原元美紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はらもと みき
原元 美紀
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1969-04-29) 1969年4月29日(48歳)
血液型 A型
最終学歴 國學院大学文学部
所属事務所 セント・フォース(2016年5月31日迄)
職歴 中部日本放送(CBC)
活動期間 1992年 - 現在
ジャンル フリーアナウンサー声優
配偶者 あり
公式サイト 原元美紀オフィシャルウェブサイト
出演番組・活動
現在 羽鳥慎一モーニングショー
過去 日テレNEWS24
スーパーモーニング
モーニングバード!

原元 美紀(はらもと みき、1969年4月29日 - )は、フリーアナウンサー声優である。東京都新宿区出身。血液型:A型。元中部日本放送(CBC)アナウンサー。元セント・フォース所属(2016年5月31日まで)。

来歴・人物[編集]

東京都立江北高等学校國學院大學文学部文学科日本文学専攻卒業。国語科教員免許取得。

1992年4月、中部日本放送にアナウンサーとして入社。1996年3月に同社を退社し、フリーアナウンサーに転身。1996年4月から、読売新聞のニュース番組『読売新聞はーい朝刊』(日本テレビ)のキャスターを3年担当。

1996年、テレビ東京アニメ『水色時代』で声優デビュー。1997年8月に個人ホームページ『原元美紀のマウスtoマウス』を開設。

チャリティ合唱団「神楽坂女声合唱団」に所属していた事があり、2002年7月『緑の星に』(エイベックス)発売。

2006年4月29日、37歳の誕生日に4歳年下の指揮者と入籍。

2007年5月、大腸ポリープが見つかり摘出手術。このポリープは悪性ポリープ(早期大腸癌)であったことを、2008年3月5日、『スーパーモーニング』内で鳥越俊太郎が語った。尚、早期発見による摘出のため、現在は全く問題ないという。また、山田邦子鳥越俊太郎らとともに、2008年4月、がん撲滅チャリティ合唱団「スター混声合唱団」を立ち上げ実行委員を務める(〜2012年6月まで)。

2008年秋より、大腸がん撲滅キャンペーンNPO法人ブレイブサークルのサポーターを務める。

東京アナウンスセミナー講師(2008年9月~2017年8月)、民放労連の研修講師(2011年~)。

2011年1月より、講談社ニュースサイト「現代ビジネス」にてコラム 「原元美紀の女子アナ健康塾」を連載。

2011年12月より、東日本大震災支援活動「音無美紀子の歌声喫茶」メンバーとして、被災地公演などを行っている。

2016年4月より、自身の経験、現場での体験を生かし、現役女子アナ、女子アナ経験者のブラッシュアップを目的とした勉強会 「原元美紀の女子アナワークショップ」を開催している。

2016年5月31日にセント・フォースを離れ、現在はフリー。

エピソード[編集]

  • 本人によると、アナウンサーとしての産みの父は草柳伸一、産みの母は斎藤悠子[1]
  • 1992年CBC入社のアナウンサー(角上清司中西直輝森合康行小高直子、原元美紀)は研修時から評判が良くなく、部長から「最低の年」と酷評されたと、当時の指導社員であった多田しげおが語っている[2]
  • CBC在籍時の1995年頃、ラジオの昼ワイド番組『もぎたてのカボチャたち』内でニュースを担当した時、相撲の話題で「休場」を“きゅうば”と読み、パーソナリティの広瀬隆ジョン・ギャスライトが“きゅうじょう”ではないかと指摘すると、「相撲では場所(ばしょ)と読むでしょ。だから“きゅうば”で合っているんです」と堂々と答え、更に「判らない事があったら何でも聞いてくださいね」と発言。直後に番組内で訂正と謝罪をしたが、自ら「“きゅうば”しのぎに謝りに来ました」と茶化したことから、当時のアナウンス部長に大目玉をくらい、顛末書(始末書)を書かされた。[3]CBCアナウンサーの多田しげおは「CBCには4年間しかいなかったが、CBCの看板を木っ端微塵に壊したアナウンサー」[4]、「世にも珍しい『天然ツッコミ』」[5]と語っている。
  • CBC退社後も年に数回、ゲスト出演やパーソナリティのピンチヒッターとしてCBCラジオに出演するほか、名古屋近辺に取材のさい、CBCにふと立ち寄ることもあるようである。すでに伝説化している様々な事件のためか、社内は緊張状態になるという。
  • 映画『ゴジラvsメカゴジラ』(監督大河原孝夫1993年)で、ゴジラ鈴鹿サーキットに現るという場面にエキストラとして出たことがある[6]
  • 2007年1月12日の『スーパーモーニング』(テレビ朝日系)にて公費視察旅行セクハラ事件の当事者である茨城県鉾田市の市議を直撃した際、同行した番組ディレクターが突き飛ばされるなど暴行を受け、倒れたところバックしてきた市議の車に轢かれそうになる。原元が暴行する市議を抑えようとしたり、その車を追いかける緊迫の場面もあり、当然その一部始終がテレビで放映された。その後[要出典]、視察旅行に同行した他の市議たちの「楽しかったからセクハラじゃない。1年半経って訴えるなんて捏造だ」、「ディレクターは自分で転んだんだろう」という態度に、「セクハラの被害者心理としてなかなか訴え出られないものだ」、「名前を確認しようとしただけなのにいきなり突き飛ばしてきた」と怒りを顕わにやり合う。この鉾田取材シリーズは視聴者の反響も大きく、YouTubeによって全世界に配信された。
  • 蔵書2000冊、卒論は「マンガ文化論」というマンガ好きが講じて、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に2006年より連載中の女子アナウンサーがヒロインのテレビ業界マンガ「電波の城」(細野不二彦著)のディテールを担当し、単行本第1巻の帯にも推薦コメントを寄せている。

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

CBC在籍時の担当番組[編集]

声優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原元美紀のミキペディア” (2015年9月10日). 2016年7月17日閲覧。
  2. ^ 2016年3月19日放送のラジオ特番で多田しげおが発言
  3. ^ 2016年5月6日、中部日本放送(CBCラジオ)の『北野誠のズバリ』にアシスタント出演した際に、「顛末書」であったことを本人が話した。
  4. ^ 原元美紀のマウスtoマウス” (2006年8月11日). 2009年7月23日閲覧。
  5. ^ 原元美紀のミキペディア” (2016年3月20日). 2016年6月5日閲覧。
  6. ^ 原元美紀 (2014年7月28日). “ゴジラとの再会!?”. 原元美紀のミキペディア. CyberAgent. 2016年5月18日閲覧。
  7. ^ フリー転向後、当番組が特番として復活(2016年3月19日、2017年3月10日)した際にも出演

関連項目[編集]

外部リンク[編集]