薬師丸ひろ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やくしまる ひろこ
薬師丸 ひろ子
本名 薬師丸
生年月日 1964年6月9日(52歳)
出生地 日本の旗 日本東京都渋谷区
身長 155 cm
血液型 A型
職業 女優・歌手
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1978年 -
活動内容 1978年:女優デビュー
1981年:歌手デビュー
配偶者 玉置浩二
1992年 - 1998年
主な作品
映画
野性の証明
翔んだカップル
セーラー服と機関銃
探偵物語
里見八犬伝
Wの悲劇
病院へ行こう
きらきらひかる
ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ
今度は愛妻家
テレビドラマ
ミセスシンデレラ
『熱の島で〜ヒートアイランド東京〜』
木更津キャッツアイ
1リットルの涙
Q10
泣くな、はらちゃん
あまちゃん
富士ファミリー
代表曲
セーラー服と機関銃
探偵物語」 / 「すこしだけやさしく
メイン・テーマ」 / 「元気を出して
Woman "Wの悲劇"より
あなたを・もっと・知りたくて
ステキな恋の忘れ方
ささやきのステップ」 / 「紳士同盟
「胸の振子」 / 「終楽章」 / 「時代
語りつぐ愛に
ナレーション
食彩の王国

薬師丸 ひろ子(やくしまる ひろこ、本名:薬師丸 博子(読み同じ)、1964年6月9日 - )は、東京都港区北青山出身の女優歌手東京都立八潮高等学校玉川大学文学部英米文学科卒業。

1978年のデビュー以来、角川映画の中心的存在として人気の頂点を極め、21世紀に入ってからは母親役が似合い[1]、シリアスからコメディな役まで主演・助演の両方をこなすベテラン女優として[2]、また、円熟した歌手として活躍している[1]

概要[編集]

薬師丸が中学1年生の時に角川映画野性の証明』(1978年)の長井頼子役オーディションで選ばれ、高倉健との共演でスクリーン・デビューを飾る。1981年、『翔んだカップル』の相米慎二監督と再度コンビを組んだ主演映画『セーラー服と機関銃』が大ヒットする[注 1]。また、同名主題歌を歌い、歌手デビューする。主演映画ばかりでなく[注 2]、映画の主題歌「セーラー服と機関銃」・「探偵物語」・「メイン・テーマ」・「Woman "Wの悲劇"より」も大ヒットを記録する[注 3]。特に、映画『Wの悲劇』(澤井信一郎監督)では演技も評価され、主演女優賞を獲得した。

1985年角川春樹事務所から独立する。その後も、映画女優として『野蛮人のように』・『紳士同盟』・『ダウンタウン・ヒーローズ』・『病院へ行こう』・『タスマニア物語』などに出演する。また、民営化直後のNTTのCMソング「あなたを・もっと・知りたくて」や映画主題歌「紳士同盟」などのシングルだけでなく[注 4]、オリジナル・アルバムのリリース、コンサートと歌手としても活躍する。しかし、1991年安全地帯のリーダーの玉置浩二と結婚後は、歌手活動や映画の世界から遠ざかる(玉置とは1998年に離婚を発表)。オリコンチャートによると、薬師丸のシングルの累計売上は396万枚を記録し[5]、アルバムは189万枚[6]、シングルとアルバムの合計の売上は585万枚となっている。1997年に18年ぶりのドラマ『ミセスシンデレラ』に主演してからは、テレビドラマの世界にも活躍の場を広げる。

2000年代に入り、ドラマ『木更津キャッツアイ』(宮藤官九郎脚本)や『1リットルの涙』、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ(山崎貴監督)などに出演し、日本を代表する女優の1人として評価されている[7][8][注 5]

2010年代、木皿泉脚本のドラマや舞台、NHK連続テレビ小説への初出演(『あまちゃん』)などの女優活動の一方で、CDシングルやアルバムのリリース、35周年記念コンサートと、歌手活動にも取り組んでいる。2013年の多方面での活躍と長年の放送文化に対する功績が評価され、放送ウーマン賞2013を受賞した[2]。審査員やゲスト出演はあったが、正式に歌手として『第65回紅白』(2014年)に初出場する。

女優[編集]

角川映画(1978年2月 - 1985年3月)[編集]

スクリーン・デビュー[編集]

偶然、薬師丸の写真を撮った人が、本人には内緒で角川映画野性の証明』長井頼子役オーディション(1977年12月 - 1978年2月)に応募していた。頼子役の8歳という設定に対し薬師丸は既に13歳、想定される身長よりも高かった。さらに、演技経験もなかったので、必ず落選すると本人は信じていた[注 6]。しかし、条件に合致した候補者と接戦になったものの、薬師丸の将来性を見抜いた審査員の角川春樹が強く推したことで合格してしまう[注 7][注 8]。決め手となったのは、非常に印象的な目だったと角川は結果発表時に述べている[12][注 9]。『野性の証明』(1978年)は角川映画として初めて邦画年間興行ランキング1位になった映画であると同時に、映画史には「薬師丸ひろ子のデビュー作」として記録されている[13][14]

薬師丸は引退も考えていたが、角川春樹事務所TBS系の単発ドラマ『装いの街』(1979年)や実相寺昭雄が監督した資生堂のコマーシャル「色」、雑誌『バラエティ』での写真モデルの仕事を入れることで薬師丸が芸能界から引退するという選択肢を奪った[15]。その一方で、角川社長や側近の人たちは、本当に〔俳優の仕事が〕嫌になったら辞めさせてあげると薬師丸の気持ちを尊重してもいた[16]

ドラマ『装いの街』への出演交渉を受けた時、薬師丸はマネージャーなしで1人、プロデューサー石井ふく子を訪ね、台本の疑問点の確認をする[17]。そのことに石井は感心したという逸話がある[17]。『装いの街』は薬師丸が休業中だった1982年7月に『セーラー服と機関銃 完璧版』の併映作として劇場公開もされた[18]2012年のドラマ『妻が夫をおくるとき』では、石井ふく子プロデューサーの役を薬師丸が演じている[19]

中学3年〜高校2年[編集]

1979年、中学3年生だった薬師丸は高校受験のため女優業は休止[20]。1979年夏の角川文庫「時間がないんだ青春は」キャンペーンのポスターチラシの仕事だけはしていた[20]

同年、キティ・フィルム代表多賀英典が薬師丸本人に直接映画『翔んだカップル』(相米慎二監督)への出演交渉を行った[21][注 10]。当初、薬師丸は出演を固辞していたが高倉健のアドバイスもあり、最終的には出演を了承した[21]。学校を休む必要のある仕事や歌手デビューを拒否していた薬師丸が、『翔んだカップル』には出演する意欲を見せたので、事務所は東宝に薬師丸を貸し出すことになった[22]。当時、事務所も薬師丸の今後の展望を持っていなかったので、気楽に貸し出したと薬師丸は話している[23]。この映画で第2回ヨコハマ映画祭主演女優賞と第4回日本アカデミー賞話題賞俳優部門を受賞した。

宮本治雄によれば、ドル箱だった山口百恵を結婚引退で失った東宝はポスト百恵として薬師丸の2作品『翔んだカップル』(1980年)・『ねらわれた学園』(1981年)を配給した[24][注 11]

初主演映画『翔んだカップル』は大ヒットとはならなかったが[注 12]、キティ・フィルムは相米慎二監督&薬師丸主演第二弾として『セーラー服と機関銃』(1981年)を予定していた[21]。角川春樹事務所に薬師丸の出演交渉を行うが、他社映画への出演に難色を示した[21]。しかし、薬師丸が角川春樹を説得し、キティ・フィルムと角川春樹事務所提携作品として映画が製作されることになった[21]

映画『セーラー服と機関銃』の中で機関銃を乱射するシーンで有名な「カイ・・・カン」のセリフは薬師丸のアドリブであると言われていたが、薬師丸は台本であると断言した[26][注 13]。このシーンの撮影で割れたビンの破片が薬師丸の左頬に当たり少し出血する事故が起きるが[28]、そのまま演技を続け映画の本編で使われている[29][注 14]。傷は長さ1cm弱で浅かったが、対応した医師は傷痕は残ると宣告する[29]

『セーラー服と機関銃』の公開2日目(1981年12月20日)、大阪・梅田東映ほかでの舞台挨拶を予定していたが、徹夜組を含めた約8,000人[注 15] のファンが上映3館に殺到したため、放水車[12] を伴う機動隊まで出動し、舞台挨拶も上映も中止となった[21][31]。その騒動は翌日のスポーツ新聞のみならず、一般新聞の社会面トップ記事にもなった[31]。舞台挨拶を見られなかったファンは薬師丸を追って大阪空港へ殺到し、空港もパニックになる。空港を回避し新大阪駅に向かったが、そこにもファンがいて、結局、名古屋までタクシーで移動し東京に戻った[32]。その後、薬師丸が大阪を訪問するには、何年かの間、警察の許可が必要だった[12][32]。同月25日、「翌年(1982年)は大学受験のために仕事を控える」と休業宣言をする[33]。休業期間は1年半だった[34]。映画評論家の増當竜也によれば、『セーラー服と機関銃』は薬師丸を一躍日本映画界を代表する青春スターにしただけでなく、大作路線からプログラムピクチャー路線に舵を切った角川映画の救世主となった[35]

休業〜大学生[編集]

1982年1月、『セーラー服と機関銃 オリジナル・サウンドトラック』がオリコン週間LPチャート第1位になる[36]

1982年4月18日、第2の薬師丸ひろ子を発掘するために『角川・東映大型女優一般募集』オーディションが開催される[37][34]。グランプリは渡辺典子、特別賞に原田知世[38]。この後、原田知世・渡辺典子と共に「角川三人娘」と呼ばれる[39]。同月21日、薬師丸のナレーションと『野性の証明』・『ねらわれた学園』の出演シーンの音声などで構成された異色のアルバム『ひろ子 青春のメモワール』が発売される[40][41]。同月29日、上映時間が16分長くなった『翔んだカップル オリジナル版』が公開される。

1982年5月、『ひろ子 青春のメモワール』がオリコン週間LPチャート第1位になる[41]

1982年6月、前年(1981年)に舞台挨拶中止となった大阪で『セーラー服と機関銃 完璧版』の試写会挨拶を行い、『完璧版』は7月にミニシアター系で封切られる[40]

休業中の1982年11月、次作『探偵物語』(根岸吉太郎監督)が薬師丸の受験の合否に関係なく撮影されることが発表される[42]。原作は前作と同じ赤川次郎で、書き下ろす前から薬師丸主演で映画化されることが決まっていた[43]1983年7月に公開された『探偵物語』(共演:松田優作、併映は原田知世主演『時をかける少女』)は薬師丸が出演した角川映画の中で最高の興行成績配給収入28億円、興行収入51億円を記録する[44][45]。その後、同年12月公開『里見八犬伝』(深作欣二監督)、1984年7月公開『メイン・テーマ』(森田芳光監督)に主演する。

澤井信一郎監督の『Wの悲劇』(1984年)は興行的な成功とともに映画の評価も高く、薬師丸の代表作となった[46]ブルーリボン主演女優賞の表彰式で、「この映画で燃えつきたので、(女優を)やめようと思った。でも、この賞は私にガンバレという励ましの意味でいただけたと思います」とスピーチ[47]。澤井監督「役のつかみ方に天性のものがあって、方向さえきちんと示せば確実にできる子だと思いました」、澤井監督の師匠マキノ雅弘監督「普通はどんな上手い子でも数カットは作ったような間違った表情をするものだけど、この子にはそれが全くない」と賞賛している[46]。澤井監督は薬師丸のセリフについて、声量があるため響きがあり、かつ、リズム感も良かったと解説している[48]

角川春樹事務所から独立[編集]

主演映画のヒットは続いていたが、内心ではずっと女優を辞めたいと思ってた[22]。角川社長の「いつ辞めてもいい。でも、もったいないぞ」の言葉にその都度なだめられ、7年間、その気持ちを抑えていたが、二十歳の時、ユーミン苗場のコンサートに遊びに行ったことを契機に[注 16]、所属事務所を辞める決心をする[22]。直接、社長に掛け合うと「分かった。でも、もったいないぞ。やりたくなったら、またいつでも始めろよ」と許可され[22]1985年3月、角川春樹事務所から独立する[49]。引退の報道をうけ、大勢の取材陣が家に直接殺到することに困り[注 17]、同月、個人事務所オフィス・メルを設立した[22][49]

『セーラー服と機関銃』の原作者である赤川次郎は、『翔んだカップル』・『セーラー服と機関銃』を監督した相米慎二と『Wの悲劇』を監督した澤井信一郎の2人が薬師丸の魅力を引き出したと評価している[51]

1980年代は角川映画とフジテレビが邦画を興行面で牽引し、その角川映画ブームの中心的存在が薬師丸だったと相良智弘は解説している[52]。角川時代の出演映画の配給収入の詳細は角川映画#配給収入を参照。

独立以後(1985年4月 - 現在)[編集]

1980年代後半[編集]

1980年の日本映画解禁後、台湾で一番ヒットした日本映画は『里見八犬伝』(1986年台湾公開)だった[53][注 18]。1986年、主演の薬師丸が映画宣伝のために台湾を訪れると連日マスコミを賑わした[53]。ただし、日本語の使用に関しては規制が残っていたので、薬師丸はインタビューや歌の披露には英語を使用した[53]

2005年のインタビューで薬師丸は、独立後の2本の正月映画野蛮人のように』(1985年)、『紳士同盟』(1986年)は模索していた時期の映画と回顧している[54]1988年山田洋次監督の『ダウンタウン・ヒーローズ』、1989年桃井かおりと再共演となった『レディ! レディ READY! LADY』に出演する。

1989年、冷戦終結に伴い外国人も立ち入ることが可能になったサハリン樺太)を訪れた『薬師丸ひろ子が見た!サハリン(樺太)縦断1000キロ』(フジテレビ)に出演している。この番組は第7回ATP賞優秀賞ノンフィクション部門を受賞している。後に、このドキュメンタリーで「故郷」を歌ったことに薬師丸は触れている[55]1992年には続編『薬師丸ひろ子が見た!サハリン感動の47年』も放送される。

1990年代[編集]

滝田洋二郎監督の『病院へ行こう』(1990年)には、〔共演者にもスポットが当たり〕自分だけにスポットが当たっていないことの面白さ、自分が主役でなくても成立する作品自体の面白さがあり、そういう点に引き込まれていったと答えている[54]。『病院へ行こう』とオーストラリアのタスマニア島の自然を舞台にした『タスマニア物語』(1990年)によって、第14回日本アカデミー賞話題賞俳優部門を受賞する。同性愛の夫とアル中の妻、そして夫の彼氏の3角関係を描いた『きらきらひかる』(1992年)では、大人の女性の演技が評価される[1]。『きらきらひかる』で高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞した。

1997年、『装いの街』(1979年)以来18年ぶりにテレビの連続ドラマミセスシンデレラ』に出演した[注 19]。デビュー以来、映画専門で芝居のキャリアを重ねてきた薬師丸を"銀幕女優"・"最後の映画女優"と呼ぶこともある[56][57]。テレビドラマへの出演がなかったのは、映画に関わり続けたかったことや〔映画と比較して〕慣れていないテレビの早いサイクルに少し臆病になっていたことを理由に挙げている[54][58]。〔撮影開始時に〕脚本が最終回分までは用意されていないことに戸惑ったとも答えている[59]

同年のNHKドラマ『熱の島で〜ヒートアイランド東京〜』は多数の賞に輝いた作品だが、薬師丸も演技が評価され、第24回放送文化基金賞女優演技賞を受賞した[60][61]。ドラマ評論家でもある樋口尚文監督は、薬師丸出演のテレビドラマでは『熱の島で〜ヒートアイランド東京〜』(井上由美子脚本)や『香港明星迷(ホンコンみょうじょうめい)』(山田太一脚本)のような作家性の強い作品に見るべきものが多いとしている[62]

2000年代[編集]

2000年、『キネマ旬報』誌上の「映画を愛する74人の著名人が選んだ20世紀の映画スター 女優編」で日本女優第14位[63]。同号の「読者が選んだ20世紀の映画スター女優」では日本女優第10位[64]。さらに、「映画館をいっぱいにしたマネーメイキング・スターは誰だ!」日本篇では、渥美清西田敏行に次いで第3位[65]2014年に刊行された『オールタイム・ベスト映画遺産 日本映画男優・女優100』では京マチ子杉村春子倍賞美津子らと並び日本映画女優の第11位にランクインした[66]

2002年宮藤官九郎脚本の『木更津キャッツアイ』に浅田美礼(美礼先生)役として出演する。俳優の宮藤とNHKドラマ『コウノトリなぜ紅い』(2001年)で共演していなかったら、"学校にの置物の爆弾を仕掛けるような奇抜な役"は引き受けなかった可能性もあったが、共演して知った朴訥とした人柄の彼の書く脚本ならと8割ぐらい安心して出演を決断した[67]。現場では周りを見る余裕もあり、演じることの楽しさを教えられた作品だったと振り返っている[67]。このドラマの後、宮藤作品へは、2本の映画版『木更津キャッツアイ』、ドラマ『タイガー&ドラゴン』・『うぬぼれ刑事』・『あまちゃん』、舞台『七人の恋人』(ナレーションのみ)に参加している。宮藤が作る薬師丸の役には、いつも心躍らされるともインタビューに答えている[68]。〔母親役の出演オファーが多い中、〕宮藤ワールドでは、結婚していない・子供もいない・殺人者でもない役が割り振られることに大変感謝している[69]。言わせられる際どいセリフも宮藤の品性が目も当てられない下品にはならないようにしていると信じ、宮藤には一生ついていこうと全幅の信頼を寄せている[69]

『ナースコール』(1993年)以後の10年間には、『マグニチュード 明日への架け橋』(1997年)と『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(2003年)の2本しか映画出演していない[68]。その間はドラマやミュージカル『雨に唄えば』(1996年)・『シュガー』(1998年)などをしていて、良い経験・修行の期間、試練だったと薬師丸は答えている[68]

2005年ALWAYS 三丁目の夕日』や『1リットルの涙』の母親役の演技で数多くの映画賞やテレビの賞を受賞した[70]。母親役は見ている人にとって身近なので「こんな母親いない」と判断されやすく、さらに、自分に子供がいないので母親役に不安もあった[71]。経験のない分を街中の人間観察や想像で補っていると答えている[72]。薬師丸は2005年キネマ旬報助演女優賞受賞に際し、20歳の時の『Wの悲劇』を評価していただいて以来20年ぶりと振り返り、受賞の理由を自分のキャラクターと役がうまくマッチした結果と想像するが、それよりも〔受賞対象となった〕素敵な映画や役に巡り会えたこと、それらの映画を観てくださった方々が強く感じてくれたことに感謝し、きっと映画のマジック、映画の奇蹟に出会えたと述べている[73]。薬師丸は『ALWAYS 三丁目の夕日』の2本の続編『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(2007年)・『ALWAYS 三丁目の夕日'64』(2012年)でも鈴木トモエを演じている。また、2007年には連続ドラマ『1リットルの涙』の続編として、スペシャルドラマ『1リットルの涙 特別編〜追憶〜』が放送された。

日本郵便2006年10月10日に発行した特殊切手「日本映画II」(現代の名作)(1980年 - 2000年代公開)は、代表的な日本映画10作品を選定しているが、その1本に薬師丸主演の映画『セーラー服と機関銃』が選ばれた[74]

2009年9月12日放送の土曜プレミアム戦場のメロディ〜108人の日本人兵士の命を救った奇跡の歌〜』(渡辺はま子の実話を基にしたドラマ)において、主役の渡辺はま子役を演じ、1か月の歌のレッスンをした上でドラマの中で「ああモンテンルパの夜は更けて」などのはま子の歌を歌唱した[1][75]。この歌唱が『今度は愛妻家』(2010年)の公開記念イベントのコンサート開催へと繋がった[1]。また、『今度は愛妻家』で第34回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞する。

2010年代[編集]

2012年木皿泉作品に出演する機会があるのならば、それが舞台であろうと構わないと、14年ぶりに舞台『すうねるところ』に主演する[76]。木皿作品の魅力を心臓をぎゅっと掴まれるようなセリフ、キラキラしたセリフで構成されていると表現している[76]。木皿作品へはドラマ『Q10』・『世の中を忘れたやうな蚊帳の中』[注 20]・『おやじの背中』 第5話 「ドブコ」・『富士ファミリー』、舞台『すうねるところ』・『ハルナガニ』に出演している。木皿泉から見た薬師丸評は「SF風の意味不明なセリフでも、ものすごくリアルに言うことができる」「非常にぶっ飛んだセリフを書いても安心できる」[78]、「消費されない存在感のある女優」[79]

初の朝ドラあまちゃん』(2013年4月 - 9月)の出演依頼は断るつもりだったが[注 21]、プロデューサーから渡された台本を読み出演を決める[82][注 22]。しかし、懸念が1つあり、それは薬師丸が演じる鈴鹿ひろ美の大女優という役柄だった[注 23]。また、鈴鹿には"音痴"という設定もあったが、それは、視聴者の世代によって受け止め方が違った[注 24]。30代から下の世代には本当に下手だと思っていた人もいた[86][注 25]。しかし、ドラマの最終週で本来の歌唱力を披露すると大反響となった[87][注 26]。薬師丸が演じた鈴鹿ひろ美役は抜群の存在感だったと評価された[2]。薬師丸は、(35周年記念)コンサートもアルバムも『あまちゃん』より前に決まっていたけれど[89]、「潮騒のメモリー」を歌わせてもらったことは、私にとって大きかったと振り返っている[90]

2003年から始まった、薬師丸がナレーションを担当する紀行・料理番組『食彩の王国』(テレビ朝日系)は2013年に10周年、放送回数も500回を超えた。

薬師丸がナビゲーターを務めた『ケンボー先生と山田先生〜辞書に人生を捧げた二人の男〜』(2013年)は第30回ATP賞情報・バラエティー部門最優秀賞と第40回放送文化基金賞テレビエンターテインメント番組優秀賞[91][92]、主演し主題歌も担当した『こうのとりのゆりかご〜「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来〜』(2013年)は第68回文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門優秀賞を受賞している[93]

2014年、シリアスからコメディな役まで、主演・助演の両方をこなすベテラン女優として評価され、放送ウーマン賞2013を受賞した[2]

薬師丸がナレーションを担当した『赤めだか』(2015年)は 第42回放送文化基金賞テレビドラマ部門最優秀賞[94]小泉今日子と共に主演の『富士ファミリー』(2016年)は第32回ATP賞テレビグランプリのドラマ部門最優秀賞をそれぞれ受賞した[95]

相米慎二監督[編集]

相米慎二監督は『翔んだカップル』(1980年)で演技の未熟な薬師丸たちが出来るようになるまで撮影に時間を掛けてくれた[96]。その時間の長さが相米監督の愛情だったと薬師丸は回顧している[96]。監督に気に入られるために、何回も自転車で壁に突っ込むシーンに挑んだ[97]。新人監督の相米が辛い立場なのは薬師丸も理解していて、そんな相米を怖いけれど兄のように慕う部分もあった[96]

薬師丸は『翔んだカップル』の相米監督との相性が非常に良かったので、次の映画(『ねらわれた学園』)の大林宣彦監督の現場に慣れるのに時間が掛かってしまった[98]。これは「相米病」になっていたためと薬師丸は説明している[99]

相米監督からは「小芝居をするな」、「手先、足先まで力を入れろ」と言われた[100][97]。「ゴミ」「クズ」「ガキ」と罵声を浴びることもあった[96]。通称しごき棒と言われるもので叩かれ突かれることもあったが[100][101]、それは同時に監督から映画参加資格を貰っているように薬師丸は感じていた[100]。薬師丸は監督を鬼と思うこともなかったし、いざとなったら監督を敵に回して戦う気概もあった[102][注 27]。キャメラマンの仙元誠三によれば、相米監督と薬師丸はお互いを理解し合う関係性が出来ていた[104]。『セーラー服と機関銃』(1981年)がヒットして、普段は感情を表に出さない相米監督が、大入りの新宿の映画館を見て非常に喜んだ[105]。そんな相米の姿を見て薬師丸も嬉しくなった[105]

薬師丸が相米監督に最後に会ったのは、監督が亡くなる前年(2000年)の12月で、久しぶりに相米組が集まった時だった[106]

キネマ旬報の相米慎二追悼特集(2001年)で、実際には服を着ていても、生身の姿を人前にさらけ出す覚悟がカメラ前に立つには必要であること、演じることの厳しさ、怖さを相米監督から教わったと薬師丸は話している[97][107]。そして、あの時期があったからこそ、薬師丸は女優を続けられているとも述べている[97]

松本隆との対談の中で、薬師丸は原点である『セーラー服と機関銃』が相米の死によって「思い出」になってしまうことが悲しいと話した[108]

歌手[編集]

歌手活動(1981年11月 - 1999年)[編集]

1980年代前半[編集]

デビュー直後や映画『ねらわれた学園』(1981年7月)出演時には、所属事務所から歌手デビューを提案されたが[注 28]、薬師丸は拒否した[12][注 29][110]。そのため、〔1978年のスクリーンデビューから1981年11月の歌手デビューまでの3年間には〕"歌わない(最後の)アイドル"と形容されることもあった[111][注 30]。『セーラー服と機関銃』の宣伝を担当した遠藤茂行によれば、映画ファン限定のスターだった薬師丸が主題歌を歌うことで同世代のアイドルにもなった[113]。歌手デビューに至った詳細はセーラー服と機関銃 (曲)#経緯を参照。

角川映画時代にリリースしたシングル「セーラー服と機関銃」(1981年)・「探偵物語」(1983年)・「メイン・テーマ」(1984年)・「Woman "Wの悲劇"より」(1984年)は、すべて主演映画の主題歌である。「メイン・テーマ」が最高位2位だったため、シングル連続首位記録は途切れたが、他の3曲はオリコン1位を獲得している[4]

セカンド・シングル「探偵物語」の両A面である「すこしだけやさしく」(1983年)は、TBS系『わくわく動物ランド』のエンディングテーマになっている。

薬師丸の代表曲の1つである「元気を出して」は、竹内まりやが薬師丸のために書き下ろした。47.7万枚の売上を記録したファースト・アルバム『古今集』(1984年)に収録されているが、これまで、シングルカットされたことはない。その後、1987年に竹内まりやがアルバム『REQUEST』でセルフカバーした時に、山下達郎とともにコーラスに参加している。2人のコーラスは絶品と竹内まりやは賞賛している[114]

1980年代後半[編集]

角川春樹事務所から独立した1985年には、シングル3枚「あなたを・もっと・知りたくて」・「天に星.地に花.」・「ステキな恋の忘れ方」とセカンド・アルバム『夢十話』をリリースしている。

「あなたを・もっと・知りたくて」は民営化直後のNTTCMソングで、薬師丸自身がCMに出演すると同時にCMソングも歌っている。「ささやきのステップ」(1986年)・「瞳で話して」(1986年)・「風に乗って」(1991年)もNTTのCMソング[115][116]

「ステキな恋の忘れ方」は映画『野蛮人のように』の主題歌で、映画関連としては1986年の「紳士同盟」(同名映画『紳士同盟』の主題歌)、1988年の「時代」(『ダウンタウン・ヒーローズ』のイメージソング)、1989年の「Windy Boy」(映画『READY!LADY!』主題歌)がある。

『古今集』(1984年)以来、1985年『夢十話』、1986年花図鑑』(松本隆プロデュース&全曲作詞)、1987年『星紀行』と毎年1枚のオリジナル・アルバムのリリースがルーチンとなっていた。

1987年7月〜8月にファースト・コンサート『星紀行』を行った。コンサートは翌年1988年8月〜10月にも『SENTENCE』を開催している。

1987年10月、玉置浩二作曲のシングル「胸の振子」をリリースし、『ミュージックステーション』に出演している。『ミュージックステーション』へは「時代」(1988年)と「語りつぐ愛に」(1989年)でも出演している。玉置作品は他に「交叉点 〜そう それがそう〜」(1997年)がある。

1988年3月のフジテレビ『夜のヒットスタジオDELUXE』ではマンスリーゲストを務め、特に卒業式前日の3月9日には同番組内でミニ・コンサート(服部克久指揮)を実施した[117]

同年7月にリリースしたシングル「時代」は中島みゆきのカバー。薬師丸の愛唱歌だったが、当時、中島がコンサートでは歌っていないので残念に思い、アルバム『Sincerely Yours』(1988年)の1曲とした[118]。「時代」はフジテレビ系『なるほど!ザ・ワールド』のエンディングテーマにもなっている。

1989年1月のシングル「語りつぐ愛に」は「セーラー服と機関銃」と同じ来生たかお来生えつこ姉弟の作品で、しかも、「セーラー服と機関銃」以来の競作曲となっている。「語りつぐ愛に」は日本テレビ系『水曜グランドロマン』の主題歌になっているが、薬師丸自身は『水曜グランドロマン』には出演していない。

同年3月に6枚目のアルバム『LOVER'S CONCERTO』、10月にシングル「Windy Boy」をリリースする。

1990年代[編集]

1990年は、3月に7枚目のアルバム『Heart's Delivery』のリリース、3月〜4月には3回目のコンサートとなる『ハート・デリバリー』を開催し、5月にシングル「手をつないでいて」を発表した。

1991年1月の玉置浩二との結婚を電撃発表の後、同月にシングル「風に乗って」、3月に8枚目のアルバム『PRIMAVERA』をそれぞれリリースする。

玉置との結婚中には、玉置のアルバム『カリント工場の煙突の上に』(1993年)に収録の「西棟(にしとう)午前六時半」でのデュエットや『Act Against AIDS '94』(1994年)に2人で参加している。

1997年6月に、「風に乗って」(1991年)から6年ぶりのシングル「交叉点 〜そう それがそう〜」、12月に「恋文 〜哀愁篇〜」をリリースする。

1998年2月に『PRIMAVERA』(1991年)から7年ぶり9枚目のオリジナル・アルバム『-恋文-LOVE LETTER』を発表する。同年4月にはシングル「smile スマイル smile」(作詞:薬師丸)をリリースする。

歌手活動(2000年 - 現在)[編集]

2000年代[編集]

2000年2月、テレビ朝日系主演ドラマ『恋愛中毒』の主題歌「Love holic」(作詞:松本隆)をリリースする。

2001年松本隆は一連の薬師丸作品に関して、ビジネスライクではなく、流行を狙うような俗っぽいものとは違うものを作ろうとしたと薬師丸との対談で語っている[119]

2006年3月、音楽番組NHK音楽・夢くらぶ』へ出演[120]。「セーラー服と機関銃」・「探偵物語」などのヒット曲を披露した[120]

2008年9月放送のNHK『SONGS』に出演し代表曲を披露する[121]。『SONGS』には2011年、2013年にも出演している。

2010年代[編集]

2010年出演映画『今度は愛妻家』の公開記念イベントの一環として、1990年以来20年ぶりとなるコンサートを東京(1月7日)と大阪(1月12日)で開催。またコンサートの中で、同映画の監督行定勲と夫役の豊川悦司を交えてのトークショーも行なわれた[122]

2011年3月、主演映画『わさお』が公開され、主題歌「僕の宝物」も自らが担当。主演映画の主題歌を歌うのは22年ぶりとなる[123]。「僕の宝物」は2013年11月のTBS系のドラマ『こうのとりのゆりかご〜「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来〜』の主題歌にもなっている。2011年12月放送の『2011 FNS歌謡祭』で平井堅と「Woman "Wの悲劇"より」をデュエットする。『FNS歌謡祭』には2013年にも出演しデュエットを含め3曲「セーラー服と機関銃」・「元気を出して」・「時代」を披露している。

2012年11月にリリースされたケルティック・ウーマンのアルバム『心のクリスマス/ホーム・フォー・クリスマス』のボーナス・トラック曲「ユー・レイズ・ミー・アップ〜 祈りヴァージョンfeat.薬師丸ひろ子」でコラボレーションした[124]

2013年10月に芸能活動35周年記念コンサートを東京・大阪で開催した[125][注 31]1990年の『ハート・デリバリー』以来23年ぶりの単独コンサートとなった[127]。コンサートのパンフレットには、井上陽水竹内まりや中島みゆき松任谷由実(掲載順)からの祝福のメッセージが掲載されている[116]。このコンサートを観た先輩達から「もっと歌っていきなさい」と言われたことで、2014年12月のライブ『Premium Acoustic Night 時の扉 〜Look For A Star〜』を自ら企画した[128]。ライブは2013年12月にリリースした初のカバー・アルバム『時の扉』の曲を中心に構成され、アルバムの編曲を担当した吉俣良がアレンジャー兼サポートミュージシャンとして参加している[129]

2015年7月、『THE MUSIC DAY』に出演し、「時代」と「Woman "Wの悲劇"より」を歌唱した。同年10月に行われた『薬師丸ひろ子 コンサート2015』では、薬師丸のヒット曲や「黄昏のビギン」・「夢で逢えたら」・「冬の星座」などのカバー曲・唱歌に加え、自身が声優として参加した劇場アニメ『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』(2015年)の劇中歌「わたりどり」も披露された[130][注 32]

2013年末に急逝した大瀧詠一を追悼する『SONGS』(2016年3月)に出演し、ナレーションと大瀧作曲の「探偵物語」を披露しただけでなく、生前の大瀧のボーカルトラック鈴木雅之が共演する「夢で逢えたら」にも参加した[131][132]2016年7月、前年に引き続き『THE MUSIC DAY』に出演し「セーラー服と機関銃」を披露した。

角川時代のプロモーション[編集]

映画の公開前キャンペーンの一環としての歌番組出演だったため、〔映画公開前に〕音楽番組の『夜のヒットスタジオ』や『ザ・ベストテン』、『ザ・トップテン』などに1、2回出演し、〔映画が公開された後は〕出演依頼を断ることが圧倒的に多かった[34][注 33]。通常、〔所属する歌手の出演を放送局に〕お願いする立場のレコード会社には難しい仕事だったため、歌番組との窓口は映画会社の東映が担当した[34]。主演女優の宣伝は映画公開初日までという映画界の慣習を出演辞退の理由として活用した[133]。歌番組への出演を控えた理由として、当時東映の宣伝担当だった遠藤茂行は、角川側が映画公開直前以外は薬師丸を世間に露出せずファンの飢餓感をあおる戦略を取っていたことや薬師丸が学業優先としていたこと、音楽活動が映画主題歌に限定されていたことを挙げている[34]

アイドル[編集]

薬師丸にとってのアイドルはユーミン[82]。子供の頃、よくピアノでユーミンの弾き語りの真似をしていた。そんな憧れの人が主題歌を担当したり(『ねらわれた学園』の「守ってあげたい」)、憧れの人から曲を提供をされる(「Woman "Wの悲劇"より」)という幸運に恵まれる[134]1985年3月の苗場のコンサートや2013年1月のユーミン40周年記念イベントに参加している[67][135]2011年4月放送のフジテレビ『僕らの音楽』で松任谷由実と共演し、「Woman "Wの悲劇"より」をデュエットした[136]

音楽雑誌『レコード・コレクターズ』(2014年11月号)の特集「80年代女性アイドル・ソング・ベスト100」では薬師丸の曲が4曲選ばれた[137]。5位「セーラー服と機関銃」、13位「探偵物語」、17位「Woman "Wの悲劇"より」、20位「あなたを・もっと・知りたくて[137]

紅白歌合戦[編集]

『セーラー服と機関銃』は映画・主題歌いずれも1980年代を代表する大ヒットとなったが、当時は薬師丸が大学受験のため休業中だったので1982年の『第33回NHK紅白歌合戦』を辞退、「セーラー服と機関銃」は薬師丸の代わりに桜田淳子によって披露された[138]。薬師丸は2005年の『第56回紅白』にゲスト審査員、2007年の『第58回紅白』に応援ゲストと2回出演した後、特別出演した2013年の『第64回紅白』で『あまちゃん』の鈴鹿ひろ美に扮し「潮騒のメモリー」を歌唱した[139][140]。翌2014年の『第65回紅白』では正式出場枠に初選出され、編曲者松任谷正隆によるピアノ伴奏で「Woman "Wの悲劇"より」を披露した[138][141]

歌手としての評価[編集]

歌唱力に関しては、アイドル風でなく、合唱団風と揶揄されることもあったが、「角川映画の主題歌の歌っていた当時から歌唱力は抜群。歌い方は正統派。基本に忠実な歌い方で、声も透き通る伸びやかな高音が魅力。これまでの人生経験で培われた彼女の人間としての魅力や女優としての経験が加わって歌の表現がより豊かになっている」と音楽評論家の富澤一誠は評価している[142]。歌手としても希有な才能の持ち主で、同世代の女子アイドルがぶりっ子キャラや歌唱力の拙さをアピールポイントとしていたのとは正反対のポジションで清楚で礼儀正しい歌唱が個性的だったと久保田泰平は解説している[56]。内田正樹は、アイドル時代から定評のある歌唱力、譜面に忠実で歌詞が明瞭に聴き取れる生真面目なファルセットは独特な包容力を持ち、女優特有の細やかなニュアンスの表現力を有していると評価する[85]

歌声について、竹内まりやは「爽やかな声」、武部聡志は「透明感があり、鈴を転がすような暖かい声」と形容している。偶然にも二人が共通する表現は「(ボーカリストとしても)希有な声」[114][143]松任谷由実は「クリスタル・ボイス、水晶のような硬質な透明感」と表現している[144]小西康陽は「天使の賛美歌[145]

早稲田大学の学園祭で、ある学生から透明度の高い歌声は機械で作った音だと誤解される一幕もあった[34]

人物[編集]

生い立ち[編集]

薬師丸ひろ子は1964年(昭和39年)6月9日、東京都渋谷区にある日赤病院で生まれ[146]、港区青山の共働き家庭で育った[147]。両親の趣味はクラシック音楽で演奏会に連れて行かれることもあった[147]。幼稚園や小学校低学年の頃、ケガや病気で具合悪くなると共働きの父母ではなく祖母に背負われて下校した[148]。帰り道の青山通りは人の目が多いので恥ずかしかったのと同時に、恥じている自分が申し訳なかった[148]。まん丸の顔にコンプレックスを持つ園児だったが[149]、小学生になると先生からの依怙贔屓が疑われるような目立つ子に変身した[150]。小学校では体育が得意科目だった[151]

芸能界[編集]

薬師丸は祖母には芸能界入りを反対され、母親とは『野性の証明』(1978年)だけで芸能界を辞めると約束もしていたので[152][24]、撮影後、お世話になったキャストスタッフギャラの大半から買い求めたプレゼントにお礼の手紙を付けて贈っていた[24]。この世界で長く仕事を続けていくと薬師丸自身も思っていなかったし、共演の高倉健やスタッフも同じように思っていたので薬師丸に対して優しかったのではないかと想像している[96]

薬師丸に芸能界への志向がなかったのは、青山という出身地が大きく関係していると答えている[153]。スターを実際に目撃することも多く、友達の父親がアイドルのディレクターだったり、芸能界に関係する人が周囲に大勢いたので[153][96]、とても自分には向いていないと考えていた[153]。出身地の環境とのギャップを感じていた薬師丸は、本来の自分の姿を「都会の田舎育ち」と形容している[154]。『翔んだカップル』(1980年)の出演交渉の時、地味で、はしゃぐのが苦手なので、役者よりも映画のスタッフ(スクリプター)になりたいと将来の希望を話していた[21]。『セーラー服と機関銃』(1981年)の撮影時、昼でも夜でも「おはようございます」といった業界の挨拶ではなく、夜なら「こんばんは」と日常的な普通の挨拶で目上のスタッフや役者に対しても押し通した[155][注 34]1993年の対談集でテレビドラマに出ない理由として、若い頃はテレビに出ることで不特定多数に自分のことを知られたり見られることが嫌で、映画ならば映画館に行った人以外は薬師丸に興味も持たず知られることはないと考えていたと話している[157]2013年時点でも、華やかな芸能界には、なじめないし、なじまないと答えている[154]

学生時代[編集]

デビュー作の『野性の証明』(1978年)は大ヒットしたが[注 35]、この1作で芸能界引退も考えていた[12]。理由は、進学することが当然と思っていたのに、映画の撮影等で53日間の長期欠席を余儀なくされ、学業が遅れてしまったからである[12][153]。そのため、所属の角川春樹事務所に対して、学校を欠席する必要のないことを仕事の条件として要求した[12][注 36]。結果、2作目の『戦国自衛隊』(1979年)は学業に支障がない祝日、体育の日だけの撮影となった[12]。その後、映画撮影は学校の春夏の休暇を利用し[24][96]、大学を卒業するまで仕事を理由に学校を欠席することはなかった[12][153]

高校の恩師は、学校を休むな、〔薬師丸は芸能人なので〕休むのが当然と思われたら本当の学生生活を送っているとは言えないというのが持論だった[96][154]。その先生のおかげで、普通の高校生活が送れ、良い友達にも恵まれた[96][154]。校門の前にファンの男の子数十人が並んで待っていたり、学校の壁一面が落書きで埋まっていたりすることもあった[158]。登校時の薬師丸が通用門に中傷の落書きを見付けた時は、学校の誰かが下校時までには消してくれていた[96]。映画監督の樋口尚文は、同級生にガードされ青物横丁駅から高校へ登校する薬師丸を目撃したことがあるが、さながら『ねらわれた学園』(1981年)の1シーンで、当時の日本中の男の子の「守ってあげたい」対象だったのだろうと述べている[62]。薬師丸にとって「普通の高校生」であることが仕事にプラスの効果をもたらした[159]

休業中の1982年12月に薬師丸の玉川大学の推薦入試に合格したことがマスコミに漏れ、角川春樹事務所から公表される[160]1983年4月、玉川大学英米文学科に入学する[161][162]

大学4年の頃、薬師丸だと気付いてない男子大学生に「可愛い」と言われたと、自分の友達に触れまわったことがあった。そんな普通の女子大生の生活を過ごした[163]。昼食に大学の友達と学食で220円のラーメンを食べていることが写真週刊誌の記事になることもあった[164]。『メインテーマ』(1984年)の原作者片岡義男は角川映画40周年を特集した『キネマ旬報』に、友達連れの21、22歳の頃の薬師丸から小田急線玉川学園前駅の階段で声を掛けられたことを色あせない記憶として寄稿している[165]。自宅から大学まで遠かったこと、玉川大学が出欠に厳しかったこと、高校と比較して範囲の広い定期試験など、大学生活はハードだったと薬師丸は振り返っている[166]。仕事をしていなかったら、4年制大学には行かなかっただろうとも語っている[100]。1年生の時に病気で休学したため、5年間の大学生活を過ごし、1988年3月に玉川大学を卒業する[167][168]

雑誌『アサヒグラフ』の「戦後ヒーロー&ヒロイン伝説」の中で宮本治雄は、等身大である彼女自身を表現したことが薬師丸の特徴であると解説している[24]。女優である薬師丸ひろ子と学生である薬師丸博子を薬師丸自身が明確に分けて考えていたとも宮本は書いている[24]

結婚・離婚[編集]

1991年1月、安全地帯玉置浩二とハワイのマウイ島にある教会で挙式する[169]。結婚後1年間は芸能活動を完全休業し主婦業に専念した[105]。安全地帯のコンサート・ツアーに同行することもあった[166]1996年12月に玉置が大腸の炎症になった時、薬師丸は看病するだけでなく生放送の音楽番組に代理で出演し、お詫びの言葉を述べた[170]

結婚生活は7年半で[158]1998年6月5日に開かれた薬師丸の誕生パーティーの席で玉置との離婚を発表する[171][172]。離婚は2人が幸せを掴むためのスタートラインに再度立つことだと述べている[158]

高倉健[編集]

野性の証明』(1978年)の製作発表の席で高倉健は13歳の薬師丸に「これからよろしくお願いします」と大きな手を差し出した[173]。大人から、このように扱われたことはなかったので、薬師丸は感激すると同時に高倉に嫌われないように、迷惑かけないようにしようと思った[173]

高倉から言われた「チャラチャラするなよ」を自らの原点として守ってきた[154][174]。薬師丸は大学受験について高倉に相談したことはなかったが、合格したことを伝えると大変褒めてくれた[175]。大学や仕事の話をすると高倉は薬師丸を褒めるのが常だった[176][154]。高倉から褒められれば、薬師丸には頑張ることしか選択の余地がなく、ありがたい言葉であると同時に、一番厳しい、怖い言葉でもあった[154]

体調不良で医者に運動をするように言われた時、高倉健から勧められ同じジムに入った[177]。しばらくして高倉に毎日ジム通いしてることを伝えると、「ジムに毎日来る奴に、幸せな奴はいないんだ」と言われる[177]

2011年11月、高倉健の遺作となった『あなたへ』(2012年)の撮影現場を訪ねている[178]。薬師丸は、この訪問で俳優高倉健の姿を目に焼き付けられたことが、今後の人生の糧になると発言している[179][180]1979年6月9日にも薬師丸は高倉主演『動乱』(1980年)の撮影現場を訪問し対談をしている[181]

2014年11月、映画共演は『野性の証明』だけだったが、その後も公私で関わりのあった高倉健の訃報を聞いて、体から魂が抜けていった感じがしたとラジオで語った[179][180]。12月、ラジオの高倉健追悼特別番組のパーソナリティを務める[182]。同月の『第65回紅白』では「今年色々な出会いや別れがありましたが、紅白という晴れやかな舞台で、目に見えない遠くまで歌が届くといいなと思います」と述べた[183]

女優への適性[編集]

20歳の薬師丸は『Wの悲劇』(1984年)の出演後、俳優を辞める決心をした[184]。自信も映画に対する情熱も失っていたこと、仕事中心の生活から自由になりたかったことなどを理由に挙げ、精神的に追い詰められていたと当時を振り返っている[185]

一時は引退も考えた薬師丸は、撮影現場で「飽きない、冷めない、慣れない」の三原則を自らに課し、女優として再出発する[24]

30代半ば、女優を続けて行くか悩んでいた頃、渡米しカウンセリングを受けた[186][187][188]。自身の俳優への適性を相談すると、先生から俳優を何年しているか聞かれ薬師丸が答えると、「あなた、もう20年以上も俳優を続けてきたのでしょう? そんなに続けられたのに向いてないわけないでしょう。もういいんじゃないの、悩まなくても」と言われた[186][187][188]。その言葉で目が覚め、自分は好きだからこの仕事(俳優)をしているんだと再確認し、人に望まれる限り女優を続けたいと話している[188][注 37]。それからは、自分の演じたい役や表現したいことに出会った時に、それを体現できるようになってればいいと思うようになった[187]

〔薬師丸主演の『セーラー服と機関銃』(1981年)などの〕その頃の邦画を学生時代に見た、同世代の監督やスタッフと映画やテレビの仕事ができることに感謝している[189]。『今度は愛妻家』(2010年)を監督した行定勲は『セーラー服と機関銃』を観て映画に興味を持ったと話している[190]。また、 薬師丸が初主演したドラマ『ミセスシンデレラ』(1997年フジテレビ)のプロデューサーで、薬師丸をテレビに担ぎ出した小岩井宏悦は、この業界に入ったきっかけとして映画『Wの悲劇』(1984年)を挙げている[191]。〔現場のスタッフなどから〕球場で薬師丸さんが野球しているのを見に行きましたなどと話をされると、無駄づかいさせてすみませんと謝ることもある[192][注 38]

あまちゃん』(2013年)での鈴鹿ひろ美(演:薬師丸)が天野アキ(演:能年玲奈)に向けて言ったセリフの「続けていくのも才能よ」「向いてないけど、続けるっていうのも才能よ」は薬師丸自身を励ます言葉のように感じている[186][107][194]

放送ウーマン賞2013の授賞式で、芸能生活35年は混沌として計画的なものではなかったと回顧し、「子供の時から地味で社交性がなかった私が、みなさんのおかげで表舞台に立たせていただいて、35年間この仕事を続けることができた」と感謝の言葉を述べた[195]。また、早めの失敗があったから頑張れたとも話した[196]

自動車の運転[編集]

里見八犬伝』(1983年)の撮影中、次作の『メイン・テーマ』(1984年)の撮影で自動車運転免許が必要になり教習所に通った[197]。同時期同じ教習所に竹内まりやが通っていた[198]。マネージャーなしの1人で、薬師丸が教習所近くの中華料理店で居合わせたサラリーマンと相席で餃子定食を食べてきた話をした時、竹内は薬師丸と友達になれると思ったと対談で答えている[198]。薬師丸は運転の中では特に車庫入れが得意で、それを見かけたタクシー運転手に褒められたこともある[96]。生まれも育ちも東京なので都内の道に詳しく、道に不案内なドライバーの助手席はストレスが溜まると話している[96]

日記と旅行[編集]

1998年のインタビューで、薬師丸は精神的にバランスを崩している時には現実逃避の旅に出ると答えている[61]。5年連用日記を付けていると、毎年同じ時期に、現実逃避の旅に出ているか、または、〔旅に出られない時は〕東京にいて深く悩んでいて、そんな自分の精神状態の周期性に驚かされると話している[61]。日記を読み返すと、「人生はこんなものだ」と自分に言い聞かすことができるとも薬師丸は答えている[177][注 39]2005年のインタビューでは10年分が一覧できる日記を付けているが、毎年季節の変わり目には感傷的になるという同じパターンを繰り返していると話している[158]

エピソード[編集]

年表[編集]

出演[編集]

音楽[編集]

ライブ[編集]

コンサート[編集]

No. 開始日 最終日 タイトル 公演数
1 1987年07月09日 1987年08月17日

トーク・ファーストツアー「星紀行」元気を出して!コンサート

21
2 1988年08月30日 1988年10月03日

1988コンサートツアー“SENTENCE”

18
3 1990年03月29日 1990年04月28日 NTTサウンドトークコンサート ハート・デリバリー 薬師丸ひろ子 '90 17
4 2013年10月01日 2013年10月11日 薬師丸ひろ子35周年記念コンサート[213][注 42] 4
5 2014年12月16日 2014年12月17日 薬師丸ひろ子 Premium Acoustic Night 時の扉 〜Look For A Star〜[214] 4
6 2015年10月12日 2015年10月15日 薬師丸ひろ子 コンサート2015[215] 3
7 2016年09月25日 2016年09月25日 世界遺産劇場 春日大社 第六十次式年造替奉祝 薬師丸ひろ子コンサート[216] 1

海外公演[編集]

No. 開始日 最終日 国・都市
1 1988年10月15日 1988年10月16日 台湾・台北

主なイベント[編集]

タイトル
1981年 「セーラー服と機関銃」ヒロコDEデート[注 43]
1983年 里見八犬伝フェスティバル[217]
1984年 ひろ子20thフェスティバル
1984年 サンチェーンスペシャルイベント薬師丸ひろ子&原田知世ジョイントコンサート[218]
1994年 Act Against AIDS '94
2001年 第98回赤穂義士祭
2007年 第1回国際ドラマフェスティバル in TOKYO[219]
2010年 薬師丸ひろ子「Songs 2010」〜映画「今度は愛妻家」公開記念[注 44]
2013年 Anniversary For Yuming〜Golden Circle Vol.17〜

書籍・雑誌[編集]

写真集[編集]

  • 『薬師丸ひろ子フォトメモワール』(1979年富士見書房
  • 『薬師丸ひろ子フォトメモワール (Part2)』(1980年、富士見書房)
  • 『薬師丸ひろ子フォトメモワール (Part3)』(1982年、富士見書房)
  • 『フラッシュバックひろ子 : ありのままの輝き 「探偵物語」公開記念・薬師丸ひろ子写真集』(1983年角川書店
  • 『薬師丸ひろ子フォトメモワール (Part4)』(1984年、富士見書房)
  • 『薬師丸ひろ子Visual message 21才の旅立ち』(1985年扶桑社
  • 『「野蛮人のように」写真集』(1986年集英社

対談集[編集]

雑誌[編集]

  • バラエティ』(1978年 - 1986年角川書店) - 薬師丸のファン・マガジンの役割を担う[220]
  • 週刊朝日』(1979年11月23日号、朝日新聞社)表紙[221]
  • 週刊ザテレビジョン』(1982年9月22日創刊号、角川書店)創刊号を含め表紙登場回数は12回(2002年3月1日号時点)[59]
  • キネマ旬報キネマ旬報社
    • 山際淳司「薬師丸ひろ子インタビュー」、『キネマ旬報』1981年(昭和56年)12月下旬号、キネマ旬報社、1981年、 52-53頁。
    • 内海陽子「ひろ子の軌跡」、『キネマ旬報』1983年(昭和58年)7月下旬号、キネマ旬報社、1983年、 49-53頁。
    • 野村正昭「アイドル誕生 - 薬師丸ひろ子の場合」、『キネマ旬報』1983年(昭和58年)8月下旬号、キネマ旬報社、1983年、 44-46頁。
    • 中岡徹尚「薬師丸ひろ子論」、『キネマ旬報』1986年(昭和61年)2月上旬号、キネマ旬報社、1986年、 105-107頁。
    • 「薬師丸ひろ子の証明」、『キネマ旬報』1992年(平成4年)10月下旬号、キネマ旬報社、1992年、 15-34頁。
    • 尾形敏朗「素晴らしき映画女優(7)薬師丸ひろ子 - 映画におかえりなさい!」、『キネマ旬報』2005年(平成17年)11月上旬号、キネマ旬報社、2005年、 121-129頁。
    • 薬師丸ひろ子「薬師丸ひろ子 映画のマジック、映画の奇蹟に出会えた2005年」、『キネマ旬報』2006年(平成18年)2月下旬号、キネマ旬報社、2006年、 48 - 49頁。
    • 金澤誠「薬師丸ひろ子インタビュー」、『キネマ旬報』2007年(平成19年)11月上旬号、キネマ旬報社、2007年、 31- 33頁。
  • 薬師丸ひろ子「独占インタビュー 五年連用日記で私の心を覗く」、『婦人公論1998年(平成10年)10月7日号、中央公論新社1998年、 58-61頁。
  • 阿川佐和子のこの人に会いたい(610)二十歳のとき、「泣き方は私が決める」と思って、一度辞める決心をしました 女優 薬師丸ひろ子」、『週刊文春2005年12月8日号、文藝春秋2005年、 146 - 150頁。
  • 林真理子「マリコのここまで聞いていいのかな(300)ゲスト 薬師丸ひろ子 女優」、『週刊朝日2006年2月3日号、朝日新聞出版2006年、 48 - 52頁。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1982年度邦画興行収入1位[3]
  2. ^ ゴールデングロス賞のマネーメイキングスター賞受賞2回。角川時代の主演映画『ねらわれた学園』から『Wの悲劇』までの配給収入合計は約120.7億円。
  3. ^ 「セーラー服と機関銃」・「探偵物語」・「Woman "Wの悲劇"より」はオリコン週間1位、「メイン・テーマ」はオリコン週間2位[4]
  4. ^ どちらもオリコン週間2位[4]
  5. ^ 特に、『ALWAYS 三丁目の夕日』の演技で2005年度の国内主要映画賞の助演女優賞を独り占めにした[1][9]受賞歴も参照。
  6. ^ 2次審査通過後、角川事務所に呼ばれた際に、今回のオーディションは年齢が障害となって不合格だが、今後芸能活動する気持ちはないかと角川春樹社長から尋ねられる[10]。芸能界入りを望んでいなかった薬師丸は、落選する保証を社長から貰ったと思い込み最終審査に臨んだ[10]
  7. ^ 角川以外にも薬師丸を強く推したと言う人が多く、誰の話が真実なのか本人にも分からない。
  8. ^ 角川春樹は、つかこうへいに対して、薬師丸に投票するように頼んだ[11]
  9. ^ オーディションの内容の一部が『ひろ子 青春のメモワール』に音声として残っている。オーディションでは岩崎宏美の「思秋期」を歌った。
  10. ^ FLASH誌上でキティ・フィルム代表多賀英典は、出演交渉した時、薬師丸は何処の芸能事務所にも所属していなかったと証言している。
  11. ^ しかし、薬師丸人気が大きく爆発するのは東宝ではなく東映で配給する次作になる[24]
  12. ^ 目標とした興行成績を達成し、一応の成功をおさめている[25]
  13. ^ 第2稿の脚本では、星泉「(ニコッ)快感」と書かれている[27]
  14. ^ 映画撮影終了後に撮影された主題歌のレコードジャケット写真では、メイクによってこの出血が再現されている[30]
  15. ^ 大阪府警発表は1万人。スポーツ新聞には6,000人とも。
  16. ^ 足を折っても構わないとスキーをすることで開放感を味わったことを理由に挙げている
  17. ^ 母親は本職のマネージャーなら一言で断れる用件を様々なことに気を遣いすぎて1時間かけて断ったり、父親が写真週刊誌に載ったり、姉は薬師丸と間違えられて駅までカメラマンに追いかけられたりした[50]
  18. ^ 〔引用者註〕出典の先頭の「2016年4月1日、」は誤植と思われる。
  19. ^ 連続ドラマに限定すれば1978年の『敵か?味方か?3対3』以来19年ぶり。
  20. ^ ドキュメンタリー番組『しあわせのカタチ 脚本家・木皿泉 創作の「世界」』内の書き下ろしドラマ[77]
  21. ^ 「セリフ覚えるの大変」、「凄く時間に追われる」ことを懸念していた[80][81]
  22. ^ 「主役じゃなければそんなに大変じゃありませんよ」と言われたことも[80][81]
  23. ^ 台本通りに演じることで、宮藤官九郎さんの考えられる大女優像を演じ、台本のせいにして乗り切って行きたいと抱負を述べた[82][83]
  24. ^ 山形新聞「実はちゃんと歌える薬師丸ひろ子が音痴な役を演じ」[84]。内田正樹「本来歌の上手い薬師丸が究極の"音痴"を演じたこと」[85]
  25. ^ 〔引用者注〕本文の団塊世代団塊ジュニア世代の誤りであると思われる。
  26. ^ ドラマとして芝居を撮影しながら、生で音楽も歌声も「一発録りする」という異例な収録だった[88]
  27. ^ 〔『セーラー服と機関銃』で十字架に貼り付けられて数時間放置されたため、〕薬師丸が相米に罵声を浴びせることもあった[103]
  28. ^ 歌手デビューの日付も決定していた[109]
  29. ^ 理由は歌手活動は学業との両立が時間的に難しいことと、マスコミへの露出が増えることへの不安。当時、薬師丸は学校や仕事場へ、自分一人で電車通学・通勤していた。
  30. ^ 事務所は薬師丸を"歌わないアイドル"として売り出す方針だった[112]
  31. ^ 薬師丸は大瀧作品の「夢で逢えたら」・「探偵物語」・「すこしだけやさしく」を客席の大瀧詠一2013年12月30日歿)の前で披露した[126]
  32. ^ 吉俣良は『Premium Acoustic Night 時の扉 〜Look For A Star〜』に引き続き、今回も参加している。
  33. ^ 〔引用者註〕出典では『歌のトップテン』になっているが、放送期間を考慮し、『ザ・トップテン』に修正した。
  34. ^ 映画業界の挨拶を教えたキャメラマン仙元誠三は、最初は頭にきたが、真っ直ぐなお嬢さんといった人柄を知るにつれ、可愛く思うようになったと話している[155]。2014年に仙元が文化庁から表彰された時、薬師丸は御祝いに駆け付けている[156]
  35. ^ 配給収入21.8億円。1978年度邦画1位。
  36. ^ この要求は両親でなく、薬師丸本人がしている。
  37. ^ 薬師丸「だって私、好きなんだもん」[188]
  38. ^ 1983年、薬師丸率いるチーム「ヒロコーズ」が全国6球場で野球をするという映画『探偵物語』の公開前イベントがあった[193]
  39. ^ 「あの日は楽しかったのに、今日は悲しい」、「1年前は辛かったけれど、今はこんなに元気だ」、「誰にも会いたくないと思ったけれど、10日後には友達と外食をしている」[177]
  40. ^ 薬師丸が同作品に出演する事が発表される前[209]
  41. ^ 出生地に関して、渋谷区[211][49] と港区[1][212]の2通りの資料があるが、渋谷区日赤病院と記述のある渋谷区の方が信頼性が高いと判断した[146]
  42. ^ 音楽監督は武部聡志
  43. ^ 新宿アルタ#新宿アルタ
  44. ^ 音楽監督は井上鑑
  45. ^ 前日に起こったアメリカ同時多発テロ事件と3日前に亡くなった相米慎二監督のことを話している。
  46. ^ 2013年12月現在、話題賞4回は最多受賞記録
  47. ^ 主演と助演の両賞受賞は、山田五十鈴望月優子乙羽信子桃井かおり田中裕子三田佳子秋吉久美子宮沢りえ(達成順)に続き9人目。達成に要した期間21年は乙羽信子の13年を越え最長。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 薬師丸ひろ子 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2016年8月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e 放送ウーマン賞2013”. 日本女性放送者懇談会. 2014年7月22日閲覧。
  3. ^ 1982年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  4. ^ a b c 『オリコン チャート・ブック 昭和43年-昭和62年( 20年)アーティスト編 全シングル作品』 オリコン、1988年9月、340-341頁。ISBN 4-87131-021-3
  5. ^ シングル 2012, pp. 801 - 802.
  6. ^ アルバム 2006, p. 656.
  7. ^ 薬師丸ひろ子のプロフィール” (2008年1月23日). 2014年12月12日閲覧。
  8. ^ 「鈴鹿ひろ美役 薬師丸ひろ子 インタビュー」、『NHKウィークリー ステラ2013年平成25年)7月26日号、NHKサービスセンター2013年、 8頁。
  9. ^ 林真理子 2006, p. 48.
  10. ^ a b 武藤 1993, p. 244.
  11. ^ つかこうへい 『つか版・男の冠婚葬祭入門』 角川文庫、1986年、143-145頁。ISBN 4-04-142223-X
  12. ^ a b c d e f g h i NBonlineプレミアム : 【薬師丸ひろ子さん】「角川さんは本当に懐の大きい方でした」” (2006年2月17日). 2006年7月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  13. ^ 中川 2014, p. 94.
  14. ^ 40周年記念映画祭開催!角川映画はいかにして昭和後期の日本映画界を改革していったか?(前編)”. シネマズ. 松竹 (2016年7月23日). 2016年8月12日閲覧。 “本作は主演・高倉健の娘役をオーディションし、今もトップ・スターとして活躍中の薬師丸ひろ子を発掘したことが最大の成果ともいえるでしょう。”
  15. ^ 中川 2014, p. 95.
  16. ^ 武藤 1993, p. 248.
  17. ^ a b 装いの街 - テレビドラマデータベース
  18. ^ フラッシュバック 1983, p. 74.
  19. ^ 妻が夫をおくるとき - テレビドラマデータベース
  20. ^ a b 中川 2014, p. 112.
  21. ^ a b c d e f g 多賀英典 2013.
  22. ^ a b c d e 阿川佐和子 2005, p. 149.
  23. ^ 武藤 1993, p. 249.
  24. ^ a b c d e f g h 宮本治雄 1995.
  25. ^ キネマ旬報社 『シネアスト相米慎二』 キネマ旬報社、2011年11月10日、57頁。ISBN 978-4-87376-380-4
  26. ^ 垣花正のあなたとハッピー!. ゲスト出演. ニッポン放送. 2013年8月26日放送.
  27. ^ 「脚本 セーラー服と機関銃」、『キネマ旬報』 1981年12月下旬号、77頁。
  28. ^ 『セーラー服と機関銃』トーク(ゲスト:黒沢清監督) : デイリーニュース2011 : TOKYO FILMeX/東京フィルメックス” (2011年11月21日). 2014年7月21日閲覧。
  29. ^ a b フラッシュバック 1983, p. 166.
  30. ^ 薬師丸ひろ子 - セーラー服と機関銃 - UNIVERSAL MUSIC JAPAN”. 2014年7月25日閲覧。
  31. ^ a b 「永遠の名演技"カイ・・・カン!」、『昭和40年男』2013年平成25年)2月号、クレタパブリッシング、2013年、 86-88頁。
  32. ^ a b 中川 2014, p. 157.
  33. ^ a b プレイバック 1983, p. 105.
  34. ^ a b c d e f 6/24【インタビュー】薬師丸ひろ子の「角川映画」時代をハイレゾと共に振り返る! 辣腕宣伝マンと制作ディレクターに訊く”. mora. 2015年6月24日閲覧。
  35. ^ 40周年記念映画祭開催!角川映画はいかにして昭和後期の日本映画界を改革していったか?(後編)”. シネマズ. 松竹 (2016年7月30日). 2016年8月12日閲覧。 “この1作で薬師丸ひろ子が一気に日本映画界を代表する青春スターに躍り出るとともに、角川映画の救世主となりました。”
  36. ^ 「首位獲得曲の推移 アルバム」、『オリコン年鑑2004 データ本』、オリコン・エンタテインメント2004年3月25日、 310頁。
  37. ^ 中川 2014, p. 163.
  38. ^ 中川 2014, pp. 165-166.
  39. ^ 金田信一郎「テレビ・ウォーズ(7)角川春樹、奇才の「破壊と創造」」、『日経ビジネス2006年平成18年)2月20日号、日経BP、2006年、 110頁。
  40. ^ a b プレイバック 1983, p. 154.
  41. ^ a b 34年前の今日、薬師丸ひろ子のアルバム『青春のメモワール』がチャート1位を獲得 【大人のMusic Calendar】”. ニッポン放送 (2016年5月3日). 2016年5月3日閲覧。
  42. ^ プレイバック 1983, p. 156.
  43. ^ プレイバック 1983, p. 190.
  44. ^ 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  45. ^ 「フラガール」受賞にホッ…アカデミー賞の権威保った ZAKZAK” (2007年2月19日). 2014年9月27日閲覧。
  46. ^ a b 「映画『早春物語』公開」、『昭和40年男』2014年平成26年)4月号、クレタパブリッシング、2014年、 120頁。
  47. ^ 川崎宏 『狂おしい夢不良性感度の日本映画: 東映三角マークになぜ惚れた!?』 青心社、2003年5月、199頁。ISBN 978-4-87892-266-4
  48. ^ 澤井信一郎「特集 角川映画 澤井信一郎の手腕。」、『昭和40年男』2016年平成28年)8月号、クレタパブリッシング、2016年、 33頁。
  49. ^ a b c d 『HIROKO YAKUSHIMARU 1987 SUMMER CONCERT HOSHIKIKOU パンフレット』、1987年
  50. ^ 武藤 1993, p. 260.
  51. ^ あの国民的ベストセラーが、28年ぶりにシリーズ復活! 〈インタビュー〉赤川次郎『セーラー服と機関銃3 疾走』”. Book Bang (2016年2月11日). 2016年2月15日閲覧。
  52. ^ 邦画と洋画の攻防(1回目)/邦洋が拮抗した80年代、角川映画が邦画界を牽引!”. MOVIE Collection [ムビコレ] (2015年7月10日). 2016年2月15日閲覧。
  53. ^ a b c 許されなかった日本映画が解禁へ、「里見八犬伝」薬師丸ひろ子の訪台に大フィーバー”. Record China (2016年4月2日). 2016年4月2日閲覧。
  54. ^ a b c キネ旬 2005, p. 128.
  55. ^ 女優デビュー35周年記念 薬師丸ひろ子 セレクション・カバーアルバム『時の扉』 全曲本人楽曲解説 歌を聴くことによって、いろんな扉を開けて、いまと過去を、そして未来を繋げてくだされば”. 歌謡曲リミテッド - KAYOKYOKU LTD. (2014年1月10日). 2014年1月10日閲覧。
  56. ^ a b 第23回 - 薬師丸ひろ子 - TOWER RECORDS ONLINE” (2011年5月13日). 2014年12月12日閲覧。
  57. ^ 河井真也「今宵、すべての劇場から 薬師丸ひろ子のこと」、『an・an1998年平成元年年)10月23日マガジンハウス(旧・平凡出版)1998年、 150頁。
  58. ^ 「20年ぶりにドラマ出演 薬師丸ひろ子が不倫!」、『日経エンタテインメント!1997年平成19年)6月号、日経BP、1997年、 71頁。
  59. ^ a b 「MEMORIAL 20 Year's - レモン伝説 - 19回 薬師丸ひろ子 知らない世界(テレビ)に入るのが怖かった」、『ザテレビジョン2002年平成14年)3月1日号、角川書店、2002年、 34頁。
  60. ^ 熱の島で〜ヒートアイランド東京〜 - テレビドラマデータベース
  61. ^ a b c 婦人公論 1998, p. 59.
  62. ^ a b 樋口尚文「セーラー服と機関銃」、『キネマ旬報』2014年(平成26年)8月下旬号、キネマ旬報社、2014年、 39頁。
  63. ^ キネ旬女優 2000, p. 52.
  64. ^ キネ旬女優 2000, p. 67.
  65. ^ キネ旬女優 2000, p. 71.
  66. ^ 『オールタイム・ベスト映画遺産: 日本映画男優・女優100』 キネマ旬報社、2014年12月、41頁。ISBN 978-4-87376-803-8
  67. ^ a b c 岡田惠和 今宵、ロックバーで〜ドラマな人々の音楽談義〜. NHK-FM放送. 2013年4月6日放送.
  68. ^ a b c キネ旬 2005, p. 125.
  69. ^ a b 阿川佐和子 2005, p. 147.
  70. ^ 受賞歴を参照。
  71. ^ キネ旬 2005, p. 123.
  72. ^ キネ旬 2005, p. 123-124.
  73. ^ 薬師丸ひろ子「薬師丸ひろ子 映画のマジック、映画の奇蹟に出会えた2005年」、『キネマ旬報2006年平成18年)2月下旬号、キネマ旬報社、2006年、 48 - 49頁。
  74. ^ 〜胸躍るあの映画、感動のシーンが切手に!〜 特殊切手「日本映画」発行”. 日本郵便. 2014年7月21日閲覧。
  75. ^ 『毎日新聞』2009年9月12日付朝刊、第28面・番組表。
  76. ^ a b 薬師丸ひろ子、『すうねるところ』で舞台初脚本の木皿泉とタッグ - ウレぴあ総研” (2012年8月20日). 2014年9月10日閲覧。
  77. ^ 世の中を忘れたやうな蚊帳の中 - テレビドラマデータベース
  78. ^ 木皿泉「すうねるところ」、『シアターガイド』2012年平成24年)9月号、モーニングデスク、2012年、 39頁。
  79. ^ 薬師丸ひろ子主演、木皿泉、内藤裕敬が再タッグ” (2014年2月4日). 2014年4月15日閲覧。
  80. ^ a b 嵐にしやがれ. ゲスト出演. 日本テレビ. 2013年12月14日放送.
  81. ^ a b 薬師丸ひろ子、『あまちゃん』出ないつもりだった - Infoseek ニュース” (2013年12月17日). 2014年3月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月6日閲覧。
  82. ^ a b c 薬師丸ひろ子「あまちゃん」出演理由に「見続ける朝ドラになると思った」 - 芸能ニュースラウンジ” (2013年1月18日). 2014年7月21日閲覧。
  83. ^ 薬師丸ひろ子:朝ドラ初出演 「あまちゃん」で大女優役 - MANTANWEB(まんたんウェブ)” (2013年1月18日). 2013年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  84. ^ 朝刊コラム「談話室」『山形新聞』2014年2月6日付朝刊。
  85. ^ a b 内田正樹「恋する音楽 薬師丸ひろ子 "鈴鹿ひろ美"は仮の姿。実力派が紡ぐスタンダードの魅力」、『サンデー毎日2013年平成25年)12月15日、毎日新聞社、2013年、 117頁。
  86. ^ 『あまちゃん』を支える80年代アイドルの底力 - ハピズム” (2013年9月28日). 2014年7月21日閲覧。
  87. ^ あまちゃん曲「潮騒のメモリー」が「セーラー服と機関銃」とリンク? V6井ノ原が指摘、ネット上で盛り上がる (1/2) : J-CASTニュース” (2013年9月25日). 2014年7月21日閲覧。
  88. ^ チーフ演出・井上剛 インタビュー 前編”. NHK連続テレビ小説「あまちゃん」. 2013年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月22日閲覧。
  89. ^ 薬師丸ひろ子、23年ぶりの単独コンサートを東阪で10月開催決定 Musicman-NET” (2014年3月27日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  90. ^ 薬師丸ひろ子「薬師丸ひろ子、カバーアルバム…思い出に寄り添う歌に」『読売新聞』2013年12月26日付夕刊、第3版、第8面。
  91. ^ 薬師丸ひろ子「言葉の大事さと意味理解」 - 芸能ニュース : nikkansports.com” (2013年12月4日). 2014年6月9日閲覧。
  92. ^ 公益財団法人 放送文化基金 表彰 第40回 放送文化基金賞 受賞一覧” (2014年6月2日). 2014年6月9日閲覧。
  93. ^ 平成18年度(第61回)〜平成26年度(第69回) (pdf)”. 文化庁. p. 16. 2016年7月14日閲覧。
  94. ^ 公益財団法人 放送文化基金 表彰 第42回 放送文化基金賞 受賞一覧” (2016年6月8日). 2016年7月14日閲覧。
  95. ^ 第32回 ATP賞テレビグランプリ”. 一般社団法人 全日本テレビ番組製作者連盟 (2016年7月8日). 2016年7月14日閲覧。
  96. ^ a b c d e f g h i j k l SUNTORY SATURDAY WAITING BAR 2007年2月10日の放送 - ウェイバックマシン(2010年10月26日アーカイブ分)
  97. ^ a b c d 「追悼 相米慎二」、『キネマ旬報2001年平成13年)11月上旬号、キネマ旬報社、2001年、 133頁。
  98. ^ 武藤 1993, pp. 251–252.
  99. ^ 武藤 1993, p. 252.
  100. ^ a b c d 武藤 1993, p. 255.
  101. ^ 【エンタがビタミン♪】薬師丸ひろ子が語る、主演作の中で「封印したい映画」「女優を辞めたくなった映画」。”. Techinsight (2011年3月4日). 2016年6月1日閲覧。 “通称“しごき棒”と呼ばれるモノで、つつかれたり叩かれたり。朝の9時からリハーサルが始まっても、本番がスタートするのは夜中の12時から。”
  102. ^ 武藤 1993, pp. 254 - 255.
  103. ^ 寺田農 役者自身が自分で発見した芝居だから躍動する(page2)”. NEWSポストセブン (2016年2月13日). 2016年2月14日閲覧。
  104. ^ 草刈正雄の魅力は「シャイなかっこよさ」伝説のキャメラマンが語る角川映画の名優たち”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2016年8月6日). 2016年8月7日閲覧。 “相米慎二監督と薬師丸の間には「お互いに見抜いて、見抜かれて、理解する」という関係性が見えた”
  105. ^ a b c 武藤 1993, p. 254.
  106. ^ 松本 2005, pp. 185 - 186.
  107. ^ a b SONGS. NHK総合. 2013年12月7日放送.
  108. ^ 松本 2005, p. 185.
  109. ^ 「Fashionable Talk 薬師丸ひろ子&湯川れい子」、『FM Fan1988年昭和63年)4月18日共同通信社1988年、 59頁。
  110. ^ 中川右介「薬師丸ひろ子を手放した男」、『本の雑誌2015年平成27年)10月号、本の雑誌社2015年、 27頁。
  111. ^ 来生たかお&薬師丸ひろ子 「セーラー服と機関銃」以来、久々の競作 "歌わないアイドル"を"自分の歌を聴くのが趣味"へと変身させた2つの作品」、『FM Fan1989年平成元年)2月20日共同通信社1989年、 55頁。
  112. ^ 「薬師丸ひろ子 "最強アイドルの証明"」『週刊文春』 2013年10月10日号。
  113. ^ 遠藤茂行「特集 角川映画 角川映画の戦略を探る」、『昭和40年男』2016年平成28年)8月号、クレタパブリッシング、2016年、 19頁。
  114. ^ a b 竹内まりやのコンピレーション・アルバム『Mariya's Songbook』「元気を出して」の思い出エピソード。
  115. ^ ベスト・アルバム『歌物語』のブックレット
  116. ^ a b 『35th Anniversary Concert パンフレット』 東映エージェンシー2013年10月1日
  117. ^ 『読売新聞』1988年3月9日付朝刊、第28面・番組表。
  118. ^ 「Fashionable Talk 薬師丸ひろ子&湯川れい子」、『FM Fan1988年昭和63年)4月18日共同通信社1988年、 60頁。
  119. ^ 松本 2005, p. 187.
  120. ^ a b 『読売新聞』2006年3月16日付夕刊、第19面。
  121. ^ SONGS 第58回 薬師丸ひろ子” (2008年9月3日). 2015年2月8日閲覧。
  122. ^ 歌手・薬師丸ひろ子が復活! 20年ぶりライブで目にはうっすら涙 ニュース-ORICON STYLE-” (2010年1月7日). 2014年9月12日閲覧。
  123. ^ 薬師丸ひろ子、22年ぶり主演映画主題歌を公開レコーディング ニュース-ORICON STYLE-” (2010年12月14日). 2014年9月12日閲覧。
  124. ^ ニュース / ケルティック・ウーマン日本公式サイト :: Celtic Woman Japan Official Site” (2012年10月17日). 2014年9月12日閲覧。
  125. ^ a b 薬師丸ひろ子、映画デビュー35周年記念、23年ぶり単独コンサートに大喝采 BARKS音楽ニュース” (2013年10月12日). 2014年3月10日閲覧。
  126. ^ 故・大滝詠一さんベスト盤がCD初のTOP3入り〜受け継がれる“ポップスの遺伝子”” (2014年12月26日). 2014年12月26日閲覧。
  127. ^ 薬師丸ひろ子 23年ぶり単独コンサートにクドカンも ― スポニチ Sponichi Annex 芸能” (2013年10月12日). 2014年7月21日閲覧。
  128. ^ 薬師丸ひろ子、至近距離ライブでピアノ演奏も”. ORICON STYLE (2014年12月18日). 2014年12月18日閲覧。
  129. ^ アーティスト詳細|ビルボードライブ東京|Billboard Live(ビルボードライブ)” (2014年12月16日). 2014年12月25日閲覧。
  130. ^ 薬師丸ひろ子が東京・オーチャードホールでコンサート。全20曲を熱唱。東京、大阪全3公演で6700人動員” (2015年10月15日). 2015年10月16日閲覧。
  131. ^ NHK「SONGS」大滝詠一特集でナイアガラサウンドを再現”. ナターシャ (2016年3月7日). 2016年3月7日閲覧。
  132. ^ SONGS 第374回 大滝詠一”. 日本放送協会 (2016年3月19日). 2016年3月22日閲覧。
  133. ^ 「永遠の名演技"カイ・・・カン!」、『昭和40年男』2013年平成25年)2月号、クレタパブリッシング、2013年、 87頁。
  134. ^ ZIP!. 日本テレビ. 2013年12月20日放送.
  135. ^ 薬師丸「Wの悲劇」ユーミンへ感謝込め”. 日刊スポーツ (2013年1月4日). 2015年3月21日閲覧。
  136. ^ 僕らの音楽 #350 松任谷由実×おすぎ - フジテレビ” (2011年4月8日). 2015年2月4日閲覧。
  137. ^ a b 湯浅学「80年代女性アイドル・ソング・ベスト100」、『レコード・コレクターズ2014年平成26年)11月号、ミュージックマガジン、2014年、 38,42,44,46。
  138. ^ a b 【紅白】薬師丸ひろ子、デビュー33年で初出場のワケ ORICON STYLE” (2014年11月26日). 2014年11月27日閲覧。
  139. ^ [紅白歌合戦]キョンキョン25年ぶり、薬師丸初出演 あまちゃんが“復活””. マイナビニュース. 2014年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  140. ^ 紅白歌合戦 当初消極的だった小泉・薬師丸が出演決めた理由”. ZAKZAK「芸能」最新ニュース (2014年1月6日). 2014年7月21日閲覧。
  141. ^ a b 【紅白】初出場・薬師丸ひろ子、30年前の名曲熱唱” (2014年12月31日). 2015年1月6日閲覧。
  142. ^ 薬師丸ひろ子の歌手としての実力と小泉今日子との違いを分析 (1/2ページ) - 芸能 - ZAKZAK”. 2014年1月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。
  143. ^ 薬師丸ひろ子35周年記念コンサート. NHK BSプレミアム. 2013年11月29日放送.
  144. ^ ユーミンが宇多田ヒカルと薬師丸ひろ子の声を絶賛。「“Wの悲劇”は最も好き」<動画あり> Techinsight” (2014年4月30日). 2014年7月21日閲覧。
  145. ^ 小西康陽「INFOPACK 『歌う映画スター』の声は天使の賛美歌のごとし」、『BRUTUS1988年昭和63年)5月1日平凡出版1988年、 132頁。
  146. ^ a b プレイバック 1983, p. 31.
  147. ^ a b 武藤 1993, pp. 243-244.
  148. ^ a b 私だけの東京・2020に語り継ぐ:女優・薬師丸ひろ子さん かっこいい大人いた青山”. 毎日新聞 (2016年7月27日). 2016年7月27日閲覧。
  149. ^ 武藤 1993, pp. 245-246.
  150. ^ 武藤 1993, p. 246.
  151. ^ 武藤 1993, p. 245.
  152. ^ プレイバック 1983, p. 35.
  153. ^ a b c d e f 阿川佐和子 2005, p. 148.
  154. ^ a b c d e f g 【薬師丸ひろ子】「野性の証明」で高倉健に釘を刺されたことがベースに - ぴいぷる - ZAKZAK” (2013年7月26日). 2014年9月30日閲覧。
  155. ^ a b 週刊現代 2015, p. 163.
  156. ^ 週刊現代 2015, p. 165.
  157. ^ 武藤 1993, p. 261.
  158. ^ a b c d 阿川佐和子 2005, p. 150.
  159. ^ セーラー服で始まった「角川映画」の不敗神話 - 映画な生活 - 芸能コラム”. 日刊スポーツ (2016年7月22日). 2016年7月22日閲覧。 “「普通の高校生」が売りの少女がジャニーズの「超」が付く人気者を打ち負かしたのだ。”
  160. ^ プレイバック 1983, pp. 162-163.
  161. ^ a b プレイバック 1983, p. 162.
  162. ^ a b フラッシュバック 1983, p. 34.
  163. ^ 【産経抄】女子大生真央ちゃん 5月22日+(1/2ページ) - MSN産経ニュース” (2014年5月22日). 2014年7月21日閲覧。
  164. ^ FRIDAY1986年昭和61年)2月7日講談社1986年、 10 - 11頁。
  165. ^ 片岡義男「ついきのうのように至近距離にいまもある」、『キネマ旬報』2016年(平成28年)3月上旬号、キネマ旬報社、2016年、 36頁。
  166. ^ a b 武藤 1993, p. 256.
  167. ^ a b 「芸能界10年選手が手にした感激の『卒業証書』文学士薬師丸ひろ子『23歳の旅立ち』」、『FRIDAY1988年昭和63年)4月1日、講談社、1988年、 18-19頁。
  168. ^ a b 「薬師丸ひろ子、玉川大学を5年かけて晴ればれ卒業!」、『FLASH1988年昭和63年)3月29日、光文社、1988年、 28-29頁。
  169. ^ a b 「『婚前旅行』に『電撃挙式』で大フィーバー 『トシ&美穂』『玉置&薬師丸』のハワイ騒動」、『FRIDAY1991年平成3年)1月25日、講談社、1991年、 71頁。
  170. ^ 玉置浩二 大腸の炎症再発で緊急入院 1カ月休養”. Sponichi Annex (2016年5月7日). 2016年5月7日閲覧。 “玉置は96年12月にも同じ憩室炎で休養している。当時の夫人だった女優の薬師丸ひろ子(51)が看病し、生放送の音楽番組に代役で出演しておわびの言葉を述べたこともある。”
  171. ^ a b 週刊新潮1998年平成10年)6月18日新潮社1998年、 36頁。
  172. ^ a b 週刊文春1998年平成10年)6月18日文藝春秋1998年、 32頁。
  173. ^ a b 武藤 1993, pp. 246-247.
  174. ^ 薬師丸ひろ子、「野性の証明」高倉健との思い出語る - 映画ナタリー” (2015年3月29日). 2015年4月2日閲覧。
  175. ^ 月刊カドカワ 1988, p. 98.
  176. ^ 月刊カドカワ 1988, p. 97.
  177. ^ a b c d 婦人公論 1998, p. 60.
  178. ^ (あなたへ 高倉健撮影日誌:9):朝日新聞デジタル”. 朝日新聞 (2012年8月6日). 2013年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月26日閲覧。
  179. ^ a b 薬師丸ひろ子 高倉健さん偲ぶ「体から魂が抜けていった感じ」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能” (2014年11月30日). 2014年12月1日閲覧。
  180. ^ a b 薬師丸ひろ子、高倉健さんについて口開く - 芸能ニュース : nikkansports.com” (2014年11月30日). 2014年12月1日閲覧。
  181. ^ プレイバック 1983, pp. 38 - 45.
  182. ^ 薬師丸ひろ子、健さんに「ブス→やっくん→やく」と呼ばれていた - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)” (2014年12月1日). 2014年12月7日閲覧。
  183. ^ 薬師丸ひろ子、初紅白で名曲に想い込める「目に見えない遠くまで」<紅白本番> - モデルプレス” (2015年1月7日). 2015年1月7日閲覧。
  184. ^ 武藤 1993, pp. 257-258.
  185. ^ 武藤 1993, pp. 258-260.
  186. ^ a b c 「薬師丸ひろ子"こうのとりのゆりかご"に主演 花のように"ふふふ"」『朝日新聞』2013年11月23日付朝刊。
  187. ^ a b c 松本 2005, pp. 200 - 201.
  188. ^ a b c d キネ旬 2005, p. 129.
  189. ^ キネマ旬報社 『シネアスト相米慎二』 キネマ旬報社、2011年11月10日、70頁。ISBN 978-4-87376-380-4
  190. ^ 行定勲監督の証言。薬師丸ひろ子のアノ映画で暴動が起こっていた!”. Techinsight (2010年1月18日). 2015年2月22日閲覧。
  191. ^ 「薬師丸ひろ子 テレビドラマ初主演の仕掛け人」、『週刊新潮1997年平成9年)4月24日、新潮社、1997年、 28- 29頁。
  192. ^ 林真理子 2006, p. 50.
  193. ^ 福永邦昭 (2016年5月20日). “【今だから明かす あの映画のウラ舞台】角川編(下) 薬師丸ひろ子売り出し戦略 「学業優先」逆手にとり (1/2ページ)”. 夕刊フジ. 2016年5月20日閲覧。
  194. ^ 2013年10月に開催された薬師丸ひろ子35周年記念コンサートのMC。
  195. ^ [薬師丸ひろ子]芸能生活35年は“混沌” 放送ウーマン賞に感慨 マイナビニュース” (2014年3月8日). 2014年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  196. ^ 薬師丸ひろ子が放送ウーマン賞受賞 - 芸能ニュース : nikkansports.com” (2014年3月8日). 2014年7月21日閲覧。
  197. ^ 月刊カドカワ 1988, p. 104.
  198. ^ a b 月刊カドカワ 1988, p. 103.
  199. ^ 驚きの80年代アイドルのキャッチコピーランキング”. gooランキング (2011年9月25日). 2015年8月31日閲覧。
  200. ^ フラッシュバック 1983, p. 136.
  201. ^ プレイバック 1983, pp. 110-111.
  202. ^ 中川 2014honto, 54%.
  203. ^ 中川 2014honto, 79%.
  204. ^ あめくみちこ - KINENOTE
  205. ^ 「アリャ!?薬師丸ひろ子からあの『泣きボクロ』が消えた 久々に登場の主演ドラマを見ていた写写丸が発見・・・ないゾ!あなた、気づいていました?」、『FLASH1997年平成9年)5月20日光文社1997年、 24 - 25頁。
  206. ^ 塚田泉「能年玲奈であり続けること」、『キネマ旬報』2014年(平成26年)8月下旬号、キネマ旬報社、2014年、 19頁。
  207. ^ 能年玲奈、難役クリアで新人賞/映画大賞 - シネマニュース : nikkansports.com” (2014年12月4日). 2014年12月7日閲覧。
  208. ^ あまちゃんヒロイン、「宮藤官九郎さんはいじわる」撮影の裏側を明かす - モデルプレス” (2013年6月11日). 2014年7月21日閲覧。
  209. ^ 能年玲奈 ももクロ、キョンキョンでアイドル研究!「あまちゃん」後半戦の東京編へ - 芸能ニュースラウンジ” (2013年6月12日). 2014年7月21日閲覧。
  210. ^ 月刊サイゾー 2013年9月号 14 - 17ページより。
  211. ^ フラッシュバック 1983, p. 179.
  212. ^ a b プレイバック 1983, p. 19.
  213. ^ 薬師丸ひろ子 35th Anniversary Concert 2013 - 薬師丸ひろ子女優生活35周年記念コンサート”. 2013年10月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月28日閲覧。
  214. ^ 薬師丸ひろ子、ビルボードライブ東京で2日間限りのプレミアムナイト” (2014年9月19日). 2014年9月20日閲覧。
  215. ^ Natasha, Inc. (2015年6月30日). “薬師丸ひろ子、2年ぶり東阪ツアーはオリックス劇場&Bunkamura - 音楽ナタリー”. 2015年7月7日閲覧。
  216. ^ 世界遺産劇場 春日大社 第六十次式年造替奉祝 薬師丸ひろ子コンサート 開催のお知らせ”. SAP Corporation (2016年7月2日). 2016年7月3日閲覧。
  217. ^ 福永邦昭 (2016年5月20日). “【今だから明かす あの映画のウラ舞台】角川編(下) 薬師丸ひろ子売り出し戦略 「学業優先」逆手にとり (2/2ページ)”. 夕刊フジ. 2016年5月20日閲覧。
  218. ^ 鈴木貞夫のインターネット商人元気塾:フードボイス”. 2014年3月5日閲覧。
  219. ^ 国内初の国際的なドラマ祭記念式典に豪華俳優陣ズラリ”. ORICON STYLE (2007年10月13日). 2016年4月30日閲覧。
  220. ^ 【ああ懐かしの雑誌黄金時代】「バラエティ」 時間と予算ふんだんで記憶にのみ残る番組生まれる - 芸能 - ZAKZAK”. 夕刊フジ (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。 “薬師丸ひろ子や原田知世ら角川映画でスターになっていった女優たちのファンマガジンの役割も果たしていた。”
  221. ^ 篠山紀信. “週刊朝日1979年11月23号表紙”. インターネット篠山紀信. 2016年5月13日閲覧。
  222. ^ 薬師丸ひろ子”. TSUTAYA [T-SITE]. 2015年6月23日閲覧。
  223. ^ 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 歴代の受賞者・受賞作品 : nikkansports.com” (2014年5月6日). 2014年5月10日閲覧。
  224. ^ 放送ウーマン賞2013”. 日本女性放送者懇談会. 2014年2月22日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]