原田美枝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はらだ みえこ
原田 美枝子
本名 石橋 美枝子
生年月日 (1958-12-26) 1958年12月26日(63歳)
出生地 日本の旗 日本東京都豊島区
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台ナレーション
活動期間 1974年 - 現在
配偶者 石橋凌
著名な家族 優河(長女)
石橋静河(次女)
主な作品
映画
恋は緑の風の中
大地の子守歌
青春の殺人者

火宅の人
愛を乞うひと
雨あがる
ぼくたちの家族
蜩ノ記
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
テレビドラマ
北の国から
太平記
華麗なる一族
坂の上の雲
新参者
流れ星
幸せになろうよ
僕のいた時間
透明なゆりかご
俺の話は長い
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀主演女優賞
1998年愛を乞うひと
優秀主演女優賞
2002年OUT
最優秀助演女優賞
1986年火宅の人』『プルシアンブルーの肖像』『国士無双
2000年雨あがる
優秀助演女優賞
1979年『その後の仁義なき戦い』『あゝ野麦峠
1990年式部物語』『釣りバカ日誌2』『
ブルーリボン賞
最優秀主演女優賞
1996年『絵の中のぼくの村
1998年『愛を乞うひと』
新人賞
1976年『大地の子守歌』『青春の殺人者
その他の賞
キネマ旬報賞
主演女優賞
1976年『大地の子守歌』『青春の殺人者』
1996年『絵の中のぼくの村』
1998年『愛を乞うひと』
製作者協会新人賞
1976年『大地の子守歌』『青春の殺人者』
報知映画賞
最優秀主演女優賞
1996年『絵の中のぼくの村』
1998年『愛を乞うひと』
最優秀助演女優賞
1986年『火宅の人』
最優秀新人女優賞
1976年『大地の子守歌』『青春の殺人者』
毎日映画コンクール
主演女優賞
1998年『愛を乞うひと』
田中絹代賞
2000年『雨あがる』
日本映画批評家大賞
主演女優賞
1996年『絵の中のぼくの村』
1998年『愛を乞うひと』
東京スポーツ映画大賞
主演女優賞
1998年『愛を乞うひと』
ゴールデン・アロー賞
映画新人賞/最優秀新人賞
1976年『大地の子守歌』『青春の殺人者』
高崎映画祭
最優秀助演女優賞
1996年『絵の中のぼくの村』
ヨコハマ映画祭
主演女優賞
1998年『愛を乞うひと』
おおさか映画祭
主演女優賞
1998年『愛を乞うひと』
助演女優賞
2015年ぼくたちの家族』『蜩ノ記
備考
日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞の両方を受賞した女優(優秀賞も含めると通算6度受賞)
テンプレートを表示

原田 美枝子(はらだ みえこ、本名;石橋 美枝子、1958年12月26日 - )は、東京都豊島区出身の日本女優。原田三枝子とも。身長157cm。血液型A型。夫は俳優の石橋凌。3児の母(長女はシンガーソングライターの優河[1]、次女は女優の石橋静河[2]。2人の上に息子がいる)。所属事務所は舞プロモーション

来歴・人物[編集]

幼少期から成人するまでは母が住み込みで管理人をしていた東京都豊島区南大塚1丁目の『稲和マンション』1階の管理人室に居住しており(現在『稲和マンション』は取り壊され、新たな物件が建っている)、当時、先輩で役者友達だった佐藤佑介がよく遊びに来ていた。

中学2年生だった1972年、マーク・レスター主演の映画『卒業旅行 Little Adventurer』の相手役オーディションに応募したが落選[3]。しばらくしてある芸能プロダクションの誘いを受けて加入したのち、サンミュージックプロダクションに移籍した[3]。アイドル全盛の当時、原田も歌手としてデビューする話で進んでいたが、当人は乗り気ではなく、「勉強のために」と勧められて日活児童映画『ともだち』(澤田幸弘監督、1974年7月24日公開)に、主人公の少年の姉役として出演した[4]東京都立工芸高等学校入学後の1974年、『恋は緑の風の中』に出演し、これが正式デビューとなった。しかし映画にヌードシーンがあったため、公開後の高校1年生の3学期に芸能活動の便宜上、東京都立代々木高等学校交替部へ転入し卒業した。

1976年、『大地の子守歌』『青春の殺人者[5]などに出演し、10代でキネマ旬報主演女優賞などを受賞し、一躍評価を高めた。ヌードもいとわず、演技力も伴っていることで、当時から評価の高い女優だった。83年には、神代辰巳監督の『もどり川』で萩原健一と共演し、好評を博した。続いて黒沢明の『乱』にも出演している。

ミスター・ミセス・ミス・ロンリー』では自ら製作・主演に関わるとともに、「刹那」の名前で原案、脚本もこなす。1986年に小説『愛しのハーフ・ムーン』(集英社コバルト文庫)を発表。翌1987年滝田洋二郎監督によりにっかつで映画化されている。

黒澤明神代辰巳長谷川和彦実相寺昭雄深作欣二ら、多くの監督からオファーを受け数々の映画賞を受賞している。

『青春の殺人者』を監督した長谷川和彦は、原田の事を、「しっかり演じたい女優なのでテレビより映画向きの女優」と評している。しかし九十年代中期からはテレビドラマでの出演も増え、芸の幅を広げている。

出演[編集]

映画[編集]

※作品名・公開年月日・製作または配給会社・役名・監督名の順に記述

劇場アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

作品名・放送期日・放送局・役名の順に記述

テレビドラマ(単発)[編集]

  • 東芝日曜劇場 (TBS)
    • 第1079回「出会い」(1977年8月15日、RKB制作)
    • 第1211回「冬の炎」(1980年2月24日、CBC制作)
    • 第1277回「とべ、青空へ」(1981年6月14日、CBC制作)
    • 第1575回「明日の夜来ます」(1987年9月15日)
  • 土曜ワイド劇場(ANB)
    • 「泣くな源太郎 恋のトラック特急」 (1978年7月1日)
    • 「歪んだ星座 受験戦争連続殺人事件」(1979年6月16日)
    • 「欲望の海峡 女相続人をあばくのは誰か」(1980年4月19日、ABC)
    • 事件6 金属バットで夫を殺した女!!」(1998年7月4日、オフィス・ヘンミ) - 容疑者・岩本鈴子 役
    • 隠蔽捜査」(2007年3月10日)
    • 「隠蔽捜査2〜果断〜」(2008年10月4日)
  • 風雪の海峡 青函トンネルは、今…(1978年12月9日、CX)
  • 黒岩重吾シリーズ「裂けた星」(1980年1月12日、MBS)
  • 花王名人劇場 裸の大将放浪記1(1980年6月1日、KTV) - 盲目の美少女・松子 役
  • 木曜ゴールデンドラマYTV
    • 「顔」(1982年1月14日) - 主演
    • 「性的犯罪」(1982年7月1日) - OL・由美子 役 ※主演
    • 「風の家」(1985年12月12日)
    • 「遠めがねの女 純愛を我らに!」(1986年11月13日)
  • 時代劇スペシャル (CX)
    • 「傘次郎・新子捕物日記 夫婦河童」(1981年6月26日) - 新子 役
    • 「傘次郎新子捕物日記 夫婦十手 豪商六人衆連続殺人事件」(1982年6月4日) - 新子 役
    • 子連れ狼」(1984年3月1日) - お仙 役
  • ザ・サスペンス(TBS)
  • 妻たちの反乱 (1983年1月22日、NHK)
  • 追跡2 私にも定年をください(1983年1月29日、NHK)
  • 火曜サスペンス劇場(NTV)
    • 「冷ややかな情死」(1984年、国際放映) - 主演
    • 「星座伝説殺人事件 すばる星団が月に隠れる夜」(1989年11月21日) - 主演
  • 幕末青春グラフィティ 福沢諭吉(1985年2月11日、TBS)
  • 金曜ドラマスペシャル「北陸トンネル、蒸発殺人行」(1986年8月14日、CX) - 若夫人・紀子 役
  • 水曜ドラマスペシャル(TBS)
    • 「泣く女」(1986年3月19日)
    • 「青山流行通り物語」(1987年1月14日)
    • 「魔夏少女」(1987年8月12日)
  • 現代恐怖サスペンス「誰かが夢を覗いてる あるOLの場合…」(1987年8月3日、KTV)
  • ザ ドラマチックナイト「となりの女」(1988年3月4日、CX) - 落合妙子 役
  • 乱歩賞作家サスペンス 「いとしのエリーをもう一度」(1989年7月3日、KTV) - ポルトガル民謡のファドを歌う歌手のカルメン 役
  • 現代恐怖サスペンス・誰かが私を覗いてる(1987年、KTV・ヴァンフィル) - 主演
  • 現代推理サスペンス「二時から五時までのブルース」(1990年11月5日、KTV)
  • 月曜ドラマスペシャル(TBS)
    • 「雷獣」(1990年12月17日)
    • 松本清張特別企画 証明」(1994年11月14日、TBS) - 高木久美子 役 ※主演
    • 「女のサスペンス3 盗む女」(1997年6月16日) - 銀行員・弥生 役
  • むしの居どころ(1990年11月3日、NHK)
  • 庭の家族〜美しく年を重ねるために〜(1993年9月15日、CX)[注 1] - 里津子 役
  • 金曜エンタテイメント(CX)
    • 「間違えられた男 平和な生活を脅かすえん罪の恐怖」(1993年11月26日) - 志水悠子 役
    • 「名探偵信濃のコロンボ1 北国街道殺人事件」(1998年5月1日) - 妻・陽子 役
    • 「名探偵信濃のコロンボ2 戸隠伝説殺人事件」(1999年3月19日) - 妻・陽子 役
    • 「名探偵信濃のコロンボ3 追分殺人事件」(2000年6月2日) - 妻・陽子 役
    • 「特別企画 8・12墜落 20年目の誓い 〜天国にいるわが子へ〜」(2005年8月12日)
  • 年末ドラマスペシャル 愛の降る街・領収書物語2 「愛が言った」(1993年12月27日、KTV) - 売れない小説家の妻 役
  • ビジネスマン空手道 お父さんの逆襲!(1995年10月10日、NHK)
  • 塀の中の少女たち 女子少年院24時・初めて愛を知りました…」(1996年9月26日、TBS)
  • オグリの子(1998年、NHK)
    • 第1回・あれがうわさの名馬の子(8月3日)
    • 第2回・走れ走れ!ゴールを越えて(8月4日)
  • 百年の物語 第三夜「(現代編)オンリー・ラブ 」(2000年8月30日、TBS) - 千代の母親 役
  • 松本清張特別企画「影の車」(2001年2月19日、TBS) - 主演・泰子 役 ※本作の演技により第38回ギャラクシー賞奨励賞(テレビ部門)を受賞
  • 幸田家の人びと〜江戸・平成 四代の物語〜(2003年1月2日、NHK)
  • 水曜プレミア「つぐない」(2004年6月30日、TBS) - 愛人・美津子 役
  • 飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ(2005年10月10日、CX) - 沢村美和 役
  • 金曜プレステージ (CX)
    • 奇跡の夫婦愛スペシャル「虹を架ける王妃」(2006年11月24日、25日) - 梨本宮伊都子妃
    • 監察医七浦小夜子・法医学者の事件プロファイル(2011年4月22日) - 井上茜 役
  • 新春ドラマ特別企画 山田太一ドラマSP「まだそんなに老けてはいない」(2007年1月27日、EX)
  • 追跡〜失踪人捜査官・石森新次郎(2008年1月28日、TBS)
  • いのちのいろえんぴつ(2008年3月22日、EX) - 小山内美和子 役
  • スペシャルドラマ・白洲次郎(2009年、NHK) - 白洲芳子
  • 刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史(2009年6月20・21日、EX)
  • 地下鉄サリン事件 15年目の闘い〜あの日、霞ヶ関で何が起こったのか〜(2010年3月20日) - 高橋シズヱ 役
  • 宮部みゆきスペシャル「魔術はささやく」(2011年9月9日、CX) - 原沢鈴子 役
  • ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜 第3夜(2012年4月7日、TBS) - 滝沢圭子 役
  • NTTドコモ 20周年スペシャルドラマ 夢の扉 特別編「20年後の君へ」(2012年7月1日) - 澤田佳乃 役
  • みをつくし料理帖(2012年9月22日・2014年6月8日、EX) - 芳 役
  • (2013年12月16日、TBS) - 矢野布美子 役
  • テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞 「最後の仕事」(2014年1月12日、テレビ朝日) - 加代 役
  • ドラマ特別企画「たった一度の約束〜時代に封印された日本人〜」(2014年2月26日、TX) - 国方千世子 役
  • 特集ドラマ「生きたい たすけたい」(2014年3月11日、NHK) - 三浦真佐子 役 ※主演
  • 55歳からのハローライフ 第3話(2014年6月28日、NHK) - 中米志津子 役 ※主演
  • 赤と黒のゲキジョー(CX)
  • 宮崎のふたり(2016年10月19日、NHK BSプレミアム / 2018年5月5日、NHKーG) - 小山京子 役 [15]
  • 世にも奇妙な物語 「妻の記憶」(2017年) ‐ 成田春子 役
  • 名奉行!遠山の金四郎(2017年 ‐ ) - 寿々 役
  • 新春ドラマスペシャル 娘の結婚(2018年1月8日、テレビ東京) - 片岡綾乃 役
  • ドラマスペシャル 68歳の新入社員(2018年6月18日、関西テレビ) - 仁井元文子 役
  • 星とレモンの部屋(2021年3月19日、NHK) - 里中初美 役

その他のテレビ番組[編集]

  • ヒューマンドキュメンタリー「二人の旅路〜日中 激動を生きた京劇夫婦〜」(2011年、NHK) - 語り

他多数

CM[編集]

受賞歴[編集]

  • 1976年: 『大地の子守歌』・『青春の殺人者』、ブルーリボン賞/新人賞。1976年度キネマ旬報/主演女優賞、製作者協会新人賞、報知映画賞/新人賞、ゴールデン・アロー賞/映画新人賞および最優秀新人賞
  • 1977年: 日本映画テレビプロデューサー協会エランドール賞(ELAN D'OR)/新人賞
  • 1979年: 『その後の仁義なき戦い』(根岸明子 役)、監督: 工藤栄一、『あゝ野麦峠』(篠田ゆき 役)、原作: 山本茂実、監督: 山本薩夫、第3回日本アカデミー賞/優秀助演女優賞
  • 1986年: 『火宅の人』(恵子 役)、監督: 深作欣二、第10回日本アカデミー賞/最優秀助演女優賞、第11回報知映画賞/最優秀助演女優賞
  • 1990年: 『夢』(雪女 役)、監督: 黒澤明、『式部物語』(大友てるえ 役)、監督: 熊井啓、『釣りバカ日誌2』(間宮弥生 役) 監督: 栗山富夫、第14回日本アカデミー賞/優秀助演女優賞
  • 1996年: 『絵の中のぼくの村 Village of Dreams』(田島瑞枝 役)、監督: 東陽一、第20回山路ふみ子女優賞、1996年度キネマ旬報賞主演女優賞、 第39回ブルーリボン賞/最優秀主演女優賞、第6回日本映画批評家大賞/主演女優賞、第21回報知映画賞/最優秀主演女優賞、第11回高崎映画祭/最優秀助演女優賞受賞
  • 1998年: 『愛を乞うひと』(山岡照恵 役 / 陳(和知)豊子 役)、原作: 下田治美、監督: 平山秀幸、第22回日本アカデミー賞/最優秀主演女優賞、第53回毎日映画コンクール/主演女優賞、報知映画賞/最優秀主演女優賞、1998年度キネマ旬報賞/主演女優賞、第23回報知映画賞/最優秀主演女優賞、第20回ヨコハマ映画祭/主演女優賞、第24回おおさか映画祭/主演女優賞、第41回ブルーリボン賞/最優秀主演女優賞、第8回東京スポーツ映画大賞/主演女優賞、1998年度全国映連賞/女優賞、読売新聞98年度「今年を代表する女優」、モントリオール世界映画祭/国際批評家連盟賞
  • 2001年: 『雨あがる』(おきん 役)、監督: 小泉堯史、第24回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第55回毎日映画コンクール/田中絹代賞。『影の車』(小磯泰子 役): TBSギャラクシー賞/テレビ部門2月月間賞
  • 2002年: 『折り梅』(巴 役)、監督: 松井久子、全国映画観賞団体連絡会議/女優賞。『OUT』(香取雅子 役)、監督: 平山秀幸、第26回日本アカデミー賞/主演女優賞

書籍[編集]

  • プレイボーイ特別編集 写真集「勝vs美枝子」(1980年、集英社)※勝新太郎撮影によるヌード写真集。
  • 『愛しのハーフ・ムーン』(1984年、集英社(1986年、コバルト文庫))※処女長編小説。
  • アンティック・ガールズ(1987年、集英社『別冊Cobalt』87年新春号に掲載)
  • 『あなたがそこにいるから』(1996年、扶桑社)エッセイ集

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 第31回ギャラクシー賞選奨[13][14]

出典[編集]

  1. ^ 優河 on Twitter”. 2017年12月15日閲覧。
  2. ^ “石橋静河 映画初主演 石橋凌と原田美枝子の次女「怖いけど楽しみ」”. スポニチアネックス. (2016年8月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/02/kiji/K20160802013081620.html 2016年8月2日閲覧。 
  3. ^ a b 鈴木 2011, pp. 29–30.
  4. ^ 鈴木 2011, pp. 31–33.
  5. ^ 映画 青春の殺人者”. allcinema. 2019年7月5日閲覧。
  6. ^ 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-”. 日曜洋画劇場. テレビ朝日. 2016年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月7日閲覧。
  7. ^ 菅田将暉原田美枝子、親子役でダブル主演 原作・脚本・監督は川村元気(2021年12月2日)|BIGLOBEニュース” (日本語). BIGLOBEニュース. 2021年12月1日閲覧。
  8. ^ 映画 犬夜叉 鏡の中の夢幻城”. メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。
  9. ^ "「ちむどんどん」原田美枝子 47年ぶり朝ドラ「ほとんど初めて」黒島結菜の壁に?伊料理店オーナー役". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 15 June 2021. 2021年6月15日閲覧
  10. ^ “関ジャニ・横山、アウトロー刑事挑戦 主演の波瑠に「引っ張ってもらおう」”. ORICON STYLE. (2016年6月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2073186/full/ 2016年6月11日閲覧。 
  11. ^ “内野聖陽主演『琥珀の夢』10・5放送 檀れい、生瀬勝久、原田美枝子ら共演者発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2117962/full/ 2018年9月5日閲覧。 
  12. ^ “生田斗真の家族役判明!安田顕、小池栄子、清原果耶、原田美枝子が“ダメ男”と激突<俺の話は長い>”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年9月7日). https://thetv.jp/news/detail/204050/ 2019年9月7日閲覧。 
  13. ^ 庭の家族〜美しく年を重ねるために〜”. テレビドラマデータベース. 2016年10月30日閲覧。
  14. ^ 放送ライブラリー 番組ID:007005
  15. ^ “柄本明、宮崎県を舞台に“もう一度、ハネムーン”をドラマ化”. ORICON STYLE. (2016年4月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2070810/full/ 2016年4月27日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g 原田美枝子のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年10月30日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]