臼田あさ美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うすだ あさみ
臼田 あさ美
本名 臼田 麻美(読み同じ)
生年月日 1984年10月17日(32歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県
身長 163 cm
血液型 A型
職業 女優タレントファッションモデル
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2003年 -
事務所 A-team
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
ひと夏のパパへ
海猿 UMIZARU EVOLUTION
だいすき!!
メイちゃんの執事
東京DOGS
美咲ナンバーワン!!
ボーイズ・オン・ザ・ラン
家売るオンナ
ママゴト
映画
この胸いっぱいの愛を
恋空
ランブリングハート
その他の作品
LIFE!〜人生に捧げるコント〜

臼田 あさ美(うすだ あさみ、1984年10月17日 - )は日本女優ファッションモデル。本名、臼田 麻美(読み同じ)。千葉県出身[1]A-team所属。愛称は、あさみどんあーちゃん

略歴[編集]

1984年、千葉県生まれ[2]

15歳の時に渋谷109前で雑誌社の編集部にスカウトされ、読者モデルとしてデビュー[3][4]。モデル事務所からのスカウトでは無かったため、デビューから2 - 3年間は特定の芸能事務所に所属せず[3][4]、本名の「臼田麻美」名義で、『東京ストリートニュース』や『Happie』、『Popteen』などの雑誌で活動していた。

2003年から2005年までファッション誌CanCam専属モデル、2007年から2008年12月号まで『AneCan』専属モデルを務めた。

2003年からドラマ『ひと夏のパパへ』(TBS)よりテレビドラマ映画などで女優としての活動も開始した[2]。(なお、映画での初主演は、園子温監督の映画『ノーパンツ・ガールズ Movie Box-ing2「大人になったら」』 [5]

2010年には映画『ランブリングハート』で初主演を果たした。

モデル業、女優業のほかに、音楽番組『スペチャ!』(スペースシャワーTV)やバラエティ番組『メレンゲの気持ち』(日本テレビ)では司会業も務めた。

ゴーイング、グレアープロモーション、A-PLUSを経て、現事務所に所属している[いつから?]

人物[編集]

  • 気分転換、美容面や健康面では『寝ることが一番』と答えている[6]
  • 現在の女性像として、『感情表現は乏しいけれど、自分の胸の中に抑圧された感情を抱いていて、何かを壊したいとか、何かを変えてみたいという願望を持っている女性って多いですよね。現代は単純に熱い人よりも、冷静だけれど内に大きな葛藤を抱えている人が増えていると思います』と語る [5]
  • モデルとしてデビューした当時、アルバイト感覚で行っており、『背も高くないし、スタイルもよくないのに有名な雑誌でモデルとして活躍させてもらえたことは凄くありがたいことなのに、ファーストフード店のアルバイトを優先して、モデルの仕事を断ることも』あった [5]。その後、ファッション誌CanCam』で掲載し始めて半年後、タレント事務所と正式契約をしている[4]
  • 女優としての将来像として『特定のものに決めてしまうと良くない気がするので、こういう役をやりたい、こういう芝居をやっていきたいという思いはありません』とし、その理由として、『女優というのは0から作る側ではなく、1から参加する側ですから、0から1を作ろうとする監督に呼んでもらわないとできない仕事。』と語る [5]と同時に、きれいじゃない人、人間らしい汚い部分を、演じられることを目指している[3]
  • モデルから女優へと転身した際、続けて行こうと思えた作品として、『園子温監督の「夢の中へ」とTVドラマ「世にも奇妙な物語」の中の「美女缶」』をあげた[7]

作品[編集]

映像作品[編集]

  • Asami-side(2006年2月24日) - EAN 4540481000589。
  • ON/OFF(2006年10月25日) - EAN 4560161566150。
  • 星の砂(2008年6月27日) - EAN 4571174013463。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

  • 湘南☆夏恋物語(2011年8月1日 - BeeTVドラマ、毎週水曜日 / 10分×全12話) - 志村千波 役[14]

その他テレビ番組[編集]

今日の占いカウントダウンハイパー(2005年4月 - 2006年1月)

ラジオ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

PV[編集]

その他広告[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式プロフィール”. A-team. 2014年6月8日閲覧。
  2. ^ a b 門賀美央子 (2012年2月6日). “(臼田あさ美)これまでの女優人生の中で受けた最大級の衝撃とは?”. ダ・ヴィンチNEWS. 2015年1月27日閲覧。
  3. ^ a b c 麻生香太郎 (2012年2月14日). “文学少女からトップモデル、そして女優へ! 臼田あさ美を直撃!!”. 日経トレンディネット. p. 3. 2013年3月31日閲覧。
  4. ^ a b c インタビュー 臼田あさ美”. タレントデータバンク (2009年). 2013年3月31日閲覧。
  5. ^ a b c d 東京プレイボーイクラブ 臼田あさ美インタビュー”. eo映画 (2012年1月27日). 2012年2月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月27日閲覧。
  6. ^ インタビュー:臼田あさ美「本当の自分で恋をする」”. livedoor NEWS (2010年3月10日). 2015年1月27日閲覧。
  7. ^ インタビュー:臼田あさ美インタビュー、女優を続けていこうと決めた運命の2作品を明かす”. クランクイン (2012年2月1日). 2015年1月27日閲覧。
  8. ^ “妻夫木聡×満島ひかり「愚行録」に小出恵介、市川由衣、中村倫也ら実力派ずらり”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年6月1日). http://eiga.com/news/20160601/6/ 2016年6月1日閲覧。 
  9. ^ “松坂桃李:ドラマ化「探偵・日暮旅人シリーズ」で主演 堤幸彦とタッグ”. 毎日新聞. (2015年9月16日). http://mainichi.jp/mantan/news/20150915dyo00m200024000c.html 2015年9月16日閲覧。 
  10. ^ 市原隼人、“幻影”が見える男に! WOWOWシナリオ大賞ドラマ化に主演「双葉荘の友人」”. CinemaCafe.net (2016年1月18日). 2016年1月19日閲覧。
  11. ^ 北川景子『家売るオンナ』に仲村トオル・工藤阿須加・千葉雄大・イモトら共演”. マイナビニュース (2016年5月24日). 2016年5月24日閲覧。
  12. ^ “松田洋子「ママゴト」実写ドラマ化、スナックのママ・映子役は安藤サクラ”. コミックナタリー. (2016年7月1日). http://natalie.mu/comic/news/192883 2016年7月1日閲覧。 
  13. ^ “広末涼子、沢村一樹と15年ぶり共演「まさかの元妻役、光栄でした」”. ORICON STYLE. (2016年11月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2081409/full/ 2016年11月14日閲覧。 
  14. ^ eeTV|湘南☆夏恋物語(2011年7月13日時点のアーカイブ
  15. ^ “芦田愛菜、7歳最年少司会…日テレ「メレンゲの気持ち」”. スポーツ報知. (2011年8月2日). オリジナル2011年8月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110802000159/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110802-OHT1T00007.htm 2011年8月3日閲覧。 
  16. ^ 今日もがんばるあなたを応援したいから。ミニストップ、「自分にMINIごほうび。」コミュニケーションをスタート 〜2016年3月11日(金)より、第1弾テレビCM、「練乳いちごパフェ 自分にミニごほうび」篇 放送開始〜”. CM JAPAN (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]