女子的生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女子的生活
ジャンル ライト文芸
小説:女子的生活
著者 坂木司
イラスト ふみふみこ
出版社 新潮社
掲載誌 yom yom
発行日 2016年8月20日
発売日 2016年8月22日[1]
掲載号 2013年春号
2014冬号 - 2015年秋号
2016年春号
話数 全6話
その他 第1話が『この部屋で君と』に収録
テンプレート - ノート
プロジェクト プロジェクト:ライトノベル
プロジェクト:テレビドラマ
ポータル Portal:文学
Portal:ドラマ

女子的生活』(じょしてきせいかつ[2])は、坂木司による日本のライト文芸連作短編小説文芸誌yom yom』の読み切り競作企画「ふたりぐらし」の第3回として2013年春号に掲載された短編小説「女子的生活」が好評を博し、2014年冬号から2015年秋号、2016年春号に全6回にわたり連載化、2016年8月に新潮社より刊行された。自称[3]トランスジェンダーの「みき」こと小川幹生と後藤との共同生活を描く。

NHK総合ドラマ10」枠にて志尊淳の主演により連続テレビドラマ化され、2018年1月に放送。

あらすじ[編集]

同じトランスジェンダーの「とも」と共同生活をしていた小川幹生は、彼氏ができたと別れを告げられた。見送り後、玄関の前で男が待っていた。男は小川の幼なじみ、後藤だった。後藤は、住む家がなくなったので、住まわせて欲しいと頼んだ。小川は了承した。

登場人物[編集]

小川幹生(おがわ みきお)
主人公。専門学校を卒業後、アパレルメーカーに勤務。「みき」と呼ばれている。
後藤(ごとう)
小川の幼なじみ。
仲村(なかむら)
小川の同僚。
かおり
小川の同僚。
とも
後藤の前にいた小川との前ルームシェア相手。
ケンイチ
合コン相手。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

女子的生活
ジャンル テレビドラマ
コメディドラマ[6]
放送時間 金曜22:00 - 22:48(48分)
放送期間 2018年1月5日 - 1月26日(4回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK大阪放送局
製作総指揮 三鬼一希
演出 新田真三
中野亮平
原作 坂木司
脚本 坂口理子
プロデューサー 木村明広
出演者 志尊淳
町田啓太
玉井詩織
玄理
小芝風花
羽場裕一
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

NHK総合ドラマ10」枠にてNHK大阪放送局の制作[7]によりテレビドラマ化され、2018年1月5日から1月26日まで放送された。全4回[8]。主演は志尊淳で、本作がNHKドラマ初主演となる。トランスジェンダーでモデル、執筆などの活動を行う西原さつきがトランスジェンダー指導として所作や発声の指導を担当する[9]

NHK総合にて2018年3月12日(11日深夜)と13日(12日深夜)の2夜にわたって再放送された[10]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

ゲスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 坂木司『女子的生活』
  • 脚本 - 坂口理子
  • 音楽 - 鈴木慶一
  • トランスジェンダー指導 - 西原さつき
  • 制作統括 - 三鬼一希
  • プロデューサー - 木村明広
  • 演出 - 新田真三、中野亮平

放送日程[編集]

放送回 放送日 演出
第1回 1月05日 新田真三
第2回 1月12日
第3回 1月19日 中野亮平
最終回 1月26日

原作との違い[編集]

舞台は東京から神戸[11]、小川は本名の「幹生」ではなく愛称の「みき」表記[注 1]、後藤に下の名がある、女性との接触は、男としての異性愛寄りであったもの[12]が、体は男である中の心を優先したレズビアン[13]という解釈であるなど、原作小説と異なる点が存在する。

その他[編集]

小川役の志尊は同じ坂木デビュー作にしてこれを原作とする同名のテレビドラマ『青空の卵』で、事故を負い、男につきまとう安藤純役をつとめた[14]

レギュラー出演者の夙川アトム、第2話以降のゲストであった中島広稀畦田ひとみ[注 2](第2話)・山村紅葉本田博太郎(第3話)・土村芳(第4話)は、当ドラマ制作統括担当の三鬼一希、演出の新田真三・中野亮平が手掛けた『べっぴんさん』(2016年10月 - 2017年3月)にも出演していた[要出典]。また、かおり役の玉井はその『べっぴんさん』でヒロインの友人役を演じた百田夏菜子と同じももいろクローバーZのメンバーである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 「(幹生)」注釈として「みき」に併記
  2. ^ 畦田は、第4話にも出演。

出典[編集]

  1. ^ a b 女子的生活”. 新潮社. 2017年11月7日閲覧。
  2. ^ 坂木司 - 女子的生活”. 新潮社. 2017年12月23日閲覧。
  3. ^ 坂木司 『女子的生活』 新潮社、第1刷、163-173頁。ISBN 978-4-10-312052-0
  4. ^ 新潮社出版文芸の2016年8月26日のツイート2017年11月12日閲覧。
  5. ^ 朝井リョウ、飛鳥井千砂、越谷オサム、坂木司、徳永圭、似鳥鶏、三上延、吉川トリコ 『この部屋で君と』”. 新潮社. 2017年11月12日閲覧。
  6. ^ 女子的生活”. スティングレイ. 2018年1月11日閲覧。
  7. ^ NHK大阪 公式の2017年11月7日のツイート2017年11月12日閲覧。
  8. ^ 志尊淳NHKドラマ初主演!『女子的生活』制作開始!”. 2017年11月7日閲覧。
  9. ^ “志尊淳がポップで明るいガールズストーリーのヒロイン役(!)でNHKドラマ初主演”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年11月7日). https://thetv.jp/news/detail/127132/ 2017年11月12日閲覧。 
  10. ^ 再放送情報「女子的生活」” (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  11. ^ “志尊淳がOL役 NHKドラマ『女子的生活』で町田啓太、玉井詩織らと共演”. CINRA.NET (CINRA). (2017年11月7日). https://www.cinra.net/news/20171107-joshitekiseikatsu 2017年12月2日閲覧。 
  12. ^ 坂木司 『女子的生活』 新潮社、第1刷、22頁。ISBN 978-4-10-312052-0
  13. ^ “女子役・志尊淳に「完全に負けた」の声 小芝風花とキスシーンも…攻めた初回に反響〈女子的生活〉”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年1月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1738981 2017年1月7日閲覧。 
  14. ^ BS朝日ドラマインソムニア「青空の卵」”. ポニーキャニオン. 2017年11月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合 ドラマ10
前番組 番組名 次番組
マチ工場のオンナ
(2017年11月24日 - 12月29日)
女子的生活
(2018年1月5日 - 1月26日)
デイジー・ラック
(2018年4月20日 -)