コンフィデンスアワード・ドラマ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンフィデンスアワード・ドラマ賞(コンフィデンスアワードドラマしょう)は、日本のテレビドラマに関する賞である。オリコンのグループ会社で、出版事業を手がけるオリコン・エンタテインメントが発行する週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催する。シーズン毎に審査が行われるため、年4回開催となっている。

沿革[編集]

主な国内ドラマを対象として、2015年に設立された[1]。ドラマに関連する有識者とマスコミのドラマ・テレビ担当記者から成る20人の審査員の投票と、「オリコンドラマバリュー」の視聴者満足度調査結果を集計、受賞作を決定する。

2017年、「年間大賞」が設けられる。

部門賞[編集]

以下の部門賞が設けられている。

  • 作品賞
  • 主演男優賞
  • 主演女優賞
  • 助演男優賞
  • 助演女優賞
  • 脚本賞
  • 新人賞

受賞[編集]

第1回[編集]

第1回の対象は、2015年7月にスタートした地上波の主なドラマとWOWOWのオリジナルドラマ。テレビ朝日系の『民王』が、作品賞など四冠を獲得した[2]

第2回[編集]

第2回の対象は、2015年10月クール(10 - 12月に放送が終了したもの)の地上波の主なドラマと、WOWOWのオリジナルドラマ。TBS系の『下町ロケット』が、作品賞を獲得した[3]

第3回[編集]

第3回の対象は、2016年1月期(1 - 3月に放送が終了したもの)の地上波の主なドラマと、WOWOWのオリジナルドラマの27作品が対象。フジテレビ系ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が、作品賞・脚本賞・新人賞の3冠。主演女優賞は広末涼子(フジテレビ系『ナオミとカナコ』)、深田恭子TBS系『ダメな私に恋してください』)、桐谷美玲テレビ朝日系『スミカスミレ 45歳若返った女』)がノミネートされるも、該当者なしの結果となった[4]

  • 作品賞 - 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)
  • 主演男優賞 - 長瀬智也(フジテレビ系『フラジャイル』)
  • 主演女優賞 - 該当者なし
  • 助演男優賞 - 佐藤隆太(フジテレビ系『ナオミとカナコ』)
  • 助演女優賞 - 仲里依紗NHK総合逃げる女』)
  • 脚本賞 - 坂元裕二(フジテレビ系『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』)
  • 新人賞 - 西島隆弘(フジテレビ系『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』)

第4回[編集]

2016年4月期(4 - 6月に放送が終了したもの)の地上波の主なドラマ、およびWOWOWのオリジナルドラマで、国内ドラマが対象[5]

第5回[編集]

2016年7月期(7 - 9月に放送が終了したもの)の地上波の主なドラマ、およびWOWOWのオリジナルドラマで、国内ドラマが対象[6]

第6回[編集]

2016年10月期(10 - 12月に放送が終了したもの)の地上波の主なドラマ、およびWOWOWのオリジナルドラマで、国内ドラマが対象[7]

第7回[編集]

NHK総合と民放キー局の国内制作で、3話以上・2017年1月期(1 - 3月)のクール内に終了する作品。今期よりNHK連続テレビ小説NHK大河ドラマ、2クールにわたりオンエアされる作品、シリーズ作なども終了したクールの対象作品とする[8]TBS系の『カルテット』が作品賞・主演女優賞・助演男優賞・脚本賞・新人賞の五冠を獲得した。

第8回[編集]

2017年4月期(4 - 6月に放送が終了したもの)の地上波の主なドラマ、およびWOWOWのオリジナルドラマで、国内ドラマが対象[9]

年間大賞[編集]

2016年[編集]

2016年1月、4月、7月、10月期の各「コンフィデンス・ドラマ賞」受賞作・受賞者と、クール毎の発表では対象外としていたNHK連続テレビ小説NHK大河ドラマ、各シリーズ作品及びその出演者を対象とする[10]

審査員[編集]

個人審査員[編集]

マスコミ審査員[編集]

出典[編集]

  1. ^ “『オリジナルコンフィデンス』がアワード設立 「質の高いドラマ」表彰”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年9月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2058958/full/ 2015年10月16日閲覧。 
  2. ^ “遠藤憲一「民王」4冠喜ぶ「菅田将暉くんと獲れたことがうれしい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/16/kiji/K20151016011327430.html 2015年10月16日閲覧。 
  3. ^ “第2回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』作品賞は『下町ロケット』”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年1月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2066030/full/ 2016年1月29日閲覧。 
  4. ^ “【コンフィデンスアワード】ドラマ作品賞は『いつ恋』 最終回15分の長回しが絶賛”. ORICON STYLE. (2016年4月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2070493/full/ 2016年4月22日閲覧。 
  5. ^ “春ドラマNo.1は、総合力の評価で『重版出来!』”. ORICON STYLE. (2016年7月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2075486/full/ 2016年7月22日閲覧。 
  6. ^ “「家売るオンナ」がコンフィデンス賞、主演賞は波瑠”. ORICON STYLE. (2016年10月21日). http://www.oricon.co.jp/article/31345/ 2016年10月21日閲覧。 
  7. ^ 【コンフィデンスアワード・ドラマ賞】「逃げ恥」が6部門独占 新垣結衣は2度目の主演女優賞TOKYO POP LINE(2017年1月20日), 2017年1月20日閲覧。
  8. ^ 第7回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」”. CONFiDENCE. 2017年4月28日閲覧。
  9. ^ 第8回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞コンフィデンスアワード(2017年7月21日), 2017年7月22日閲覧。
  10. ^ “16年“最も質の高いドラマ”は『逃げ恥』〜「年間ドラマ賞」で最多3部門受賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2086834/full/ 2017年3月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]