平松愛理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平松 愛理
出生名 平松 絵里
生誕 1964年3月8日(52歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県神戸市須磨区
学歴 神戸海星女子学院大学文学部英文学科卒業
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
担当楽器 ピアノ
活動期間 1989年 -
レーベル ポニーキャニオン(1989 - 1999)
ユニバーサルミュージック(1999 - 2011)
テイチクエンタテインメント(2011 - 現在)
事務所 ひらまつ堂
公式サイト 平松愛理オフィシャルサイト

平松 愛理(ひらまつ えり、1964年3月8日 - )は、日本シンガーソングライター作詞家作曲家。本名:平松 絵里(読み方同じ)。

兵庫県神戸市須磨区出身。所属事務所ひらまつ堂。ソロ歌手として活動する一方、他の歌手に楽曲提供も行っている。

来歴[編集]

1964年、兵庫県神戸市に生まれる。父、母、兄の4人家族で育った[1]。父親は平松医院を経営。兄は大阪大学医学部消化器内科医局長。

平松が音楽と出合ったのは3歳の時。実家の隣に住む七歳上の女の子が持つ電子オルガンを見たのがきっかけ。すぐに自分も同じオルガン教室に通うようになり、4歳からはオルガンとともにピアノも習い始める[1]

10歳の頃、洋楽好きでカーペンターズ・ファンの4歳上の兄の影響で、歌に興味を持ち始める。兄のギターの弾き語りに合わせてピアノを弾きながらカーペンターズをハモっていた[1]

親和中学校・親和女子高等学校に進学。中学ではコーラス部に入る。そのかたわら、ピアノでオリジナル曲を作り始める[1]。高校では軽音楽部に入部、ボーカルとしてガールズバンド「ワイプアウト」に加わる。そのバンドで出演した学園祭でオリジナル曲を披露、自分で作詞作曲した歌を歌って観客に拍手をもらったことでプロを意識するようになった[1]

17歳の時に関西ローカルのオーディション番組「ヤングプラザ」に出演。それまでバンド活動に反対していた両親が、テレビに出たことで反対しなくなり、さまざまなコンテストに挑戦するようになった[1]

1982年、18歳の頃に古川昌義 (G) 、森俊之 (Key) 、山下政人 (Dr) とともに「ERI & WONDERLAST」を結成、神戸海星女子学院大学進学後も関西を拠点にアマチュアとして活動。

1986年、22歳の時に東京での再会を約束して「ERI & WONDERLAST」のメンバーと別れ、単身上京。アルバイトをしながら曲を作り、週二回はレコード会社に売り込みをかける生活をおくる[1]

1987年、村田和人(むらたかずひと)率いる4人組のユニットHoney & B-Boysのアルバム『Back to Frisco』でレコードデビュー。「My Wish」などの曲でボーカルを執っている(ただし名前の表記は本名の「平松絵里」)。他の2人は、のちにソロデビューする西司(にしつかさ)と、パイパーのリーダーである山本圭右(やまもとけいすけ)。

上京して三年ほど経った頃、レコード会社のディレクターがデイヴ・スチュワート & バーバラ・ガスキンを好きだと知り、最初に持ち込んだ曲を彼ら風のアレンジにやり直して再び持ち込んだ。するとそれが気に入られ、デビュー曲に採用された[1]

1989年2月21日、シングル「青春のアルバム」とアルバム『TREASURE』でポニーキャニオンよりソロデビュー。

1992年、アルバムからシングルカットした「部屋とYシャツと私」が100万枚近いセールスを記録するヒットとなり、ブレイクを果たす。同年、ユニットHIRA^O SAKIとして、尾崎亜美崎谷健次郎と共同で、シングル・アルバム『My Best Friends』をリリース。

1994年1月29日、ともに楽曲制作をしていた編曲家清水信之結婚。結婚式場は東京・代沢の東京聖三一教会。なお、出産後「両親ふたりとも家を遅くまで留守にするのは育児に差し障る」という配慮から、平松と清水が組んで仕事をするのは差し控えるようになった[2]

1995年1月17日、神戸の実家が阪神・淡路大震災で倒壊。同年4月21日、震災チャリティソング「美し都〜がんばろやWe love KOBE〜」をリリースする。

1996年に女児を出産。しかし、デビュー当時から患い、以後毎日の様に痛みに煩わされ続けた子宮内膜症のせいで、母子共に危険な状態であった。

1997年1月17日、阪神淡路大震災復興支援ライヴ「KOBE MEETING」を開催。その後、1月17日に毎年神戸市内で開催し続けている。

1999年、レコード会社をユニバーサルミュージックに移籍。

2001年、子宮内膜症が悪化し、子宮を摘出。その半年後の2002年には乳癌が見つかり、音楽活動の休止を余儀なくされる。休止中は各地での講演活動に参加した。

2004年4月21日、新曲「YOU ARE MINE/部屋とYシャツと私2004」をリリースし、歌手活動を再開。また、併せて闘病手記「部屋とYシャツと『私の真実』」も上梓した。これ以外にも雑誌、新聞にエッセーを執筆。

2005年8月2日、子育てと仕事とですれ違いが生じ、代理人を通して離婚届を提出した。報道によると、憎み合っての離婚ではなく、慰謝料等も特に生じず、娘(親権は平松が得た)の学校行事には父母揃って参加しているとのこと。同年、「KOBE MEETING」の活動などが認められ、神戸大使を委嘱される。

2008年、新しい形のライブ「SLOW ROOM」を始める。

2009年、20周年記念に「ERI & WONDERLAST」を再結成、3月と12月にライブを行う。

2010年5月、神戸への社会貢献が認められ、第64回神戸新聞文化賞を受賞。5月30日、「がんばろうKOBEデー」と題してスカイマークスタジアムで行われたオリックス対ヤクルト戦にて、阪神大震災復興支援ソング「美し都〜がんばろやWe love KOBE」(作詞:阿久悠、作曲・歌:平松愛理)と国歌独唱を行う。

2011年、テイチクエンタテインメントのコンチネンタル・スターレーベルへ移籍。同年第一弾シングル『いいんじゃない?』、2012年に第一弾アルバム『花と太陽』をそれぞれ発売。

音楽[編集]

デビュー当初は西平彰編曲であったが、3枚目のアルバム『MY DEAR』、シングルでは「月のランプ」以降、編曲家清水信之に代わる。清水信之による平松作品は数多いが、例えば、「戻れない道」の編曲は、打ち込み主体の通常の電子音スタイルとは異なり、アコースティックハープフルートをメインに使うといった、かつての松任谷正隆的な手法を用いている。

エピソード[編集]

  • 「部屋とYシャツと私」に関連してのインタビューにおいて、選択的夫婦別姓に関して、「結婚には覚悟がいる。名字が変わることは、新たな家庭をスタートするに当たっての『けじめ』みたいな部分はあるが、離婚の際の子供のこと、喪失感なども考えれば、別姓の選択は自然なこと」と賛同している[3]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1989年2月21日 青春のアルバム S10A0239
CT:10P13330
EP:7A0948
2nd 1989年7月21日 太陽のストライキ S9A-11030
9P-10031
3rd 1989年11月21日 駅のない遮断機 PCDA-00030
4th 1990年5月21日 月のランプ PCDA-00086 フジテレビ系バラエティ『ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!』エンディングテーマ
5th 1990年12月5日 素敵なルネッサンス PCDA-00143
PCSA-00095
フジテレビ系バラエティ『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』エンディングテーマ
6th 1991年5月21日 虹がきらい PCDA-00184
PCSA-00128
TBS系バラエティ「ぷるるんクニクニ島」エンディングテーマ
7th 1991年11月21日 思い出の坂道 PCDA-00241
8th 1992年3月21日 部屋とYシャツと私 PCDA-00289 さだまさしのヒット曲『関白宣言』のアンサーソングと言われている。
(2013年01月12日付朝日新聞beうたの旅人より)
のちにmihimaru GTがアルバム『mihimagic』・
2008年Cooley High Harmonyがデビューアルバム「Voice from Kobe」の1曲目にカヴァー収録している。
もともとは1990年発売の『MY DEAR』に収録されていた。
9th 1992年6月3日 マイ セレナーデ PCDA-00313 トヨタカローラセレスCMソング
サビが「セレス」と聞こえる)
10th 1992年9月2日 もう 笑うしかない PCDA-00353 日新火災CMソング
(『笑っていいとも!』身内自慢コンテストのオープニングでも使用されている。)
11th 1993年3月8日 Single is Best!? PCDA-00414 横浜銀行CMソング
CDTV』放送第一回ゲストライブ曲
12th 1993年11月3日 戻れない道 PCDA-00504 フジテレビ系木曜劇場(10時枠)ドラマ『都合のいい女』主題歌
13th 1994年2月2日 一夜一代に夢見頃 PCDA-00545
14th 1994年7月21日 女(ハナ)の命は短くて PCDA-00624
15th 1994年10月21日 あなたのいない休日 PCDA-00659 映画『居酒屋ゆうれい』主題歌
16th 1995年4月21日 美し都〜がんばろやWe love KOBE〜 PCDA-00659 神戸復興「がんばろや! WE LOVE KOBE」キャンペーンソング。
作詞は淡路島出身の阿久悠で作曲が平松。
コーラスに岡村孝子沢田知可子大江千里島倉千代子が参加している。
この作品はチャリティーシングルとして発売されたため、印税は神戸復興のチャリティー基金となる(現在廃盤)。
1995年7月までに約11万枚を販売した[4]
2004年まではアルバム未収録曲だったが、2005年発売のオムニバス『名曲発掘! ジュエル・バラッズ』で晴れてアルバム収録となった。
また、JR西日本三都物語」CMソングとしても流された。
17th 1995年11月20日 おしえて神様 PCDA-00775 武田食品ビタミンサラダCMソング
18th 1996年5月17日 Midnight Sun PCDA-00857
19th 1996年9月23日 ビビッとドキッとGood Day PCDA-00895 カルビーア・ラ・ポテトCMソング
20th 1997年6月4日 宇宙でたったひとつの今日 PCDA-00981 トヨタイプサムCMソング
21st 1997年9月3日 この街のどこかで PCDA-00994 フジテレビ系『金曜エンタテインメント』メインテーマ曲
22nd 1999年4月21日 Endless Moment MVDH-9015 TBS系愛の劇場『はれ時々くもり』主題歌
ユニバーサルビクター移籍第一弾シングル
23rd 2000年6月16日 ウサバラ・DE・東京 MVCH-1209
24th 2001年11月21日 愛情レストラン UUCH-5036
25th 2004年4月21日 YOU ARE MINE/部屋とYシャツと私2004 OWCE-1001 ※“HeartFullMoon”レーベルよりリリース
26th 2005年7月11日先行発売
同年8月2日全国発売
蒼い芝生 ロッテリアイメージソング
※ロッテリアのみの数量限定販売シングル
“HeartFullMoon”レーベルよりリリース
27th 2011年11月9日 いいんじゃない? TECG-37 TV「いつもココロに太陽を」主題歌
テイチクエンタテインメント移籍第一弾シングル

アルバム[編集]

[オリジナル]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1989年2月21日 TREASURE D32A0419:CD
28P6872:CT
C28A0689:LP
2nd 1989年11月21日 とっておきの20秒 PCCA-00011:CD
PCTA-00010:CT
3rd 1990年12月15日 MY DEAR PCCA-00120
4th 1991年11月27日 redeem PCCA-00318
5th 1992年9月18日 Erhythm PCCA-00392
6th 1993年12月17日 一夜一代に夢見頃 PCCA-00528
7th 1994年11月11日 7 DAYS GIRL PCCA-00655
8th 1996年7月22日 Reborn PCCA-00981
9th 1997年12月3日 fine day PCCA-01163
10th 2000年9月1日 Usa-Bara UUCH-1002 ※ユニバーサルビクター移籍第一弾アルバム
11th 2004年10月6日 秋の虹 OWCE-2001 活動復帰ライブの一部を収録したDVD付き
※“HeartFullMoon”レーベルよりリリース
12th 2012年1月18日 花と太陽 TECG-30059 新曲に加え、ヒット曲のアレンジ版も収録。
アルバム、楽曲制作について自身で語るmpeg動画付き
映画『くろねこルーシー』主題歌
※テイチクエンタテインメント移籍第一弾アルバム
13th 2014年10月8日 La La, Smile DDCZ-1985

[ベスト]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1993年4月7日 Single is Best PCCA-00436
2nd 1998年2月18日 バラードベストコレクション 可憐〜Karen〜 PCCA-01181 2枚組バラードベストアルバム
3rd 1999年6月2日 ベストセレクション〜青春のアルバム〜 PCCA-01337 デビュー曲「青春のアルバム」の別アレンジバージョン「青春のアルバム (upgrade)」を収録
4th 2002年4月17日 Anthology 平松愛理BEST PCCA-01676
5th 2005年11月16日 平松愛理 THE SINGLE BEST PCCA-02206
6th 2008年7月16日 平松愛理 BEST COLLECTION PCCS-00042
7th 2011年5月18日 ゴールデン☆ベスト PCCA-03391
8th 2015年6月17日 プラチナムベスト 平松愛理 シングル&バラード コレクション PCCA-50203

[その他]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1996年1月19日 Eri’s“B”Good PCCA-00872 オリジナルアルバム未収録シングルカップリング曲を編集し、別アレンジに収録したミニアルバム
2nd 2003年9月25日 自分次第。 FLCF-3986 活動休止中、「Hi-hats」名義でリリースしたアルバム
フォーライフよりリリース
3rd 2007年3月21日 Voice Colors〜あなたといたころ〜 VICL-62319 コンピレーション・ カバー・アルバム。
大江千里の「天気図」、中島みゆきの「」をカバー。
ビクターエンタテインメントよりリリース。

映像作品[編集]

[PV]

  発売日 タイトル 規格品番
1st 1993年4月28日 Variacion CHAPTER1 PCVP-51143:VHS
2nd 1996年1月19日 Variacion 2 PCVP-51805:VHS
1996年1月19日 Variacion I & II PCLP-00593:LD
3rd 1999年6月2日 Variacion 1&2 And More PCVP-52592:VHS

書籍[編集]

  1. ゲキツー!!―子宮内膜症との闘いの日々(2001年8月23日)
  2. 部屋とYシャツと「私の真実」(2004年2月25日)
  3. しあわせになろうよ(2005年9月30日)

楽曲提供[編集]

  • 浅香唯
    「友達に戻ろう」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:加藤和彦
  • YeLLOW Generation
    「チョコレイト〜鮮烈な味わい魅惑の世界〜」 作詞:Yuko、作曲:平松愛理、編曲:清水信之
  • 市川実和子
    「ガラスの林檎」 作詞:小野小福、作曲:平松愛理、編曲:井上鑑
    「22歳のMellow」 作詞:小野小福、作曲:平松愛理、編曲:井上鑑
  • 加藤紀子
    「Invitation」 作詞:平松愛理、作曲:アルベルト城間、編曲:清水信之
  • Clair
    「明日へ」 作詞:平松愛理、作曲:Marty Friedman、編曲:佐藤公一郎
  • 佐々木ゆう子
    「ギュッとずっと」 作詞:平松愛理、作曲:木根尚登、編曲:清水信之
  • 沢田知可子
    「あなたに教えたい」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:小野沢篤
  • 島倉千代子
    「愛ひとひら」 作詞:島倉千代子、作曲:平松愛理、編曲:竜崎孝路
    「ときめきよこんにちわ」 作詞:島倉千代子、作曲:平松愛理、編曲:矢野立美
  • 鈴木康博
    「クィーンズボローの橋の上で」 作詞:平松愛理、作曲・編曲:鈴木康博
  • 高橋由美子
    「最上級I LIKE YOU」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:清水信之
  • 田村英里子
    「リバーシブル」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:井上鑑
    「街路樹のAFTERNOON」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:武部聡志
    「助手席のPrefume」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:萩田光男
    「Domino」 作詞:平松愛理、作曲:鈴木康博、編曲:萩田光男
  • 長女隊
    「妹のように」 作詞:及川眠子、作曲:平松愛理、編曲:COZY
  • 鶴久政治
    「君だけを…」 作詞:平松愛理、作曲:鶴久政治、編曲:西平彰
  • 搭堂なつ
    「ドアの向こう」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:清水信之
    「彼と私の新しい関係」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:清水信之
  • 西田ひかる
    「ああ ホント やんなっちゃう」 作詞:平松愛理、作曲・編曲:久保田利伸
  • 細川直美
    「十月人魚」 作詞:及川眠子、作曲:平松愛理、編曲:若草恵
  • 真璃子
    「Boy Friend」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:冨田素弘
  • 三浦理恵子
    「テンダークリスマス」 作詞:和泉ゆかり、作曲:平松愛理、編曲:山川恵津子
  • 村井麻里子
    「3年分の雫」 作詞:白峰美津子、作曲:平松愛理、編曲:樫原伸彦
  • 森口博子
    「Someday Everyday」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:清水信之
    「Shocking Blue」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:清水信之
  • 薬師丸ひろ子
    「ANTIQUE CLOCK」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:船山基紀
    「平凡」 作詞:小室みつ子、作曲:平松愛理、編曲:清水信之
  • 山口由子
    「GO・ME・N」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:武部聡志
    「エレベーターアクシデント」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:武部聡志
  • LILY
    「信じれば」 作詞:JOE、作曲:平松愛理、編曲:森俊之
  • ribbon
    「Station Break」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:水島康貴
    「after school 4o'clock」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:西脇辰弥
    「君ならば大丈夫」 作詞・作曲:平松愛理、編曲:西脇辰弥

テレビ番組[編集]

KOBE MEETINGについて[編集]

「KOBE MEETING」とは、1995年1月17日に平松の故郷・神戸を襲い、実家も被災となった阪神・淡路大震災兵庫県南部地震)の記憶を風化させまいとの主旨で、出産翌年の1997年以降、毎年1月17日に神戸市内で平松自らが企画の上、行っているチャリティーライブ。

1997年から1999年までは、サンテレビジョンの番組との連動という形で、毎年会場を変えつつ、平松は“神戸にゆかりのあるミュージシャンの一人”としての参加だったが、2000年以降、平松の単独ライブという形式に変わる。

2002年4月に上述の通り活動休止を余儀なくされ、このライブの開催も危ぶまれたが、当時毎年の開催の場('00~'05年)であったライブハウス・チキンジョージ(神戸市中央区)側の懸命なスケジュール調整や、何より震災に拘り続ける平松本人の強い意向もあり、本来休業期間とされていた間も、KOBE MEETING当日だけは公の場に姿を見せライブを敢行。以降、会場・ステージング(ソロライブから、神戸を活動の拠点とする複数アーティスト出演による、いわゆる“対バン形式”へ)の変更が施されるも、“音楽を通しての被災者への鎮魂と被災地の復興”という当初のコンセプトは変えずに続けられている。

回を重ねるごとにNHK神戸放送局、サンテレビジョン、ラジオ関西神戸新聞といった地元はもとより、兵庫県外のメディアからも取材を受けるようになり、この長期にわたるチャリティー活動が高く評価され、アーティスト活動再開からまる1年の2005年4月21日、平松は神戸市より「神戸大使」の委嘱を受けている。

このライブの収益およびグッズの収益等から、ライブ実施にかかる諸経費を差し引いた金額、さらに当日の会場内での募金等をあわせ、毎年同市東灘区にある「あしなが育英会・レインボーハウス」へ寄付(2012年以降は前年の東日本大震災発生を受け、東北レインボーハウスの設立基金にも充当)。ライブ当日に代表者への目録贈呈が行なわれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h Music Travel. BSジャパン. 2013年2月4日放送.
  2. ^ 平松愛理 『ゲキツー!!』 講談社2001年8月ISBN 978-4062108744
  3. ^ 「『部屋とYシャツと私』と夫婦別姓 平松愛理さんは今」、朝日新聞、2015年12月13日
  4. ^ 産経新聞』1995年8月30日付東京朝刊。

外部リンク[編集]