武部聡志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武部 聡志
たけべ さとし
出生名 武部 聡志
生誕 (1957-02-12) 1957年2月12日(65歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 麻布中学校・高等学校卒業
国立音楽大学卒業
ジャンル J-POP
ポピュラーミュージック
職業 作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
音楽監督
担当楽器 キーボード
ピアノ
パイプオルガン
活動期間 1983年音楽監督)-
1985年編曲家)-
1987年キーボーディスト)-
レーベル CBSソニー
UNIVERSAL MUSIC
EMIミュージックジャパン
事務所 ハーフトーンミュージック
共同作業者 松任谷由実
斉藤由貴
崎谷健次郎
楠瀬誠志郎
KATSUMI
TENSAW
LOVE LOVE ALL STARS
一青窈
大黒摩季
今井美樹
長岡和弘
松井五郎
TUBE

武部 聡志(たけべ さとし、1957年2月12日 - )は、日本作曲家編曲家音楽プロデューサー音楽監督東京都出身。株式会社ハーフトーンミュージック代表取締役会長。音楽ユニットkōkua」のメンバー、キーボード奏者としても活動している。血液型はA型。麻布中学校・高等学校国立音楽大学音楽学部教育音楽学科卒業[1]

来歴[編集]

1975年に国立音楽大学に進学。大学在学中よりキーボーディスト・アレンジャーとして数多くのアーティストを手掛ける。

1977年にかまやつひろしのバックバンドに参加[1]。かまやつの紹介により清水健太郎久保田早紀寺尾聰のタレントのバックバンドに参加するようになる[1]。1980年にかまやつや寺尾のバックバンドのメンバーたちとマネジメントを行う会社として、「ハーフトーンミュージック」を設立[1]

1983年に松任谷由実コンサートツアーの音楽監督を担当し[2]、1985年には斉藤由貴のデビューシングル「卒業」を編曲。以降もアレンジャー、プロデューサーとしてヒット曲を手がける。

1988年に初のオリジナルアルバム『Clara』をCBS・ソニーから発表する[3]。以降、2003年と2004年にオリジナルアルバムを[4][5]、2007年には生誕60年を記念するコンピレーションアルバムを発表した[6]

1990年に音楽プロデューサーとして本格的に活動を始める。KATSUMI大黒摩季今井美樹、小嶋希代子(現marron)などを担当し、1992年には髙嶋政宏のデビューアルバムのプロデュースを担当する。親交ある楽曲提供シンガーの楠瀬誠志郎崎谷健次郎とKATSUMIを仲介し、コーラスグループ「adam」を誕生させる。2002年には一青窈をプロデュースし、以降、実質的に専属プロデューサーとなる。

1996年からフジテレビ系音楽バラエティ番組『LOVE LOVE あいしてる』に出演し[7]、ハウスバンドLOVE LOVE ALL STARS吉田建鳥山雄司と共に中心的な役割を果たした。また、この番組がきっかけとなり、高中正義吉田拓郎のツアーに参加した。また、2004年からフジテレビ系特別番組『FNS歌謡祭』の音楽監督を務めている[2]

2006年にNHK総合テレビのドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』の主題歌のために、スガシカオらと音楽ユニット[kōkua]](コクア)を結成、シングル「Progress」をリリースした[8]。ユニット名は「協力する、協調する」という意味のハワイ語に由来する。

2009年から日本工学院専門学校において、ミュージックカレッジ・エグゼクティブアドバイザーを務める[9]

人物[編集]

交友関係[編集]

  • ムッシュかまやつ - 音大生だった20歳で、ムッシュのバックバンドに参加している。また、ムッシュのアルバム制作では編曲・演奏を任されており、武部自身はこのことについて、「あの時の出会いがなければ今の自分はありません」と述懐している[1]
  • 高見沢俊彦 - THE ALFEEがデビューした時から、ムッシュを通じての友人。ムッシュのソロ・アルバム制作時にキーボードを弾かせるためだけに、武部を呼び出すこともあった。また、2015年の高見沢のソロコンサートにゲスト出演している。
  • SURFACE - 「AXIAアーティストオーディション'96」で武部が発掘した音楽ユニットで、音楽のノウハウを叩き込んだ。2008年にsurface結成10周年で再会し、シングル「素直な虹」をプロデュース、コラボレーションライブsurface×武部聡志 Special Collaboration LIVE「SAIKAI」を開催した[10]
  • 大学は音楽教育学科の出身のため、音楽の教員免許を所持しており、麻布中学校で教育実習をした経験があるという[1]

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルアルバム[編集]

サウンドトラック[編集]

テレビドラマ

テレビアニメ

映画

音楽監督[編集]

作・編曲[編集]

編曲[編集]

★はアルバム、◎はシングル

★『V.O.Z.』、
◎「J's LOVE SONG (Original Version)」
★『elfin』、『mocha』、『Milestone』
◎「愛の詩」、「年下の水夫」
★『PRESENTs』、『COPY BAND GENERATION VOL.1』
◎「いとしいひとへ 〜Merry Christmas〜」、「コレデイイノ?!」
★『再会〜君に綴る〜』、『Wonderful Colors
◎「かけがえない人よ」、「美しき人」、「いつかきっと」
★『DISTURB YOU』
◎「嗚呼!ディスターブ」
  • 柏原芳恵 - ◎「化石の森
  • KATSUMI - ◎「SHINING IN THE NIGHT」、「危険な女神」、「YES, 抱きしめて」、「Come on」、「The Force」、「君と出会えたこの場所」、「君のもとへ」、「君を離さない」、「笑顔がいいね」、「もう二度と戻れない」、「情熱」、「何も言わずに」、「新しい風」、「DREAMIN'」
  • 葛城ユキ - ◎「ハートブレイカー」
  • 加藤紀子 - ◎「ふゆがきた」
  • 華原朋美
★『DREAM -Self Cover Best-』、『MEMORIES -Kahara Covers-』、『MEMORIES 2 -Kahara All Time Covers-』、『MEMORIES 3 -Kahara Back to 1995-
◎「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」、「はじまりのうたが聴こえる
★『時の自画像』、『この星の鼓動』
◎「願い唄」、「宿り木」、「しあわせ」、「ぬくもり」、「君の唄」、「ピアノ」
★『数千の星』
◎「君と歩きたい」「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」、「しあわせまだかい」
★『PERIOD 〜この世界のどこかに〜』
◎「この世界のどこかに
★『CRYPTOGRAPH -愛の暗号-』
◎「哀しみのスパイ」
★『空っぽの気持ち』、『振り返らない君の涙を僕は忘れない
◎「それじゃあバイバイ」、「素直な虹
★『AXIA』、『ガラスの鼓動』、『チャイム』、『風夢』、『ripple』、『PANT』、『TO YOU』、『何もかも変わるとしても
◎「卒業」、「白い炎」、「初戀」、「情熱」、「悲しみよこんにちは」、「土曜日のタマネギ」、「青空のかけら」、「MAY」、「砂の城」、「さよなら」、「ORACION -祈り-」、「Christmas Night」、「雪灯りの町」
★『季節のプロローグ』、『夏休み』、『ARE YOU READY?』
◎「Privacy」
★『KISS OF LIFE』、『ただ一度だけの永遠』、『ambivalence』、『HOLIDAYS』(album内は数曲編曲または共同編曲)
◎「もう一度夜を止めて」、「さよならも言わずに」、「泣かなくてもいい
★『NOV』
◎「EVERY NIGHT AND DAY
★『半空 NAKAZORA』
◎「ハーヴェスト」
★『CRUISE』、『Akina Nakamori 〜歌姫ダブル・ディケイド』、『I hope so
◎「AL-MAUJ (アルマージ)」、「Days」、「赤い花」、「初めて出逢った日のように
  • 中山美穂 - ★『Groovin' Blue
  • 西村知美 - ◎「見えてますか、夢」、「わたし・ドリーミング」、「君は流れ星」、「ポケットに太陽」、「想い出の冬休み」、「サクラが咲いた」、「天使のゆびさき」
  • 西脇唯
★『ふたりのあいだ』
◎「二人に帰ろう」、「愛していると言えない」
★『月天心』、『一青想』、『&』、『Key
◎「もらい泣き」、「大家」、「江戸ポルカ」、「ハナミズキ」、「かざぐるま」、「つないで手」、「「ただいま」」、「受け入れて」、「遠くへ行きたい」(遠くへ行きたい (テレビ番組)テーマ曲)
★ 『Stare At
◎「かくれんぼ」、「いつか離れる日が来ても
★『アイノトビラ』、『いつか、桜の雨に…』
◎「真冬のメモリーズ」、「サクラ・フワリ」、「ごめんね。」、「Stay with me」、「夢のしずく」、「月のダンス」、「桜の雨、いつか
★『夢十話』、『花図鑑』、『星紀行』、『LOVER'S CONCERTO』
◎「あなたを・もっと・知りたくて」、「ステキな恋の忘れ方」、「紳士同盟」、「語りつぐ愛に
★『しあわせのみつけかた』
◎「幾千の涙を贈りたい」、「Sing a love song for me」、「believe
★『詩華集 -ANTHOLOGY-』、『Portrait 〜肖像〜』、『拝啓、愛しの友達』
◎「とまどい」、「夢をおいかけて」、「夏の恋人達」、「嘆きの天使」、「陽ざしのソリチュード」
★『Flavours』
◎「Lost Wing」
  • 渡辺満里奈 - ◎「夏の短編」、「カレンダー」
  • チロリンアンドエンジェルス - ◎「キミは奇跡を信じるかい?」
他多数。

受賞歴[編集]

書籍[編集]

  • 『すべては歌のために:ポップスの名手が語る22曲のプロデュース&アレンジ・ワーク』(2018年1月、リットーミュージックISBN 978-4-8456-3175-9

出演[編集]

テレビ番組[編集]

  • メロディーは時をこえて〜歌いつぐ筒美京平の世界〜(2021年3月28日、NHK BSプレミアム)[11]
  • サウンド・イン"S"「筒美京平メモリアル」(2021年4月17日、BS-TBS)- 船山基紀と対談VTR出演

ラジオ番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f Musicman's RELAY 第66回 武部聡志氏」Musicman-NET、2021年8月28日閲覧。
  2. ^ a b 武部聡志が語る 今年50周年を迎えたユーミンと音楽活動を引退する吉田拓郎の「ボーカル」の魅力とは?”. 集英社新書プラス. p. 1. 2022年1月2日閲覧。
  3. ^ a b 武部聡志 / Clara[廃盤]”. CDJournal WEB. 2022年1月2日閲覧。
  4. ^ a b 武部聡志 / ピアノマン〜FOR YUMING LOVERS”. CDJournal WEB. 2022年1月2日閲覧。
  5. ^ a b PIANO MANII|武部聡志”. ORICON NEWS. 2022年1月2日閲覧。
  6. ^ a b 武部聡志、生誕60年記念コンピ『日本の音楽と、武部聡志。』をリリース”. CDJournal WEB. 2022年1月2日閲覧。
  7. ^ 武部聡志が語る 今年50周年を迎えたユーミンと音楽活動を引退する吉田拓郎の「ボーカル」の魅力とは?”. 集英社新書プラス. p. 5. 2022年1月2日閲覧。
  8. ^ kōkua、メンバー全員インタビュー(前編)「5人の音楽性がミックスされて“らしさ”が生まれる」”. Real Sound. 2022年1月2日閲覧。
  9. ^ 講師紹介|ミュージックアーティスト科”. 日本工学院. 2022年1月2日閲覧。
  10. ^ 【インタビュー】SURFACE × 武部聡志 約10年ぶりとなる再会のステージについて語る!”. DI:GA ONLINE. 2022年1月2日閲覧。
  11. ^ メロディーは時をこえて~歌いつぐ筒美京平の世界~”. NHK (2021年3月22日). 2021年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月1日閲覧。
  12. ^ 【第71回】武部聡志さん、橋本愛さん登場”. 「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」ブログ (2021年4月17日). 2021年4月18日閲覧。
  13. ^ 昭和、平成、令和で名曲を提供。作曲家・編曲家の武部聡志さん”. 「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」ブログ (2021年4月17日). 2021年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]