渡辺一平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渡辺一平
選手情報
フルネーム わたなべ いっぺい
国籍 日本の旗 日本
泳法 平泳ぎ
所属 トヨタ自動車
大学 早稲田大学
生年月日 (1997-03-18) 1997年3月18日(27歳)
生誕地 大分県津久見市
身長 195cm
体重 82kg
獲得メダル
競泳
世界水泳選手権
2017 男子200m平泳ぎ
2019 男子200m平泳ぎ
パンパシフィック水泳選手権
2018 男子200m平泳ぎ
アジア競技大会
2018 男子400mメドレーリレー
アジア水泳選手権
2016 男子100m平泳ぎ
2016 男子200m平泳ぎ
ユースオリンピック
2014 男子200m平泳ぎ
テンプレートを表示

渡辺 一平(わたなべ いっぺい、1997年3月18日 - )は、日本の競泳(平泳ぎ)選手。2017年世界水泳選手権・2019年世界水泳選手権200m平泳ぎで2大会連続銅メダリスト。LDH JAPAN所属。身長195センチメートル。

人物 [編集]

1997年3月18日大分県津久見市出身[1]津久見市立津久見小学校津久見市立第一中学校と進む。中学2年では第33回全国JOCジュニアオリンピックカップに出場した記録が残っている[2]

2012年、大分県立佐伯鶴城高等学校に進学すると頭角を現し、高校3年の最後に出場した第37回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季では100m・200m平泳ぎの二冠を制覇して[3]最優秀選手として表彰された[4]

また、2014年南京ユースオリンピックに高校3年で日本代表に選出され[5]、大会では男子200m平泳ぎで優勝して金メダルを獲得した[6]

2015年4月に早稲田大学スポーツ科学部へ入学[7]。大学1年目の第91回日本選手権水泳競技大会では5位に敗れてしまい、2015年夏季ユニバーシアード大韓民国光州)への出場を逸した[7]

2016年、大学2年となり、第92回日本選手権水泳競技大会に出場、男子200m平泳ぎでは予選で2分8秒83の自己ベストタイムを出すと[8]、決勝で2分9秒45を出して2位に入って派遣標準記録も突破したことにより2016年リオデジャネイロオリンピック代表の座を獲得した[1][9]

リオオリンピックでは準決勝で2分07秒22のオリンピックレコードを記録した。決勝は6位だった。

2017年、1月に開催された第10回東京都選手権水泳競技大会(北島康介杯2017)の200m平泳ぎ決勝において、2分6秒67の記録を出し、山口観弘が4年以上保持していた世界記録を0秒34更新して世界記録保持者となった[10]

2019年、トヨタ自動車に入社[11]

2021年 第97回日本選手権水泳競技大会(競泳競技) 200m 平泳ぎ 

自己記録[編集]

  • 男子200m平泳ぎ - 2分06秒67(2017年1月29日、第10回東京都選手権水泳競技大会・元世界記録)

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代
日本の旗 山口観弘
男子200m平泳ぎ
世界記録保持者(長水路)

2017年1月29日 – 2019年7月26日
次代
ロシアの旗 アントン・チュプコフ
先代
日本の旗 山口観弘
男子200m平泳ぎ
日本記録保持者(長水路)

2017年1月29日 – 2021年4月7日
次代
日本の旗 佐藤翔馬