石井杏奈 (E-girls)

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

いしい あんな
石井 杏奈
生年月日 (1998-07-11) 1998年7月11日(24歳)
出生地 日本の旗 日本東京都板橋区[1][2]
身長 163cm[1]
血液型 O型[1]
職業 女優ダンサー
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2010年 -
事務所 LDH JAPAN
主な作品
ソロモンの偽証
ガールズ・ステップ
 
受賞
ブルーリボン賞
新人賞
第58回『ガールズ・ステップ
ソロモンの偽証
その他の賞
テンプレートを表示

石井 杏奈(いしい あんな、1998年7月11日[1] - )は、日本女優ダンサーE-girlsの元メンバー。

東京都板橋区出身[1][2]LDH JAPAN所属[1]

略歴

小学2年生からダンスを始める[3]。小学5年生の時にダンスの大会でEXPGにスカウトされる[3][4][5][6]

2010年、雑誌『ニコ☆プチ』にモデルとして登場[7]

2011年、「VOCAL BATTLE AUDITION 3」のダンスパフォーマンス部門に合格。bunnyのメンバーとなりダンサーとして活動を開始する[7]

2012年4月、日本テレビ系ドラマ『私立バカレア高校』で女優デビュー[8]。10月3日発売のシングル「Follow Me」よりE-girlsとしても始動する。

人物

  • 兄が1人、妹が1人、弟が1人いる[9]
  • E-girlsでは最年少である[10]
  • 「E-girls LIVE TOUR 2014 COLORFUL LAND」は、スケジュールの都合により不参加であった[11]

出演

テレビドラマ

配信ドラマ

映画

短編映画

  • CINEMA FIGHTERS「パラレルワールド」(2018年1月) - 真矢 役[42]
  • ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-「Kuu」(2018年6月) - アン 役

舞台

  • BOOK ACT「芸人交換日記」(2020年2月・2021年1月)
  • てれびのおばけ(2021年4月)
  • 朗読劇「リスナーたちの星空」(2022年4月)[43]
  • NHKみんなのうたミュージカル「リトル・ゾンビガール」(2022年8月 - 10月) - ショウ 役[44]

配信

CM

イベント

ミュージックビデオ

受賞歴

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 石井杏奈 | MANAGEMENT | LDH”. LDH. 2021年2月19日閲覧。
  2. ^ a b 2019年7月5日放送・『ミュージックステーション』都道府県別自慢のアーティストランキングより。
  3. ^ a b c d あのCM美少女 石井杏奈/気になリスト”. 日刊スポーツ (2014年3月21日). 2014年12月18日閲覧。
  4. ^ EXILE・HIROも期待!注目の新人石井杏奈は13歳”. スポニチ Sponichi Annex (2012年4月7日). 2014年12月18日閲覧。
  5. ^ a b 【NEXT BREAKERS】石井杏奈〜「ポカリスエット」CMでダンスを披露”. 日経トレンディネット (2012年7月4日). 2014年12月18日閲覧。
  6. ^ GRADUATE 卒業生の紹介 卒業生の紹介EXPG STUDIO
  7. ^ a b 映画『四月は君の嘘』石井杏奈&中川大志Wインタビュー”. SGS109 (2016年9月10日). 2017年5月23日閲覧。
  8. ^ 2015年のE-girls注目女子は16歳の石井杏奈 目標は「武井咲」”. T-SITE NEWS 音楽. TSUTAYA (2015年2月16日). 2017年5月14日閲覧。
  9. ^ 石井杏奈、5歳下の弟溺愛「甘やかしちゃいます」”. Narinari.com (2020年6月2日). 2020年6月2日閲覧。
  10. ^ StreetJack 2015年10月号
  11. ^ ライブに来場される皆様へ大切なお知らせ”. E-girls OFFICIAL WEBSITE (2014年6月30日). 2014年12月22日閲覧。
  12. ^ “E-girls、キュートなコスチュームでドラマ初主演 コメント到着”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年12月19日). https://mdpr.jp/news/detail/1310143 2017年2月1日閲覧。 
  13. ^ 特集ドラマ 「LIVE!LOVE!SING!〜生きて愛して歌うこと〜」制作開始のお知らせ”. コレ見て!ムービー NHKオンライン (2014年4月28日). 2014年12月18日閲覧。
  14. ^ E-girls石井杏奈主演!震災をテーマにしたドラマ”. webザテレビジョン (2015年2月4日). 2015年2月10日閲覧。
  15. ^ E-girls・石井杏奈が吹奏楽女子に ドラマ『仰げば尊し』キャスト発表”. ORICON STYLE (2016年6月11日). 2016年6月13日閲覧。
  16. ^ “須賀健太が対人恐怖症の青年に E-girls石井杏奈と一歩を踏み出す”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年1月31日). https://mdpr.jp/news/detail/1659915 2017年2月1日閲覧。 
  17. ^ “土屋太鳳主演「チア☆ダン」に石井杏奈、山本舞香ら出演、制服ビジュアル解禁”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年4月4日). https://natalie.mu/eiga/news/276448 2018年4月4日閲覧。 
  18. ^ “E-girls石井杏奈:「トレース」で“月9”デビュー 事件の真相解決を依頼する人気女優役”. まんたんウェブ. (2019年2月18日). https://mantan-web.jp/article/20190217dog00m200044000c.html 2019年2月18日閲覧。 
  19. ^ ドラマ「ゆるキャン△2」土岐綾乃役は石井杏奈、斉藤の父役は橋本じゅん”. コミックナタリー (2021年3月16日). 2021年3月16日閲覧。
  20. ^ 西島秀俊主演『シェフは名探偵』 濱田岳×神尾佑×石井杏奈の出演決定”. ORICON NEWS (2021年3月31日). 2021年3月31日閲覧。
  21. ^ 西野七瀬主演『言霊荘』のキャスト解禁 三吉彩花、中村ゆりか、堀田真由、森田望智、石井杏奈、内田理央が出演”. ORICON NEWS (2021年9月4日). 2021年9月4日閲覧。
  22. ^ “朗読×ドラマ×アニメ「怖い絵本」第5弾が放送、出演は石井杏奈、蒔田彩珠、矢本悠馬”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年3月26日). https://natalie.mu/eiga/news/471070 2022年3月27日閲覧。 
  23. ^ “石井杏奈、“3年で辞める”宣言の新入社員役「演じながら一緒に学びました」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年5月11日). https://news.mynavi.jp/article/20220511-2342499/ 2022年5月11日閲覧。 
  24. ^ 又吉直樹書き下ろしドラマ『椅子』劇中に登場する椅子&キャスト発表”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年3月30日). 2022年3月30日閲覧。
  25. ^ “石井杏奈、『科捜研の女』ゲスト出演決定 馬愛する動物行動学者に”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年11月29日). https://news.mynavi.jp/article/20221129-2524770/ 2022年11月29日閲覧。 
  26. ^ 石井杏奈・安達祐実ら、縦型ドラマ初出演「トップギフト」追加キャスト発表”. モデルプレス (2022年9月13日). 2022年9月13日閲覧。
  27. ^ 謎深まる…宮部みゆき原作『ソロモンの偽証』第一弾ポスター解禁! モチーフは“最後の晩餐””. CinemaCafe.net (2014年11月5日). 2014年12月18日閲覧。
  28. ^ 永作博美、E-girlsメンバーの成長を語る”. モデルプレス (2014年11月12日). 2014年12月18日閲覧。
  29. ^ E-girls石井杏奈“衝撃”ショット初公開”. モデルプレス (2014年11月27日). 2014年12月18日閲覧。
  30. ^ 石井杏奈、映画初主演!E-girls“芝居担当”抜てき1号”. スポニチアネックス (2014年11月29日). 2014年12月18日閲覧。
  31. ^ E-girlsメンバー、グループ初の映画主演決定「自分のできる最大限の力を込めて演じたい」”. モデルプレス (2014年12月1日). 2014年12月18日閲覧。
  32. ^ 【石井杏奈】映画「ガールズステップ」主演決定!”. E-girls FAMILY (2014年11月29日). 2014年12月18日閲覧。
  33. ^ 「E-girls」石井杏奈、ひたむきな被災者とらえた主演映画は「心にしみる言葉に注目」”. 映画.com (2016年1月23日). 2016年1月25日閲覧。
  34. ^ E-girls石井杏奈、“部屋探しロードムービー”で落語家・柳家喬太郎とW主演”. 映画ナタリー (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  35. ^ “THE BLUE HEARTS楽曲使用の未公開映画『ブルーハーツが聴こえる』劇場上映へ向けたクラウドファンディング開始”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). (2016年12月7日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/45109/2 2017年2月18日閲覧。 
  36. ^ “オムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』クラウドファンディング支援を受け4月に公開決定”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). (2017年1月13日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/46302/2 2017年2月18日閲覧。 
  37. ^ “『心が叫びたがってるんだ。』が実写映画に!中島健人×芳根京子×石井杏奈×寛一郎”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年3月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0090288 2017年3月15日閲覧。 
  38. ^ “吉野朔実「記憶の技法」を実写映画化、石井杏奈が記憶喪失癖に悩む女子高生演じる”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年10月2日). https://natalie.mu/eiga/news/398871 2020年10月2日閲覧。 
  39. ^ “『砕け散るところを見せてあげる』新公開日が2021年4月9日に SABU監督によるSPトレーラーも”. リアルサウンド 映画部 (株式会社blueprint). (2020年9月1日). https://realsound.jp/movie/2020/09/post-611356.html 2020年10月2日閲覧。 
  40. ^ “中川大志と石井杏奈が3度目の共演でW主演に 『砕け散るところを見せてあげる』実写映画化決定”. Real Sound (株式会社blueprint). (2020年2月20日). https://realsound.jp/movie/2020/02/post-507394.html 2020年2月20日閲覧。 
  41. ^ “間宮祥太朗主演、島崎藤村の「破戒」60年ぶりに映画化 相手役は石井杏奈”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年2月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2224744/full/ 2022年2月16日閲覧。 
  42. ^ 三代目JSBの名曲を映画化 山田孝之&石井杏奈が初共演”. モデルプレス. modelpress (2017年3月16日). 2018年7月11日閲覧。
  43. ^ 土田英生が脚本・演出、“ラジオ”がテーマの朗読劇に永田崇人・武内駿輔・佐藤栞里ら”. ステージナタリー (2022年3月9日). 2022年4月20日閲覧。
  44. ^ 懐かしい“みんなのうた”が満載、ミュージカル「リトル・ゾンビガール」全国公演より再開”. ステージナタリー (2022年8月26日). 2022年8月26日閲覧。
  45. ^ 未来のダンスシーンを担うキッズダンサー&高校生ダンサーを追う番組『E-girls meets ダンスバトルドキュメンタリー』がスタート!”. Dews (2019年3月8日). 2019年3月9日閲覧。
  46. ^ 中島哲也監督、CMに美少女2人を大抜てき”. 映画.com (2013年8月5日). 2014年12月18日閲覧。
  47. ^ 【CM美女】NTTドコモ「dビデオ」で田舎で育った少女役を演じる石井杏奈”. 週プレNEWS (2013年12月28日). 2014年12月18日閲覧。
  48. ^ “インテリアの魅力を伝える、こころ温まるストーリー~新TVCM「黄色のレストラン」篇を4月5日(日)から放映~主人公に E-girls メンバー・石井杏奈さん(女優・パフォーマー)を起用” (プレスリリース), 株式会社サンゲツ, (2015年4月1日), https://www.sangetsu.co.jp/information/pdf/20150401180000.pdf 2019年1月3日閲覧。 
  49. ^ 窪之内英策キャラデザのカップヌードルCM、第2弾はハイジが女子高生に”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年9月14日). 2017年9月14日閲覧。
  50. ^ “北村匠海さん&石井杏奈さんが遠距離恋愛中の恋人を演じるピュアで切ない新CM「愛する人を想う」篇が公開” (プレスリリース), JT, (2018年12月21日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201812211690 2020年1月4日閲覧。 
  51. ^ “竹野内豊、初共演の石井杏奈を絶賛「見事」「こんな後輩いたら頼もしい」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年5月26日). https://news.mynavi.jp/article/20220526-2351375/ 2022年5月26日閲覧。 
  52. ^ GirlsAward 2012 A/W Model”. Girls Award 2012 AUTUMN/WINTER. GirlsAward (2012年). 2019年12月21日閲覧。
  53. ^ a b 石井杏奈”. TALENT. LDH. 2012年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日閲覧。
  54. ^ 三代目JSB、「Unfair World」MVに浦浜アリサ、石井杏奈(E-girls)ら”. BARKS. Japan Music Network (2015年8月6日). 2018年7月11日閲覧。
  55. ^ 【石井杏奈】moon drop「リタ」のMusic Videoに出演!”. LDH. LDH (2021年9月29日). 2021年10月6日閲覧。
  56. ^ 【ブルーリボン賞】新人賞・石井杏奈、涙込み上げた”. スポーツ報知 (2016年1月27日). 2016年1月27日閲覧。
  57. ^ 夏ドラマ、「新人賞」はE-girlsメンバーの石井杏奈”. ORICON NEWS (2016年10月24日). 2016年10月24日閲覧。

外部リンク