玉の輿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉の輿(たまのこし)は、女性が金持ちの男性と結婚することにより、自分も裕福な立場になること。男性が金持ちの女性と結婚する場合は、俗に「逆玉(ぎゃくたま)」と呼ばれるが、諺(ことわざ)の本来の事実からすれば、間違った使い方である(実際、歴史学者[誰?]は、逆玉という言葉を否定している)。

語源[編集]

お玉説[編集]

江戸時代お玉という女性のことだとする説がある。八百屋の娘として産まれたお玉は、三代将軍徳川家光側室となり、五代将軍となる綱吉を産んだ。綱吉が将軍となった後に、官位従一位となったが、これは春日局従二位すら超えており、女性としては最高位である。八百屋の娘が将軍の側室となることによってそのように登りつめたことより、玉の輿の語源はこのお玉だというものである。しかし、これは俗説である。

京都西陣の八百屋に生まれたお玉説[編集]

玉の輿のとは、三代将軍徳川家光に見初められ、京都の西陣の身分の低い八百屋の娘として産まれたお玉が、当時、格も高く由緒もあった西陣の大店である本庄家に養女と出され、江戸まで輿(こし=御輿の輿:数人で人を乗せ運ぶもの)に乗って嫁いだことから、玉の輿という諺(ことわざ)が生まれたとされる。現在もそのお玉を養女に入れた本庄家は存在し、本庄家のある京都市上京区芝大宮町の鉾は菊の御紋の入っている。鉾は今宮神社に預けられていたが現在は町内会で管理されており、お玉の輿入れについても町内会が持つ本〈非売品〉にも記載されているとされる[要検証 ]

玉の輿をテーマとする作品[編集]

童話[編集]

テレビドラマ[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]