南原清隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南原 清隆
本名 南原 清隆
ニックネーム ナンチャン、ナンバラバンバンバン
生年月日 1965年2月13日(51歳)
出身地 日本の旗 日本 香川県高松市
血液型 AB型
身長 174cm
方言 なし(共通語
最終学歴 横浜放送映画専門学院
出身 お笑いスター誕生
コンビ名 ウッチャンナンチャン
相方 内村光良
芸風 コント
立ち位置 左(ネタ)、右(司会)
事務所 マセキ芸能社
活動時期 1985年 -
同期 出川哲朗中山秀征
現在の代表番組 GET SPORTS
ヒルナンデス!
超ハマる!爆笑キャラパレード
過去の代表番組 ナンだ!?
教えて!ウルトラ実験隊
リングの魂
他の活動 狂言落語
配偶者  既婚
公式サイト マセキ芸能社によるプロフィール

南原 清隆(なんばら きよたか、1965年2月13日 - )は、日本男性お笑い芸人俳優落語家狂言師司会者スポーツキャスター

概要[編集]

香川県高松市出身。お笑いコンビウッチャンナンチャン」のメンバーで、相方は「ウッチャン」こと内村光良。愛称は「ナンチャン」。ブラックビスケッツでは「兄貴」とも呼ばれていた。マセキ芸能社所属。身長174センチメートル。体重63キログラム

お笑い芸人として活動する傍ら、スポーツキャスターや記者としても活動。また落語狂言などの古典芸能の舞台にも出演している。

略歴[編集]

高松第一高等学校、横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)の演劇科9期卒。1985年、同級生だった内村光良と漫才の授業をきっかけにコンビを結成。『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系列)への出演により人気を獲得する。以後、お笑い界をリードする「お笑い第三世代」の一翼として現在も活躍中。

バラエティ番組への出演のほか、スポーツキャスター、記者としても活躍。朝日新聞特別特派員を皮切りに記者活動もしており、2004年にはテレビ朝日アテネ五輪特別記者も担当、東京運動記者クラブにも入会している[1]

1993年に結婚。ジャドーズの「I Love You 〜 あなたは宝物 〜」は南原へのウェディングソングとして捧げられた。相方の内村は挙式の2日前、番組収録中に事故に遭い、欠席している。2005年3月22日に男児が誕生した。

2003年・2004年・2006年・2010年開催の『M-1グランプリ』では、お笑い第三世代代表として決勝戦審査員を務めた。

2003年から落語、2006年からは狂言と古典芸能に挑戦し、活動の幅を広げている。

2011年3月から日本テレビ系列にて、生放送情報バラエティ番組ヒルナンデス!』のメインMCを務めている。南原にとっては自身初の帯番組となった。

人物[編集]

あまり滑舌が良くなく、仲間内から「カミカミ星人」と揶揄されることが多い。かつての番組でもこれをネタにした「カミカミマン」というキャラクターを演じていた(『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』1997年2月7日放送より)。

出演した番組で様々な企画に挑戦。歌手ユニットのプロデューサーとし「McKee」、歌手ユニットの一員として、「ブラックビスケッツ黑色餅乾 Heisebinggan)」(1997年1月 - 1999年)、「南々見組」(1999年 - 2000年)、「ブランニュービスケッツ」(2000年)、「メモリーキャッツ」(2001年)、「はっぱ隊」(2001年)の一員としてCDを発売。また個人では、番組を通じて4級船舶免許ライセンスや日本アマチュアダンス協会(JADA)1級(ライセンスではない)、弓道初段や柔道初段を取得している。

高校時代は落語研究会に所属していた(当時の芸名は「想呂家はなぢ」「朝起亭はなぢ」)こともあり、落語に造詣が深い。「なんばらくご」と称し独演会を行った経験も持つ。『ざこば・鶴瓶らくごのご』(朝日放送)の特別番組で「時うどん」を、大銀座落語祭では「芝浜」を披露した。また2006年には現代狂言を旗揚げするなど、活動の幅を広げている。

芸能界屈指のプロレスファンで、格闘技バラエティ『リングの魂』で司会を務め、『全日本プロレス中継』にも数度ゲスト出演した。また、クイズ番組『カルトQ』のプロレスの回に回答者として出演している。

2000年の日米野球の始球式で、1か月前から毎日、百球以上投げ込んでいたにも関わらず、大リーグ歴代最高盗塁記録保持者であるリッキー・ヘンダーソンの左脚にボールを当ててしまい、翌日のスポーツ新聞に「ナンチャン死球式」と見出しを付けられた。

郷土愛があり、好物は讃岐うどんクリームパンコーヒー。『四国新聞』ではコラムを連載していた。

少食である。

子供の頃、カニの集団が車に轢かれていく様を見て以来、カニが苦手。しかし頬骨の出張った顔がカニに似ていると言われ、大河ドラマ『義経』の伊勢三郎役でも「カニ」のあだ名が付いている。

時折モノマネを披露し、沖田浩之加山雄三などをレパートリーに持つ。自身の番組で『101回目のプロポーズ』のパロディドラマを演じた際に浅野温子のモノマネを披露した。

タモリは時々、『秘密戦隊ゴレンジャー』のエンディングの「バンバラバンバンバン」に引っ掛けて「ナンバラバンバンバン」と茶化した呼び方をする(『笑っていいとも!』レギュラー出演時のコーナーに由来)。

桑田佳祐とは、ご近所付き合いしている関係から長男が誕生した時には、原由子が出産祝いで子供服を届けに来たりしている。

同じお笑い第三世代であるB21スペシャルヒロミ生年月日が一緒で、出川哲朗は1歳年上だが誕生日は同じである。また、南原とヒロミの実家は共に大工。

現在の出演作品[編集]

以下は南原単独出演のもの。コンビとしての出演作品は「ウッチャンナンチャン」の項を参照。
テレビ
ドラマ
ラジオ

過去の出演作品[編集]

バラエティ番組[編集]

ドラマ[編集]

CM[編集]

  • サッポロビール企業CM『おいしさも、安心も、すべて責任品質』(2008年1月 - 2009年)

映画[編集]

吹き替え[編集]

舞台・ライブ・イベント[編集]

1996年
  • PIN 第1章(東京)
1997年
  • PIN 第2章(東京)
  • PIN 第3章(東京)
1998年
  • PIN 第4章(東京)
2003年
  • 研究発表会 2003 夏「なんばらくご」(東京)
2004年
2005年
2006年
2007年
  • 花だより三人会 「木久蔵きくおとナンチャンです」
  • 熱海五郎一座 狼少女伝説「TOH!」(三宅裕司演出、東京)
  • 大銀座落語祭 「ナンチャンの落語会〜芝浜〜」
  • 現代狂言2(東京・愛知・福岡・大阪・香川・島根)
2008年
  • 恵比寿ガーデンプレイスPRESENTS 『YEBISU亭』
  • 大銀座落語祭 「芸能人らくご大会」
  • 耳かきお蝶(岡本さとる演出、東京)
  • 現代狂言3(東京・石川・滋賀)
2009年
  • 現代狂言3 (東京・高知・名古屋・岐阜・福岡・熊本・千葉・松坂・甲府・若狭・足利・太田)
  • 南原清隆独演会(紀尾井ホール(小))
  • Wedding Dancing Happening 〜踊れないヤツが犯人だ!〜(東京プリンスホテル)
2010年
  • 現代狂言4(宮城・愛知・千葉・東京・福井・島根・愛知・宮城・岩手)
  • 南原清隆トークライブ(新宿シアターモリエール)ゲスト:バカリズム

音楽活動[編集]

番組の企画でCDをいくつか発売している。

プロデュース

書籍[編集]

連載[編集]

  • ナンチャンの何がでっきょんな(2002年4月 - 2005年3月、四国新聞・土曜ワイド版、隔週土曜日連載)

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南原、11年分「記者」語る…「GET SPORTS」500回 スポーツ報知 2009年4月1日閲覧(Internet Archive)

外部リンク[編集]