全日本有線放送大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全日本有線放送大賞
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
監督 梅田尚哉(舞台監督)
出演者 歴代司会者
浜村淳
鳳蘭
宮田輝
桂三枝(現・六代桂文枝
島田紳助
坂本冬美
神田正輝
三井ゆり
今田耕司
赤坂泰彦
堺正章
川島なお美
藤原紀香
中村玉緒
製作
プロデューサー 藤澤國彦 / 弘中謙(CP)
各話の長さ 114分
制作 讀賣テレビ放送
(全日本有線放送大賞主催)
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1968年12月10日 - 2000年11月18日
放送時間 土曜19:00 - 20:54
放送枠 スーパースペシャル
回数 33

特記事項:
放送時間は第27回(1994年)から第33回(2000年)のもの。
スタッフは第33回(2000年)担当者。

全日本有線放送大賞(ぜんにほんゆうせんほうそうたいしょう)とは1968年から2000年まで讀賣テレビ放送大阪有線放送社(現在のUSEN)が共催していた歌謡曲の年間表彰である。初期を中心に上半期と年間の2回に分けて表彰された年もあるが、後に年1回(年間)のみの開催となった。ABC歌謡ゴールデン大賞・新人グランプリ』と並ぶ大阪で開催された音楽賞レースの1つである。

概要[編集]

これは大阪有線放送社の有線放送を受信している利用者の楽曲へのリクエストの回数を基に審査するものであり1年間で最も多くのリクエストを獲得した楽曲を歌ったアーティストに贈られる大賞(以下グランプリ[1])を頂点に読売テレビ特別賞、ゴールドリクエスト賞、またその年デビューした新人アーティストの楽曲を対象とした新人賞とそこから選ばれる最優秀新人賞といった表彰があった。尚、1978年〜1989年は12月の年間のグランプリの選考・発表に加え、7月にも上半期における大阪有線でのリクエスト結果を元にした上半期グランプリの選考・発表も行われていたが、1990年度以降は年間グランプリ1本に統一された。

浜村淳の司会・進行で長年親しまれたが、1992年の第25回で降板し、1997年以降は堺正章が担当、2001年と2002年は『ALL JAPANリクエストアワード』へ、2003年以降は『ベストヒット歌謡祭』へ継承される(2011年以後は賞レース形式を廃止)。

大賞となるグランプリが決定すると天井から大量の紙吹雪が舞い、受賞者に読売テレビから賞金100万円とゴールデントロフィーが贈られた。グランプリは「栄光の星座」という愛称が付け加えられた。受賞者が歌うと紙吹雪が再び舞う[2]。後継番組の『ベストヒット歌謡祭』(2005年)まで続いていたが、その後はなくなった(理由は不明)。最優秀新人賞を受賞した歌手にも大賞を受賞する権利を与えられた時期もある(浜村が司会をしていた頃、1992年の第25回まで)。

開催会場は初期(「夜のレコード大賞」)は読売テレビの本社スタジオ(「11PM」の収録スタジオ)、独立番組化した1976年以降はよみうり文化ホールフェスティバルホール大阪城ホールが主に使用された。

沿革[編集]

ネオン街で口ずさまれている曲が本当のヒット曲ではないのか」というスタッフらの会話がきっかけで誕生[3]。もともとは読売テレビが制作して日本テレビ系列で放送されていた深夜のワイドショー『11PM』の年末企画「夜のレコード大賞」としてスタート[3]。このタイトルには「日本レコード大賞アンチテーゼ」という意味が込められていた[3]。1976年度・第9回より独立して日本テレビ系列の「木曜スペシャル」枠で放送されることとなり、『全日本有線放送大賞』(以下「全日本有線」)に改称した(独立後も『11PM』枠で新人賞ノミネートや当日放送後のパーティーが放送され、各受賞者が司会の藤本義一からインタビューを受ける事が慣例となっていた)。

1991年開催の第24回からは前年限りで終了した日本テレビ主催『日本テレビ音楽祭』の内容の一部を引き継いだ。

1992年8月30日に『24時間テレビ15「愛の歌声は地球を救う」』で『全日本有線』の過去の受賞者が受賞曲を披露する歌謡ショー形式として編成されたが、開始当初から続いた読売テレビ放送枠はこの回で終了した。

1995年開催の第28回からは、審査対象が楽曲からアーティストに変わった[3]。またノミネート制を廃止したことで欠席したアーティストが多く受賞するようになった。但し、グランプリと最優秀新人賞は出席したアーティストのみが受賞できる規定があった[3]。実際に1999年開催の第32回では最多リクエストを獲得した宇多田ヒカルが出演を辞退したため、次点のGLAYがグランプリを受賞した[3]。欠席者が受賞する問題はのちの『ALL JAPANリクエストアワード』に続いたが、『ベストヒット歌謡祭』になってからは欠席者の受賞を廃止した。

グランプリ連覇の最長記録は4連覇で浜崎あゆみが2000〜2003年に達成、全日本有線放送大賞限定だと3連覇でテレサ・テンが1984〜1986年に達成している(年間ベース)。

1978年から1988年の11年間はTBS系の『ザ・ベストテン』の放送日と重なり、『全日本有線』の終了直後に『ベストテン』が始まり、『全日本有線』に出演したアーティストがその週の『ベストテン』にランクインした場合は、“追っかけマン(ウーマン)”役のMBSアナウンサーの仕切りで、会場近くから中継で歌うことが恒例であった。この中継には当時『全日本有線』の司会を務めていた浜村が局の垣根を越えて出演[4]し、イントロに乗せて曲の紹介をした。

部門賞にまつわるエピソード[編集]

司会者[編集]

歴代グランプリ(大賞・金賞)受賞一覧[編集]

回数 放送日 受賞歌手 受賞曲
第1回 1968年12月?日 森進一 盛り場ブルース
第2回 1969年12月?日 青江三奈 長崎ブルース
第3回 1970年12月4日 内山田洋とクール・ファイブ 噂の女
第4回 1971年12月?日 鶴田浩二 傷だらけの人生
第5回 1972年12月7日 内山田洋とクール・ファイブ この愛に生きて
第6回 1973年12月8日 ぴんからトリオ 女のみち
第7回 1974年12月?日 渡哲也 くちなしの花
第8回 1975年12月?日 さくらと一郎 昭和枯れすゝき
第9回 1976年12月9日 都はるみ 北の宿から
第10回 1977年12月8日 小林旭 昔の名前で出ています
第11回 上期 1978年?月?日 増位山 そんな女のひとりごと
年間 1978年12月7日 沢田研二 LOVE (抱きしめたい)
第12回 1979年12月6日 小林幸子 おもいで酒
第13回 上期 1980年?月?日 もんた&ブラザーズ ダンシング・オールナイト
年間 1980年12月4日 もんた&ブラザーズ(2) ダンシング・オールナイト
第14回 上期 1981年?月?日 寺尾聰 ルビーの指環
年間 1981年12月17日 山本譲二 みちのくひとり旅
第15回 上期 1982年7月4日 サザンオールスターズ チャコの海岸物語
年間 1982年12月9日 細川たかし 北酒場
第16回 上期 1983年?月?日 佳山明生 氷雨
年間 1983年12月8日 都はるみ(2)
岡千秋
浪花恋しぐれ
第17回 上期 1984年?月?日 安全地帯 ワインレッドの心
年間 1984年12月13日 テレサ・テン 愛人
第18回 上期 1985年?月?日 吉幾三 俺ら東京さ行ぐだ
年間 1985年12月12日 テレサ・テン(2) つぐない
第19回 上期 1986年7月13日 中森明菜 DESIRE -情熱-
年間 1986年12月11日 テレサ・テン(3) 時の流れに身をまかせ
第20回 上期 1987年7月5日 吉幾三(2) 雪國
年間 1987年12月10日 瀬川瑛子 命くれない
第21回 上期 1988年7月?日 テレサ・テン(4) 別れの予感
年間 1988年12月8日 吉幾三(3) 酒よ
第22回 上期 1989年7月8日[5] Wink[6] 愛が止まらない 〜Turn it into love〜
年間 1989年12月14日[7] Wink[8](2) 淋しい熱帯魚
第23回 1990年12月6日 堀内孝雄 恋唄綴り
第24回 1991年12月12日 沢田知可子 会いたい
第25回 1992年12月10日 米米CLUB 君がいるだけで
第26回 1993年12月9日 高山厳 心凍らせて
第27回 1994年11月26日 藤谷美和子
大内義昭
愛が生まれた日
第28回 1995年11月25日 シャ乱Q (なし)
第29回 1996年11月23日 シャ乱Q(2)
第30回 1997年11月29日 GLAY
第31回 1998年11月21日 L'Arc〜en〜Ciel
第32回 1999年11月20日 GLAY(2)
第33回 2000年11月18日 浜崎あゆみ

第1回〜32回の大賞受賞歌手・曲の出典:[3]

スタッフ(2000年 (第33回))[編集]

  • 構成:八木晴彦
  • 舞台監督:梅田尚哉
  • ディレクター:山口剛正
  • プロデューサー:藤澤國彦
  • チーフプロデューサー:弘中謙

脚注・出典[編集]

  1. ^ 大賞は第1回のみ、第2回から第8回までは金賞。
  2. ^ 音楽番組でなければMBSクイズMr.ロンリー』、ABC『THE ビッグ!』でも同様の演出が使われていた。
  3. ^ a b c d e f g h 「[e-ライフTV新時代]第33回全日本有線放送大賞 グランプリは?」『読売新聞』2000年11月17日付大阪朝刊、33頁。
  4. ^ MBSラジオでも『ありがとう浜村淳です』なる冠番組を担当しているよしみもある。
  5. ^ 『読売新聞縮刷版』1989年7月8日朝・夕刊テレビ番組表。
  6. ^ ザテレビジョン』1989年第31号「情熱つたわれWINK」p.33(各地方版共通)などに言及あり。
  7. ^ 『読売新聞縮刷版』1989年12月14日朝・夕刊テレビ番組表。
  8. ^ スコラ』1990年5月10日号p.174などに言及あり。

関連項目[編集]