機能不全家族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

機能不全家族(きのうふぜんかぞく)とは、家庭内に対立不法行為身体的虐待性的虐待心理的虐待ネグレクト等が恒常的に存在する家庭を指す。機能不全家庭(きのうふぜんかてい)とも称され、その状態を家庭崩壊(もしくは家族崩壊)と言われている。また、家族が散り散りになって暮らすようになる様を一家離散とも言う。

概要[編集]

機能不全家族とは、「子育て」、「団欒」、「地域との関わり」といった、一般的に家庭に存在すべきとされる機能が、健全に機能していない家庭の問題を指す。そしてこの機能不全家族で指摘される問題は、家庭内での不健全な事象よりも、その機能不全家族の中で育った子供への悪影響を問題として指摘する場合が多い。つまり、機能不全家族内で育った子供は、機能不全な環境や考え方が当たり前であるかの様に認識して成長するケースが多く、また幼少期の重要な人格形成において愛情を得る機会が非常に乏しい事などにより、自己愛・自尊心、他者への共感、他者の苦しみに対する理解等に欠けた人間にもなりやすい。こうして、機能不全家族の中から「社会と健全な関係を築くことができない大人が輩出されてしまう」という結果が生じることになる。しかし、機能不全家族に生まれ育った者が全て必ず社会不適応な人間になるとは限らない。

機能不全家族となる要因としては、代表的なものとして、家族構成員のアルコール依存虐待共依存などが挙げられる。また、このような機能不全的な家庭となっている場合は、その家庭を構成する親、または祖父母などが、機能不全家族で育った経歴がある可能性も高い。

なお、前述のように、機能不全家族において最も被害者となるのは、自らに生活力が無いため、その家庭から脱出することができない子供である。生活能力に乏しい子供は、このような不幸な状況から逃れることができず、歪んだ思想・観念を全身に受けながら生活しなければならない。そして、子供としての時期に学ぶべき社会ルールや愛情を学ぶことができず、親や家庭に過大な気遣いをしながらの生活を余儀なくされ、歪んだ自動思考を身につける事が多い。結果として子供社会での適合ができにくく、様々な問題を引き起こす場合がある。周囲の児童が何故自由奔放に振る舞えるかが理解できず、他の児童の目から見れば非常におとなしかったり、他者とは異なる価値観や思考・行動パターンが原因でいじめの対象にもされやすい。また、成人して社会に出てから、さらなる人格形成の歪みを引き起こす場合もある。特に親から虐待を受けた子供は、生活力を身につけて家庭を出た後、年老いた親を殊更に冷遇したり、または暴力的支配におよんだりなどして、俗に言う「親への復讐」を始めるケースも見られる。酷い場合には自分の親と同世代の老人全てに対して理由も無く憎悪や敵対心を抱くこともあり、「老人虐待」といった別の問題を引き起こすことにもなる。

このような家庭問題(家族問題)の中で育った子供が、育った環境の不健全さに気づいた場合、過去に学んだ不健全な生活習慣からの脱却に向けて、莫大なエネルギーを費やして、回復の努力をしなければならないことが多い。しかしながら、機能不全家族の一番の問題点としては、機能不全家族の中で育った子供が、育った環境の不健全さに気づかない場合に、自己の配偶者としても同様の歪んだ価値観をもったパートナーを選ぶ場合が多く、成人してからも同様に不遇な人生を選んでしまう場合が多々あることである。また、機能不全的なパートナーを選ばずとも、自らの機能不全家族の経験や、健全家族の経験の欠如から、世代間連鎖によって、新たな機能不全家族を生み出す場合も多く、自己の人生においても、不遇な、または破滅的な人生となる場合が多い。凶悪犯罪などで犯人の精神鑑定を行ったり、生い立ちを探っている際に犯人の家庭や育ての親の思考、家庭教育が非常に歪んだものであることが発覚するケースが多いが、個人情報やプライバシーの保護の観点からこうした側面はほとんど報道されないことが多い。

主要原因[編集]

機能不全家族は不健康な家族文化、歪んだ家族システムを持つ家庭であり、その背景となる原因はさまざまである。

機能不全家族を生み出す家庭内の主要な原因としては、アルコール依存症ギャンブル依存症薬物依存症、親の自殺、親の死亡、親の浮気、両親の離婚、親の再婚、親からの見捨てられ行為(ネグレクト)、精神的な児童虐待、肉体的な児童虐待、性的な児童虐待、家庭不和、家庭内の暴力サラ金地獄、生活困窮、生活苦を伴う家族の病気(難病介護)、望まれない出生、不遇な里子体験などがある[1]。 また、親が宗教にのめり込む場合も機能不全家族に陥ることがある。

家庭内の特徴[編集]

機能不全家族で育った者は、その家庭内での経験のため、共通の傾向、行動パターンが見受けられる。

スティーブン・ファーマーによると、機能不全家庭は家庭内にいくつかの兆候が見られる[2]

  • 拒絶
  • 矛盾
  • 家族への無共感
  • 家族間の境界線の欠如
  • 役割の置換
  • 社会からの孤立
  • 曖昧なメッセージ
  • 極端な論争・対立

またDan Neuharthも、機能不全家庭について説明する。彼は機能不全の要因として、健全でない親の8つの兆候を示している[3]

  • 条件付きの愛情
  • 非尊重
  • 発言の抑圧
  • 感情の強制
  • 嘲笑
  • 過大なしつけ
  • 内面の否定
  • 社会に対する機能不全、または社会からの孤立

彼はさらに、機能不全家庭を引き起こす8つの親のパターンについても説明している[4]

  • 窒息(子のアイデンティティーの侵害)
  • 利用
  • 虐待
  • 混乱
  • 完全主義
  • カルト信仰
  • 剥奪(子の欲するものを奪う)
  • 精神的な幼稚(虐待を排除しない)

インターネット掲示板などで、こういった親のことを「毒親」と呼ぶことがある(語源はスーザン・フォワード著「毒になる親」から)。

家庭内での子供の役割[編集]

機能不全家庭で育った子供は、病的な家庭で生き延びるために役割を背負っている。 役割を背負った子供は子供として楽しい子供時代を過ごすことが出来ず、自分の感情を押し殺し、傷つきながら生きていく事となる。

  • ヒーロー(Hero)、優等生 :「優秀な子」「しっかりした子」でいることで評価されようとする。親から頼られ信頼される事によって家族のバランスを保とうとしている。しかし目標を達成しても更に上を期待されてしまう為、常に不全感や失敗感を持つ。
  • スケープ・ゴート(Scapegoat)、問題児:家でも学校でもトラブルを起こす。攻撃的に振る舞い存在を主張すると共に家族の中の本来の問題から目をそらす役割を果たす。傷つきや罪の意識が深い。家庭外でもいじめのターゲットになりやすい。
  • ロスト・ワン(Lost One) 、いないふり:家族の争いの火の粉が自分に降りかかるのを防いだり自分が受けるべき注目や愛情を他人にまわして家族を安心させる。周りは「あの子は放っておいても大丈夫」と安心しているが、内面的には「自分は重要でない」「どうでもいい」とひどく孤独感を味わう。
  • ピエロ(Clown) 、ひょうきんもの:おどけて家族の緊張感を和らげる。問題を分散させるために注意をそらす役割。落ち着きの無い行動をとり情緒不安を抱える。親のペットのような存在。
  • リトル・ナース(Little Nurse) 、お世話やき:家の中の問題を何とかしようと奔走する。「優しい子」「思いやりのある子」として、親の愚痴を聞いたり面倒をみる。混乱の中でうまく調整役をこなす。自身の事はそっちのけで家族のために何かをしようと常に考えている。自分を失っている状態で、自分のしたいことや感情を認知することができない。
  • プリンス・プリンセス(Prince・Princess) 、人形:自分の意思を無視されまるで人形のように溺愛される。溺愛と言えば聞こえはいいが、実際は親にとって都合のいい人格や意思を持つこと以外は許されず、常に人格を否定され続ける存在。役割を背負った子供は自由に楽しい子供時代を過ごすことが出来ず、「親の望んだ通りにしないと嫌われる」という恐怖心に苛まれている。

兄弟が居る場合はそれぞれが役割分担をし、一人っ子の場合は一人で全てのタイプを背負うこととなる。

子供の数と機能不全家庭[編集]

子供が一人っ子の場合、様々な要因により複数子供がいる場合に比べ更に問題が密室化・深刻化しやすく、危険な状態に陥りやすいとされている。

  • 複数の子供が居れば自然と生じる機能不全家庭の役割分担が存在しないため、全ての役割またはいくつもの役割を一人きりで背負う事となる。
  • 離婚家庭や金銭的問題、過剰に厳しい教育を一人に集中させるため、兄弟の死亡、子に愛情は無いが世間体や親の老後のために一人だけ産む 等、そもそも家庭や夫婦に良くない事情や背景がある場合も少なくないため、子供が産まれる以前から既に機能不全家庭に陥っている、またはその危険性を孕んでいる場合が多い。
  • 人間関係が「大人達」と「子供達」ではなく、大人達対子供一人のため、圧倒的に大人の権力が強く尊大になってしまい、子供一人が複数の大人達の無茶な幻想・矛盾した要望・理不尽な命令に振り回され続ける。
  • 子一人に全ての家庭の負担・親の目線・役割・大人から子に対する被害等が一切反れずに集中砲火するので逃げ場が無く、より一層子供に対する被害が直接的で激しいものとなる。関係や被害が密接で窒息的になりやすい。
  • 「子が一人なら親は可愛がるだろう」「余裕がある筈だから金や愛情をかけて貰えるだろう」「一人っ子なら甘やかされ恵まれている筈だ」というような、それぞれの家庭事情や親の性質、背景の差を全く無視した一般的な偏見により問題そのものが気づかれにくい上、何か問題が起きた場合「一人っ子だから甘やかされた」等と周囲の差別的で的外れな見解で片付けられる場合も多いため、その背景にある深刻な家庭問題や子供が抱える闇を黙殺されやすい。

機能不全家族において子供を追い詰める原因となるのは周囲の固定的な価値観の押し付けや偏見であり 周囲の人間やカウンセラーは、「この子供は〇〇だから恐らくこうだろう」というような固定観念を捨てる必要がある。

子供への影響[編集]

機能不全家族で育った子供は、一般的に5つの傾向を持つようになる。

  • 良き子供を演じる
  • 問題のある子を演じる
  • 家族の管理的役割を持つ存在を演じる
  • 自分が存在していないように演じる
  • 現実逃避する

さらに、以下のような特徴もある。

  • 自己愛が発達していない。子供の頃に健全な発達ができなかったため、他者と擬似的親子関係を形成する。
  • 他者を信じることができない。他者の苦しみに対する理解ができない。
  • 自尊心が低く、ポジティブな自己イメージを持てない。
  • 人間関係に常に問題が発生する。
  • 怒り、不安、絶望の感情になりやすい。
  • 他者と孤立しやすい。
  • 無慈悲。
  • 常に真面目で、子供らしさを持ち合わせない。年齢以上に早熟する。
  • 機能不全な関係を他者と築く。
  • 機能不全家族の行動を自分の子供に実行し、機能不全家族の世代間連鎖を引き起こす。

関連項目[編集]

対策
人物

参考文献[編集]

  1. ^ 大越崇 『アダルトチャイルド物語』 星和書店 1996年
  2. ^ Farmer, S.: "Adult Children of Abusive Parents", pgs. 19-34. Ballantine Books, 1989,
  3. ^ Neuharth, D.: "If You Had Controlling Parents: How to Make Peace With Your Past and Take Your Place In the World", pgs. 4-5 Quill Books, 2002
  4. ^ Neuharth, D.: "If You Had Controlling Parents: Making Peace With Your Past and Taking Your Place In the World", pgs. 14-15, Quill Books, 2002

関連文献[編集]

  • 西尾和美『機能不全家族―「親」になりきれない親たち』講談社、2005年。