機能不全家族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

機能不全家族(きのうふぜんかぞく、: Dysfunctional Family)とは、家庭内に対立不法行為身体的虐待性的虐待心理的虐待ネグレクト等が恒常的に存在する家庭を指す。機能不全家庭(きのうふぜんかてい)とも称され、その状態を家庭崩壊(かていほうかい)、もしくは家族崩壊(かぞくほうかい)と言われている(英語では family breakdown と表記されている[1])。

概要[編集]

機能不全家族とは、「子育て」「団欒」「地域との関わり」といった、一般的に家庭に存在すべきとされる機能が、健全に機能していない家庭の問題を指す。

この機能不全家族において最も被害者となるのは、自らに生活力が無いため、その家庭から脱出することができない子供である。子供は、周囲に適合しにくかったり、様々な問題を引き起こす場合がある。

主要原因[編集]

機能不全家族となる要因としては、家族構成員のアルコール依存虐待(子供への暴言や威圧的態度も含まれる)、共依存などが挙げられる。更に、このような機能不全的な家庭となっている場合は、その家庭を構成する親、または祖父母などが、機能不全家族で育った可能性もある。

アルコール依存症ギャンブル依存症薬物依存症、親の自殺、親の死亡、親の浮気、両親の離婚、親の再婚、親から見捨てられる行為(ネグレクト)、精神的な児童虐待、肉体的な児童虐待、性的な児童虐待(児童性的虐待)、兄弟姉妹間での処遇格差、家庭不和、家庭内の暴力、借金などがある[1][信頼性要検証]

家庭内の特徴[編集]

機能不全家族で育った者は、その家庭内での経験のため、一定の傾向、行動パターンが見受けられる。

スティーブン・ファーマーによると、機能不全家庭は家庭内にいくつかの兆候が見られる[2]

  • 拒絶
  • 矛盾
  • 家族への無共感
  • 家族間の境界線の欠如
  • 親子逆転
  • 社会からの孤立
  • 曖昧なメッセージ
  • 極端な論争・対立

またDan Neuharthは、機能不全の要因として、健全でない親の8つの兆候を示している[3]

  • 条件付きの愛情
  • 非尊重
  • 発言の抑圧
  • 感情の強制
  • 嘲笑
  • 過大なしつけ
  • 内面の否定
  • 社会に対する機能不全、または社会からの孤立

彼はさらに、機能不全家庭を引き起こす8つの親のパターンについても説明している[4]

  • 窒息(子のアイデンティティーの侵害)
  • 利用
  • 虐待
  • 混乱
  • 完全主義
  • カルト信仰
  • 剥奪(子の欲するものを奪う)
  • 精神的な幼稚(虐待を排除しない)

昨今では、「毒になる親」(スーザン・フォワード著)を語源として、こういった親を「毒親」と呼ぶことも多い。

関連項目[編集]

対策

出典[編集]

  1. ^ 大越崇 『アダルトチャイルド物語』 星和書店 1996年
  2. ^ Farmer, S.: "Adult Children of Abusive Parents", pgs. 19-34. Ballantine Books, 1989,
  3. ^ Neuharth, D.: "If You Had Controlling Parents: How to Make Peace With Your Past and Take Your Place In the World", pgs. 4-5 Quill Books, 2002
  4. ^ Neuharth, D.: "If You Had Controlling Parents: Making Peace With Your Past and Taking Your Place In the World", pgs. 14-15, Quill Books, 2002

参考文献[編集]

  • 西尾和美『機能不全家族―「親」になりきれない親たち』講談社、2005年。