義兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三国志演義』に登場する劉備関羽張飛の義兄弟

義兄弟(ぎきょうだい、ぎけいてい)は、固い契りにより、血縁のない男性が、兄弟に等しい盟友関係となることである。

任侠講談の世界で登場する。洋の東西を問わず類似の概念は見られる。中国では結誼とか契兄弟などと呼ばれ、英語にもblood brotherやsworn brotherなどの言葉がある。

儀式[編集]

英語圏
英語圏では、Blood brother と呼び、blood oathと呼ばれる宣誓儀式を行う。この儀式では、自らの指・手・腕のいずれかに傷を付け、互いの傷同士を重ね、血を交換する。血液感染症英語版のリスクがある。
スキタイ
ワインと両者の血を混ぜ、飲みあうことで義兄弟となった。出典不明だが、ワインを動物の乳に置き換えることもあったようだ。
スカンジナビア
槍を交差させ作られたアーチの下で血を流しあう。ギースリのサガ英語版義兄弟のサガ英語版等に記載されている。
中国
三国志演義での桃園の誓いが有名(史実では義兄弟ではない)。
フィリピン
血の盟約という儀式を行う。
バルカン諸国・トルコ
兵士たちを結束させるため、式典を通じて兵士たちを一つの家族とする風習となった。出典不明だが、腕を絡み合わせワインを飲む儀式と関連があるらしい。

著名な義兄弟[編集]

歴史上の人物[編集]

神話・伝承・創作上の人物等[編集]

関連項目[編集]