パックインミュージック21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パックインミュージック21( - トゥエンティーワン)は、1992年4月から1993年9月まで、TBSラジオ(当時は東京放送で運営)をキー局にJRN系列で放送されていた深夜放送ラジオ番組。

概要[編集]

1970年代のTBSラジオの深夜枠を代表する番組だった『パックインミュージック』の復活をコンセプトとしてスタート。月曜日から金曜日までの深夜0時から3時の3時間枠でスタートし、0時から2時までの第1部、2時から3時までの第2部の2部構成を取っていた。金曜日にはそれまでTBSラジオのローカル番組として人気を博していた『SURF&SNOW』を持ってきた。

パーソナリティのうち数人は前番組『スーパーギャング』から続投。「21」をタイトルに付けたのは、“21世紀へ向けて”という意味合いもあった[1]

立川俊之を除いてパーソナリティを総入れ替えしテコ入れを図ったが、結局1年半後の1993年9月で番組は終了した。

その後当番組のパーソナリティで、宮川賢のみがTBSラジオで定着していくことになる(半年後の1994年4月に宮川賢の深夜ビタミン族で復帰)。バカルディは改名後のさまぁ〜ずとして2002年にTBSラジオで番組を開始している(木曜Junk さまぁ〜ずの逆にアレだろ!?)。

放送時間[編集]

ネット局[編集]

  • TBSラジオ
  • 山陽放送
  • 北海道放送(1992年4月〜9月は25:00から、同年10月以降は24:00からスタート)
  • RKB毎日放送(1992年4月〜1993年9月の全期間、25:00スタート)
  • 琉球放送(1992年4月〜1993年9月の全期間、25:00スタート)

パーソナリティ[編集]

月曜日[編集]

  • 1部
  • 2部
    • ちはる、バカルディ(1992年4月〜12月、『スーパーギャング』から続投)
    • KIX-S(1993年1月〜9月)

火曜日[編集]

水曜日[編集]

木曜日[編集]

金曜日[編集]

  • 1部
    • 「SURF&SNOW」(DJ・松宮一彦、1992年4月〜1993年9月)
  • 2部
    • スペシャル・週替わり(1992年4月〜1993年9月)

※金曜に限り、「SURF&SNOW」が1・2部ぶち抜きで3時間番組として放送される場合があった。

主なコーナー[編集]

ちはる&バカルディ[編集]

ダジャレブルース
青江三奈の『伊勢佐木町ブルース』の印象的なイントロダクションに合わせて一発ギャグのネタを読んでいく。喘ぎ「アン、アン」の部分にかぶせて読むので、ネタの形式は“四段オチ”となっていた。ちはる&バカルディのすぐ後の2部に出演していたKIX-Sがよくネタにされていたことがあった。
ポキールのコーナー
生物“ポキールさん”に様々な質問をぶつける。正式なコーナー名はなかったので「ポキール」や「ポキールのコーナー」と呼ばれていた。主にポキールさんの容姿趣味などに関わる質問がほとんどだったが、コーナー後半では即興で答えるシステムに疲れ果て、答えを投げやりにする場面も多かった。ちなみにポキールさんが出演している時は、なぜか大竹が居なくなった。

ルー&ラッキィ[編集]

ちんぐり返して逆さおじさん
基本的には下ネタの言葉を募集していた。まず逆からの言葉を読み、ラッキィの「おじさんがちんぐり返すと〜」のコールの後に正しい方から読んだ言葉を発表。
ラッキィ池田のファンクラブ名を付けちゃおうコーナー
カオマの『ランバダ』をBGMにしてネタを紹介。有名人やテレビ番組などのファンクラブ名を付けようというコーナーだったが、同じTBSラジオの『コサキン快傑アドレナリン』(後の『コサキンDEワァオ!』)と同じ様に「意味ねぇ、くだらねぇ」ネタが多く(有川周一コサキンのスタッフもこの番組にかかわっていたため)、水野晴郎里見浩太朗高橋英樹らがよくネタにされていた。最後に読まれるのは決まって加藤剛のファンクラブ名であった[2]

脚注[編集]

  1. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス) 1992年春号(3ページ) より。
  2. ^ 「TBS 954 TIME TABLE」1993年4月号でのインタビューより。
JRN系 平日 24時〜27時の深夜番組(1992年4月〜1993年9月)
前番組 番組名 次番組
SURF&SNOW(月〜木)
※パックインミュージック21 金曜1部に移動
東京RADIO CLUB 20's(金)
(24:00〜24:40)
清水国明・千堂あきほの
真夜中ジャンクション

(24:40〜25:00)
スーパーギャング
(25:00〜27:00)
パックインミュージック21