ウィルスパニック2006夏〜街は感染した〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィルスパニック2006夏〜街は感染した〜』(ウィルスパニック2006なつ まちはかんせんした)[1]とは、2006年6月27日日本テレビ系列の2時間ドラマ枠「ドラマ・コンプレックス」にて放映された単発ドラマ。

原作は篠田節子の『夏の災厄』(なつのさいやく)であり、バイオハザードを題材にした小説である。

東京近郊にある[2]架空のベッドタウン「昭川市」を舞台に、発生した謎の伝染病に立ち向かう看護師の活躍を描く。ドラマ内では、伝染病の描写以上に、噂に惑わされる人々の行動心理がリアルに描かれている。

アモス共和国という架空の島国が劇中で登場する。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ タイトルの「ウィルス」の語は、学術用語としては「ウイルス」が一般的である。
  2. ^ ウィルスパニック2006夏 街は感染した”. ドラマ・コンプレックス」公式サイト. 日本テレビ. 2016年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]