浜田敬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
浜田 敬子
誕生 (1966-10-29) 1966年10月29日(56歳)
日本の旗 日本山口県周南市
職業 ジャーナリスト
言語 日本語
国籍 日本
最終学歴 上智大学法学部国際関係法学科
パートナー 既婚
子供 1人
公式サイト Keiko Hamada / journalist
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

浜田 敬子(はまだ けいこ、1966年10月29日 - )は、日本のジャーナリスト。Business Insider Japan エグゼクティブ・アドバイザー。前Business Insider Japan統括編集長。

来歴[編集]

山口県周南市出身。1985年山口県立徳山高等学校卒業[1]1989年上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、朝日新聞社に入社。新聞記者として各支局を渡り歩き週刊朝日編集部、自身の念願であったというAERA編集部へ1999年に配属され、2004年に副編集長、2013年に編集長代理、2014年に女性初のAERA編集長に就任[2][3]

2016年5月からは朝日新聞社総合プロデュース室プロデューサーへ就任する。2017年には朝日新聞社を退社し、4月より株式会社メディアジーンが運営するオンライン経済メディアビジネスインサイダージャパン統括編集長に就任。

2018年には自身の職業体験を基にした初の書き下ろし著書となる「働く女子と罪悪感『こうあるべき』から離れたら、もっと仕事は楽しくなる」を集英社から出版した[4][5]

2019年12月末、退職しフリーランスに。業務委託としてビジネスインサイダージャパン統括編集長を務める。

2020年12月末、ビジネスインサイダージャパン統括編集長を退任[6]

2021年1月、ビジネスインサイダージャパン エグゼクティブ・アドバイザーに就任[7][8]

出演番組[編集]

テレビ

著書[編集]

単著
  • 『働く女子と罪悪感―「こうあるべき」から離れたら、もっと仕事は楽しくなる』集英社、2018年11月26日。ISBN 978-4087880083 
  • 『男性中心企業の終焉』文藝春秋〈文春新書〉、2022年10月20日。ISBN 978-4166613830 
共著

脚注[編集]

  1. ^ 徳高出身、浜田敬子さん オンラインメディアで活躍 25日・チャリティ講演会” (日本語). 周南・下松・光の地域のニュースを届ける新聞社|新周南新聞社. 2022年3月15日閲覧。
  2. ^ 働く女性の“罪悪感”には世代差がある【ビジネスインサイダージャパン統括編集長 浜田敬子さん】”. 講談社mi-mollet (2019年1月30日). 2019年7月10日閲覧。2019年12月30日の版を2022年1月13日閲覧。
  3. ^ 「気力と体力を一定に保つことが大切」編集者・浜田敬子さんが語る、いい仕事をし続けるための秘訣”. アイラシイ (2019年3月8日). 2019年7月10日閲覧。
  4. ^ 浜田敬子「入社3日で音を上げ欠勤、ダメ記者だった」”. 日経doors (2018年11月26日). 2019年7月10日閲覧。
  5. ^ 働く女子と罪悪感国立国会図書館サーチ。2022年1月12日閲覧。
  6. ^ 浜田 敬子[ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長](記事一覧)”. www.businessinsider.jp. 2021年1月7日閲覧。
  7. ^ 新体制のお知らせ|Business Insider Japan”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年3月11日閲覧。
  8. ^ スタッフ”. BUSINESS INSIDER JAPAN. 2021年3月11日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]