平慶翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平 慶翔
たいら けいしょう
生年月日 (1987-08-06) 1987年8月6日(30歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
出身校 国士舘大学
前職 俳優
国会議員公設第一秘書
現職 東京都議会議員
所属政党 都民ファーストの会
配偶者

選挙区 板橋区選挙区
当選回数 1回
在任期間 2017年7月23日 - 現職
テンプレートを表示
たいら けいしょう
平 慶翔
本名 同上
生年月日 (1987-08-06) 1987年8月6日(30歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型
職業 俳優
国会議員公設秘書
ジャンル テレビドラマ映画など
配偶者 あり
著名な家族 平愛梨(姉)
平祐奈(妹)
長友佑都(義兄)
主な作品
テレビドラマ
3年B組金八先生』(第7シリーズ)

平 慶翔(たいら けいしょう、1987年昭和62年〉8月6日 - )は、日本政治家東京都議会議員(1期)。元俳優兵庫県神戸市出身。地域政党「都民ファーストの会」所属。

経歴[編集]

兵庫県神戸市生まれ。中学2年生の時に上京し、東京都渋谷区で一人暮らしをする。中学高校時代は芸能活動を行うが、大学進学を機に芸能事務所を辞める。

国士舘大学政経学部経済学科[1]卒業。2013年、下村博文事務所に入所。後に公設第一秘書を務めた。2016年7月、東京都知事選挙では、増田寛也(自民党推薦)の板橋区の責任者を取り仕切った。同年8月、下村博文事務所を退職[2]

2017年3月、7月に行われる2017年東京都議会議員選挙において、「都民ファーストの会」所属候補として板橋区(定数5)から出馬[3]、7月2日投開票の同選挙で初当選した[4]

下村博文との関係[編集]

 事務所費横領に伴う解雇[編集]

2016年の8月に、勤め先の下村博文事務所の事務所費を横領して解雇処分を受けていたと、『週刊新潮』2017年4月13日号で報道された。新潮によれば、「平は約30万円弱の事務所費を私的に使用したり無断で持ち出した他、事務所の備品であるパソコンを一時的に隠し持っていた。横領が発覚した平は弁護士立ち会いのもと、詫び状(上申書)を書いた上で、実家の不動産業を継ぐという名目で事務所を退職した。また事務所を退職して3ヶ月後に、次期衆議院議員選挙愛知2区の自民党候補の公募に応募したが、横領事件の影響で身体検査に引っかかり落選した」という。これについて、下村事務所は「文書を作成したことは事実」と認めたが、平は「事実無根です。そのような文書に署名した記憶はありません。文書があるなら見たいです」とコメントし、疑惑を否定している[5][6]

選挙妨害[編集]

2017年6月28日、下村博文幹事長代行について、下村を支援する政治団体「博友会」が学校法人「加計学園」(岡山市)による過去のパーティー券計200万円分の購入を政治資金収支報告書に記載しなかったことに関して、政治資金規正法違反の疑いがあると『週刊文春』が報じた。文春は記事の中で下村事務所の内部文書を用いて、「学園が平成25年と26年に博友会のパーティー券を各100万円、計200万円を購入しており、「政治団体は20万円超のパーティー券を購入した場合、報告を義務付けられている」とする規制法の規約に違反している」と指摘した[7]

この報道を受けて、下村は翌日の6月29日に自民党本部で記者会見を開き、会見の場でパーティー券の購入について「いずれも計11の個人、企業が1社20万円以下で購入し、秘書室長が現金を持参したので、領収書を作成した。加計学園が購入したものではない」と釈明。さらに「学園から寄付もパーティー券の購入もしてもらったことはない」と述べ、文春の報道を「全く事実に反する」として全面否定した[8]

また、下村は文春が情報元として入手した事務所の内部文書は、都民ファーストの会から都議選に立候補している元秘書が持ち出し、文春に漏洩したものであると主張。下村自身は会見で元秘書の名前を挙げなかったが、かつて秘書を務め都民ファーストの会から立候補している人物として、平に疑惑の目が向けられている。これに対し平は弁護士を通じ、「文春側に事務所のデータを提供した事実はない」「自分名義の平成28年8月10日付の上申書は偽造文書で、文書中の自分の住所、氏名などは自分の筆跡ではない」などと反論し関与を否定。一方、下村は平に対し偽計業務妨害の罪などでの刑事告訴を検討していることを明らかにした。文春に対しても、東京都議会議員選挙の終盤に記事を掲載したことについて「選挙妨害と受け止めざるを得ない」と述べ、名誉毀損の罪で刑事告訴を検討しているという[9][10]

人物[編集]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
第19回東京都議会議員選挙 2017年7月2日 板橋区選挙区 都民ファースト 36,732 15.8 3/10
当選回数1回 (東京都議会議員1)

雑誌[編集]

  • MYOJO
  • POTATO
  • Wink UP
  • duet

テレビドラマ[編集]

  • 3年B組金八先生 (TBS) - 園上征幸役(姉も笹岡あかねで第6シリーズに出演しているが役上無関係)
    • 第7シリーズ(2004年10月15日 - 2005年3月25日)
    • スペシャル11「未来へつなげ 3B友情のタスキ〜たった一人の卒業式…3Bの絆は再び迫る薬物依存の魔の手から仲間を救い出せるのか!?」(2005年12月30日)
    • ファイナル〜「最後の贈る言葉」(2011年3月27日) - 金八卒業式のみ

舞台[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 都民ファーストの会 平けいしょう都民ファーストの会
  2. ^ ““アモーレ弟”平慶翔氏「都民ファーストの会」から出馬で自民都連に「NOアモーレ」”. スポーツ報知. (2017年5月5日). http://www.hochi.co.jp/topics/20170504-OHT1T50257.html 2017年9月2日閲覧。 
  3. ^ “平愛梨の弟・慶翔氏が都民ファーストの会から出馬”. 日刊スポーツ. (2017年3月28日). https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/1799088_m.html 2017年6月29日閲覧。 
  4. ^ “平愛梨の弟・平慶翔氏、都民ファブーム追い風でギリギリ滑り込み初当選”. 産経スポーツ. (2017年7月3日). http://www.sanspo.com/smp/geino/news/20170703/pol17070305010009-s.html 2017年7月3日閲覧。 
  5. ^ “小池新党の目玉、「平愛梨」弟 不祥事で秘書解雇の過去”. 週刊新潮. (2017年4月13日). https://www.dailyshincho.jp/article/2017/04180557/?all=1 2017年6月29日閲覧。 
  6. ^ “小池新党の目玉候補で平愛梨の弟 事務所費横領疑惑への反論”. 週刊ポスト. (2017年6月14日). http://www.news-postseven.com/archives/20170614_563302.html?PAGE=1#container 2017年6月29日閲覧。 
  7. ^ “下村博文元文科相 加計学園から200万円違法献金の疑い”. 週刊文春. (2017年6月28日). http://bunshun.jp/articles/-/3118 2017年6月30日閲覧。 
  8. ^ “「記事は全く事実に反する」 下村博文氏、会見で文春報道の「加計献金」疑惑を全面否定”. 産経新聞. (2017年6月29日). http://www.sankei.com/smp/affairs/news/170629/afr1706290008-s1.html 2017年6月30日閲覧。 
  9. ^ “自民・下村博文幹事長代行が加計学園「闇献金200万円」報道を全面否定 文春を「都議選の選挙妨害」と告訴検討”. 産経新聞. (2017年6月29日). http://www.sankei.com/smp/politics/news/170629/plt1706290033-s1.html 2017年6月30日閲覧。 
  10. ^ “自民党の下村博文幹事長代行の献金疑惑 情報漏洩元とされた元秘書、平慶翔氏が反論声明「文春側にデータ提供した事実ない」”. 産経新聞. (2017年6月29日). http://www.sankei.com/smp/politics/news/170629/plt1706290029-s1.html 2017年6月30日閲覧。 
  11. ^ 小池百合子 Twitter 2017年6月24日

外部リンク[編集]