カップル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
老カップルの一例。
老カップルの一例。
若いカップルの一例
若いカップルの一例
女性2人のカップル。米国オレゴン州のゲイやレズビアンのカップルの人権のために活動している二人。
女性2人のカップル。米国オレゴン州ゲイレズビアンのカップルの人権のために活動している二人。
イタリアのゲイのカップル
イタリアゲイのカップル
力学上のカップル
力学上のカップル
犬のカップル
犬のカップル

カップル英語: Couple)とは、一対の存在のこと[1]。人や物の中で、同種だと見なされ、一緒になっていると見なされているもの[2]。特に、夫婦関係や恋愛関係の二人のこと[3][2]

概説[編集]

ラテン語の「copula コプラ」という名詞や「copulare コプラーレ」という動詞に由来する。 「co」+「apere」が短縮したものであり、「co」は「一緒」、 「apere」はつなぐ、という意味[2]。つながって一緒になっているもの、という意味となったわけである。このラテン語がフランス語couple(クプル)となり、英語に伝わりcouple(カップル)となった。本来は、一組になったふたつ・二人全般(「一対」)を広く指している。。

もともと、人に限っているわけではなく、一対の物や何かも指す。オックスフォード英語辞典では、ひと組の垂木も挙げているし、また、力学における用語で、同じ大きさで平行関係で逆向きの一対のforce 回転運動を引き起こすもの、も挙げている[2]。また、一対の猟犬も挙げている[2](狩猟を行う場面では、猟犬を1組で扱うことが結構ある、ということであろう)。日本語の論文でも、物理学・化学等の分野では現在でも無生物に関して「カップル○○」「カップルした○○」という表現はごく当たり前に用いられている[4]

人に関して言えば、特に夫婦婚姻関係にある二人)や恋人たち(恋愛関係の二人)を指していることが多い[2]。 近年では同性愛者であることを公にして交際したり(欧米では)結婚している人々も多いため、一対に限らず、同性の一対であってもcoupleと呼ばれることが多い。

ただ、数的に見れば男性と女性の一対が多いため、結果として、この語は好意を寄せ合っている二人一組(特に夫婦恋人関係にある人たち)について用いられていることが多い、という程度ことであり、ことさらに「性」を意識した言葉ではない。Oxford dictionaryでは、冒頭に挙げた「人や物の中で、同種だと見なされ、一緒になっていると見なされているもの」の直後に、ダンスやゲームパートナーになっているペア、をまず挙げている。

日本ではひと組の男女を呼ぶ時に、「カップル」という表現が使われる以前は、「アベック」という語が長期間使われていた。ただし、フランス語avecとは「~とともに」という意味の前置詞(英語のwithに相当)であって名詞的には使えず、意味的にも、フランス語においてはカップルの意味で使われる言葉では全然ないので、最近は使われることが減っている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大辞泉
  2. ^ a b c d e f Oxford Dictionaries
  3. ^ 大辞泉
  4. ^ 注:例えば以下のような論文のタイトルでも用いられている。
    • 大瀧 昌子 , 本庄 春雄 , 坂口 英継(2001)「 29pZC-10 カップルした格子における樹枝状形態」
    • 前田 真吾 , 原 雄介 , 秋元 琢磨 , 橋本 周司 (2010)「21pPSB-46 化学反応波とカップルした高分子ゲルの運動について(21pPSB 領域11ポスターセッション,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理))」

参考文献[編集]

関連項目[編集]