都議選、立候補届け出始まる 問われるコロナ対応の評価:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月1日閲覧。
  18. ^ ’21都議選:各党に聞く/6 しがらみなく、役割果たす 柳ケ瀬裕文・東京維新の会代表 /東京” (日本語). 毎日新聞. 2021年7月4日閲覧。
  19. ^ れいわ新撰組の山本太郎氏、都議選は少数精鋭で候補擁立 五輪中止訴える - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年7月4日閲覧。
  20. ^ 古い党・立花党首が党勢拡大狙い、都民ファーストの会に熱烈なラブコール - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年7月4日閲覧。
  21. ^ 日本放送協会. “東京都議会の定数や勢力、東京都議会議員選挙2021の焦点は?|NHK”. www.nhk.or.jp. 2021年6月30日閲覧。
  22. ^ 会派構成・会派略称一覧”. 東京都議会. 2021年1月4日閲覧。
  23. ^ 都議選最多271人、激戦本格化” (日本語). カナロコ by 神奈川新聞. 2021年7月3日閲覧。
  24. ^ 「まん延防止」の中、選挙戦 271人立候補―都議選告示:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年6月30日閲覧。
  25. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年6月29日). “作業膨大、広報は…立候補者数で悩む都議選各選管” (日本語). 産経ニュース. 2021年7月3日閲覧。
  26. ^ カオスすぎる都議選葛飾区! 候補13人乱立に立花孝志氏が苦言「動機が不純」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2021年6月29日閲覧。
  27. ^ a b 日本放送協会. “東京都議会議員選挙2021 | 開票速報・結果 | -都議選- |NHK” (日本語). www.nhk.or.jp. 2021年7月14日閲覧。
  28. ^ a b 正式名称『愛の力で婚姻率低下・LGBT等差別・動物殺処分の問題解決をする党』(リンク先最上部に党名が記載)
  29. ^ a b 正式名称『土頭を働かし最高裁裁判官5人を弾劾をする党 身体から地頭へ人の増える会』(リンク先上方に党名が記載)
  30. ^ “東京都議選の争点 「コロナ対策・対応」が70% NHKアンケート”. NHK. (2021年6月25日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210625/k10013102521000.html 2021年6月26日閲覧。 
  31. ^ コロナ対策に「適切」なし、小池都政の評価は真っ二つ<都議選主要政党アンケート ㊤>:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年6月29日閲覧。
  32. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年6月26日). “【都議選】新型コロナ対策、五輪にかすむ争点” (日本語). 産経ニュース. 2021年6月30日閲覧。
  33. ^ 将来の五輪招致も賛否分かれる カジノは3党賛成、6党反対<都議選主要政党アンケート㊦>:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年6月29日閲覧。
  34. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年6月26日). “【都議選】新型コロナ対策、五輪にかすむ争点” (日本語). 産経ニュース. 2021年6月29日閲覧。
  35. ^ 都議選で掲げるコロナ支援策 自民は「自助」含み、立民は「補償」強調 秋の衆院選にらみ:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年6月29日閲覧。
  36. ^ 4日に迫る都議選の投開票、争点はコロナ・五輪だけではないはず…! 各党の若者・女性政策へのスタンスは? 【ABEMA TIMES】” (日本語). ABEMA TIMES. 2021年7月3日閲覧。
  37. ^ tomin_1stのツイート(1147740495239499776)
  38. ^ 都連役員紹介-TOKYO自民党(令和3年4月26日 時点)
  39. ^ ■公明党東京都本部 役員一覧■2020.10.8現在
  40. ^ 都政転換を決意/東京都党会議を開催(2020年2月28日)
  41. ^ 都連運営立憲民主党東京都連合会
  42. ^ 東京維新の会 議員・支部長
  43. ^ 国民民主党「東京都連」立上げ。会長に就任参議院議員 小林正夫の活動日誌(2020年10月9日)
  44. ^ a b c 都議選ハイブリット調査” (日本語). 都議選2021 東京都議会議員選挙|7月4日投票|選挙ドットコム. 2021年7月17日閲覧。
  45. ^ 東京都議選、自民最多の18.4% 都民ファ上昇【都民意識調査】:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年7月17日閲覧。
  46. ^ 都議選 自民を都ファ追う…読売世論調査 五輪有観客「評価」35%[都議選2021] : 東京都議選2021 : 地方選 : 選挙・世論調査” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年6月28日). 2021年7月17日閲覧。
  47. ^ 都民世論調査―質問と回答〈6月26、27日実施〉:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月17日閲覧。
  48. ^ 共同通信 (2021年6月27日). “都議選、自民が第1党奪還の勢い 都民ファースト後退か、電話調査 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年7月17日閲覧。
  49. ^ オリパラの開催「反対」58% 「賛成」30% 東京都議選調査” (日本語). 毎日新聞. 2021年7月17日閲覧。
  50. ^ 都議選の投票先「自民」最多30%、五輪「開催」「中止」は拮抗…読売世論調査 : 世論調査 : 選挙・世論調査” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年5月31日). 2021年7月17日閲覧。
  51. ^ 東京五輪「中止すべきだ」60%…都民意識調査、開催都市で反対の声根強く:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年7月17日閲覧。
  52. ^ 都議選 街中に響く候補者の声 ドキュメント6・25 選挙区を行く:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年6月30日閲覧。
  53. ^ 【街頭演説】7月1日(木)、枝野代表、蓮舫代表代行、辻元副代表、福山幹事長が東京都議会議員選挙候補者の応援演説 立憲民主党公式 2021年7月1日
  54. ^ 菅義偉首相、異例の都議選の街頭応援ゼロ 2回の“麻生超え” 日刊スポーツ 2021年7月2日
  55. ^ 東京都議選 都民フ、影響力残す 小池氏、不在でも存在感” (日本語). 毎日新聞. 2021年7月11日閲覧。
  56. ^ 都民ファ善戦、与党内で小池知事への警戒感強まる…二階氏「よくやっている」 : 東京都議選2021 : 地方選 : 選挙・世論調査” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年7月6日). 2021年7月11日閲覧。
  57. ^ 葛飾に独立系候補の「レジェンド」ら集結 4年前の「あの人」にあこがれて?<東京都議選>:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年6月30日閲覧。
  58. ^ [都議選2021]投票率42・39%、過去2番目の低さ : 東京都議選2021 : 地方選 : 選挙・世論調査” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年7月5日). 2021年7月6日閲覧。
  59. ^ 都議選出口調査、無党派が都民フの支えに 女性も支持” (日本語). 日本経済新聞 (2021年7月5日). 2021年7月6日閲覧。
  60. ^ “58年ぶりに無投票当選 東京都議選の小平市選挙区で新人2人”. 東京新聞. (2021年6月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/112794 2021年6月26日閲覧。 
  61. ^ a b “[都議選2021]自民が第1党奪還、公明と合わせ過半数には届かず…都民ファは議席減らす”. 読売新聞. (2021年7月5日). https://www.yomiuri.co.jp/election/local/togisen2021/20210704-OYT1T50235/ 2021年7月5日閲覧。 
  62. ^ “「大敗」予測も一転、第一党争う都民ファ 小池知事に存在感”. 産経新聞. (2021年7月4日). https://www.sankei.com/article/20210704-WELGMLXL3NPXNLF6B557AU3H3A/ 2021年7月5日閲覧。 
  63. ^ “自民、衆院選へ危機感 コロナ・五輪対応に反発―菅首相「選挙の顔」不安も・都議選”. 時事ドットコム. (2021年7月5日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021070400448 2021年7月5日閲覧。 
  64. ^ 東京都議選2021 候補者 : 東京都議選2021 : 選挙・世論調査(選挙)” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年6月25日). 2021年7月8日閲覧。
  65. ^ [都議選2021]首相、自公で過半数ならず「謙虚に受け止める」 : 東京都議選2021 : 地方選 : 選挙・世論調査” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年7月5日). 2021年7月6日閲覧。
  66. ^ 自民不振、衆院選へ焦り 東京都議選 :中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2021年7月6日閲覧。
  67. ^ 岡本太、小倉貞俊、松尾博史、土門哲雄 (2021年7月8日). “想定外の小池知事の激励 自公ファの勢力図に影響、力増す野党<勝者なき都議選> 下”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/115176 2021年7月8日閲覧。 
  68. ^ “都議選 公明23人全員当選で衆院選に弾み”. 産経新聞. (2021年7月5日). https://www.sankei.com/article/20210705-RZT4UKRKCZOGBAYVX7JYSE75LQ/ 2021年7月7日閲覧。 
  69. ^ 共産、衆院選共闘に前向き 都議選踏まえ、立民は慎重対応:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年7月7日閲覧。
  70. ^ 共産・立憲、都議選共闘手応え 志位氏「協議進めたい」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月8日閲覧。
  71. ^ “立憲・枝野氏、都議選で反省の弁 「届いていない選挙」”. 朝日新聞. (2021年7月6日). https://www.asahi.com/articles/ASP765K0DP76UTFK00M.html 2021年7月9日閲覧。 
  72. ^ 自民不振、衆院選へ焦り 東京都議選 :中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2021年7月6日閲覧。
  73. ^ “維新・国民・れいわ 都議選で議席0~1 衆院選へ正念場”. 毎日新聞. (2021年7月5日). https://mainichi.jp/articles/20210705/k00/00m/010/231000c 2021年7月7日閲覧。 
  74. ^ 都議選出口調査、無党派が都民フの支えに 女性も支持” (日本語). 日本経済新聞 (2021年7月5日). 2021年7月6日閲覧。
  75. ^ 小池劇場再び!健康不安なければ百合子氏は再び天下を取りに行くのではないか”. FNNプライムオンライン. 2021年7月16日閲覧。
  76. ^ 日本放送協会. “都民ファーストの会から当選 木下富美子議員 無免許運転で事故”. NHKニュース. 2021年7月5日閲覧。
  77. ^ 共同通信 (2021年7月5日). “都民ファ、無免許で人身事故の都議除名処分 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年7月5日閲覧。
  78. ^ 日本放送協会 (2021年11月22日). “東京都議会 木下富美子議員が辞職 無免許運転で在宅起訴”. NHKニュース. 2021年11月23日閲覧。
  79. ^ 会派構成・会派略称一覧”. 東京都議会. 2021年11月23日閲覧。
  80. ^ 東京都議会、定数是正「1増1減」成立” (日本語). 日本経済新聞 (2020年7月17日). 2021年7月1日閲覧。
  81. ^ 小倉貞俊、岡本太、松尾博史 (2021年3月26日). “東京都議選、都民ファVS自公へ構図一変 小池知事「どう動くか‥‥」けむに巻く 告示まで3カ月”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/94021 2021年7月1日閲覧。 
  82. ^ a b 小倉貞俊、岡本太 (2021年5月3日). “都議選で立民と共産が選挙区すみ分け模索 都民ファや自公に対抗”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/102159 2021年7月1日閲覧。 
  83. ^ 党首ら第一声、静養中の小池知事は姿見せず…都議選告示 : 東京都議選2021 : 地方選 : 選挙・世論調査” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年6月25日). 2021年6月29日閲覧。
  84. ^ 五輪中止、1日20万件検査 共産が都議選に向け重点公約発表:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年7月1日閲覧。
  85. ^ “連合、立・共の接近警戒 都議選でも不協和音”. 時事ドットコム. (2021年6月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060600220 2021年7月1日閲覧。 
  86. ^ 立憲民主党と共産党との連携に対する連合東京の対応について”. 連合東京 (2021年6月1日). 2021年7月1日閲覧。
  87. ^ 維新の会が都議選の公約発表 東京五輪は「条件付き賛成」:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年7月1日閲覧。
  88. ^ コロナ療養者の郵便投票特例法が成立 投票機会確保に前進、不正投票の防止に課題:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年7月1日閲覧。
  89. ^ 都民ファが都議選の公約発表 東京五輪「無観客開催を」 :東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年7月1日閲覧。
  90. ^ a b 7都道府県、まん延防止等重点措置に 緊急事態宣言から移行、7月11日まで:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年7月1日閲覧。
  91. ^ “小池都知事、過労で入院…「声がかれて」と息切らす”. 読売新聞. (2021年6月22日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20210622-OYT1T50243/ 2021年6月29日閲覧。 
  92. ^ “都民ファ、小池知事に代表就任依頼 都議選”. 時事ドットコム. (2021年6月25日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021062500411 2021年6月29日閲覧。 
  93. ^ 都民ファは小池知事に「代表復帰」を要請 告示日は姿見せず:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 TOKYO Web (2021年6月25日). 2021年6月30日閲覧。
  94. ^ “小池都知事、入院延長へ 「疲れが取れていない」と医師が判断 さらに数日公務外れる”. 東京新聞. (2021年6月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/113169 2021年6月29日閲覧。 
  95. ^ “小池百合子都知事が退院 1日以降の公務はテレワーク”. 毎日新聞. (2021年6月30日). https://mainichi.jp/articles/20210630/k00/00m/040/051000c 2021年6月30日閲覧。 
  96. ^ 小倉貞俊、松尾博史、岡本太、土門哲雄 (2021年6月30日). “小池都知事が退院、都議選へのコメントは全方位外交? 自公に目配りか、都民ファに肩入れせず【全文】”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/113674 2021年7月1日閲覧。 
  97. ^ 小池知事「知事の部屋」/記者会見(令和3年7月2日)”. 東京都庁 (2021年7月2日). 2021年7月6日閲覧。
  98. ^ “小池知事「五輪無観客も軸」「倒れても本望と思いやり抜く」 退院後初会見”. 東京新聞. (2021年7月2日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/114197 2021年7月6日閲覧。 
  99. ^ “都知事「倒れても本望」 コロナ対策、復帰後会見で決意”. 日本経済新聞. (2021年7月3日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73530830S1A700C2L83000/ 2021年7月6日閲覧。 
  100. ^ 軽部理人 (2021年7月6日). “最終盤に動いた小池氏 演説なしでも第2党に導いた作戦”. 朝日新聞. https://digital.asahi.com/articles/ASP756QS4P75UTIL01K.html 2021年7月6日閲覧。 
  101. ^ (日本語) 【日曜21:50〜】都議選 開票速報!NewsPicksコラボ特番「東京UPDATE」, https://www.youtube.com/watch?v=NjYBaCvPy1g 2021年7月3日閲覧。 
  102. ^ (日本語) テレ東BIZ #都議選生配信〜国政選挙への影響を考える〜【4日(日)よる10時半~】, https://www.youtube.com/watch?v=Hr1qUauBB-k 2021年7月3日閲覧。 
  103. ^ 【東京都議選2021】独立系候補者たちと見守る 開票特番|ニコニコインフォ”. 【東京都議選2021】独立系候補者たちと見守る 開票特番|ニコニコインフォ. 2021年7月6日閲覧。
  104. ^ (日本語) 都議選2021開票速報LIVE★生放送|投開票を見ながら都議選の感想戦!投票率は?議席は?開票まで言えなかったネタも...|選挙ドットコムちゃんねる, https://www.youtube.com/watch?v=vqkrE2epnqw 2021年7月6日閲覧。 

外部リンク[編集]