光石研

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みついし けん
光石 研
生年月日 (1961-09-26) 1961年9月26日(58歳)
出生地 福岡県八幡市
(現北九州市八幡西区
身長 173cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1978年[1] -
活動内容 1978年:『博多っ子純情』で
デビュー
配偶者 既婚[2]
事務所 鈍牛倶楽部
公式サイト 鈍牛倶楽部によるプロフィール
主な作品
映画
博多っ子純情
Helpless
あぜ道のダンディ
アウトレイジ』シリーズ
お盆の弟
恋人たち
テレビドラマ
銭ゲバ
泣くな、はらちゃん
ど根性ガエル
おんな城主 直虎
バイプレイヤーズ』シリーズ
ひよっこ
陸王
デザイナー 渋井直人の休日
インハンド
備考
日経エンタテインメント!』調べ、
2007年邦画助演出演ランキング1位(12本)[3]
テンプレートを表示

光石 研(みついし けん、1961年9月26日[4] - )は、日本俳優福岡県北九州市八幡西区出身[4]東海大学付属第五高等学校卒業[5]鈍牛倶楽部所属。身長173cm、体重59kg[1]血液型はA型[1]。現在は東京都在住。

来歴・人物[編集]

役者として[編集]

高校在学中の16歳の時に友人に誘われ『博多っ子純情』のエキストラのオーディションを受けたところ、いきなり主役に抜擢されてデビュー[6]。これがきっかけで俳優になる事を決意し高校卒業と同時に上京する[7]

俳優になってからしばらくは安定した収入がなく2時間ドラマの出演で食いつなぐ日々であった[8]。メジャー作品に出演するのは事務所の先輩である緒形拳のバーター出演が多かったため、若手時代は「緒形拳さんに食わせてもらったようなもの」と話す[9]

転機となったのは30代半ばで、1996年に緒形が出演したピーター・グリーナウェイ監督の映画『ピーター・グリーナウェイの枕草子』に光石も出演する[10]。それ以降は岩井俊二監督や青山真治監督といった新鋭の映画監督の作品に出演するようになる[9]。1998年にテレンス・マリック監督の映画『シン・レッド・ライン』(第49回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品)のオーディションに合格しハリウッドデビューを果たす[11]

2011年、『あぜ道のダンディ』でデビュー以来33年ぶりに映画主演を務める[12]。 2019年、『デザイナー 渋井直人の休日』で俳優生活40年にして初の連続ドラマ単独主演を務める[13]

癖のある役からおっとりとした役まで、多様なキャラクターを演じられる名脇役の1人とされる[3]

私生活[編集]

煙草をやめてからマラソンを始めるようになり、2017年、地元の北九州市で開催される第4回北九州マラソンにゲストランナーとして参加、フルマラソンを完走した[11][14]

プライベートでは29歳の時に一般人の女性と結婚している[9]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

※特記以外はNHK総合

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

フジテレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

テレビ東京系[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

1970~1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

光石研・特集上映[編集]

  • 「~祝宴7デイズ~」2008年5月17日~5月23日・渋谷ユーロスペース
    • 5月17日「博多っ子純情」
    • 5月18日「ハッシュ!」
    • 5月19日「BORDER LINE」
    • 5月20日エロス番長シリーズ「ユダ」
    • 5月21日「リハビリ刑事」・ビタミンF「なぎさホテルにて」
    • 5月22日「colors」
    • 5月23日「helpless」・「海流から遠く離れて」
  • TAMA CINEMA FORUM 光石研の軌跡・永山ベルブホール(2011年11月26日)
    • 「博多っ子純情」
    • 「あぜ道のダンディ」

オリジナルビデオ[編集]

  • あんこう(1991年) - 高柳浩二 役
  • 私をベッドにつれてって ゴーストに抱かれた花嫁(1992年)- 織田雅人 役
  • 北原佐和子のレディウエポン - 雌豹(1993年)
  • 右向け左!自衛隊へ行こう(1994年)
  • 右向け左!自衛隊へ行こう2(1994年)
  • 闇プロゴルファー 仕掛人列伝(1994年) - 恭介の同僚 役
  • 闇プロゴルファー2 黄金のパター(1994年) - 仙堂 役
  • Would you like to ダンス?(1995年) - 警官 役
  • 我が胸に凶器あり(1996年) - 吉岡 役
  • 鉄砲玉、散る、ゲスは殺ったれ!(1997年) - 角田 役
  • 極道一匹狼(1998年)
  • 新極道伝説 三匹の竜2(2000年) - 中西 役
  • 祭(2001年)
  • 録音霊(2001年)- プロデューサー・晃妻 役
  • 全国制覇テキ屋魂(2001年)
  • 全国制覇テキ屋魂 第二幕 鰯神社と恋吹雪(2002年)
  • 大脱獄(2002年)- 元・石岡組組員・国安 役
  • 極道甲子園(2003年)

Web配信ドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

テレビアニメ[編集]

ラジオドラマ[編集]

TOKYO-FM

NHK-FM

  • 青春アドベンチャー
    • 「嘘の誘惑」(1998年)
    • 「悪戯の楽園」(1999年)
    • 「マジック・タイム」(2000年)
    • 「カラマーゾフの森」(2002年)
    • 「サウンド・ドライブ」(2003年) 
  • FMシアター 
    • 「電気工事士」(1988年、佐伯一麦「ショート・サーキット」より)
    • 「スマイル」(2001年)
    • 「星の見えない夜に」(2003年)        

KBCラジオ

CD-ROM[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • 宝島社 大森南朋 さもあらばあれ(2010年)- コメント寄稿
  • IDEE『LIFECYCLING』(2013年)
  • NEPENTHES IN PRINT #10 FOR ME, MYSELF AND(2018年)

舞台[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 光石 研”. タレント名鑑. 2018年8月1日閲覧。
  2. ^ 名脇役・光石研の気取らない俳優哲学 33年ぶりに主演『あぜ道のダンディ』(後編) - 日刊サイゾー
  3. ^ a b 2008年3月号『日経エンタテインメント!』内「スーパーサブ100人」より
  4. ^ a b 光石研さんと歩く、故郷・博多〜北九州の“いま”と“むかし”。”. 「雛形」. 2018年8月1日閲覧。
  5. ^ 第58回 東海大学付属第五高等学校(福岡)”. 高校野球ドットコム. 2018年8月1日閲覧。
  6. ^ 光石研 天職との出会いは“運命”友人が応募 転機は35歳の青山組”. Sponichi Annex (2017年1月27日). 2018年7月31日閲覧。
  7. ^ “高2 映画の主役に抜てき…光石研さん”. 読売新聞オンライン. (2018年11月5日). https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/20181102-OYT8T50005/ 2019年2月21日閲覧。 
  8. ^ “光石研、キャリア40年 「あの思いを絶対したくない」過去とは”. クランクイン!. (2019年1月17日). https://www.crank-in.net/interview/61836/1 2019年2月21日閲覧。 
  9. ^ a b c “名脇役・光石研 緒形拳から褒められた言葉だけが支えだった”. NEWSポストセブン. (2017年1月27日). https://www.news-postseven.com/archives/20170127_486693.html?PAGE=1#container 2019年2月21日閲覧。 
  10. ^ “高2 映画の主役に抜てき…光石研さん”. シネマトゥディ. (2019年1月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0106079 
  11. ^ a b 【俺の顔】光石研「まだまだ足りない」 引っ張りだこの名脇役、1年で16作出演”. Sponichi Annex (2017年12月17日). 2018年7月31日閲覧。
  12. ^ 33年ぶりに主演を果たした俳優・光石研、28年前に共演した堀ちえみからのビデオレターに「ドキドキしました」”. シネマトゥデイ (2011年6月18日). 2019年2月21日閲覧。
  13. ^ 光石研がドラマ初主演「ひしひしと責任を感じる」”. 日刊スポーツ (2019年1月17日). 2019年2月21日閲覧。
  14. ^ 大会ゲスト・招待選手 ゲストランナー(マラソン)”. 大会概要. 北九州マラソン実行委員会. 2018年1月14日閲覧。
  15. ^ Inc, Natasha. “窪田正孝主演「エール」に薬師丸ひろ子、光石研、松井玲奈、 森七菜らが出演” (日本語). 映画ナタリー. 2019年10月19日閲覧。
  16. ^ 「関ジャニ」横山裕、波瑠主演ドラマに出演決定! アクションありの刑事役に”. シネマカフェ (2016年6月11日). 2016年6月14日閲覧。
  17. ^ “飯豊まりえが「嫌われる勇気」スピンオフドラマに出演”. Smartザテレビジョン. (2017年1月11日). https://thetv.jp/news/detail/97643/ 2017年1月11日閲覧。 
  18. ^ 教場:木村拓哉主演のSPドラマに小日向文世、佐藤仁美、ノンスタ・石田ら” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2019年10月7日閲覧。
  19. ^ 稲垣吾郎、潔癖でマザコン“ダメ夫”役に発奮 『不機嫌な果実』出演”. ORICON STYLE (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  20. ^ “名脇役6人がシェアハウスで暮らしたら~テレ東の深夜ドラマで夢の共演”. ORICON STYLE. (2016年11月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2082254/full/ 2016年11月30日閲覧。 
  21. ^ 小林聡美主演、「かもめ食堂」の群ようこが脚本を手がけるドラマが12月に放送”. 映画ナタリー (2015年9月29日). 2015年9月29日閲覧。
  22. ^ a b 日本版『コールドケース』に永山絢斗、滝藤賢一ら レギュラーキャスト発表”. ORICON STYLE (2016年7月25日). 2016年10月5日閲覧。
  23. ^ “亀梨和也主演「ジョーカー・ゲーム」公開は15年1月31日に決定!追加キャストも発表”. 映画.com. (2014年9月12日). http://eiga.com/news/20140912/6/ 2016年5月5日閲覧。 
  24. ^ 渋川清彦&光石研が兄弟役「お盆の弟」公開決定 崖っぷち映画監督が再起はかる”. 映画.com (2015年4月12日). 2015年4月13日閲覧。
  25. ^ 仲間由紀恵が本木雅弘の恋人 原発テロ『天空の蜂』で鍵を握る女に”. シネマトゥデイ (2015年2月23日). 2015年2月23日閲覧。
  26. ^ 橋口亮輔監督「恋人たち」、光石研ら個性派の共演者たちが明らかに!”. 映画.com (2015年5月11日). 2015年5月11日閲覧。
  27. ^ 有村架純×廣木隆一「夏美のホタル」6月公開、豊かな自然を映した特報も解禁”. 映画ナタリー (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  28. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月16日閲覧。 
  29. ^ “岡田准一主演「海賊とよばれた男」 妻役に綾瀬はるか”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/28/kiji/K20151128011590980.html 2015年11月28日閲覧。 
  30. ^ ““性春”真っ只中!「14の夜」煩悩まみれの中2男子切り取ったポスタービジュアル”. 映画.com. (2016年9月13日). http://eiga.com/news/20160913/18/ 2016年9月14日閲覧。 
  31. ^ “光石研や中村達也らベテラン俳優たちの姿が 玉木宏主演映画『悪と仮面のルール』新場面写真”. realsound. (2017年12月25日). http://realsound.jp/movie/2017/12/post-142475.html 2018年1月14日閲覧。 
  32. ^ “山崎賢人主演「羊と鋼の森」に鈴木亮平、仲里依紗、城田優、森永悠希、佐野勇斗ら出演”. 映画ナタリー. (2017年12月4日). http://natalie.mu/eiga/news/259407 2017年12月4日閲覧。 
  33. ^ 岡田惠和×峯田和伸「いちごの唄」映画キャストに清原果耶、蒔田彩珠、岸井ゆきのなど”. ほんのひきだし (2019年3月7日). 2019年3月7日閲覧。
  34. ^ 松岡茉優「蜜蜂と遠雷」に臼田あさ美、福島リラ、眞島秀和、片桐はいり、光石研ら9名”. 映画ナタリー. 2019年7月11日閲覧。
  35. ^ 光石研公式Instagramより”. 2019年2月18日閲覧。
  36. ^ 綾瀬はるかや広瀬すずも爆笑!樹木希林の爆笑スピーチ”. Movie Walker (2016年2月7日). 2016年2月8日閲覧。
  37. ^ 光石研、初の単独連ドラ主演作で「主演男優賞」を獲得【第15回コンフィデンスアワード・ドラマ賞】”. ORICON NEWS. 2019年7月14日閲覧。
  38. ^ 光石研、俳優生活40年で初主演にして主演男優賞 「主演より脇役の方が好き」”. ORICON NEWS. 2019年7月14日閲覧。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]