赤坂泰彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あかさか やすひこ
赤坂 泰彦
生年月日 (1959-11-25) 1959年11月25日(59歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
血液型 O型
ジャンル ラジオDJタレント司会者俳優ミュージシャン作詞家
活動期間 1982年 -

赤坂 泰彦(あかさか やすひこ、1959年11月25日 - )は、東京都出身の日本のラジオDJタレント司会者俳優ミュージシャン作詞家である。

略歴[編集]

東京都生まれ。同目黒区で育ち、日本大学櫻丘高等学校卒業。 千葉商科大学中退。

1982年(昭和57年)、ロックバンド「東京JAP」のドラマーとしてCBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)からデビュー。代表曲は「摩天楼ブルース」。バンド活動停止以降、憧れであったDJの道を本格的に志し、TBSラジオ等で活動を始める。

数本の深夜番組を担当。中でも『FMナイトストリートパジャマプレス』(JFN1988年10月〜1994年3月)で、同じJFNAラインの『スーパーFMマガジン』に勝るとも劣らない根強い人気を得る。1989年からTOKYO FMの夕方ワイド番組 『TOKYO POP ARENA(トーキョー・ポップ・アリーナ)』を担当。同番組は後に、『DANCE SHIP TOKYO(ダンス・シップ・トーキョー)』と改題され、3年半に亘って担当する。

1992年平成4年)『夢がMORI MORI』(フジテレビ系)にキックベースの実況として出演し、独特の言い回しを披露していた。スタート当初は顔出ししていなかった為、視聴者から番組に「顔を見てみたい」の声が寄せられ顔を出し、それ以降、番組進行役として顔出し出演もするようになる。

またこの時期(1992年4月 - 1993年3月)、テレビ神奈川(TVK)の生放送音楽番組『ファンキートマト'92('93)』にも番組後半のレギュラーとして出演していた。

1993年平成5年)4月1日、TOKYO FM系『赤坂泰彦のMillion Nights』の放送が始まり、1994年にこの番組での活躍が認められ、第31回ギャラクシー賞で、この年より個人賞から衣替えしたDJパーソナリティ賞を受賞した[1]

1995年平成7年)4月25日、TOKYO FM 開局25周年記念特別番組『赤坂泰彦の東京・ニューヨーク25時間スペシャル』をニューヨークから生放送。この時、憧れのウルフマン・ジャックとダブルDJを行う。

1996年10月、赤坂単独としては初[2]AMラジオレギュラー番組としてニッポン放送で『オールナイトニッポン』の日曜版と冠された番組がオンエアされる。

1997年9月30日、『Million Nights』降板(番組自体は1999年3月に終了)。日本テレビ系『THE夜もヒッパレ』のMCなど、その後もテレビ、ラジオのレギュラー番組を多数抱えた。

1998年長野五輪聖火ランナーとして長野県飯田市内を走る。

人物[編集]

テレビ番組で司会やコメンテーターなどで出演する時はトーンを抑えた理知的なキャラクターだが、ラジオ番組のDJではそれとは別人のようにハイテンションに振る舞う。『ミリオンナイツ』の「うさんくさいポップス」のコーナーでは曲の趣旨や歌っている歌手を問わずツッコミを繰り返していた。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

FM[編集]

インターネット[編集]

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

FM
AM

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

作詞[編集]

  • 尾崎家の祖母(おざきんちのばばあ)パート3 (まりちゃんズと共同作詞、1994年。行方不明<いがたふみあき>名義でプロデュースも行う)
  • ありがとう…勇気TOKIOの楽曲、1996年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第31回ギャラクシー賞受賞作品 放送批評懇談会公式ウェブサイト
  2. ^ 初のラジオDJとしてはTBSラジオである(2006年7月23日「伊集院光日曜日の秘密基地」に赤坂本人がゲスト出演した際に発言)が、その際は「東京JAP」としての担当であった。

外部リンク[編集]