デザイナー 渋井直人の休日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デザイナー 渋井直人の休日』(デザイナー しぶいなおとのきゅうじつ)は、渋谷直角による日本漫画作品、及びそれを原作とした2019年テレビドラマ

概要[編集]

お洒落な生活を送りながら右往左往するサブカル中年、渋井直人の日常を描いたショートストーリー[1]

『宝島AGES』2015年2月号より連載がスタート。同誌の休刊により同じ宝島社発行のファッション雑誌『otona MUSE』に移籍し連載を続けている[2]

登場人物[編集]

  • 渋井 直人 - お洒落な生活を満喫する52歳の独身デザイナー。
  • 新井 くりこ - 渋井のアシスタント。盗癖がある。通称・アレグリ。
  • 内田 茂造 - 渋井のアシスタント。雑誌デザイン業界の元大御所だがマックが使えない。通称・モード内田。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

デザイナー 渋井直人の休日
ジャンル テレビドラマ
原作 渋谷直角
脚本 ふじきみつ彦
松本佳奈
監督 松本佳奈
久万真路
桑島憲司
出演者 光石研
黒木華
岡山天音
ベンガル
森川葵
製作
プロデューサー 大和健太郎
制作 テレビ東京
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年1月18日 - 4月5日
放送時間 毎週金曜1:00 - 1:30(木曜深夜)
放送枠 木ドラ25
放送分 30分
公式サイト

2019年1月期、テレビ東京木ドラ25枠で放送[3]光石研が俳優生活40周年にして初のドラマ単独主演を務める[4]

キャスト[編集]

  • 渋井直人(52歳独身、デザイナー) - 光石研
  • 杉浦ヒロシ(渋井のアシスタント) - 岡山天音

放送回&ゲスト[編集]

第1話「渋井直人の新年」[編集]

2019年1月18日放送

  • ピータードック(渋井の通う古書店カフェ)店主 - 池松壮亮(第4話・第7話・第8話・最終話)
  • 高田(女性編集者) - 夏帆 (第1話・第2話)
  • 真田シンイチ(超大御所イラストレーター) - 岩松了
  • 木村ひる美(ムサビの女子大生) - 川栄李奈(第7話)

第2話「渋井直人の下心」[編集]

2019年1月25日放送

第3話「渋井直人の炎上」[編集]

2019年2月1日放送

第4話「渋井直人の名声」[編集]

2019年2月8日放送

  • ルカニ可児(超有名デザイナー、渋井と同期) - 村上淳
  • 町田蘭(創作料理の店「らんちま」女将) - 山口紗弥加
  • IZUMI - 花音

第5話「渋井直人の渋谷」[編集]

2019年2月15日放送

第6話「渋井直人の優しさ」[編集]

2019年2月22日放送

第7話「渋井直人のダンス」[編集]

2019年3月1日放送

第8話「渋井直人の未来」[編集]

2019年3月8日放送

  • 三浦カモメ(居酒屋「檸檬」の常連、チョコが好き、菓子会社勤務) - 黒木華(第8話 - 最終話)
  • ピータードック店主 - 池松壮亮
  • 得部(カメラマン、渋井の旧友) - 杉本哲太
  • ニャオコ(得部の彼女、気まぐれなブロガー) - 三浦透子
  • 居酒屋「檸檬」の女将 - 伊勢志摩

第9話「渋井直人の彼女」[編集]

2019年3月15日放送

  • 内田茂造(モード内田、かつての雑誌デザイン界大御所) - ベンガル(第10話 - 最終話)

第10話「渋井直人の窮地」[編集]

2019年3月22日放送

  • 新井くりこ(アレグリ、風船を持った新アシスタント) - 森川葵(第11話・最終話)
  • 久保川ジャスール - 内藤正記
  • 小笠原 - 中村無何有

第11話「渋井直人の仲間」[編集]

2019年3月29日放送

最終話「渋井直人の休日」[編集]

2019年4月5日放送

スタッフ[編集]

  • 監督 - 松本佳奈、久万真路、桑島憲司
  • 脚本 - ふじきみつ彦、松本佳奈
  • チーフ・プロデューサー - 大和健太郎
  • プロデューサー - 田中美幸

  • アソシエイト・プロデューサー - 滝山直史
  • コンテンツ・プロデューサー - 鎌仲佑允
  • 制作 - テレビ東京/C&Iエンタテインメント

主題歌[編集]

  • オープニング - 思い出野郎Aチーム「ステップ」
  • エンディング - Nulbarich「Sweet and Sour」

脚注[編集]

外部リンク[編集]