黒木華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くろき はる
黒木 華
生年月日 1990年3月14日(25歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
身長 164 cm[1]
血液型 B型[1]
職業 女優
ジャンル 映画ドラマ舞台
活動期間 2010年 -
活動内容 2010年:舞台デビュー
2011年:映画デビュー
2014年:映画『小さいおうち』出演
事務所 パパドゥ
主な作品
映画
小さいおうち
舟を編む
テレビドラマ
純と愛
リーガルハイ
花子とアン
天皇の料理番

黒木 華くろき はる1990年3月14日[1] - )は日本女優大阪府出身。パパドゥ所属[1]。「くろきはな」ではない。

略歴・人物

追手門学院高等学校で演劇部に所属し、1年生から主役を務めていた[2]。その後、京都造形芸術大学・芸術学部映画学科俳優コースに進学[3][4][5]。大学では林海象東陽一らに師事して演技を学ぶ[2][6][7]

大学在学中の2009年野田秀樹の演劇ワークショップに参加し、オーディションに合格してNODA・MAPの公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして出演してデビューした。さらに番外公演の『表に出ろいっ!』ではヒロイン役のダブルキャストの一人として十八代目中村勘三郎らとともに舞台に立った[8]。その後もNODA・MAPのほかに阿佐ヶ谷スパイダースなどの舞台に出演している。

2011年には『東京オアシス』にメインキャストとして映画初出演した。2012年には『おおかみこどもの雨と雪』で声優初挑戦、2013年には連続テレビ小説純と愛』、『リーガルハイ』第2シリーズなどのテレビドラマでレギュラー出演し、映画でも初主演(ダブル主演)した『シャニダールの花』や『舟を編む』での演技が評価され、キネマ旬報ベストテン日本アカデミー賞など、日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞した。

2014年には『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。日本の女優では左幸子田中絹代寺島しのぶに次いで史上4人目であり、23歳での受賞は日本人最年少である[9][10]。映画祭の総評では「(黒木の)演技力は群を抜いていた。」と評された[11]。銀熊賞受賞に際しては、内閣官房長官菅義偉(当時)も祝意を示した[12]。同作では第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞も受賞。また、その年最も活躍し将来の活躍が期待できる俳優に贈られるエランドール賞新人賞も受賞した。

映像外部リンク
『幕が上がる』映画予告編 - YouTube
冒頭で灰皿を投げつける先生役を演じている。

2015年2月28日公開の『幕が上がる』(監督:本広克行)では黒木が高校・大学と演劇に没頭し、舞台役者としてプロのキャリアをスタートしたことから演劇部の顧問役としてキャスティングされた。作品中では弱小演劇部の運命を一転させる重要な役回りを演じており、映画評論家の清水節らがその存在感を高く評価している[13]

人物像として「昭和的」「純日本的」なイメージであると評されることがある[14]岩井俊二はCMの演出を手掛けた際に黒木を評して「文学的な香りがする女優」と語っている[15]

受賞歴

出演リスト

テレビドラマ

映画

劇場アニメ

舞台

  • NODA MAP
    • ザ・キャラクター(2010年6月20日 - 8月8日、東京芸術劇場[40]
    • 表に出ろいっ!(2010年9月5日 - 28日、東京芸術劇場) - 娘 役[注釈 2][41]
    • 南へ(2011年2月10日 - 3月31日、東京芸術劇場) - あまねに似た少女 役[42]
  • 阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS
    • 荒野に立つ(2011年7月14日 - 8月12日、東京 / 地方) - 田端 役[43]
  • 蜷川幸雄演出
    • あゝ、荒野(2011年10月29日 - 12月2日、埼玉 / 東京) - 芳子 役[44]
  • ゴーチ・ブラザーズ
  • 栗山民也演出
    • SEMINAR セミナー(2013年12月13日 - 29日、東京 / 兵庫) - ケイト 役
  • 青山円劇カウンシルファイナル

テレビ番組

CM

脚注

注釈

[ヘルプ]
  1. ^ 綾野剛とのW主演。
  2. ^ 太田緑ロランスとのWキャスト。

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Web版TVスター名鑑 黒木華(2012年4月17日時点のアーカイブ
  2. ^ a b 大学時代の恩師・林海象監督も祝福「これで世界の女優になる」(2014年2月18日)、スポニチアネックス、2014年2月18日閲覧。
  3. ^ 京都造形芸術大学、京都文芸復興を掲げ、 - NR「正しく生きる」クランクイン(最終版) (PDF)” (日本語). 京都造形芸術大学 (2013年2月1日). 2013年11月2日閲覧。
  4. ^ 【来る年・来る娘】黒木華” (日本語). SANSPO.COM. 産経新聞社 (2011年1月9日). 2011年12月15日閲覧。
  5. ^ 黒木華-出演者-野田地図” (日本語). NODA・MAP. 2011年12月15日閲覧。
  6. ^ 近況などなど、2010年9月13日、林海象ブログ、2012年11月22日参照。
  7. ^ 3回生東ゼミ作品「女子」+「男子」上映会、2010年12月17日、映画学科ブログ(京都造形芸術大学)、2012年11月22日参照。
  8. ^ NODA・MAP「表に出ろいっ!」ヒロインオーディション” (日本語). NODA・MAP. 2013年11月2日閲覧。
  9. ^ 山田洋次監督「小さいおうち」の黒木華に女優賞…ベルリン国際映画祭(2014年2月16日)、スポーツ報知、2014年2月16日閲覧。
  10. ^ 『小さいおうち』黒木華、最年少で銀熊賞!「山田洋次監督のおかげ」と感謝(2014年2月17日)、マイナビニュース、2015年3月9日閲覧。
  11. ^ 『キネマ旬報』2015年3月下旬号
  12. ^ 黒木華さんに祝意=菅官房長官(2014年2月17日)、時事ドットコム、2014年2月18日閲覧。
  13. ^ “『幕が上がる』 映画短評”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/movie/T0019629/ 2015年2月27日閲覧。 
  14. ^ ““昭和的な女性”を自然に演じる若手女優・黒木華”. ORICON. http://www.oricon.co.jp/special/47652/ 2015年2月27日閲覧。 
  15. ^ 黒木華&刈谷友衣子、リモコンを手にシュールな演技” (日本語). MSN産経ニュース. マイクロソフト (2012年2月29日). 2012年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月31日閲覧。
  16. ^ 第5回TAMA映画賞 | 第23回映画祭TAMA CINEMA FORUM、2013年、TAMA CINEMA FORUM、2013年10月11日閲覧。
  17. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月17日閲覧。
  18. ^ 第56回ブルーリボン賞 作品賞は「横道世之介」(2014年1月23日)、スポニチアネックス、2014年1月23日閲覧。
  19. ^ 東京スポーツ 映画大賞東スポweb、2014年2月18日閲覧。
  20. ^ 京都府府民生活部男女共同参画課 (2014年10月24日). “平成26年度「京都府あけぼの賞」の受賞者について”. 京都府. 2014年12月8日閲覧。
  21. ^ “黒木華さんらに京都府あけぼの賞”. 京都新聞. (2014年10月25日). http://kyoto-np.jp/politics/article/20141025000097 2014年12月8日閲覧。 
  22. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年2月27日閲覧。
  23. ^ “黒木華、新人賞受賞「花子とアン」共演者が称賛「素敵な女優になる」”. モデルプレス. (2015年2月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1465567 2015年2月8日閲覧。 
  24. ^ 第85回ドラマアカデミー賞 発表!」、『週刊ザテレビジョン関西版』33(2015年8月15日 - 8月31日)号、KADOKAWA、 83-87頁、2015年8月13日閲覧。
  25. ^ 次期連続テレビ小説「純と愛」の出演者を発表します!”. NHKドラマトピックス. 2012年4月24日閲覧。
  26. ^ テレビドガッチ (2013年8月27日). “今秋放送『世にも奇妙な物語'13秋の特別編』で松坂桃李がシリーズ初出演!”. 2013年8月30日閲覧。
  27. ^ CinemaCafe.net (2014年12月8日). “吉瀬美智子“ショートカット”封印! 三谷幸喜「オリエント急行殺人事件」追加キャスト”. 2014年12月8日閲覧。
  28. ^ CinemaCafe.net (2014年12月8日). “黒木華(三木小百合役)/フジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件」”. 2014年12月8日閲覧。
  29. ^ “佐藤健が“坊主頭”で役作り! 妻役に黒木華ほか豪華共演16名…ドラマ「天皇の料理番」”. CinemaCafe.net. (2014年12月5日). http://www.cinemacafe.net/article/2014/12/05/27841.html 2014年12月7日閲覧。 
  30. ^ 黒木の母校も歓喜 恩師は教え子の快挙で「生きる事にした」(2014年2月17日)、スポニチアネックス、2014年2月18日閲覧。
  31. ^ 綾野剛&黒木華、石井岳龍監督「シャニダールの花」にW主演
  32. ^ CINRA.NET (2013年8月7日). “荒川弘の漫画『銀の匙 Silver Spoon』が実写映画化、八軒役はSexy Zone中島健人”. 2013年8月19日閲覧。
  33. ^ サンケイスポーツ (2014年11月5日). “ももクロ映画、黒木華ら豪華共演陣!舞台版は構成などアレンジ”. 2014年11月5日閲覧。
  34. ^ シネマトゥデイ (2014年8月8日). “宮部みゆき『ソロモンの偽証』主演は1万人から選ばれた素人!蔵之介×夏川×永作×小日向×黒木×尾野と共演”. 2014年11月5日閲覧。
  35. ^ 映画.com (2014年12月17日). “山田洋次監督84本目の最新作は吉永小百合主演!二宮和也&黒木華も意欲満々”. 2014年12月18日閲覧。
  36. ^ 宮崎あおい&大沢たかおが『おおかみこどもの雨と雪』の声優で初共演!”. ニュースウォーカー. 2012年4月6日閲覧。
  37. ^ シネマトゥデイ (2014年12月11日). “岩井俊二監督のアニメ『花とアリス殺人事件』にオリジナルキャスト集結!勝地涼、黒木華、鈴木蘭々が初参加”. 2014年12月11日閲覧。
  38. ^ CINRA.NET (2014年12月11日). “岩井俊二のアニメ映画『花とアリス殺人事件』に勝地涼、黒木華ら追加声優陣&予告編”. 2014年12月11日閲覧。
  39. ^ 細田守監督「バケモノの子」声優に役所広司、宮崎あおい、染谷将太ら豪華俳優陣ずらり!”. 映画.com (2015年4月13日). 2015年4月13日閲覧。
  40. ^ NODA MAP第15回公演 「ザ・キャラクター」紹介
  41. ^ NODA MAP番外公演 「表に出ろいっ!」公式ページ
  42. ^ NODA MAP第16回公演 「南へ」紹介
  43. ^ 阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS 阿佐ヶ谷スパイダース新作公演『荒野に立つ』キャスト&スタッフ一新で新境地 CINRA.NET(2011年5月31日)
  44. ^ 蜷川幸雄演出 彩の国さいたま芸術劇場紹介ページ
  45. ^ ゴーチ・ブラザーズ プロデュース公演 ゴーチ・ブラザーズ新着情報(2012年11月30日) 玉置玲央とのW主演
  46. ^ 中屋敷法仁演出 玉置玲央&黒木華主演でつかこうへい作『飛龍伝』を上演 出演者オーディションを実施、シアターガイド、2012年11月22日参照。
  47. ^ 黒木華、8年ぶり「赤鬼」で原点回帰(2014年5月7日)、デイリースポーツ、2014年5月29日閲覧。
  48. ^ シアターガイド (2014年6月6日). “黒木華&柄本時生&玉置玲央&小野寺修二出演 中屋敷法仁演出『赤鬼』が開幕”. 2014年6月23日閲覧。
  49. ^ サントリー「オールフリー コラーゲン」新テレビCM発表会”. 電通報 (2015年7月1日). 2015年7月3日閲覧。

外部リンク