コンフィデンスアワード・ドラマ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンフィデンスアワード・ドラマ賞(コンフィデンスアワードドラマしょう)は、日本のテレビドラマに関する賞である。オリコンのグループ会社で、出版事業を手がけるオリコン・エンタテインメントが発行する週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催する。シーズン毎に審査が行われるため、年4回開催となっている。

沿革[編集]

主な国内ドラマを対象として、2015年に設立された[1]。ドラマに関連する有識者とマスコミのドラマ・テレビ担当記者から成る20人の審査員の投票と、「オリコンドラマバリュー」の視聴者満足度調査結果を集計、受賞作を決定する。

2017年、「年間大賞」が設けられる。

部門賞[編集]

以下の部門賞が設けられている。

  • 作品賞
  • 主演男優賞
  • 主演女優賞
  • 助演男優賞
  • 助演女優賞
  • 脚本賞
  • 新人賞

受賞結果[編集]

  • 放送クール - 対象の時期に放送が終了したドラマが対象となる。
  • 放送局の略称は以下の通り。
NHK日本放送協会 NTV日本テレビ放送網
EXテレビ朝日 TBSTBSテレビ
TXテレビ東京 CXフジテレビジョン

歴代受賞結果[編集]

放送クール 受賞作品・受賞者
 
1 2015年7-9月 作品賞 民王EX系 [2]
主演男優賞 遠藤憲一(『民王』 EX系)
菅田将暉(『民王』 EX系)
主演女優賞 北川景子(『探偵の探偵』 CX系)
助演男優賞 高橋一生(『民王』 EX系)
助演女優賞 満島ひかり(『ど根性ガエル』 NTV系)
脚本賞 西荻弓絵(『民王』 EX系)
新人賞 芳根京子(『表参道高校合唱部!』 TBS系)
2 2015年10-12月 作品賞 下町ロケットTBS系 [3]
主演男優賞 濱田岳(『釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜』 TX系)
主演女優賞 新垣結衣(『掟上今日子の備忘録』 NTV系)
助演男優賞 滝藤賢一(『破裂』 NHK総合)
助演女優賞 菜々緒(『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』 CX系)
脚本賞 石井裕也登米裕一(『おかしの家』 TBS系)
新人賞 浜辺美波(『無痛〜診える眼〜』 CX系)
3 2016年1-3月 作品賞 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうCX系 [4]
主演男優賞 長瀬智也(『フラジャイル』 CX系)
主演女優賞
助演男優賞 佐藤隆太(『ナオミとカナコ』 CX系)
助演女優賞 仲里依紗(『逃げる女』 NHK総合)
脚本賞 坂元裕二(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』 CX系)
新人賞 西島隆弘(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』 CX系)
4 2016年4-6月 作品賞 重版出来!TBS系 [5]
主演男優賞 岡田将生(『ゆとりですがなにか』 NTV系)
主演女優賞 満島ひかり(『トットてれび』 NHK総合)
助演男優賞 柳楽優弥(『ゆとりですがなにか』 NTV系)
助演女優賞 木村佳乃(『僕のヤバイ妻』 CX系)
脚本賞 宮藤官九郎(『ゆとりですがなにか』 NTV系)
新人賞 藤原さくら(『ラヴソング』 CX系)
5 2016年7-9月 作品賞 家売るオンナNTV系 [6]
主演男優賞 三上博史(『遺産相続弁護士 柿崎真一』 NTV系)
主演女優賞 波瑠(『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』 CX系)
助演男優賞 山内圭哉(『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』 CX系)
助演女優賞 木南晴夏(『せいせいするほど、愛してる』 TBS系)
脚本賞 遊川和彦(『はじめまして、愛しています。』 EX系)
新人賞 石井杏奈(『仰げば尊し』 TBS系)
6 2016年10-12月 作品賞 逃げるは恥だが役に立つTBS系 [7]
主演男優賞 松岡昌宏(『家政夫のミタゾノ』 EX系)
主演女優賞 新垣結衣(『逃げるは恥だが役に立つ』 TBS系)
助演男優賞 星野源(『逃げるは恥だが役に立つ』 TBS系)
助演女優賞 石田ゆり子(『逃げるは恥だが役に立つ』 TBS系)
脚本賞 野木亜紀子(『逃げるは恥だが役に立つ』 TBS系)
新人賞 大谷亮平(『逃げるは恥だが役に立つ』 TBS系)
7 2017年1-3月 作品賞 カルテットTBS系 [8]
主演男優賞 草彅剛(『嘘の戦争』 CX系)
主演女優賞 松たか子(『カルテット』 TBS系)
助演男優賞 高橋一生(『カルテット』 TBS系)
助演女優賞 斉藤由貴(『お母さん、娘をやめていいですか?』 NHK総合)
脚本賞 坂元裕二(『カルテット』 TBS系)
新人賞 吉岡里帆(『カルテット』 TBS系)
8 2017年4-6月 作品賞 リバースTBS系 [9]
主演男優賞 小栗旬(『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』 CX系)
主演女優賞 多部未華子(『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』 NHK総合)
助演男優賞 東出昌大(『あなたのことはそれほど』 TBS系)
助演女優賞 小池栄子(『母になる』 NTV系)
脚本賞 奥寺佐渡子清水友佳子(『リバース』 TBS系)
新人賞 新木優子(『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』 CX系)
9 2017年7-9月 作品賞 ひよっこNHK [10]
主演男優賞 石坂浩二(『やすらぎの郷』 EX系)
主演女優賞 高畑充希(『過保護のカホコ』 NTV系)
助演男優賞 竹内涼真(『過保護のカホコ』 NTV系)
助演女優賞 和久井映見(『ひよっこ』 NHK)
脚本賞 岡田惠和(『ひよっこ』 NHK)
新人賞 永野芽郁(『僕たちがやりました』 CX系)
10 2017年10-12月 作品賞 刑事ゆがみCX系 [11]
主演男優賞 浅野忠信(『刑事ゆがみ』 CX系)
主演女優賞 綾瀬はるか(『奥様は、取り扱い注意』 NTV系)
助演男優賞 神木隆之介(『刑事ゆがみ』 CX系)
助演女優賞 手塚理美(『明日の約束』 CX系)
脚本賞 福田靖(『先に生まれただけの僕』 NTV系)
新人賞 佐久間由衣(『明日の約束』 CX系)
11 2018年1-3月 作品賞 アンナチュラルTBS系 [12]
主演男優賞 志尊淳(『女子的生活』 NHK総合)
主演女優賞 石原さとみ(『アンナチュラル』 TBS系)
助演男優賞 井浦新(『アンナチュラル』 TBS系)
助演女優賞 田中裕子(『anone』 NTV系)
脚本賞 野木亜紀子(『アンナチュラル』 TBS系)
新人賞 清水尋也(『anone』 NTV系)
12 2018年4-6月 作品賞 おっさんずラブEX系 [13]
主演男優賞 ディーン・フジオカ(『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』 CX系)
主演女優賞 長澤まさみ(『コンフィデンスマンJP』 CX系)
助演男優賞 吉田鋼太郎(『おっさんずラブ』 EX系)
助演女優賞 木村多江(『あなたには帰る家がある』 TBS系)
脚本賞 古沢良太(『コンフィデンスマンJP』 CX系)
新人賞 趣里(『ブラックペアン』 TBS系)
13 2018年7-9月 作品賞 義母と娘のブルースTBS系 [14]
主演男優賞 山田孝之(『dele』 EX系)
菅田将暉(『dele』 EX系)
主演女優賞 永野芽郁(『半分、青い。』 NHK系)
助演男優賞 佐藤健(『半分、青い。』 NHK系/『義母と娘のブルース』 TBS系)
助演女優賞 芳根京子(『高嶺の花』 NTV系)
脚本賞 安達奈緒子(『透明なゆりかご』 NHK総合系)
新人賞 清原果耶(『透明なゆりかご』 NHK総合系)

年間大賞[編集]

放送年 受賞作品・受賞者
 
2016年 作品賞 逃げるは恥だが役に立つTBS系 [15]
主演男優賞 山田孝之(『闇金ウシジマくん』 TBS系/『勇者ヨシヒコと導かれし七人』TX系)
主演女優賞 満島ひかり(『トットてれび』 NHK総合)
助演男優賞 草刈正雄(『真田丸』 NHK)
助演女優賞 石田ゆり子(『逃げるは恥だが役に立つ』 TBS系)
脚本賞 野木亜紀子(重版出来! TBS系/『逃げるは恥だが役に立つ』 TBS系)
新人賞 ディーン・フジオカ(『あさが来た』 NHK/『ダメな私に恋してください』 TBS系/『IQ246〜華麗なる事件簿〜』 TBS系)
審査員特別賞 岡田将生松坂桃李柳楽優弥(ゆとりですがなにか NTV系)
2017年 作品賞 カルテットTBS系 [16]
主演男優賞 浅野忠信(『刑事ゆがみ』 CX系)
主演女優賞 松たか子(『カルテット』 TBS系)
助演男優賞 高橋一生(『カルテット』 TBS系/『おんな城主 直虎』 NHK)
助演女優賞 和久井映見(『ひよっこ』 NHK)
脚本賞 坂元裕二(『カルテット』 TBS系)
新人賞 吉岡里帆(『カルテット』 TBS系)

審査員[編集]

個人審査員[編集]

マスコミ審査員[編集]

出典[編集]

  1. ^ “『オリジナルコンフィデンス』がアワード設立 「質の高いドラマ」表彰”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年9月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2058958/full/ 2015年10月16日閲覧。 
  2. ^ 第1回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  3. ^ 第2回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  4. ^ 第3回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  5. ^ 第4回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  6. ^ 第5回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  7. ^ 第6回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  8. ^ 第7回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  9. ^ 第8回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  10. ^ 第9回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  11. ^ 第10回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  12. ^ 第11回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  13. ^ 第12回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  14. ^ 第13回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』発表 「ぎぼむす」ほか全7部門受賞者から喜びのコメント到着”. ORICON NEWS. 2018年11月25日閲覧。
  15. ^ コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞 2016”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。
  16. ^ コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞 2017”. コンフィデンスアワード・ドラマ賞. 2018年11月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]