茶々 天涯の貴妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茶々 天涯の貴妃(おんな)
監督 橋本一
脚本 高田宏治
原作 井上靖『淀どの日記』
出演者 和央ようか
富田靖子
寺島しのぶ
高島礼子
音楽 海田庄吾
主題歌 Sowelu「光」
撮影 栢野直樹
配給 東映
公開 日本の旗 2007年12月22日
上映時間 128分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 10億円
興行収入 4.5億円[1]
テンプレートを表示

茶々 天涯の貴妃』(ちゃちゃ てんがいのおんな)は、2007年12月22日に公開された日本映画井上靖小説淀どの日記』を原作に、豊臣秀吉(羽柴秀吉)側室である浅井茶々(淀殿)の生涯を描く。主演の和央ようかは本作が初出演映画であり、初めて女性を演じた作品である[2]

製作費は10億円で、そのうち1億円が衣装代にあてられ、7000万円かけて撮影用に伏見城を改修した。2007年9月20日にクランクインし、11月中旬にクランクアップした。

2008年、第3回おおさかシネマフェスティバルにおいて、和央ようかが本作で主演女優賞を、谷村美月が本作と『檸檬のころ』、『魍魎の匣』で助演女優賞を受賞した[3]

本編のDVDは2008年6月21日発売。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

  • Sowelu」(作詞:Sowelu、作曲:Miki Watanabe、編曲:Aki Hisakawa)

ロケ地[編集]

その他[編集]

  • 本作は当初米倉涼子の主演を予定していたが、より悪女を演じたいという本人の希望と合わなかったため降板している。[4]

脚注[編集]

  1. ^ 「2008年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2009年平成21年)2月下旬号、キネマ旬報社2009年、 172頁。
  2. ^ スポニチアネックスOSAKA 芸能” (2008年1月19日). 2013年7月14日閲覧。
  3. ^ 第3回おおさかシネマフェスティバル公式サイト│ベストテン”. 2013年7月14日閲覧。
  4. ^ 「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(1)「鬼龍院花子の生涯」脚本家・高田宏治インタビュー

外部リンク[編集]