兄弟姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男三人、女三人の兄弟姉妹
兄弟喧嘩

兄弟姉妹(けいていしまい、きょうだいしまい、: siblings)は、同じから生まれた子供たちの総称。一般には呉音で「きょうだいしまい」と読まれることが多い。法律用語としては漢音で「けいていしまい」と読む。同胞(音:どうほう、訓:はらから)ともいう。

特に続柄では、同じ父と母から生まれた子供たちのうち、自分を除く者を指す。2親等の傍系親族に相当する。

呼称[編集]

続柄では、が同じ先祖という関係の相手で、日本語では以下のような様々な呼び方がある。

同胞[編集]

同胞(1)[編集]

父親も母親も同じ者どうし。

  • 兄弟 - 年上の者も年下の者も男性。もしくは3人以上の同胞で全員が男性。
  • 姉妹 - 年上の者も年下の者も女性。もしくは3人以上の同胞で全員が女性。
  • 兄妹(けいまい) - 年上の者が男性で年下の者が女性。もしくは3人以上の同胞で最年長の者が男性、他が女性。
  • 姉弟(してい) - 年上の者が女性で年下の者が男性。もしくは3人以上の同胞で最年長の者が女性、他が男性。
  • 兄姉(けいし) - 兄と姉、もしくは兄か姉。年上の同胞。
  • 弟妹(ていまい) - 弟と妹、もしくは弟か妹。年下の同胞。
  • きょうだい(平仮名書き) - 同胞全般[1]、もしくは男女が混じっている3人以上の同胞。男女別・長幼の呼び分けの煩わしさや男女差別を避けるために使用する例が見受けられるが、統一されているわけではない。
  • 多胎児 - 同じ母親の胎内で同時期に発育して生まれてきた者。
    • 双子双生児) - 同じ母親の胎内で同時期に発育して生まれてきた2人の者。
    • 同じ母親の胎内で3人以上が同時期に発育して生まれてきた場合、人数により三つ子・四つ子・五つ子、… と呼ばれる。
  • 年子 - 同じ母親から1年違いで生まれてきた者どうしのこと。

同胞(2)[編集]

同胞の中で3人以上のことを表すこと。

  • 兄弟妹(兄弟と妹) - 兄妹の中で男性2人(もしくは3人以上)と女性1人の同胞。
  • 姉妹弟 (姉妹と弟)- 姉弟の中で女性2人(もしくは3人以上)と男性1人の同胞。
  • 兄姉妹 (兄と姉妹)- 兄妹の中で男性1人と女性2人(もしくは3人以上)の同胞。
  • 姉兄弟 (姉と兄弟)- 姉弟の中で女性1人と男性2人(もしくは3人以上)の同胞。
  • 兄弟姉妹 - 男女が混じっている3人以上の同胞であり、例えば兄弟の間にや姉妹の間に息子という言い方である。もしくは兄妹弟(又は兄姉弟)だったり姉弟妹(又は姉兄妹)だったりすることもある。3人だけではなく4人以上も同様であり、男性2人以上と女性2人以上が居る場合は兄弟姉妹となる。
  • 兄で弟 (あにでおとうと) - 兄弟の中間。3きょうだいの真ん中にあたることが可能だが、4人以上の場合は中間が2人以上になる。義兄で義弟の場合も同様である。
    • であり義弟 - 自分が兄(一番上の兄)であって、配偶者が兄姉(または妹の夫が弟妹)が居ることを表す。
    • であり義兄 - 自分が弟(一番下の弟)であって、配偶者が弟妹(または姉の夫が兄姉)が居ることを表す。
  • 姉で妹 (あねでいもうと) - 姉妹の中間。3きょうだいの真ん中にあたることが可能だが、4人以上の場合は中間が2人以上になる。義姉で義妹の場合も同様である。
    • であり義妹 - 自分が姉(一番上の姉)であって、配偶者が兄姉(または弟の妻が弟妹)が居ることを表す。
    • であり義姉 - 自分が妹(一番下の妹)であって、配偶者が弟妹(または兄の妻が兄姉)が居ることを表す。

異父母兄弟姉妹[編集]

父親が同じだが母親が違う者どうし、もしくは母親が同じだが父親が違う者どうしのこと。

  • 異父兄弟姉妹(異父兄・異父弟・異父姉・異父妹) - 父親が異なり母親が同じ者。母と実父以外の男性の間に生まれた子供。俗に種違い、胤違い(たねちがい)と言う。
  • 異母兄弟姉妹(異母兄・異母弟・異母姉・異母妹) - 父親が同じで母親が異なる者。父と実母以外の女性の間に生まれた子供。俗に腹違い(はらちがい)と言う。非嫡出子は原則として母の籍に入るため、父の嫡出子とは異母兄弟姉妹となる。

義兄弟姉妹[編集]

義兄弟姉妹[編集]

義兄弟姉妹義兄、義弟、義姉、義妹)は、血縁関係にないが兄弟姉妹のような間柄になっている者どうしのことであり、以下の異なる意味で用いられる。

  • 同じの下で兄弟姉妹として暮らしている者どうしのこと。
    • 同じ親に養子実子がいるとき、その養子と実子の関係。
    • 同じ親の養子どうし。
    • 連れ子 - 自分の親が再婚したときに新たに配偶者となった者の子供。
  • 配偶者が兄弟姉妹である者どうしのこと。ある人から見て、その人の配偶者の兄弟姉妹、もしくはその人の兄弟姉妹の配偶者。
    • 俗に配偶者の兄弟を小舅(こじゅうと)、配偶者の姉妹を小姑(こじゅうとめ、こじゅうと)ともいう。
    • 姉の夫を姉婿(あねむこ)、妹の夫を妹婿(いもうとむこ)、兄の妻を兄嫁/(あによめ)、弟の妻を弟嫁(おとうとよめ)という。
    • 希ではあるが、兄弟姉妹の小舅・小姑と結婚した場合、兄弟姉妹の配偶者と配偶者の兄弟姉妹は同一人物となる。ただし、小舅・小姑の配偶者(同じ舅・姑をもつ嫁・婿同士、つまり配偶者同士が実の兄弟姉妹の関係にある者同士)は自身の姻族とはならない。
  • 歴史・伝説上の人物で、強い盟約を結んだ者どうしのことを指す場合もある。例として『三国志演義』に登場する劉備関羽張飛や、北欧神話に登場するオーディンロキなど。詳細は義兄弟を参照。

義兄弟姉妹(同胞)[編集]

同胞の中で婚姻関係やその兄弟姉妹のことを表す「カップリング結合)」と「コンビ」である。

  • 義兄弟 - 姉婿と配偶者の弟(または配偶者の兄と妹婿)のコンビ。実の兄弟とは違い、本人より年上でも弟となり、本人より年下でも兄となる。
  • 義姉妹 - 兄嫁と配偶者の妹(または配偶者の姉と弟嫁)のコンビ。実の姉妹とは違い、本人より年上でも妹となり、本人より年下でも姉となる。
  • 義兄妹 - 配偶者の兄と弟嫁(または姉婿と配偶者の妹)のコンビ。実の兄妹とは違い、年上の者が女性で年下の者が男性の場合もある。カップリングとしては、妹の方がお姉さん役だったりすることもある。特に歳の離れた兄がおじさん役と見なす。
  • 義姉弟 - 配偶者の姉と妹婿(または兄嫁と配偶者の弟)のコンビ。実の姉弟とは違い、年上の者が男性で年下の者が女性の場合もある。カップリングとしては、弟の方がお兄さん役だったりすることもある。特に歳の離れた姉がおばさん役と見なす。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ きょうだい支援、全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会、2016年2月21日閲覧。

関連項目[編集]