モーニングショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モーニングショー
TV Asahi 1961.jpg
「モーニングショー(第1期)」の生放送が行われたNETテレビ社屋(写真は番組開始前の1961年のもの)
TV Asahi Headquarters 2010.jpg
「モーニングショー(第2期)」の生放送が行われている
テレビ朝日本社第3スタジオ外観
六本木ヒルズ内)
ジャンル ワイドショー番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 NETテレビ→テレビ朝日
音声 第1期:モノラル放送
第2期:ステレオ放送
第1期(1964年4月から1993年3月まで)
放送時間 月曜 - 金曜 8:30 - 9:30(60分)
放送期間 1964年4月1日 - 1993年4月2日
出演者 木島則夫
長谷川肇
奈良和
竹中陽一
溝口泰男
江森陽弘
美里美寿々(現:田丸美寿々
武見敬三
内田忠男
渡辺宜嗣
第2期(2015年10月以降)
放送時間 月曜 - 金曜 8:00 - 9:55(115分)
放送期間 2015年9月28日 -
プロデューサー 小寺敦(CP)
出演者 羽鳥慎一
宇賀なつみ ほか
オープニング 葉加瀬太郎『Morning Show』
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

モーニングショー』(英称:Morning Show)は、テレビ朝日[注 1]系列で月-金曜生放送されているワイドショー情報番組。第1期は1964年4月1日から1993年4月2日まで放送され、第2期は2015年9月28日から放送されている。日本で初めて放送されたワイドショー番組である。便宜上、1993年までを第1期、2015年以降を第2期とする。

概要[編集]

第1期[編集]

開始から一貫して、放送時間は毎週月曜 - 金曜8:30 - 9:30(JST、以下略)だった。朝の奥さま向けワイドショーの草分け的存在で、テレビ黎明期の民放テレビ局が1、2局しかない地域、一部を除くクロスネット局、テレビ朝日系列局がない地域でもネットされていた。(そのため、番組オープニングではタイトル表示に続き、テレビ朝日(1977年3月まではNET)を先頭に各地のネット局の略称をテロップ表示していた)また、テレビ朝日系列の新局に本番組の放映権が移行した後もテレビ朝日系列の新局の受信環境が未整備などの理由で1地域2局同時放送を実施していた地域もあった(後述)。

1992年までは、1989年までの月 - 金曜正午枠と同様、正月三が日の放送も行っていた[注 2]。また、年末については曜日配列によっては年内は大晦日まで放送していた。

第2期[編集]

2015年9月28日から第2期として復活した。放送時間は毎週月曜から金曜までの8:00 - 9:55であり、放送尺は第1期と比べ55分長い。

歴史[編集]

1960年代・70年代[編集]

1962年一社提供番組の広告戦略を計画していた日本ヴィックス博報堂を通じてNETテレビと毎日放送に構想を持ちかけた。これにNETテレビの浅田孝彦が交渉を行う。司会者の人選はまず最有力候補として挙がった高橋圭三(元NHKアナウンサー)に依頼するもスケジュールの都合で断られる。結果、浅田が推した木島則夫(元NHKアナウンサー。高橋の後輩)が司会者として選ばれる[1]。番組の基本構想はアメリカNBCトゥデイ』を踏襲したもので、事件・芸能ニュース・「人間蒸発」などの企画やインタビュー、歌手の生演奏などを織り込んだ[1]

1964年4月1日の初回放送はNETテレビ、北日本放送中部日本放送毎日放送九州朝日放送の5局でスタートした。翌週の4月6日(月曜日)からは中国放送でもネットが開始。暫くは6局ネットを継続するも、徐々に放送地域を拡大していった[注 3]

放送開始時に中京広域圏のネット局が本来の系列局である名古屋テレビではなく、TBS系列局である中部日本放送で放送が開始されたのは、中部日本放送が本番組を教育番組とみなしたためであったが、開始半年後の1964年10月1日に名古屋テレビに放映権が移行している。

日本初のワイドショーとしてスタートを切ったが、暫くすると視聴率が低下、木島は疲労を理由に降板。木島は降板2カ月後に日本テレビ『木島則夫ハプニングショー』の司会に起用。2代目の長谷川肇の起用も1年で降板し、3代目の奈良和でいくらか巻き返しを図るが、4代目の竹中陽一は「喋らない司会者」として短期間で降板、5代目の溝口泰男が再度巻き返した。

1975年3月31日からは、腸捻転解消により、近畿広域圏での放送局が毎日放送から朝日放送へ変更された。

長谷川肇時代から溝口泰男時代までは一般視聴者(主に主婦)にも開放し、司会者の立ち位置(または司会者席)の後ろが観客席となっていた。

70年代後半には青少年の自殺などが社会問題化していたことを受けて、当時教育、心理などの分野で活躍していた坂東義教による「子育て講座」も織り込まれるなど、人気コーナーもあったが、坂東は著書『坂東先生の教育講座』を執筆直後の1978年11月に急逝し、コーナーも自然消滅となった。

1979年4月には、同年3月まで香川県のみを放送エリアにしていた瀬戸内海放送岡山・香川の電波相互乗り入れに伴い岡山県[注 4]での放送を開始し47全都道府県での放送となった。しかし同年12月に、当時日本テレビ系列とテレビ朝日系列のクロスネット局だったテレビ岩手が当番組を打ち切ったことで、1980年1月1日からは9か月ぶりに47全都道府県での放送ではなくなった。

1980年代・90年代[編集]

1981年4月には当時フジテレビ系列・テレビ朝日系列とのクロスネット局である新潟総合テレビが、新潟放送から移行を受ける形でメイン系列の番組である『小川宏ショー』を打ち切って当番組のネットを開始した(1983年10月の新潟テレビ21開局まで)[注 5]

1983年4月には、メイン司会が溝口泰男(サブ、メインを含め14年間出演。歴代の最長寿レギュラー)から、江森陽弘へバトンタッチしたが、江森がメイン司会に就任した2年半後の1985年10月には『アフタヌーンショー』の「やらせリンチ事件」が発覚し、本番組も「やらせリンチ事件」が引き金となって信頼失墜に陥る。

1986年10月にメイン司会が江森から、元フジテレビアナウンサーの美里美寿々[注 6]に、サブ司会も1980年4月から6年半務めてきた柴田美保子八波一起から高井正憲(当時テレビ朝日アナウンサー)に交代するという司会の総入れ替えを実施した。硬派路線に舵を切ったが、芸能情報を扱わない番組内容が不評となり、視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)で苦しむこととなると同時に[2][注 7]、本番組終了までメイン司会が1、2年で交代するなど低迷してしまう。1987年1月には、サブ司会を3か月で高井から寺崎貴司に交代した。

1987年10月には、メイン司会が美里美寿々から武見敬三に交代したものの美里時代と状況は変わらず、月-金曜正午枠と合わせてテレビ朝日系ワイドショー全体がさらに低迷してしまうことになる。この事態を受けて、武見にメイン司会が交代した半年後の1988年4月にはテレビ朝日制作ワイドショーを本番組に集約したり、同年10月には1年で内田忠男がメイン司会に交代すると同時に芸能情報の復活や、八波をサブ司会に復帰させるなどのテコ入れを図る。

内田がメイン司会に就任した1年後の1989年9月29日には日本海テレビが本番組を打ち切ったことにより1地域2局同時放送の地域はなくなった。

1991年4月のリニューアルでは、当初はメイン司会を内田から、当時テレビ朝日と専属契約を結び、昼の番組『ホットライン110番』に出演していた小島一慶がメイン司会者に登用して立て直しを図ろうとしたが、当時小島が不倫騒動を起こしたため、この影響を与えられたテレビ朝日側は、その登用予定を急遽中止した上で『ホットライン110番』終了と同時に小島との専属契約を解除し、メイン司会が渡辺宜嗣に急遽変更された。同時にサブ司会が篠田潤子(当時テレビ朝日アナウンサー)からロザンナにバトンタッチした。

内田から渡辺時代になると、テレビ朝日系新局開局による本番組の放映権移行で、放映権移行が行われた地域では旧ネット局の番組である『ルックルックこんにちは』・『モーニングEye』に苦戦するようになり、長年続けてきた正月三が日の放送も日本テレビ『新春スポーツスペシャル箱根駅伝』や、日本テレビ・フジテレビの元旦特番に視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)で敗れるようになったため、1992年を以って正月三が日の放送を終了したように本番組の苦戦傾向がさらに加速した。さらに同年9月の朝日放送『素敵にドキュメント』のやらせ発覚によるテレビ朝日系列の更なる信頼失墜も止めを刺す形となり、1993年4月2日に番組は打ち切られ、29年間の歴史に幕を閉じた。同年4月5日からの当該枠は放送開始時間を8:00に前倒しし、9:55まで放送時間を拡大した『スーパーモーニング』となった。

また、テレビ朝日系列では『モーニングショー』終了と同時に月-金曜並びに土曜日のワイドショーの改編を実施し、これに伴い『海江田万里のパワフルサタデー』が本番組終了の6日前に終了した他、月-金曜正午枠のテレビ朝日系列外局への時差ネットも本番組終了と同日に終了した『人間探検!もっと知りたい!!』終了と同時に廃止されたと同時に、テレビ朝日系列外局で放送されるテレビ朝日制作ワイドショーは『スーパーモーニング』のみとなった。

宮尾すすむがリポーターを務めた「宮尾すすむのああ日本の社長[注 8]は『スーパーモーニング』になってからも1999年8月まで続いた。

終了時点の司会だった渡辺は、2002年10月 - 2007年3月まで『スーパーモーニング』の司会に起用され、同枠再登板をした。

2010年代[編集]

2015年9月28日より、同年9月25日まで放送の『モーニングバード』(『スーパーモーニング』の後継番組)の司会・羽鳥慎一(元日本テレビアナウンサー)をそのまま本番組11代目の司会に起用し、『羽鳥慎一モーニングショー』(月~金曜午前8時[3])として22年半ぶりに復活[4][5]。アシスタントはテレビ朝日アナウンサーの宇賀なつみ(テレビ朝日と大多数の系列局で前時間に放送の『グッド!モーニング』から移動)[6]。『モーニングバード』の路線を引き継ぎ、コメンテーターは石原良純高木美保長嶋一茂島谷ひとみらが『モーニングバード』から引き続き日替わりで出演する。玉川徹も続投するが、毎日出演することとなった。

ネット局は末期の『モーニングバード』から引き継ぎ、テレビ朝日系列フルネット局24局と日本テレビ系列局である山梨放送福井放送(テレビ朝日系列とのクロスネット局)の26局ネットとなる。このうち、1993年10月1日以降に開局したテレビ朝日系列局(山口朝日放送大分朝日放送愛媛朝日テレビ琉球朝日放送岩手朝日テレビ)では『モーニングショー』名義の番組は初ネットとなる。また、岩手県では、1979年12月のテレビ岩手での打ち切り以来35年9か月ぶりに『モーニングショー』名義の番組が放送される。

同局としては「いま何が起きているかにこだわり、人間ドラマを見せるのがワイドショー。その原点に立ち返りたい」「羽鳥慎一という“人の心”を第一に考えてニュースを捉えるキャスターで、新たなワイドショーに挑戦したい」と語り、『モーニングバード』のリニューアルではなく歴史ある番組名を冠した新しい番組であることを示唆している。

視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)について、開始当初は6%程度で推移し、時間帯順位は民放2位を記録することもあった[7][8]2016年9月第3週では平均7.7%を記録、初めて週間を通じて時間帯民放1位となった[9][10][11]。同年11月では平均8.1%を記録、初めて月間を通じて時間帯1位となった[12]。以後も民放視聴率月間首位を保持している(2017年4月ではフジテレビ情報プレゼンター とくダネ!』と同率首位)[13][14]。2017年4月第1週では『とくダネ!』に視聴率首位の座を再び譲った[15]。2016年度では初めて時間帯民放年度1位を記録[16]

出演者[編集]

メインキャスター[編集]

  • MC
羽鳥慎一
  • アシスタント
宇賀なつみテレビ朝日アナウンサー

レギュラーコメンテーター[編集]

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)

コメンテーター[編集]

  • 月曜日
石原良純(気象予報士・俳優)、住田裕子(弁護士)
  • 火曜日
青木理(ジャーナリスト)、菅野朋子(弁護士)
  • 水曜日
浜田敬子朝日新聞記者→朝日新聞出版出向・AERA編集長)
  • 木曜日
高木美保(女優)
  • 金曜日
吉永みち子(ノンフィクションライター)、長嶋一茂(タレント)

コーナーレギュラー[編集]

野上慎平(テレビ朝日アナウンサー:ショーアップ担当)
山本雪乃(テレビ朝日アナウンサー:ショーアップ担当)
石原良純(良純未来図担当)
羽鳥慎一(聞きトリ担当)
宇賀なつみ(継ぐ女神担当)
玉川徹(そもそも総研担当)
島谷ひとみ歌手:ワンダふるさと担当)
河波貴大気象予報士:気象情報担当)

リポーター[編集]

飯村真一 (テレビ朝日アナウンサー)
山木翔遥 (テレビ朝日アナウンサー)
斎藤寿幸
中谷隆宏
岡安弥生
黒宮千香子
原元美紀
みといせい子
山崎寛代
木村佳那子

ナレーター[編集]

コーイチ
四本木典子

コーナー[編集]

  • 羽鳥パネル
  • ショーアップ
  • 良純未来図(月曜)
  • 聞きトリ(火曜) - 前身番組である『モーニングバード』のコーナーを引き継いだもの
  • 継ぐ女神(水曜)
  • そもそも総研(木曜) - 前身番組である『モーニングバード』のコーナーを引き継いだもの
  • ワンダふるさと(金曜)
  • ふた天
  • 羽鳥のニュースもう1本

歴代司会者[編集]

司会者の名前を被せた冠番組『○○モーニングショー』と称した時期の司会者の名前は、太字で表記。
○印は放送当時、NETテレビ・テレビ朝日所属アナウンサー。

期間 メイン サブ
第1期
1964年4月1日 - 1968年3月29日 木島則夫1 栗原玲児2

マイク眞木

小椋克己
井上加寿子
1968年4月1日 - 1969年3月31日 長谷川肇 ばばこういち 下重暁子
1969年4月1日 - 1976年10月15日 奈良和 溝口泰男 鈴木弘子3

菊池敏恵

若林善子

片岡彰子

渡辺直子
1976年10月18日 - 1976年12月 竹中陽一4
1977年1月 - 1977年4月29日 溝口泰男、渡辺直子 ほか5
1977年5月2日 - 1980年3月 溝口泰男 渡辺直子 銅谷志朗
1980年4月 - 1983年3月31日 柴田美保子 八波一起
1983年4月1日 - 1986年9月30日 江森陽弘6
1986年10月1日 - 1986年12月 美里美寿々1・7 高井正憲
1987年1月 - 1987年10月2日 寺崎貴司
1987年10月5日 - 1988年10月7日 武見敬三 飯干恵子8 藤井暁
1988年10月10日 - 1990年3月30日 内田忠男 横山悦子9 八波一起
1990年4月2日 - 1991年3月29日 篠田潤子
1991年4月1日 - 1993年4月2日 渡辺宜嗣 ロザンナ
第2期
2015年9月28日 - 現在 羽鳥慎一 宇賀なつみ
  • 1 木島、美里は局契約嘱託アナウンサー)として出演
  • 2 料理研究家・栗原はるみの夫。
  • 3 産休により降板。
  • 4 一般公募による起用(前歴は日本経済新聞社所属のカメラマン→タクシードライバー)。3か月で降板。
  • 5 この時期は溝口、渡辺を中心とした複数司会制をとっていた。
  • 6 当時は朝日新聞社記者。
  • 7 田丸美寿々の旧名。
  • 8 飯星景子の旧名。
  • 9 静岡県民放送(現:静岡朝日テレビ)所属のアナウンサー(当時)。同局からの出向扱いで番組に出演。

備考[編集]

  • タイトルとしては初代から6代目、および9代目の内田、11代目の羽鳥については、司会者の名前を被せた冠番組『○○モーニングショー』としている(例:木島則夫モーニングショー木島モーニングショー)。
  • 10代目の司会者を務めた渡辺宜嗣は、『スーパーモーニング』でも司会を担当した(2002年10月から2007年3月まで)。
  • 第1期最後のサブ司会者であった八波は本番組終了後、東日本放送TVイーハトーブ』の総合司会に起用された。

スタッフ[編集]

  • ニュースデスク:村野俊(テレビ朝日)
  • プロデューサー:渡辺実、水野篤(共にテレビ朝日)
  • チーフプロデューサー:小寺敦(テレビ朝日)
  • 制作協力:ViViA
  • 制作著作:テレビ朝日

過去のスタッフ[編集]

テーマ曲[編集]

ネット局[編集]

第2期(2015年9月28日から)[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間
関東広域圏 テレビ朝日(EX) 制作局 テレビ朝日系列 月曜 - 金曜
8:00 - 9:55
北海道 北海道テレビ(HTB)
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT)
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
山形県 山形テレビ(YTS)
福島県 福島放送(KFB)
山梨県 山梨放送(YBS) 日本テレビ系列
新潟県 新潟テレビ21(UX) テレビ朝日系列
長野県 長野朝日放送(abn)
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
石川県 北陸朝日放送(HAB)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列[注 9]
中京広域圏 メ〜テレ(NBN) テレビ朝日系列
近畿広域圏 朝日放送(ABC)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)

リモコンキーID「5」の20局(HTB・NBN・ABC・KBCの4局を除くテレビ朝日系列フルネット局)は『やじうまテレビ!』→『グッド!モーニング』から、北海道テレビは、『イチオシ!モーニング』から、朝日放送は『おはよう朝日です』から、山梨放送・福井放送の2局は『ZIP!』からSB枠なしで番組が開始する。メ〜テレ『ドデスカ!』・九州朝日放送『アサデス。KBC』は、SB枠がある。

山梨放送と福井放送の2局は、本番組に関しても『モーニングショー(第1期)』以来当該枠を引き続きネットしている。なお、スポーツ中継などで本番組が休止ないしは時間の短縮が行われる場合、この2局には差し替え番組が用意される(2局それぞれで番組編成をする場合もある。逆に2局のマストバイ局である日本テレビ系列でオリンピックなど特別番組が放送される場合は本番組を休止する)。なお、ANNに加盟していない山梨放送が自局のエリアでの取材に協力するのは緊急時の第一報のみに限られ、基本的には各種『ANNニュース』同様、甲府に支局を持つテレビ朝日が直接取材を行う。

朝日放送は全国高校野球選手権大会中継第98回から)期間中、8:00から第1試合が組まれる場合は放送休止となる。

テレビ宮崎は宮崎県における取材協力のみで本番組に関わっている。また、2016年11月22日福島県沖で発生した地震・津波警報発令に伴い、本番組の通常放送は放送されなかったが、9:55 - 10:25にANN報道特別番組扱いで放送された『羽鳥慎一モーニングショーSP』のみネットした[注 10]

第1期(放送開始から1993年4月まで)[編集]

系列は放送当時のもの。

  • ○印は1993年4月2日まで放送し、後継番組『スーパーモーニング』→『モーニングバード』を最終回までネットした放送局。
  • ●印は『スーパーモーニング』→『モーニングバード』を途中で打ち切った放送局。
放送対象地域 放送局 系列 放送時間 備考
関東広域圏 全国朝日放送(NET→ANB)
(テレビ朝日)○
テレビ朝日系列 月曜 - 金曜
8:30 - 9:30
制作局
(1977年3月31日までNETテレビ)
北海道 北海道放送(HBC) TBS系列 開始時期不明。北海道テレビの開局後である、1969年3月28日まで
北海道テレビ(HTB)○ テレビ朝日系列 1969年3月31日から
青森県 青森放送(RAB) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
青森放送①:1966年1月5日 - 1971年3月
青森テレビ:1971年4月 - 1975年3月28日
青森放送②:1975年3月31日 - 1991年9月30日(ANN加盟に伴う)
青森テレビ(ATV) NETテレビ系列
TBS系列
青森朝日放送(ABA)○ テレビ朝日系列 1991年10月1日開局当日から
岩手県 岩手放送(IBC)
(現:IBC岩手放送)
TBS系列 開始時期不明 - 1969年11月28日まで
テレビ岩手(TVI) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1969年12月1日開局当日 - 1979年12月31日
宮城県 仙台放送(OX) フジテレビ系列
日本テレビ系列
開始時期不明 - 1965年3月
東北放送(TBC) TBS系列 1965年4月 - 1970年9月30日
おはよう・にっぽん』(TBS)を同時ネットしていた1968年9月までは録画時差ネットで放送
ミヤギテレビ(mm34) 日本テレビ系列 ミヤギテレビ:1970年10月1日開局当日 - 1975年12月
(ミヤギテレビは1975年9月まではNETテレビ系列とのクロスネット局)
東日本放送:1975年10月開局より。
(1975年10月 - 12月、2局同時放送)
東日本放送(KHB)○ テレビ朝日系列
秋田県 秋田放送(ABS) 日本テレビ系列 開始時期不明 - 1992年9月30日まで
秋田朝日放送(AAB)○ テレビ朝日系列 1992年10月1日開局当日から[注 11]
山形県 山形放送(YBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1965年10月[17] - 1993年3月31日
(1980年4月からクロスネット局)
山形テレビ(YTS)○ テレビ朝日系列 1993年4月1日・2日のみ放送
1993年4月1日のフジテレビ系列からテレビ朝日系列へのネットチェンジによる[注 12]
福島県 福島テレビ(FTV) オープンネット局 1965年10月1日 - 1970年1月30日
福島中央テレビ(FCT) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1970年2月2日(サービス放送開始) - 1981年9月30日
(1971年9月まではフジテレビ系列・NETテレビ系列とのクロスネット局)
福島放送(KFB)○ テレビ朝日系列 1981年10月1日開局当日から
山梨県 山梨放送(YBS)○ 日本テレビ系列 開始時期不明
新潟県 新潟放送(BSN) TBS系列 1968年9月 - 1981年3月31日[注 13]
新潟総合テレビ(NST) フジテレビ系列
テレビ朝日系列
1981年4月1日 - 1983年9月30日[注 14]
新潟テレビ21(NT21)○ テレビ朝日系列 1983年10月3日(開局3日目)から
長野県 信越放送(SBC) TBS系列 1965年10月1日[18] - 1980年9月30日
テレビ信州(TSB) テレビ朝日系列
日本テレビ系列
1980年10月1日開局当日 - 1991年3月29日
長野朝日放送(ABN)○ テレビ朝日系列 1991年4月1日開局当日から
静岡県 静岡放送(SBS) TBS系列 1965年7月 - 1978年9月29日
静岡県民放送(SKT)
(静岡けんみんテレビ)○
(現:静岡朝日テレビ)
テレビ朝日系列 1978年10月2日から
(1979年6月までは日本テレビ系列とのクロスネット局)
富山県 北日本放送(KNB)● 日本テレビ系列 初回から放送
石川県 北陸放送(MRO) TBS系列 1965年 - 1991年9月30日
北陸朝日放送(HAB)○ テレビ朝日系列 1991年10月1日開局当日から
福井県 福井放送(FBC)○ 日本テレビ系列[注 9] 1966年から
中京広域圏 中部日本放送(CBC)
(現:CBCテレビ)
TBS系列 初回 - 1964年9月30日
名古屋テレビ(NBN)○ テレビ朝日系列 1964年10月1日から
(1973年3月までは日本テレビ系列とのクロスネット局)
近畿広域圏 毎日放送(MBS) NETテレビ系列 初回 - 1975年3月28日(腸捻転解消に伴う移行)
朝日放送(ABC)○ テレビ朝日系列 1975年3月31日から(腸捻転解消に伴う移行)
鳥取県 日本海テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
日本海テレビ:1966年1月5日 - 1989年9月29日
山陰放送:1972年9月22日から(鳥取・島根相互乗り入れによる)
(1972年9月22日 - 1989年9月29日、2局同時放送)
山陰放送(BSS)● TBS系列
島根県 山陰放送(BSS)● TBS系列 山陰放送:1966年4月4日から
日本海テレビ:1972年9月22日 - 1989年9月29日(鳥取・島根相互乗り入れによる)
(1972年9月22日 - 1989年9月29日、2局同時放送)
日本海テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
広島県 中国放送(RCC) TBS系列 中国放送:1964年4月6日 - 1971年4月2日
広島ホームテレビ:1970年12月1日開局当日から
(1970年12月1日 - 1971年4月2日、2局同時放送)
広島ホームテレビ(UHT→HOME)○ テレビ朝日系列
山口県 山口放送(KRY)● 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1966年4月4日から
(1978年10月からクロスネット局)
徳島県 四国放送(JRT)● 日本テレビ系列 開始時期不明
香川県 西日本放送(RNC) (放送期間要検証)
1966年4月1日時点ではすでに放送していた(出典:同日の産経新聞朝刊テレビ欄)。[注 15]
香川県
→香川県・岡山県
瀬戸内海放送(KSB)○ テレビ朝日系列 1971年4月1日から、当初は香川県のみ放送
1979年4月2日から相互乗り入れに伴い岡山県でも放送[注 15]
愛媛県 南海放送(RNB)● 日本テレビ系列 1965年11月から
高知県 高知放送(RKC)● 1966年1月10日から
福岡県 九州朝日放送(KBC)○ テレビ朝日系列 初回から放送
(1964年9月まではフジテレビ系列とのクロスネット局)
長崎県 長崎放送(NBC) TBS系列 開始時期不明 - 1990年3月30日
長崎文化放送(NCC)○ テレビ朝日系列 1990年4月2日(開局2日目)から
熊本県 熊本放送(RKK) TBS系列 開始時期不明 - 1989年9月29日
熊本朝日放送(KAB)○ テレビ朝日系列 1989年10月2日(開局2日目)から
大分県 大分放送(OBS)● TBS系列 1968年9月から
宮崎県 宮崎放送(MRT)● 1968年から
鹿児島県 南日本放送(MBC) 開始時期不明 - 1982年9月30日
鹿児島放送(KKB)○ テレビ朝日系列 1982年10月1日開局当日から
沖縄県 琉球放送(RBC)● TBS系列 1968年12月から

備考[編集]

第1期[編集]

放映権移行やクロスネット局のネット打ち切り[編集]

  • 本番組は放送開始当初は『小川宏ショー』を放送していたフジテレビ系列局(フジテレビ系と他系列とのクロスネット局も含む)以外の他系列がローカル枠だったため、日本テレビ系列メインのクロスネット局や系列外におけるネット局が増加していった。1980年代後半以降はテレビ朝日系列新局への開局が相次ぎ、放映権移行が相次いだが、テレビ岩手と日本海テレビはテレビ朝日系列新局への放映権移行を行わずに本番組のネット打ち切りとなっている。
  • テレビ朝日系列新局開局やネットチェンジで放映権が移行した旧ネット局や、本番組をテレビ朝日系列新局へ放映権移行を行わずに打ち切った20局で切り替えた番組は以下の通り(後番組がローカル枠の番組は除く、本番組の放映権移行や打ち切り後の系列:◎=日本テレビ系列、○=TBS系列、△=フジテレビ系列、●=日本テレビ系列・テレビ朝日系列、▲=フジテレビ系列・日本テレビ系列)
放送対象地域 放送局 後番組 後番組の
開始時期
備考
青森県 青森テレビ モーニングジャンボ奥さま8時半です
TBS
1975年3月31日 ○ANN脱退・JNN正式加盟に伴うネット開始
本番組は青森放送へ放映権再移行
青森放送 ルックルックこんにちは
日本テレビ
1991年10月1日 ◎青森朝日放送開局に伴うNNSマストバイ局化でネット開始
岩手県 岩手放送
(現:IBC岩手放送)
小川宏ショー
フジテレビ
1969年12月1日 ○テレビ岩手開局に伴いネット開始
テレビ岩手 ルックルックこんにちは
(日本テレビ)
1980年1月7日 ●(1980年3月まで)◎(1980年4月から)
本番組打ち切り(メイン系列への番組に変更)に伴い
時差ネット(9:30 - 10:25)から同時ネット(8:30 - 10:25)に変更
宮城県 仙台放送 小川宏ショー
(フジテレビ)
1965年5月1日 ▲(1970年9月まで)△(1970年10月から)
フジテレビ系列朝のワイドショー枠設立に伴う変更
本番組は東北放送へ放映権移行
秋田県 秋田放送 ルックルックこんにちは
(日本テレビ)
1992年10月1日 ◎秋田朝日放送開局に伴い
時差ネット(9:30 - 10:25)から日本テレビとの同時ネット(8:30 - 10:00)に変更
山形県 山形放送 1993年4月1日 ◎山形テレビのネットチェンジに伴うNNSマストバイ局化でネット再開
福島県 福島中央テレビ 1981年10月1日 ◎福島放送開局に伴うNNSマストバイ局化で
時差ネット(9:30 - 10:25)から同時ネット(8:30 - 10:25)に変更
新潟県 新潟放送 モーニングジャンボ奥さま8時半です
(TBS)
1981年4月1日 ○新潟総合テレビへの本番組の放映権移行でネット開始
新潟総合テレビ おはよう!ナイスデイ
(フジテレビ)
1983年10月3日 △新潟テレビ21開局に伴うFNN・FNSフルネット化で
フジテレビ系列朝のワイドショーの2年半ぶりのネット再開
長野県 信越放送 モーニングジャンボ奥さま8時半です
(TBS)
1980年10月1日 ○テレビ信州開局に伴うネット開始
テレビ信州 ルックルックこんにちは
(日本テレビ)
1991年4月1日 ◎長野朝日放送開局に伴うNNSマストバイ局化(NNS加盟)で
時差ネット(9:30 - 10:25)から日本テレビとの同時ネット(8:30 - 10:00)に変更
静岡県 静岡放送 モーニングジャンボ奥さま8時半です
(TBS)
1978年10月2日 ○本番組の静岡県民放送への放映権移行に伴いネット開始
石川県 北陸放送 モーニングEye
(TBS)
1991年10月1日 ○北陸朝日放送開局に伴いネット開始
近畿広域圏 毎日放送 モーニングジャンボ奥さま8時半です
(TBS)
1975年3月31日 ○腸捻転解消に伴い朝日放送から放映権移行
鳥取県
→鳥取県・島根県
日本海テレビ 朝の連続ドラマ
読売テレビ
ルックルックこんにちは
(日本テレビ)
1989年10月2日 ◎本番組打ち切り(ANN脱退・NNSマストバイ局化)に伴う変更
『朝の連続ドラマ』は時差ネット(10:25 - 10:50)から読売テレビとの同時ネット(8:30 - 8:55)に変更
『ルックルック』は時差ネット(9:30 - 10:25)から時差ネット(8:55 - 10:25、読売テレビと同一編成)に変更
広島県 中国放送 モーニングジャンボ
(TBS)
1971年4月5日 ○広島ホームテレビへの一本化に伴いネット開始
長崎県 長崎放送 モーニングEye
(TBS)
1990年4月2日 ○長崎文化放送開局に伴いネット開始
熊本県 熊本放送 1989年10月2日 ○熊本朝日放送開局に伴いネット開始
鹿児島県 南日本放送 モーニングジャンボ奥さま8時半です
(TBS)
1982年10月1日 ○鹿児島放送開局に伴いネット開始
テレビ岩手のネット打ち切り[編集]
  • テレビ岩手1979年秋の改編より、『アフタヌーンショー』から『お昼のワイドショー』に切り替えるなどサブ系列のテレビ朝日系列番組からメイン系列の日本テレビ系列番組への変更やテレビ朝日系列番組の打ち切り、テレビ朝日系列番組の岩手放送(現:IBC岩手放送、TBS系列)への放映権移行を順次行い、その一環として1979年12月31日をもって本番組を打ち切った。
    • これにより、テレビ岩手で放送されるテレビ朝日系列ワイドショーは『おはようワイド・土曜の朝に』(朝日放送制作、1980年3月29日打ち切り)のみとなり、1980年1月1日以降は1979年3月30日以前と同様に9か月ぶりに47全都道府県での放送ではなくなったと同時に、1996年9月30日までのテレビ朝日系列午前のワイドショーは岩手県を除く46都道府県での放送となった。クロスネット局並びに他局から本番組を放映権移行を受けた局におけるテレビ朝日系列月-金曜午前のワイドショー枠自体のネット打ち切りはテレビ岩手が唯一の例である。なおテレビ岩手は本番組打ち切り4か月後の1980年4月1日にANNを脱退しNNSマストバイ局に変更した。
日本海テレビのネット打ち切り[編集]
  • 日本海テレビは 鳥取県域局として開局したが、1972年9月22日に鳥取・島根の電波相互乗り入れで島根県にもエリアを拡大した。島根県では山陰放送(TBS系列)が島根県域局時代から本番組をネットしており、電波相互乗り入れ後も日本海テレビと山陰放送の2局で本番組を放送してきた。しかし、1989年4月に鳥取県の地元紙が本番組並びに月-金曜正午枠の2局同時放送を問題として取り上げたことから、これを受けて日本海テレビは1989年10月1日からNNSマストバイ局に変更することを決定し、それに伴いテレビ朝日系スポンサードネット番組の打ち切りや山陰放送と山陰中央テレビ(フジテレビ系列)へのテレビ朝日系列番組の放映権移行を行うことになり、その一環として同年9月29日を以って本番組を月-金曜正午枠の時差ネット共々打ち切った。
    • これにより、1989年10月2日以降の本番組のネット局は鳥取・島根両県は山陰放送に一本化され、月-金曜8時台・9時台に関しては、鳥取・島根両県に所在する民放3局中日本海テレビと山陰中央テレビの2局が、キー局及び準キー局同時ネットとなった。

共通事項[編集]

  • 『木島則夫のモーニングショー』の番組開始当初は「8時半です。おはようございます…。早速きょうのお客様をご紹介しましょう」とゲストの紹介から始めた。
  • 第1期のオープニングでは上記のネット局の紹介テロップとスポンサーテロップ[注 16]が流れていたが、1980年代後半からはテレビ朝日系列新局開局に伴う当番組の相次ぐ放映権移行でネット局の紹介テロップを半年から1年で更新していたため、放映権移行を受けたテレビ朝日系新局が開局した初日の放送で前日までのネット局の紹介テロップが流れてしまうという放送事故もあった[注 11]
  • 第1期のエンディングは「モーニングショー 終」という白テロップを表示された後、「制作著作 NET」(後に「制作著作 テレビ朝日」)という白テロップが映し出される。
  • 第1期の沖縄県のケーブルテレビ局2局(宮古島の宮古テレビと石垣島の石垣ケーブルテレビ)でも、一時期のみであるが時差ネットしたことがあった(RBCが当時宮古・八重山地方に中継局もなく、ケーブルテレビでのアナログ再送信もできなかったため。2局ともに、ネット局の紹介テロップには表示せず)。
  • 第1期のテレビ朝日系新局開局などに伴う当番組の放映権移行が行われる地域があった時には、放映権移行前日の放送で司会が「明日(来週の月曜)からは○○(移行先の放送局)でお楽しみください」と番組のエンディングで挨拶していた。
  • 2006年5月8日、神奈川県平塚市の5遺体が発見された事件で逮捕された容疑者が過去[注 17]本番組の取材に答えていた。この映像は『スーパーモーニング』などで放送された。
  • 1975年以降、近畿広域圏ではABCが毎年8月に全国高校野球選手権大会中継をするため、大会序盤(概ね1、2回戦、6日目程度→後に9日目まで)も、この番組を優先し、高校野球放送を中断したものの、開会式(ただし他の地域では入場行進が本番組の中で放送)並びに3回戦から準々決勝の間の4試合日には休止されることが多かった。これは1985年からの近畿広域圏における独立県域UHF局とのリレー中継開始後もしばらく続いていたが、1990年代中盤以後は午前中も第1試合開始から11:45まで放送されるようになったため、スポンサードネットを含めて準々決勝までの凡そ12日間は放送休止となった。なお1975年3月28日までの毎日放送で選抜高等学校野球大会を中継した際は開会式当日のみの休止だった(稀に4試合日で休止の時もあり)。
  • 2009年2月1日にテレビ朝日開局50周年記念特番の一環として放送された「“ニュースの記憶”〜あの頃あの時あなたは…報道50年映像全史〜」で1964年の「木島則夫モーニングショー」時代の番組セット(日付ボードの挿入にも対応)が完全復刻する形で再現された。また同特番では、歴代の司会者の顔ぶれも放送された。

第2期[編集]

  • 2016年10月 - 2017年4月に裏番組としてNHK総合テレビで放送した連続テレビ小説べっぴんさん』は羽鳥の現在の妻である渡辺千穂が脚本を担当、これをデイリースポーツ毎日新聞は「夫婦対決」と取り上げた[19][20]
  • 2016年4月15日の放送は、前日夜に発生した平成28年熊本地震に関する内容を放送したが、本編終了後の9:55 - 10:30まで放送した『ANN報道特別番組 熊本県で震度7』も、本番組の進行MCとフォーマットで放送した。
  • 2016年11月22日の放送は、放送前に発生した福島県沖地震に伴う内容を中心に放送し、9:55 - 10:25にも「モーニングショー拡大SP」とした。拡大SPについては、ANN報道特別番組扱いとなり、通常放送をネットしているテレビ朝日系列フルネット局以外の2局(山梨放送・福井放送)では非ネットであったが、本番組が通常放送されないテレビ宮崎フジテレビ系列日本テレビ系列とのクロスネット局)でも放送された[注 10]
  • 2017年1月1日は日曜日ではあるが、新春特別番組として6:00 - 11:45に「羽鳥慎一モーニングショー 新春特大スペシャル」として放送(テレビ朝日系列フルネット局以外の2局は本来の系列〈日本テレビ系列〉の新春特番を同時ネットするため、この日に限り、ネットを行わない)。体としては2016年度まで1月1日に生放送されていた『羽鳥慎一の開運!お騒がせ生新年会』を引き継いだものである。

特別番組の対応について[編集]

  • テレビ朝日系列で早朝にゴルフ(「全米オープン」、「全米女子オープン」)が編成される場合、本番組は休止あるいは短縮となり[注 18]、テレビ朝日系列フルネット局以外の2局はテレビ朝日があらかじめ用意した代替番組か独自編成の番組を放送する。
  • 2016年8月10日は「リオデジャネイロオリンピック2016 競泳・決勝」中継が9:00 - 12:15に組まれるため、9:00で放送を終了[注 19]。テレビ朝日系列のオリンピックの中継自体を行わないテレビ朝日系列フルネット局以外の2局は番組自体をネットせず、各局別で別番組で穴埋めした。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 旧:NETテレビ。第1期放送時の正式社名は「日本教育テレビ」→「全国朝日放送」。
  2. ^ ただし、第1期最後の年となった1993年は正月三が日の放送は実施されなかったが、1993年で正月三が日が月 ‐ 金曜日に当たったのは元日となった金曜日だけだった。
  3. ^ ちなみに1968年1月時点では29局ネットだった。
  4. ^ 1979年3月までの岡山県におけるANN加盟局だった岡山放送(現在はフジテレビフルネット局)では開局当初からメイン系列の番組であるフジテレビ系『小川宏ショー』をネットしていた。
  5. ^ クロスネット局におけるメイン系列の番組の同時ネットからサブ系列の番組(当番組)の同時ネットへ切り替えた唯一の例である。
  6. ^ 当番組のメイン司会に就任するとともにテレビ朝日との専属契約を結んだ(1994年9月まで)。
  7. ^ 寺崎は1987年1月から1987年10月までサブ司会を務めた。
  8. ^ 毎週水曜日のコーナー、宮尾が日本各地の会社社長会長に密着リポートする長寿コーナー。
  9. ^ a b 1989年4月からテレビ朝日系列(ANN)(サブ)とのクロスネット局でもあるが、ANNの一般番組供給部門には非加盟。日本テレビ系列単独加盟時代から、当該時間帯はテレビ朝日の番組をネットしていた。
  10. ^ a b 通常ならテレビ宮崎では10:00 - 10:45にKBC制作『アサデス。九州・山口』を同時ネットしているが、同番組が『モーニングショーSP』で10:25 - 10:45に短縮となったことから、ネットされた。
  11. ^ a b 1992年10月1日の秋田朝日放送開局当日の放送では、前日まで秋田県のネット局だった秋田放送のテロップがそのまま流れてしまい、司会の渡辺宜嗣が謝罪する羽目になった。秋田放送における1992年10月1日以降の当該枠は『ルックルックこんにちは』の日本テレビとの同時ネット。ちなみに渡辺は、直前に秋田朝日放送開局記念番組『AAB発進!』の収録に秋田に出向いていた。
  12. ^ フジテレビ系列だった1993年3月31日までは『おはよう!ナイスデイ』をネットしていた。山形テレビでは同年3月31日の新聞のラテ欄に『ナイスデイ』(終)と掲載されたのに続いて、『ナイスデイ』打ち切りの2日後である、当番組最終回当日の新聞のラテ欄に『モーニングショー』(終)と掲載されるという事態となった(『笑っていいとも!』→『人間探検!もっと知りたい!!』も同様)。
  13. ^ それまではTBSから『おはよう・にっぽん』をネット受けしていた。
  14. ^ フジテレビ系の『小川宏ショー』を打ち切って、『モーニングショー』に切り替えた。
  15. ^ a b 西日本放送と瀬戸内海放送はいずれも1979年3月まで放送エリアは香川県のみ。
  16. ^ 最終回までアナウンサーによる協賛社のスポンサー読みのコメントは一切なし。後番組の『スーパーモーニング』では8:30頃 - 9:30頃までのネットセールスの前提供のみ番組開始当初からコメントあり。
  17. ^ 1985年1月10日放送分・当時は『江森陽弘モーニングショー』だった。
  18. ^ 本番組開始までに試合が終了しない場合は、本番組内で試合終了まで継続中継を行う。
  19. ^ ABCのみ「第98回全国高校野球選手権大会」中継のため番組自体を休止。ただし、リオオリンピック中継については、強制全国ネットとなるため、ABCでもオリンピック開催時間帯は高校野球中継を一旦中断した(ABCでの中断時間帯は近畿独立県域局へのリレー中継)。

出典[編集]

  1. ^ a b 『ニュース・ショーに賭ける』浅田孝彦
  2. ^ テレビ朝日寺崎貴司プロフィールページ
  3. ^ テレ朝、羽鳥アナで22年ぶり「モーニングショー」
  4. ^ 羽鳥慎一アナが司会 テレ朝「モーニングショー」22年ぶり復活 スポニチアネックス(スポーツニッポン) 2015年9月9日閲覧。
  5. ^ テレ朝、“朝の顔”羽鳥アナで22年ぶり「モーニングショー」復活!
  6. ^ 「モーニングショー」狙いは人間臭さ
  7. ^ [1],日刊ゲンダイ,2015年10月11日
  8. ^ [2],日刊ゲンダイ,2015年11月19日
  9. ^ [3],ОRICON STYLE,2016年9月20日
  10. ^ [4],スポーツニッポン,2016年9月20日
  11. ^ [5],日刊ゲンダイ,2016年9月22日
  12. ^ 朝の情報番組に異変「モーニングショー」月間初の民放横並びトップ,スポーツニッポン,2016年11月28日
  13. ^ 朝8時 戦国時代 視聴率戦線に異状あり!?,東京新聞,2017年2月19日
  14. ^ 「とくダネ!」4月の月間視聴率で民放1位!昨年8月以来,スポーツ報知,2017年5月1日
  15. ^ 『とくダネ!』週平均視聴率が7カ月ぶり横並びトップ - ハード系取材に活路,マイナビニュース,2017年4月10日
  16. ^ テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」年度平均視聴率で民放トップ7・4%,スポーツ報知,2017年4月3日
  17. ^ YBC五十周年委員会編集『山形放送の50年』(2003年10月発行)より
  18. ^ 1965年10月1日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  19. ^ 羽鳥アナ“夫婦対決”妻が裏で脚本担当,デイリースポーツ,2016年1月13日
  20. ^ 新朝ドラは「べっぴんさん」 羽鳥アナの妻が脚本“夫婦対決”も,毎日新聞,2016年1月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


NETテレビ→テレビ朝日系列 - 金曜 午前のワイドショー枠
前番組 番組名 次番組
(枠設立前につき無し)
モーニングショー(第1期)
1964年4月1日 - 1993年4月2日
スーパーモーニング
※8:00 - 9:55
(1993年4月5日 - 2011年4月1日)
モーニングショー
(第2期・羽鳥慎一モーニングショー)
2015年9月28日 - )
-
NET→テレビ朝日 月 - 金曜 8:30 - 9:30枠
婦人ニュース
※月 - 土曜 8:30 - 8:40
愛より愛へ(再)
※8:40 - 8:55
結婚の夜(再)
※月曜 - 土曜 8:55 - 9:25
東証株式市況
※9:25 - 9:40
【5分繰下げ、枠拡大】
モーニングショー(第1期)
(1964年4月1日 - 1993年4月2日)
スーパーモーニング
※8:00 - 9:55
(1993年4月5日 - 2011年4月1日)
テレビ朝日系列 月 - 金曜 8:00 - 9:55枠
モーニングバード
(2011年4月4日 - 2015年9月25日)
モーニングショー
(第2期・羽鳥慎一モーニングショー)
(2015年9月28日 - )
-