シャル・ウィ・ダンス? (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シャル・ウィ・ダンス?〜オールスター社交ダンス選手権〜』(シャルウィダンスオールスターしゃこうダンスせんしゅけん)は、日本テレビ放送網2006年4月8日より2007年3月17日まで毎週土曜日19時から19時57分に放送されていた社交ダンスをテーマにしたバラエティ番組

この番組が英国BBC発の番組「ストリクトリー・カム・ダンシング」、世界各国で「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」として放送されているテレビ番組の日本版だが、日本では余り知られていない。理由は概要を参照。

概要[編集]

この番組は冒頭に述べた通りBBCの『Strictly Come Dancing』の日本版として製作されているが、日本版を製作するに至った背景として、日本テレビでかつて放送されていたバラエティ番組・『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から派生した人気コーナー・「ウリナリ芸能人社交ダンス部」の姉妹編として、2005年12月30日に生放送した3時間の社交ダンス特別番組『芸能人社交ダンス選手権』が高視聴率を記録したことにある。

「社交ダンス選手権」は1年3か月後、レギュラー放送化が決定、当時低視聴率にあえいでいた土曜夜7:00のバラエティ番組(『ひらめ筋GOLD』)の後番組としてスタートした。なお、「社交ダンス選手権」で優勝した松坂慶子は、本番組で芸能人生初となるバラエティ番組のレギュラー出演(番組進行役)を果たすこととなった。この様に、もともとの「ウリナリ社交ダンス」の人気や出演者やナレーターが『ウリナリ』と同じことも踏まえ、本番組を『Strictly』ないしは『ダンシング』の日本版としてより“「ウリナリ社交ダンス」のレギュラー番組版”として捉えられることになる。

なお、2007年春改編で土曜19時枠に『天才!志村どうぶつ園』を移動させて放送することが決定(空いた木曜19時枠は『モクスペ』を放送)、3月17日放送分でレギュラー放送が終了した。2007年12月31日(約1年2か月ぶりの生放送)に3時間の復活特番を放送した。

また、ネットCMは放送開始当初は4分30秒あったが、2006年10月には、『NEWS ZERO』の金曜分のスポンサー枠1分確保があり、3分30秒に短縮された。

出演者[編集]

司会[編集]

スペシャルサポーター[編集]

審査員[編集]

  • 大竹辰郎(第1-11シリーズ)
  • 山本千恵子(第1シリーズ、第2シリーズ準々決勝-決勝、1day Special、第3シリーズ1回戦、第4-11シリーズ)
  • 天野博文(第1シリーズ、第2シリーズ準々決勝-決勝、1day Special、第3-7シリーズ、第8シリーズ1回戦、第9-11シリーズ)
  • 篠田雅子(第1-11シリーズ)
  • 二ツ森みどり(第2シリーズ1回戦、第3シリーズ決勝)
  • 石原市三(第2シリーズ1回戦、第8シリーズ決勝)

番組ルール[編集]

  • 数回の放送を1シリーズとして、芸能人・有名人がプロの社交ダンサーとペアを組み、技術や魅了させた度合い等を競い、そのシリーズでの優勝を争う。
男性芸能人と女性プロ、女性芸能人と男性プロのペアリング(例外として男性芸能人が女性として出場したり、女性同士で組む場合もある)。
  • 1回戦ごとに、各ペアの踊りぶりをプロの社交ダンサーと観客が審査。各ラウンドごとに下位数ペアが脱落していくノックアウト方式。
ラウンドによっては、更に視聴者の電話投票も加わる。
合計得点が同点の場合、観客審査が優先される。

第1シリーズ(2006年3月21日-5月27日)[編集]

  • 1-2回戦→全9ペアが踊り、プロ・観客・視聴者(1回戦終了後に電話にて投票実施)が審査。2回の合計点の下位3ペアが失格。
  • 3回戦→勝ち残った6ペアが踊り、プロ・観客・視聴者(2回戦終了後に電話にて投票実施)が審査。点数の下位1ペアが失格。
  • 4回戦→勝ち残った5ペアが踊り、プロ・観客・視聴者(3回戦終了後に電話にて投票実施)が審査。点数の下位2ペアが失格。
  • 敗者復活戦→これまでに失格になった6ペアが踊り、プロ・観客が審査。最多得点を得た1チームのみ敗者復活となり、準決勝で合流。
  • 準決勝→勝ち残り3ペアに敗者復活ペアを加えた4ペアで踊り、プロ・観客が審査。点数の下位1ペアが失格。
  • 決勝→勝ち残り3ペアで踊り、プロ・観客が審査。最多得点を得たペアが優勝。

第2シリーズ(2006年6月3日-7月22日)[編集]

  • 1回戦→全8ペアが踊り、プロ・観客が審査。下位2ペアが失格。
  • 準々決勝→勝ち残った6ペアが踊り、プロ・観客・視聴者(1回戦終了後に電話にて投票実施)が審査。点数の下位1ペアが失格。
  • 準決勝→勝ち残った5ペアが踊り、プロ・観客・視聴者(準々決勝終了後に電話にて投票実施)が審査。点数の下位2ペアが失格。
  • 敗者復活戦→これまでに失格になった5ペアが踊り、プロ・観客が審査。最多得点を得た1ペアのみ敗者復活となり、決勝で合流。
  • 決勝→勝ち残り3ペアに敗者復活ペアを加えた4ペアで踊り、プロ・観客が審査。最多得点を得たペアが優勝。

1day Special(2006年7月29日)[編集]

  • プロ・観客が審査。最多得点を得たペアが優勝。

第3シリーズ(2006年9月2日-9日)[編集]

  • 1回戦→プロ・観客が審査。
  • 決勝戦→プロ・観客が審査。1回戦終了後に実施された電話投票と、1回戦の総合ランキングを加え、最多得点を得たペアが優勝。

第4シリーズ(2006年9月16日-10月7日)[編集]

  • 1回戦→プロ・観客が審査。
  • 決勝戦→プロ・観客が審査。1回戦終了後に実施された電話投票と、1回戦の総合ランキングを加え、最多得点を得たペアが優勝。

第5シリーズ(2006年10月21日-11月4日)[編集]

  • 1回戦→プロ・観客が審査。ブロックごとに評価し、各上位3ペアが決勝進出。
  • 決勝戦→プロ・観客が審査。1回戦の総合ランキングを加え、最多得点を得たペアが優勝。

シャル・ウィ 天下一舞踏会(2006年11月11日)[編集]

  • 特別審査員(南原・松坂・勝俣)と電話投票による審査。

第6シリーズ(2006年11月18日-25日)[編集]

  • 1回戦→プロ・観客が審査。
  • 決勝戦→プロ・観客が審査。1回戦終了後に実施された電話投票と、1回戦の総合ランキングを加え、最多得点を得たペアが優勝。

第7シリーズ(2006年12月9日-16日)[編集]

  • 1回戦→プロ・観客が審査。
  • 決勝戦→プロ・観客が審査。1回戦終了後に実施された電話投票と、1回戦の総合ランキングを加え、最多得点を得たペアが優勝。

第8シリーズ(2007年1月20日-27日)[編集]

  • 1回戦→プロ・観客が審査。
  • 決勝戦→プロ・観客が審査。1回戦終了後に実施された電話投票と、1回戦の総合ランキングを加え、最多得点を得たペアが優勝。

第9シリーズ(2007年2月3日-17日)[編集]

  • 1回戦→プロ・観客が審査。ブロックごとに評価し、各上位3ペアが決勝進出。
  • 決勝戦→プロ・観客が審査。1回戦の総合ランキングを加え、最多得点を得たペアが優勝。

第10シリーズ(2007年2月24日-3月3日)[編集]

  • 1回戦→プロ・観客が審査。
  • 決勝戦→プロ・観客が審査。1回戦終了後に実施された電話投票と、1回戦の総合ランキングを加え、最多得点を得たペアが優勝。

第11シリーズ(2007年3月10日-17日)[編集]

  • 1回戦→プロ・観客が審査。
  • 決勝戦→プロ・観客が審査。1回戦終了後に実施された電話投票と、1回戦の総合ランキングを加え、最多得点を得たペアが優勝。

出場ペア[編集]

★印は優勝ペア
種目・曲名に関しては公式サイト参照のこと

第1シリーズ[編集]

第2シリーズ[編集]

1day Special[編集]

第3シリーズ[編集]

第4シリーズ[編集]

第5シリーズ[編集]

Aブロック[編集]

Bブロック[編集]

シャル・ウィ 天下一舞踏会[編集]

  • 朝丘雪路-ichi
  • 紫吹淳-EBATO
  • パパイヤ鈴木-榎本雅美
  • KABA.ちゃん-RYOKO ★
  • 金子貴俊-ASAMI
  • Nana(MAX)-前田亨
  • 安めぐみ-山響康裕
  • 森下千里-中沢菜芳

第6シリーズ[編集]

第7シリーズ[編集]

第8シリーズ[編集]

第9シリーズ[編集]

Aブロック[編集]

Bブロック[編集]

第10シリーズ[編集]

  • 山川豊-横山晴巳
  • 真島茂樹-渋谷亜甲子
  • パパイヤ鈴木-矢部浩子 ★
  • 早見優-市川学
  • Nana(MAX)-矢部行英
  • 中島史恵-青山貴紀(怪我のため、決勝戦欠場)

第11シリーズ[編集]

放送データ[編集]

放送回 放送日 視聴率 備考
第1回 2006/04/08 18.7% 2時間SP
第2回 2006/04/15 11.7%
第3回 2006/04/22 9.5%
第4回 2006/04/29 9.6%
第5回 2006/05/20 9.7%
第6回 2006/05/27 13.3%
第7回 2006/06/03 13.5% 2時間SP
第8回 2006/06/10 11.6%
第9回 2006/06/24 9.5%
第10回 2006/07/08 7.7%
第11回 2006/07/22 10.4%
第12回 2006/07/29 12.0%
第13回 2006/08/12 8.0%
第14回 2006/09/02 8.2%
第15回 2006/09/09 10.9%
第16回 2006/09/16 11.0%
第17回 2006/10/07 10.5% 2時間半SP
第18回 2006/10/21 8.3%
第19回 2006/10/28 8.3%
視聴率は関東地区・ビデオリサーチ調べ

スタッフ[編集]

オフィシャルCD&DVD[編集]

Music Collection for StandardMusic Collection for Latinの2枚が発売されている。番組で使用されたオリジナルアレンジの楽曲を30曲収録、CD、DVDの2枚組。Music Collection for Standardには角田信朗・児玉麻里子ペアのクイックステップ、Music Collection for Latinには松坂慶子・山本喜洋ペアのルンバが映像特典としてDVDに収録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

日本テレビ 土曜19時枠
前番組 番組名 次番組
シャル・ウィ・ダンス?
〜オールスター社交ダンス選手権〜
天才!志村どうぶつ園
(木曜19:00より移動)