透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
透明なゆりかご
産婦人科医院 看護師見習い日記
ジャンル 産婦人科
医療漫画
漫画
作者 沖田×華
出版社 講談社
掲載誌 Kiss PLUSハツキス
発表号 2014年1号 -
巻数 既刊7巻(2018年8月現在)
テレビドラマ:透明なゆりかご
原作 沖田×華
脚本 安達奈緒子
演出 柴田岳志(NHKエンタープライズ)
村橋直樹(NHKエンタープライズ)
鹿島悠(NHKエンタープライズ)
制作 NHKエンタープライズ
放送局 NHK総合
放送期間 2018年7月20日 -
話数 10回(予定)
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記』(とうめいなゆりかご さんふじんかいいん かんごしみならいにっき)は、沖田×華日本医療漫画作品。『Kiss PLUS』(講談社)2014年1月号より連載を開始し、第3話より『ハツキス』(講談社)に連載が移された。既刊7巻。第42回(2018年度)講談社漫画賞少女部門受賞作[1][2]

作者の沖田が高校時代に勤めていた産婦人科の見習い看護師の経験を通じて、生まれる命の重さや大切さを知った実体験を基にしている。

透明なゆりかご』と題して、NHK総合テレビドラマ10」枠にて2018年7月にテレビドラマ化された[3]

概要[編集]

准看護学科に通う高校生だった作者が看護師見習いとして産婦人科医院に勤務した実体験をもとに、産婦人科の残酷な実情や母性について描く[4]。もともと医療ものの作品が好きで、特に出産・妊娠を描いた作品に「色々な困難があったけれど、産んだら皆幸せ」という結末となるものが多いことに長く違和感を感じていたという作者が、「産婦人科は命が生まれるだけの場所じゃない」と幸せな出産の裏側でひっそりと日常的に進行する妊娠中絶DV性虐待といった事例にも焦点を当て、産婦人科の光と影を描いている[5][6]

作者初のフィクション作品となった『ギリギリムスメ』の連載に行き詰まった時に、「私が経験したことで何か漫画になるようなことあったかな、そういえば産婦人科でバイトしてたことがあったな」と本作を着想し、ネームを制作して編集者に提案。『ギリギリムスメ』の連載終了に続いて本作の連載を開始した[4][7]。作品名は当初「存在していたのに認識されることなく“ないことにされた”中絶胎児たちの命」の「存在が透けているような不安定感、不透明感」をイメージしてつけられた仮題『透明なゆりかご』がそのまま正式に採用された[6]

作品発表以来多くの読者からの反響を呼び、20代から30代の女性を中心に共感を得て、累計325万部超[注 1]を記録するヒット作品となった[4][8]2017年には「全国書店員が選んだおすすめコミック2017」にて11位となり[9]、翌2018年には第42回(2018年度)講談社漫画賞を少女部門にて受賞した[1][2]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

透明なゆりかご
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜22:00 - 22:44(44分)
放送期間 2018年7月20日 -(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
製作総指揮 須崎岳(NHKエンタープライズ
髙橋練(NHK)
演出 柴田岳志(NHKエンタープライズ)
村橋直樹(NHKエンタープライズ)
鹿島悠(NHKエンタープライズ)
原作 沖田×華
脚本 安達奈緒子
出演者 清原果耶
瀬戸康史
酒井若菜
マイコ
葉山奨之
野村麻純
淵上泰史
水川あさみ
原田美枝子
エンディング Charaせつないもの
時代設定 1997年夏 -
外部リンク 公式サイト

特記事項:
第1回は37分遅れで放送(22:37 - 23:21)[注 2]
テンプレートを表示

透明なゆりかご』(とうめいなゆりかご)のタイトルで、NHK総合ドラマ10」枠にて2018年7月20日から放送されている。連続10回(予定)。主演の清原果耶は本作がドラマ初主演となる[3][8]

ドラマ版では、原作者をモデルとした架空のキャラクターである青田アオイが主人公となっている。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

その他[編集]

ゲスト[編集]

第1回
第2回
  • 菊田里佳子 - 平岩紙:1型糖尿病保持者で網膜症も有り。一旦は妊娠継続を断念しようとするが、本人の強い希望で妊娠を継続する。
  • 中本千絵 - 蒔田彩珠 :妊娠・出産後赤ちゃんを捨ててしまう高校生。
  • 菊田実 - 金子岳憲
  • 千絵の父 - 近江谷太朗
  • 里佳子の母・ゆかり - 朝加真由美
第3回
第4回
第5回

スタッフ[編集]

  • 原作 - 沖田×華『透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記』
  • 脚本 - 安達奈緒子
  • 音楽 - 清水靖晃
  • 主題歌 - Charaせつないもの
  • 演出 - 柴田岳志(NHKエンタープライズ)、村橋直樹(NHKエンタープライズ)、鹿島悠(NHKエンタープライズ)
  • 制作統括 - 須崎岳(NHKエンタープライズ)、髙橋練(NHK
  • 制作 - NHKエンタープライズ
  • 制作・著作 - NHK

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 演出 備考
第1回 7月20日 命のかけら 柴田岳志 37分遅れで放送(22:37 - 23:21)[注 2]
第2回 7月27日 母性ってなに
第3回 8月03日 不機嫌な妊婦
第4回 8月10日 産科危機
第5回 8月17日 14歳の妊娠 村橋直樹

関連番組[編集]

ドキュメント 透明なゆりかご[17]
2018年7月16日 18:07-18:43、NHK総合
東京都内の産婦人科病院における小さな命の現場を紹介するドキュメンタリー
語り - 清原果耶
まだ間に合う!透明なゆりかご
2018年8月16日 23:00-23:10、NHK総合
これまでのエピソードと今後のストーリー、登場人物の紹介。出演者による座談会。
出演 - 清原果耶、瀬戸康史水川あさみ
語り - 久保田祐佳

関連商品 [編集]

ノベライズ
NHK総合 ドラマ10
前番組 番組名 次番組
デイジー・ラック
(2018年4月20日 - 6月22日)
透明なゆりかご
(2018年7月20日 - )
昭和元禄落語心中
(2018年10月12日 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

脚注[編集]

  1. ^ 2018年4月時点[8]
  2. ^ a b 第196通常国会事実上閉会に伴う安倍首相会見のため。

出典[編集]

  1. ^ a b 第42回(2018年度)「講談社漫画賞」決定のお知らせ (PDF)”. 講談社 (2018年5月10日). 2018年7月25日閲覧。
  2. ^ a b “講談社漫画賞はBEASTARS、透明なゆりかご、傘寿まり子、フラジャイルに決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年5月10日). https://natalie.mu/comic/news/281650 2018年7月25日閲覧。 
  3. ^ a b 清原果耶さん主演「透明なゆりかご」制作開始!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2018年4月12日). 2018年7月25日閲覧。
  4. ^ a b c “『透明なゆりかご』作者が語る、日本の死亡原因“本当”の1位が中絶だという現実”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2017年6月16日). http://www.jprime.jp/articles/-/9908 2018年7月28日閲覧。 
  5. ^ 沖田, ×華 (2015年5月14日). 生まれたばかりの我が子を見て「ハズレだ」と言った母親の心理。産婦人科実録作者に聞く2. インタビュアー:松澤夏織. エキレビ!(エキサイト).. https://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20150514/E1431535624977.html 2018年7月28日閲覧。 
  6. ^ a b 沖田, ×華 (2015年5月14日). 生まれたばかりの我が子を見て「ハズレだ」と言った母親の心理。産婦人科実録作者に聞く2. インタビュアー:松澤夏織. p. 2. エキレビ!(エキサイト).. https://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20150514/E1431535624977.html?_p=2 2018年7月28日閲覧。 
  7. ^ 沖田, ×華 (2017年12月13日). 独占漫画家インタビュー:沖田×華「『ゆりかご』を描いて良かった」. インタビュアー:小山喜崇. めちゃマガ(めちゃコミック).. https://sp.comics.mecha.cc/free/mechamaga/articles/a-okita-bakka-iv 2018年7月28日閲覧。 
  8. ^ a b c “清原果耶、ドラマ初主演決定 瀬戸康史ら共演者も明らかに〈透明なゆりかご〉”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年4月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1759628 2018年7月28日閲覧。 
  9. ^ 日販 ほんのひきだし編集部 芝原 (2017年2月1日). “「全国書店員が選んだおすすめコミック2017」発表!【書店員コメント・解説あり】”. ほんのひきだし. 日本出版販売. 2018年7月28日閲覧。
  10. ^ 透明なゆりかご(1)”. 講談社コミックプラス. 2018年7月25日閲覧。
  11. ^ 透明なゆりかご(2)”. 講談社コミックプラス. 2018年7月25日閲覧。
  12. ^ 透明なゆりかご(3)”. 講談社コミックプラス. 2018年7月25日閲覧。
  13. ^ 透明なゆりかご(4)”. 講談社コミックプラス. 2018年7月25日閲覧。
  14. ^ 透明なゆりかご(5)”. 講談社コミックプラス. 2018年7月25日閲覧。
  15. ^ 透明なゆりかご(6)”. 講談社コミックプラス. 2018年7月25日閲覧。
  16. ^ 透明なゆりかご(7)”. 講談社コミックプラス. 2018年8月9日閲覧。
  17. ^ ドキュメント 透明なゆりかご”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会. 2018年7月25日閲覧。
  18. ^ 『小説 透明なゆりかご (上)』(橘 もも,沖田 ×華,安達 奈緒子):講談社文庫”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2018年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]