児嶋一哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
児嶋 一哉
本名 児嶋 一哉
ニックネーム コジ、コジの乱
生年月日 1972年7月16日(43歳)
出身地 東京都八王子市
血液型 A型
身長 177cm
方言 標準語
最終学歴 東京都立日野高等学校
出身 スクールJCA1期生
コンビ名 アンジャッシュ
相方 渡部建
芸風 コント(ボケ)、イジられ・キレ芸
立ち位置
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 1993年 -
同期 中川家たむらけんじケンドーコバヤシバナナマン
現在の代表番組 バラエティ
内村さまぁ〜ず
ポンコツ&さまぁ〜ず
コレ考えた人、天才じゃね!? 〜今すぐ役立つ生活の知恵、集めました〜
過去の代表番組 バラエティ
コレってアリですか?
シルシルミシルさんデー
リンカーン
AKB48コント「何もそこまで…」
Girls TV! feat.SUPER☆GiRLS
ドラマ
フリーター、家を買う。
下流の宴
花のズボラ飯
救命病棟24時 第5シリーズ
ルーズヴェルト・ゲーム
他の活動 俳優
配偶者  既婚

児嶋 一哉(こじま かずや、1972年7月16日 - )は、日本お笑いタレント俳優お笑いコンビアンジャッシュボケ(キレ芸のときはツッコミ)担当。東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。

略歴[編集]

小学校では当時八王子で一番強いサッカークラブでキャプテンだった。中学校では陸上部(1500メートル)に所属。

ジャニーズ事務所履歴書を送ったことがある[1]。その後、お笑いを目指そうと思っていたが、当時東京にお笑いの養成所がなかった(1992年以前)ので第一歩のきっかけが分からなかった。そのため、同じ中学校先輩であるヒロミB21スペシャル)への弟子入りを考え、ヒロミの妹と児嶋が同級生だったこともあり、ヒロミの母親へ相談し、母親を通じて弟子入りを願うも断られる。その後、番組収録中のヒロミに会い、直接弟子入りのお願いをするも再度断られた。「オレなんかについてもしょうがないから自分で始めたほうがいいよ」と言われ、ヒロミも所属していたことがあるプロダクション人力舎が、スクールJCAを開校する事を知り入学を決意をする。

スクールJCAの一期生として入ったが、相方が見つからずピン芸人として1993年デビュー。因みにスクールJCA一期生のオーディションで、応募者中唯一補欠合格であった(他の応募者は全員合格)。また、選考委員の斉木しげるは、パチスロの勝率が8割(当時)だったので、授業料が支払えると判断した。その後「高校時代の人間から相方を探そう」と電話を掛けたが断られ続け、1994年に今の相方となる渡部とアンジャッシュとしてデビュー。今の相方は5人目だった[2]

コンビ結成当初は渡部が5人目にもかかわらず「お前だけだ」と言い張っていたが、渡部はそれについて「騙された」と述べている。児嶋曰く「辞められたら困る」ため、コンビ結成当時は児嶋が大リーダーで全部ネタを書き、渡部を車で送り迎えし、渡部を褒めたり、近所の区民センターに申請して会議室をおさえたりと全部やっていて、渡部にとっては至れり尽くせりだった。

2008年に出演した黒沢清監督作品『トウキョウソナタ』で演技力を高く評価され、以降は芸人のみならず俳優としての活動も多くなっている。

2009年10月15日放送の『白黒アンジャッシュ』にてコジの乱と改名したが、2010年9月30日の放送にて本名に戻している。

2011年頃から、児嶋のイジられ芸やキレ芸に注目が集まり、ソロとしても活躍するようになった(後述)。

2011年9月10日、15年付き合った元タレントの坪井志津香と結婚した事を報告した[3]

2013年4月2日から放送されている『Girls TV! feat.SUPER☆GiRLS』にてMCを担当する。当番組で児嶋は、単独では初めてMCを担当する事となった[4]

人物[編集]

キャラクター[編集]

  • 渡部のピン仕事が増え始めた時期から、それまでの「作り込んだコントを正確に演じる」イメージと異なる「ダメ芸人」キャラでバラエティ番組に登場することが増えた。本人曰く最近ではボケというよりも「イジラレ」というポジションであると述べている[5]
  • ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』において児嶋と渡部が語るところによれば、昔から(天然気質を)隠し通して来たが近年になってボロが出始め、「自分が思う自分ではなく、他人が思う自分を受け入れるべき」と児嶋も考えを改めたため、現在のキャラに至ったとのこと[5]。このキャラ変更以後、わざと違う名前で呼ばれ「児嶋だよ!!」と声を荒らげるというギャグが生まれている。それを含め、いじられキャラで通すパターンが定番化した[6]
  • いわゆるあがり症で人前に出ると喋れなくなってしまい、だいぶ慣れてきたが未だにあがり症。とにかく体が震えること、緊張でカンペが読めなかったり、一般人がボケて来ても緊張で返せなかったりしたこともあったという[7]
  • 味覚オンチである。牛肉豚肉鶏肉の区別やキャベツレタスの区別ができない。キノコ類にいたっては「考えてもわからない」と言っている[8]
  • 「児嶋がハマったものは廃れる」というジンクスがある[8]
  • 犬が大の苦手であり、『ネリさまぁ〜ず』の罰ゲームでは汗だくになりながら大型犬と戯れた[9]

趣味[編集]

  • プロ雀士の資格(日本プロ麻雀協会)を持っており、麻雀サイト「こじまーじゃん」も開設している。麻雀に関して真剣に挑んでおり、大会での敗戦時にはプロに指導を乞うなど本気度が垣間見える。また、麻雀で培った読み能力や推理力も高く、『Numer0n』第5回大会ではアイテムを使い番組タイ記録となる3ターン勝利や、対戦相手の性格を読んで番組初となるシャッフル直後に的中させるなどを見せ優勝した。
  • 大型自動二輪の免許を持っており、バイクが趣味。
  • 漫画『ONE PIECE』のファンだと公言している。明石家さんまに『ONE PIECE』を勧めたことがある。
  • 妻の影響で[2]ももいろクローバーZのファンとなった。2012年中は「プライベートはももいろクローバーZ一色」と話している[10]。また『Girls TV! feat.SUPER☆GiRLS』で共演している為、SUPER☆GiRLSとは親交が深い。

交流[編集]

出演[編集]

コンビでの出演歴についてはアンジャッシュを参照。

バラエティ[編集]

現在の出演番組(単発特番も含む)

過去の出演番組

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

webドラマ[編集]

  • 目を閉じてギラギラ(2011年10月1日 - 10分×12話、BeeTV) - 小田島 役
  • Re:Dream(2012年4月18日 - 全5話、BeeTV)[14]

ラジオ[編集]

ネット配信[編集]

  • アンジャッシュ児嶋の今夜はイジらないで!!(2012年4月13日 - 、ニコニコ動画

CM[編集]

PV[編集]

ライブ[編集]

  • アンジャッシュ児嶋一哉ソロコントライブVOL.1タンピン(2008年8月12日・13日、俳優座劇場

ディスコグラフィー[編集]

コンビで名義についてはアンジャッシュを参照。

配信シングル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アナザースカイ 2009年12月11日 23:00~23:30 O.A.”. 日本テレビ (2009年12月11日). 2016年2月21日閲覧。
  2. ^ a b TVでた蔵「2014年2月16日放送 9:55 - 10:55 日本テレビ 誰だって波瀾爆笑」”. ワイヤーアクション (2014年2月16日). 2016年2月21日閲覧。
  3. ^ アンジャッシュ児嶋、指輪輝かせ改めて結婚報告「挙式は来年」]
  4. ^ スパガ、アンジャッシュ児嶋に抱腹絶倒! 新レギュラー番組の初回収録が終了
  5. ^ a b TVでた蔵「2011年10月9日放送 2:10 - 2:40 テレビ朝日 ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」”. ワイヤーアクション (2011年10月9日). 2016年2月21日閲覧。
  6. ^ アンジャッシュ児嶋『HERO』であの人の結婚相手に!?”. MovieWalker (2015年7月16日). 2016年2月26日閲覧。
  7. ^ TVでた蔵「2013年5月30日放送 23:15 - 0:15 テレビ朝日 アメトーーク!」”. ワイヤーアクション (2013年5月30日). 2016年2月21日閲覧。
  8. ^ a b お笑い芸人 豪快伝説 其の三十二『アンジャッシュ』”. リアルライブ (2012年10月10日). 2016年2月21日閲覧。
  9. ^ ネリさまぁ〜ず SECOND SEASON 2015年2月15日放送回”. gooテレビ (2015年2月15日). 2016年2月21日閲覧。
  10. ^ 【人力全開!アンジャッシュ】ももいろクローバーZな1年 児嶋一哉”. 産経ニュース (2013年1月28日). 2016年2月21日閲覧。
  11. ^ すべる話(『リンカーン』の企画)にも出演経験がある(日村勇紀出川哲朗も同様。)
  12. ^ アンジャッシュ児嶋、刑事役でふなっしー探偵の相棒務める「コレやばいな」”. お笑いナタリー (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  13. ^ 2011年10月22日 - 11月11日、ヒューマントラストシネマ渋谷限定公開。
  14. ^ “Acid Black Cherry「イエス」を元にした染谷将太主演ドラマ”. ナタリー. (2012年4月18日). http://natalie.mu/music/news/68039 2013年3月4日閲覧。 
  15. ^ アルバム「FATE(s)」収録作品。
  16. ^ アンジャッシュ児嶋&AAA宇野が恋に落ちるMV、結末を決めるのは視聴者”. お笑いナタリー (2016年3月8日). 2016年3月8日閲覧。

外部リンク[編集]