おはよう!ナイスデイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おはよう!ナイスデイ

ナイスデイ
ジャンル ワイドショー情報番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビジョン
出演者 須田哲夫
田丸美寿々
荒川強啓
山田美也子
桑原征平
向坂樹興
吉崎典子
川端健嗣
八木亜希子
軽部真一
小島奈津子
生島ヒロシ
柴田光太郎
笠井信輔
榊原るみ
ほか出演者を参照
おはよう!ナイスデイ
(放送開始 - 1994.03・1994.10 - 1998.03)
放送時間 平日8:30 - 9:55(85分)
放送期間 1982年4月1日 - 1994年3月31日
1994年10月3日 - 1998年3月27日
(1994.04 - 1994.09)
放送時間 平日8:00 - 9:55(115分)
放送期間 1994年4月1日 - 9月30日
ナイスデイ(1998.04 - 09)
放送時間 平日8:30 - 9:55(85分)
放送期間 1998年3月30日 - 10月2日
(1998.10 - 放送終了)
放送時間 平日8:25 - 9:55(90分)
放送期間 1998年10月5日 - 1999年3月31日

特記事項:
1998年4月から終了までは『ナイスデイ』として放送。
テンプレートを表示

おはよう!ナイスデイ』は、フジテレビ系列で1982年4月1日から1999年3月31日までにかけて生放送していた平日ワイドショー情報番組である。

1998年4月から放送終了までは、『おはよう!』をタイトルから外して、『ナイスデイ』のタイトルで放送された。

概要[編集]

小川宏ショー』の終了に伴い1982年4月1日に放送開始された。

1998年3月30日からタイトルは「おはよう!」を外して『ナイスデイ』に変更しリニューアルした。

1999年3月31日に番組は終了し17年の歴史に幕を閉じた。

後継番組は『情報プレゼンター とくダネ!』。終了時点の本番組は8:25開始だったが、『とくダネ!』では開始時間を8:00に繰り上げた。

出演者[編集]

放送時間・司会者[編集]

「おはよう!ナイスデイ」歴代メイン司会
期間 放送時間(JST 総合司会 アシスタント 芸能デスク
男性 女性
1982.4.1 1983.2.7 月曜 - 金曜 08:30 - 09:55(085分) 須田哲夫 荒川強啓 田丸美寿々 前田忠明1
1983.2.8 1983.3.25 (不在)
1983.3.28 1984.9.28 山田美也子
1984.10.1 1984.12.28 村野武範
1985.1.4 1985.3.29 (不在)
1985.4.1 1987.3.27 桑原征平2
1987.3.30 1990.9.28 向坂樹興 軽部真一 吉崎典子3
1990.10.1 1991.3.29 横井克裕 松尾紀子
1991.4.1 1993.3.31 川端健嗣 八木亜希子
1993.4.1 1994.3.31 小島奈津子
1994.4.1 1994.9.30 月曜 - 金曜 08:00 - 09:55(115分) 生島ヒロシ (不在) 大林典子4
1994.10.3 1995.9.29 月曜 - 金曜 08:30 - 09:55(085分)
1995.10.2 1998.3.27 向坂樹興 柴田光太郎
1998.3.30 1998.10.2 榊原るみ 笠井信輔1 (不在)
1998.10.5 1999.3.31 月曜 - 金曜 08:25 - 09:55(090分)

  • 1 『情報プレゼンター とくダネ!』も続投。
  • 2 系列の関西テレビのアナウンサーであったが、司会期間中は東京に単身赴任して出演していた。
  • 3 1期目の出演の末期に結婚し、大林姓を名乗るようになった。
  • 4 2期目の出演(その後現在の吉崎姓に戻る)となる。

コーナーキャスター[編集]

コメンテーター[編集]

レポーター[編集]

○印の出演者は『とくダネ!』も続投。尚、開始初期は初代司会に当番組の前に担当していた番組(『3時のあなた』、『FNNニュースレポート6:30』)でスタジオ進行ながらレポーターとしても多数の取材経験を積んでいた須田・田丸を起用した経緯から司会陣もレポーターを兼ねており、特に初代メインの須田は重要な事件の取材時にはスタジオキャスターとしてではなく、現場からの中継(もしくは電話)でレポーター扱いで出演することも多々あった。

ナレーション[編集]

ネット局[編集]

系列・略称は放送終了時点のもの。
「おはよう!ナイスデイ」ネット局
放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 基幹・制作局
北海道 北海道文化放送(UHB)
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit) 1991年4月1日開局から。11年ぶりにネット復活[3]
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT) 1987年3月までテレビ朝日系列とのクロスネット局
山形県 山形テレビ(YTS) 1993年3月31日のテレビ朝日系列へのネットチェンジにより打ち切り[4][5]
さくらんぼテレビ(SAY) サービス放送中の1997年3月17日から
福島県 福島テレビ(FTV) 1983年4月1日のTBS系列脱退・FNN加盟から[6]
新潟県 新潟総合テレビ(NST) 1983年10月1日のテレビ朝日系列脱退から[7]
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(T34→BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
山口県 テレビ山口(TYS) TBS系列 1987年9月までフジテレビ系列とのクロスネット局[8]
愛媛県 愛媛放送(EBC) フジテレビ系列 現・テレビ愛媛
高知県 高知さんさんテレビ(KSS) 1997年4月開局から
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN) 1990年9月まで日本テレビ系列とのクロスネット局
熊本県 テレビ熊本(TKU) 1989年9月までテレビ朝日系列とのクロスネット局
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
1993年9月までテレビ朝日系列とのトリプルネット局
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列 1994年3月まで日本テレビ系列とのクロスネット局
1982年9月までテレビ朝日系列とのトリプルネット局
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)

エピソード[編集]

  • 本番組とタイトルが良く似た、『FNN おはよう!サンライズ』とは同じフジテレビ制作である以外は無関係。
  • 1985年3月26日放送では、『キン肉マンへの質問大会』を行った。しかしそれに関する電話が殺到して20回線用意していた電話がパンクしてしまった。その影響で四谷1〜3丁目新宿1〜4丁目および市ヶ谷地区の電話が不通となり、四谷電話局にも被害が発生してしまった。
  • 第1回OPのタイトルアニメはスキャニメイトを使用したが、背景はフジテレビ社屋の凱旋門から玄関付近までを出演者、小学生、僧侶、料理長、バスガイド、OL、サラリーマン、外国人、高校生、警察官、ウェイトレス、赤ジャージの中学生などに扮したこの年の新入社員と一緒にジョギングするものだった。この第1回OPはカノッサの屈辱の他、1993年、2009年、2015年にフジテレビの特番にも流された。また、放送初期にはテーマソングが存在し、男性歌手が歌ったものだった。題名や歌手は不明だが、「ハローナイスデイ」、「oh~ナイスデイ」などと「ナイスデイ」をテーマにした歌だった。なお、エンディングではインスト版が流された。
  • 放送開始当初は前番組小川宏ショーの流れで、観客も入れていた。
  • 須田・桑原の共同司会時代には、2人とも、現在の報道・情報番組における「フィールドキャスター」のような役割も兼務。出演期間中の平日には、午前中にフジテレビのスタジオで本番(生放送)に臨むと、本番終了後から翌日(金曜日の場合には翌週月曜日)の本番直前まで、事件・芸能関係の取材(ロス疑惑日本航空123便墜落事故など)やインタビュー企画などで日本各地へ赴いていた。桑原は関西テレビ東京本社からの出向扱いで東京へ単身で赴任していたが、地元の関西地方で大きな事件(山一抗争豊田商事事件など)が相次いだことから、実際には東京と大阪を頻繁に往復していたという。
  • 1991年秋、八木がウッチャンナンチャン内村光良と交際をしていることが雑誌『フライデー』(同年10月4日号)に報じられ、八木が本番組内でこれを認める一幕があった(番組はこの件をトップ項目で取り上げた)。なお、八木と内村は後に破局している。
  • 1995年NHK連続テレビ小説春よ、来い』で主役だった安田成美の降板問題に対して、コメンテーターとして出演していた塩田丸男が行った発言が波紋を呼び[9]、この一件で塩田は当番組を始め、当時レギュラー出演していた全てのTV番組から降板する事態になった。
  • 2017年10月7日放送の土曜プレミアム『衝撃スクープSP 30年目の真実 ~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯・宮崎勤の肉声~』の中の再現ドラマで当番組のセットが再現された。

脚注[編集]

  1. ^ テレビ山口は8:00開始時代はTBS制作「ビッグモーニング」、8:25開始時代はTBS制作「おはようクジラ」を放送、またテレビ大分は日本テレビ制作「ズームイン!!朝!」を直前に放送しており終了時間を動かせない(特にテレビ山口はTBS系列単独ネットのため)のが理由である。
  2. ^ 真打ち昇進前の為、本名の小田桐英裕名義で出演。
  3. ^ 1980年3月の岩手放送の『小川宏ショー』ネット打ち切り以来の復活。
  4. ^ ただしケーブルテレビなどで近隣のフジテレビ系列局(仙台放送・秋田テレビ・福島テレビ・新潟総合テレビ)を受信できた場合は、4月以降も引き続き視聴可能だった。
  5. ^ ネットチェンジ後はテレビ朝日『モーニングショー』へ移行したものの、本番組打ち切り2日後に終了。
  6. ^ 1983年3月31日までは、TBSテレビ『モーニングジャンボ奥さま8時半です』をネットのため未ネット。
  7. ^ 新潟テレビ21開局に伴う。1983年9月30日まではテレビ朝日『モーニングショー』をネットのため未ネット。
  8. ^ 本番組を最後にフジテレビ系列平日午前のワイドショー枠のネットから離脱し、TBS制作『はなまるマーケット』へ移行。(これに伴い、FNS非加盟局での本枠のネットは終了した。)
  9. ^ 平成7年2月13日放送。阿部嘉昭「野島伸司というメディア」15ページ。吉田豪「人間コク宝2」73ページ
フジテレビ系 朝のワイドショー
前番組 番組名 次番組
おはよう!ナイスデイ

ナイスデイ
フジテレビ系 平日8時台前半枠(1994.04 - 1994.09)
おはよう!ナイスデイ
Super kids Zone ポンキッキーズ
※夕方から再移動、30分番組