うわっ!ダマされた大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

うわっ!ダマされた大賞』(うわっ!ダマされたたいしょう)とは、日本テレビ系列にて2010年より不定期に放送されているバラエティ番組。通称『ダマされた大賞』。

概要[編集]

芸能人を様々なドッキリイタズラ)にかけてそのリアクションを見る。「大賞」とついている通りコンペ方式となっており、最終的に最も面白かった作品に「最優秀ダマされた大賞」が授与され、ターゲット・仕掛け人には賞金が与えられる。

出演者[編集]

MC[編集]

進行[編集]

サブMC[編集]

レギュラー仕掛け人[編集]

オープニングのドッキリを担当。
出川ドッキリに毎回出演。最後にビンタなどで出川をお仕置きする。
2番目のドッキリを担当。
本人は出演しないが、大勢のエキストラでターゲットを驚かせる「100人隊」をプロデュースしている。
全身にローションを塗ったパンツ一枚の「変態おじさん」に扮し、停電した部屋に取り残された美女タレントに近づき明かりが点いたところで驚かせるというドッキリを仕掛ける。
「猛獣おばさん」に扮し、停電した部屋に取り残されたイケメンタレントに近づき明かりが点いたところで驚かせるというドッキリを仕掛ける。「変態おじさん」同様に、ヒデが見届け人を務める。
  • 桝太一(日本テレビアナウンサー)
マイクマンなどのキャラで先輩・後輩・大御所アナウンサーを驚かせる。逆ドッキリを仕掛けられることも多い。

主なドッキリ[編集]

いきなり○○ドッキリ
オープニングとして出川が仕掛け人となる。キャラクター(スパイダーマンバットマン妖怪人間ベムデビルマンなど)に扮し、天井や壁を突き破ってターゲットの前に現れ驚かせる。また、ターゲット自身も仕掛け人にまわり他のターゲットを驚かせる場合もある。また、必ず最後はターゲットを知らされず、逆ドッキリとして猪木が登場し制裁を加える。
デヴィ夫人ドッキリ
主に2番目に行われる。好奇心旺盛なデヴィ夫人の協力の下、若手芸人に対し偽ロケを行い、その中でドッキリ(他のドッキリより規模は小さめ)を仕掛ける。
100人隊
天才・たけしの元気が出るテレビ!!』での人気ドッキリ企画「100人隊」を、当時演出だったテリーがそのままプロデュースして実行。ターゲットに対して大勢のエキストラで驚かす。また、ターゲットに合わせた演出や仕掛けが行われることもある。
キング中岡ドッキリ
ドッキリのリアクションにかけては神がかりとされ「キング」と呼ばれる中岡創一ロッチ)に対するドッキリ。
初回となる爆破ドッキリから、5連続椅子崩壊&巨大扇風機ドッキリ、1週間連続爆破ドッキリなどにかけられており、どの回でも奇跡的なリアクションを見せている。
第7回・第8回では鈴木奈々と同じシチュエーションで騙し、そのリアクションを比較する「キング中岡」VS「クイーン鈴木」が行われた。
YAHYAHYAH選手権
上記の中岡に仕掛けた巨大扇風機ドッキリを独立させた物。ターゲットがいる部屋を展開(壁のうち2面が開くようになっている)し、風速最大50mとなる扇風機を起動。「YAH YAH YAH」(第8回では「諸事情」としてFIELD OF VIEWの「突然」に変更)が流れ切るか後方にある泥のプールに落ちるまで風を吹きつける。
ローション滑り台選手権
中岡・鈴木に仕掛けたドッキリを独立させた物。女性タレントがエレベーターに乗ると床が抜け落下、そのままローション滑り台を滑らされ、どれだけ進めたかを競う。なお、レーン左右には泥のプールが置かれており、コースアウトし落下した場合は記録なしとなる。
あたりまえじゃない一週間
COWCOWに対するドッキリ。持ちネタである「あたりまえ一週間」にちなみ、「あたりまえじゃない事(ドッキリ)」に1週間連続でかかってもらう。
地元住民参加ドッキリ
町の人々が全面協力の下、ターゲット1人に対しドッキリを仕掛ける。
変態おじさんドッキリ
ワッキーが全身にローションを塗ったパンツ一枚の「変態おじさん」に扮し、停電した部屋に取り残された美女タレントに近づき、明かりが点いたところで驚かせるというドッキリを仕掛ける。暗闇では暗視ゴーグル無しで移動しなければならず、ターゲットに接触すると失敗となってしまうが、机の角を利用した位置把握により毎回驚異的な行動を見せる。
しかし、ワッキーへも逆ドッキリとして、逆に辱められる(マツコ・デラックスと入れ替わっている、実の母と入れ替わっているなど)事や他のドッキリに仕掛けられることがある。
相方のヒデは見届け人としてモニタリングに回る。
猛獣おばさんドッキリ
LiLiCoが「猛獣おばさん」に扮し、停電した部屋に取り残されたイケメンタレントに近づき明かりが点いたところで驚かせる。「変態おじさん」同様に、ヒデが見届け人を務める。
また、「変態おじさん」VS「猛獣おばさん」として対決を行うこともあり、第6回では2人には内緒でマツコ・デラックスの「恐竜おじさん」も登場し、暗闇の中で三つ巴の対決を行った。
桝太一ドッキリ
日本テレビのエースでありながら、真面目で人を信じやすく騙されやすい桝アナウンサーをドッキリにはめる。
第6回以降は出川指導の下、仕掛け人として出川同様のいきなり登場ドッキリ(マイクマン)として先輩・後輩アナウンサーにドッキリを仕掛けているが、最後は出川同様の逆ドッキリ(登場する前に相手が大御所アナウンサーであることを知らされる)にかけられる。
地獄のステージドッキリ
人気芸人に対し、支えの無い状態(相方が不在、スタッフの要望により鉄板ネタの封印)でお笑いの生ライブに出演、指示により一切笑わない観客の前でネタを披露してもらい、新境地を見つけることができるか挑戦してもらう。
爆破ドッキリ
毎回異なるターゲットへ火薬を惜しみなく使用し爆発ドッキリを行う。
パンスト弁慶
大島美幸がパンストを頭に被った「パンスト弁慶」に扮し、呼び出した女性タレントに対して自分の頭の反対側にあるパンストを被らせ、引っ張り合いで対決をする。相手のパンストを先に外させれば勝利となり、ゲストが勝利すれば10万円を獲得できることになっているが、現在は大島が全勝している。登場のみドッキリという形を取っているが、パンスト相撲自体はドッキリではなく「我が国の伝統芸能を楽しむ時間」と位置付けている。
パンストを被った女性タレントの顔は著しく潰れる為にイメージダウンになるとして、第8回では50名以上にオファーをかけながら所属事務所のNGが相次ぎ、OKが出て出演したのはわずか4名であった。

放送日時・審査委員長[編集]

回数 放送日(曜日) 放送時間(日本時間 審査委員長 視聴率
第1回 2010年7月2日金曜日 19:00 - 20:54 - 12.2%
第2回 2011年3月3日木曜日 13.1%
第3回 2012年3月31日土曜日 19:00 - 23:08[2] マツコ・デラックス 11.7%(第1部)
15.4%(第2部)
第4回 2012年10月8日月曜日 19:00 - 20:54 鈴木砂羽 17.3%
第5回 2012年12月28日(金曜日) 18:30 - 22:54[3] 亀梨和也KAT-TUN 11.4%(第1部)
15.0%(第2部)
第6回 2013年3月25日(月曜日) 19:00 - 21:54 伊藤淳史 18.9%
第7回 2013年10月14日(月曜日) 19:00 - 20:54 松本潤 16.0%
第8回 2013年12月29日日曜日 19:00 - 22:54 山田涼介有岡大貴Hey! Say! JUMP 18.3%

スタッフ[編集]

第8回(2013年12月29日)放送回[編集]

  • 企画・総合演出:古立善之
  • ナレーター:奥田民義窪田等立木文彦千葉繁真地勇志若本規夫
  • 構成:成瀬正人(第2回-)、利光宏治(第8回-)、安達譲(第7回-)、木野聡、そーたに(第8回-)/桜井慎一
  • TM:樋口正史(第4回-)
  • SW:米田博之
  • カメラ:西阪康史
  • MIX:山口直樹(第7回は音声)
  • AUD:太田黒健至(第8回-)
  • VE:八木一夫
  • 音効:保苅智子・岩下康洋(サウンドエッグノッグ
  • 技術協力:小内一豊
  • 美術プロデューサー:高野泰人(第4回-)、牧野沙和(第7回-)
  • 美術協力:日テレアート
  • デザイン:道勧英樹、柳谷雅美
  • 装置:四之宮克成
  • 電飾:糸数青祥
  • 小道具:吉田浩
  • メイク:栗田真理亜
  • 編集:阪野秀行(オムニバス・ジャパン
  • MA:松岡洋一(オムニバス・ジャパン)
  • TK:山沢啓子
  • 制作デスク:難波亜矢
  • 編成:横田崇
  • 編成企画:原司(第8回-)、鈴木淳一(第8回-、以前は編成)
  • 宣伝:高木明子(第8回-)
  • 営業推進:瀬戸口正克(第8回-)
  • アシスタントディレクター:小田葉月、山本夕莉奈、佐藤直人、吉岡夕佳、大竹正裕、秋元雄太、善定隆之、柏田雄二、北見大地、藤巻聖、島津翔吾、小倉卓、石田真之介、徳田勇一、友膳真麻
  • AP:前多由香、原田里美、斎藤詠美、柴垣早智子、池田供子、中附智貴、竹内加奈子、佐藤友美、村越多恵子
  • ディレクター:宮森宏樹、石﨑史郎、小野寺健、尾之上祐太、白井秀和、作井正浩、上村雄一、中西裕樹、川村元昭、加藤大樹、関野政昭、佐藤稔久、青木章浩、武井正弘(武井は第1-4,7,8回はディレクター、第5回は演出)、吉村彰人、畠山俊一、深坂崇夫
  • 演出:相田貴史(第2回は本編ディレクター)
  • プロデューサー:名田雅哉、円城寺剛(第1-3回はAP)、羽村直子、森亜希子、伊藤英恵、斎藤みさ子
  • チーフプロデューサー:田中宏史(第1-6回はプロデューサー、第7,8回はCP)
  • 制作協力:いまじんZIONクリエイティブ30Call(Callは第1回-6,8回)、極東電視台日企モスキート(モスキートは第5回-)
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーター:伊倉一恵鶴ひろみ(鶴は5回目)、大塚芳忠(大塚は6回目)
  • 構成:桝本壮志、林田晋一(2,3,5回目)、大谷裕一(2,3回目)、木南広明(2,3,5,7回目)、アリエシュンスケ(4回目)、カツオ(4回目-6回目)、山形遼介(5回目-7回目)、酒井健作(6回目)、西村隆志(6回目)
  • TM:新名大作
  • SW:小林宏義、木村博靖(1回目はカメラ、2回目はスイッチャー)
  • カメラ:松嶋賢一、津野祐一
  • 音声:吉田航、鈴木謙介、中山貴晴
  • 調整→VE:飯島友美、矢田部昭、天内理絵、三崎美貴、佐久間治雄
  • VTR:山口考志
  • 照明:小笠原雅登、木村弥史、下平好実、井口弘一郎、小川勉
  • 中継
    • SW:高野信彦、高梨正利、木島伸次
    • カメラ:早川智晃、望月達史
    • 音声:太田黒健至、三石敏生、中村一男、白水英国
    • 照明:浅見俊一、粂野高央、藤山真緒
    • VE:田口徹、小澤郁彌、斎藤孝行
  • 美術プロデューサー:林健一(第6回目まで)
  • デザイン:高橋太一
  • 装置:下吉克明、坂本遼、溝口博志
  • 電飾:近藤累、柏木淳、飯塚奈美、渡邊須美恵
  • 大道具:木嶋京介
  • メイク:小野かおり、盛田菜生
  • 編集:波江野剛・筒井公太・土井敬士・行木忍(オムニバス・ジャパン)
  • MA:田邊雅之(オムニバス・ジャパン)、番匠康雄
  • CGタイトル:神谷渉、キャニットG
  • 編集協力:東京オフラインセンター
  • デスク:満本清美
  • 編成:鯉渕友康、鬼頭直孝、鈴木淳一
  • 編成企画:吉無田剛
  • 広報→宣伝:友定紘子、松榮大
  • 営業推進:中山大輔、前田晋太郎、末岡寛雄
  • 海外コーディネーション:海文堂
  • アシスタントディレクター:山下謙、風見裕子、皆川宏明、下地敏史、池一恵、黒石岳志、降旗舞子、近洋介、森川高行、中田紗織、鈴木大介、田村裕行、竹内裕輔、櫻井京子、鶴巻昌宏、森本弘樹、高田翔平、石橋浩二、木島直哉、高野雄一朗、村松佑亮、伊藤祐輔、岡和田奉紀、後藤紗矢、西川華衣、中尾光佐、山崎雄貴、山田明子、田村裕行、田中義巳、鈴木亜耶乃、雨宮佑介、宮浦理紗、塩見俊貴、浅川真澄、吉田太地、鍋田拓朗、栗崎圭吾、藤川悠、河野拓馬、酒井尋子、安田真弓、渡辺智、松永典子、田中克弥
  • AP:檀沙織、石川敬大、石川ミカ、古賀絢子、成子美里、米村まどか、長瀬徹、加藤千穂、加藤沙紀、石井伸幸、矢嶋麻実、岡本舞、安原繭子、内田美由紀、岩田裕美、猪瀬修代、内藤三保子
  • ディレクター:白鳥秀明、日野力、高橋公彦、堺大輔、宮崎笑子、川端鉄也、本橋亜土、栗原拓郎、卜部一哉、諏訪一三、倉田敬之、飛田真也、斉藤詠美、立澤哲也、齋藤吉彦、櫛田健太郎、松岡浩平、清水奈津子、平川真、石井和幸、中山健志、宮本将孝、富山歩、前川瞳、村田欣也、伊藤高史、片山雄飛(片山はAD、第7回はディレクター)、津宏典
  • プロデューサー:八木田祐子、安斉克広、宇佐見友教、髙松明央、中村昌哉、岡崎成美
  • チーフプロデューサー:松岡至(1回目-3回目)、菅賢治(4回目-6回目)

事故[編集]

  • 2012年3月10日に行われた番組の収録中にSHELLYが床で右膝を打ち、全治3週間のけがを負った。11日に精密検査を受け、右膝内側側副靱帯損傷および右大腿骨外側内顆部骨折と診断された。SHELLYは右足に負担がかからないように注意しながら以後の仕事を継続した。同局は「関係者のみなさまに多大なるご迷惑、ご心配をおかけしたことをおわびいたします」とコメントした[4]。怪我をしたシーンは放送されなかったが、同年3月31日に放送した番組そのものは通常通り放送された。

脚注[編集]

  1. ^ 第1回、第2回は日本テレビアナウンサーとして出演。第3回以降はフリーアナウンサー。
  2. ^ 21:07 - 21:10にミニ番組(日本テレビでは『ワーズハウスへようこそ』)が挿入されるため、一旦中断。
  3. ^ 18:30 - 19:00が第1部、19:00 - 22:54が第2部。
  4. ^ SHELLY番組収録中に靱帯損傷と骨折