穂志もえか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほし もえか
穂志 もえか
プロフィール
別名義 保紫 萌香(旧芸名)
愛称 ほしもえ、もえかす
生年月日 1995年8月23日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本千葉県
血液型 A型
公称サイズ(2018年[1][2]時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
スリーサイズ 81 - 60 - 86 cm
活動
ジャンル 一般
他の活動 女優
事務所 パパドゥ
その他の記録
ミスiD2016グランプリ
モデル: テンプレート - カテゴリ

穂志 もえか(ほし もえか、1995年8月23日 - )は、日本女優モデルである[3]。旧芸名、保紫 萌香(ほし もえか)。

千葉県出身。上智大学文学部卒業[1]パパドゥ所属。講談社主催のオーディションミスiD2016グランプリ[4][5]

略歴[編集]

幼少期より習っていたクラシック・バレエを通じて「自己表現の楽しさ」を知り、女優を志す[1]上智大学在学中に「上智大学美女図鑑」のモデルとして学内ポスターに登場。女優を目指していた経緯から講談社主催の「ミスiD2016」に応募。約4000人の応募者から2016年1月17日にグランプリを受賞した[6]。受賞時には「胸の中に大きい泡立て器ぶっこまれて撹拌されて」と独特な言葉で喜びを表現した[6]。選考委員の大森靖子は「絶対的な透明感」という言葉で授賞理由を表現したが、保紫は「私はどこにも寄らず、寄ろうと思えば何にだって寄せれるのが強みであり、それが透明であるということらしい」と解釈した。

2017年、テレビ東京100万円の女たち』で連続ドラマ初出演。

2018年3月に上智大学文学部を卒業し女優業に専念[1][7]、同年6月には初主演映画『少女邂逅』が劇場公開される[8]。同年10月より芸名を穂志 もえかへ改める[9]。10月20日、穂志もえかに改名したことを発表[10]

人物[編集]

クラシック・バレエを4歳から14歳まで習っていた[1]

特に体は鍛えていないが、幼少時より筋肉質Twitterの写真ではたびたび腕の力こぶや腹筋を見せている[11]

「これだけは人に負けない!」というものは、初見と中身のギャップ。おとなしそう、清楚そうなどと思われるが、話してみるとびっくりされることが多い[5]という。

幼馴染の付き添いで球場に行っていた[12]千葉県出身ではあるが埼玉西武ライオンズファン。

(Twitter等により本人がライオンズファン否定)

趣味は映画鑑賞で、昭和の大女優山田五十鈴に「圧倒的な存在感があって、作品ごとの印象がすべて違うのがすごい」と心酔する[1]

好きな食べ物は焼き肉[1]

動物好きであり、気分転換は「自宅で飼っている猫とたわむれること」[1]

作品[編集]

写真集[編集]

出演[編集]

モデル[編集]

  • 『読まずに死ねない哲学名著50冊 』(平原卓、フォレスト出版)限定表紙モデル[14]
  • 『SWITCH Vol.36 No.10』
  • 『EYESCREAM』2018年11月号

MV[編集]

  • JUJU東京」 - 理髪店の娘 役(主演。菅原大吉と共演)[15]
  • 白神真志朗「共犯者」(ウルトラシープ、2017年2月22日発売、『東京におけるセックスフレンドや恋人のなにがし(またはそれに似た情事)について聞いて書いた。』収録)[16]

イベント[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

映画[編集]

ウェブ動画[編集]

  • 救う――”Tokyo:Become human”命篇(2018年5月、Detroit: Become Human公式サイト) - アンドロイド司書 役[22]
  • 救わない――”Tokyo:Become human”モノ篇(2018年5月、Detroit: Become Human公式サイト) - アンドロイド司書 役)

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h “保紫萌香、山田五十鈴さんに心酔!春から女優道まっしぐら”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2018年1月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180112/geo18011205030010-n1.html 2018年11月22日閲覧。 
  2. ^ >歴代の候補者>保紫萌香”. ミスiD. 2017年2月8日閲覧。
  3. ^ 穂志もえかのプロフィール”. ORICON NEWS. oricon ME (2019年1月16日). 2019年4月11日閲覧。
  4. ^ 選ばれたのは「魔性のベビーフェイス」 ミスiD 2016グランプリは上智大学の保紫萌香さんに”. ねとらぼ (2016年1月17日). 2017年1月21日閲覧。
  5. ^ a b 【まとめ】保紫萌香(ほしもえか) とは|キーフレーズ”. KAI-YOU.net. 2017年1月21日閲覧。
  6. ^ a b “玉城ティナ輩出「ミスiD 2016」グランプリ発表”. モデルプレス. (2016年1月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1558324 2017年1月21日閲覧。 
  7. ^ 保紫萌香 (2018年3月26日). “2018.3.26”. Instagram. 2019年4月11日閲覧。
  8. ^ a b “保紫萌香、初主演映画で12日間共同生活「家族のような温かさを感じました」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年6月30日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180630/geo18063015590018-n1.html 2019年4月11日閲覧。 
  9. ^ 保紫萌香”. ザテレビジョン. スタスケ. KADOKAWA. 2019年4月11日閲覧。
  10. ^ 穂志もえか on Twitter」『Twitter』。2018年10月21日閲覧。
  11. ^ 保紫萌香(ほしもえか)‏@moehamegenai”. Twitter (2016年6月1日). 2017年1月21日閲覧。
  12. ^ 保紫萌香(ほしもえか)@moehamegenai”. Twitter (2016年1月17日). 2016年5月21日閲覧。
  13. ^ ミスiD公式フォトブック「わたしだけがいない世界。」発売、保紫萌香やVIENNAら14名を撮影”. Fashionsnap.com (2016年6月13日). 2017年1月21日閲覧。
  14. ^ 異例のヒットとなった哲学入門書の新装丁にミスiD2016グランプリを起用”. ガジェット通信 (2016年10月26日). 2017年1月21日閲覧。
  15. ^ JUJU、新曲MV100万再生超え 感涙のコメント続々”. ドワンゴジェイピーnews - (2018年1月30日). 2018年2月7日閲覧。
  16. ^ 白神真志朗『東京におけるセックスフレンド』からMV ミスiD保紫萌香を起用”. KAI-YOU.net (2017年1月20日). 2017年1月21日閲覧。
  17. ^ MBS/TBS新ドラマ放送連動でGYAO無料配信、完全新作も。「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」”. AV Watch (2017年10月30日). 2017年11月2日閲覧。
  18. ^ ザ・ブラックカンパニー”. フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト). 2017年12月24日閲覧。
  19. ^ “保紫萌香×モトーラ世理奈「少女邂逅」、女子高生3人の冒険描くスピンオフ配信”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月29日). https://natalie.mu/eiga/news/288977 2019年4月11日閲覧。 
  20. ^ 保紫萌香、モトーラ世理奈のW主演作「少女邂逅」がMOOSIC LABで今夏公開”. 映画ナタリー (2017年5月3日). 2017年5月31日閲覧。
  21. ^ “「少女邂逅」スピンオフドラマ「放課後ソーダ日和」が特別版で劇場公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月20日). https://natalie.mu/eiga/news/320736 2019年4月11日閲覧。 
  22. ^ 電撃オンライン. “『デトロイト ビカム ヒューマン』スピンオフムービー“命篇”が公開。アンドロイドを救うとどうなる?” (日本語). 電撃オンライン. http://dengekionline.com/elem/000/001/729/1729367/ 2018年5月22日閲覧。 
  23. ^ 穂志もえかの2019年2月27日のツイート2019年4月11日閲覧。

外部リンク[編集]