岡山天音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おかやま あまね
岡山 天音
本名 同じ
生年月日 (1994-06-17) 1994年6月17日(28歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都国立市
身長 175cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2009年 -
事務所 ユマニテ
公式サイト 岡山天音 - ユマニテ
主な作品
テレビドラマ
ひよっこ
同期のサクラ
最愛
恋なんて、本気でやってどうするの?
映画
帝一の國
ポエトリーエンジェル
愛の病
 
受賞
高崎映画祭
最優秀新進俳優賞
2017年ポエトリーエンジェル
テンプレートを表示

岡山 天音(おかやま あまね、1994年6月17日 - )は、日本俳優。個性的な顔立ち、優れた演技力[1]により、数多くの作品に出演している。東京都国立市出身。

来歴[編集]

2009年、中学生日記オーディションに合格し、『中学生日記シリーズ・転校生(1)〜少年は天の音を聴く〜』で俳優としてデビューした[2][3]

2011年から芸能事務所ユマニテに所属し、本格的に芸能活動を開始した。同年、『犬とあなたの物語 いぬのえいが』、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』、フジテレビ『大切なことはすべて君が教えてくれた』などに出演した。

2014年、20歳のとき映画『チキンズダイナマイト』(飯塚俊光監督、30分)で主役を演じた[4]

2017年、映画『ポエトリーエンジェル』(飯塚俊光監督)で主演し、第32回高崎映画祭 最優秀新人男優賞を受賞した[5]

2018年、『かっぱ寿司』のテレビCMで2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSフィルム部門の演技賞を受賞した[6]

2018年、映画『愛の病』で、15th ASIAN FILM FESTIVAL 2018(ボローニャ、イタリア)の最優秀男優賞を受賞した[7]

人物[編集]

特技はを描くこと、趣味はダンス[6]

テレビドラマ『金田一少年の事件簿』で、被害者と真犯人の両方を演じた最初の俳優である。被害者役は、山田涼介が主人公・金田一一を演じた連続テレビドラマ第4シリーズ『金田一少年の事件簿N(neo)』で演じており、該当のエピソードは2014年7月19日に放送されている。真犯人役は、2022年5月22日に放送された道枝駿佑が一役の連続テレビドラマ第5シリーズで演じている。さらに、被害者役で出演したエピソードの犯人役は、道枝版の七瀬美雪役である上白石萌歌であり、岡山と上白石は『金田一』においてそれぞれ別シリーズで別役として再共演を果たしている。

SixTONES松村北斗の大ファンであり、関西テレビ系月10ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』で共演を果たしている。[8]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • FMシアターNHK-FM
    • 「踏切の向こう側」(2018年5月12日) - 阿部修司 役[74]
    • 「荒地のひと」(2019年9月7日) - 亮太 役[75]
    • 「桜、降るとき」(2020年3月7日) - 朝倉俊介 役[76]

バラエティ[編集]

舞台[編集]

  • 袴垂れはどこだ(2011年11月17日 - 30日、すみだパークスタジオ倉)
  • ビビを見た!(2019年7月4日 - 7月15日、 KAAT神奈川芸術劇場)
  • hana-1970、コザが燃えた日-(2022年1月9日 - 2月11日)※東京、大阪にて上演。宮城公演は全公演中止
  • VAMP SHOW ヴァンプショウ(2022年8月8日 - 28日、PARCO劇場 ほか) - 島寿男 役[77][78]

WEB[編集]

MV[編集]

CM[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 連ドラ版の全6話を凝縮し、放送されなかった未公開シーンが盛りこまれたものとなる。
  2. ^ 小野莉奈とのダブル主演。
  3. ^ MBS、CBCTOKYO MXの3局で放送された。
  4. ^ 映画「大人ドロップ」スピンオフ作品。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 俳優・岡山天音について”. mirroRliar. 2022年1月18日閲覧。
  2. ^ 中学生日記 夏のアンコール「少年は天の音を聴く~字幕版~」”. テレビドラマデータベース. 2022年1月15日閲覧。
  3. ^ 岡山天音”. NHK人物録 NHKアーカイブス. 2022年1月15日閲覧。
  4. ^ チキンズダイナマイト”. 映画.com. 2022年1月15日閲覧。
  5. ^ 第32回高崎映画祭最優秀作品賞は阪本順治監督「エルネスト」に決定”. 映画.com (2017年12月21日). 2017年12月22日閲覧。
  6. ^ a b 岡山天音”. ユマニテ. 2022年1月15日閲覧。
  7. ^ 15° ASIAN FILM FESTIVAL 2018”. ASIAN FILM FESTIVAL. 2022年1月10日閲覧。
  8. ^ 2022年6月13日放送分のフジテレビ『ポップUP!』にて、VTRでコメント出演した飯豊まりえが公表。
  9. ^ 映画「インターミッション」公式サイト
  10. ^ 桜庭ななみ主演『人狼ゲーム』公開決定 あの“疑心暗鬼ゲーム”がついに映画化”. クランクイン!! (2013年9月7日). 2014年12月26日閲覧。
  11. ^ チョコリエッタ公式facebookより
  12. ^ 故・杉浦日向子の漫画「合葬」が実写映画化!柳楽優弥・瀬戸康史が主演”. シネマトゥデイ (2014年12月10日). 2014年12月26日閲覧。
  13. ^ 第15回伊参スタジオ映画祭 正しいバスの見分けかた”. 伊参スタジオ映画祭実行委員会. 2019年4月24日閲覧。
  14. ^ 中島裕翔、初の恋愛映画主演!「僕らのごはんは明日で待ってる」ヒロインは新木優子”. 映画ナタリー (2016年2月1日). 2016年2月1日閲覧。
  15. ^ “岡山天音と武田玲奈のW主演作が2017年5月公開、主題歌はMrs. GREEN APPLE”. 映画ナタリー. (2016年11月13日). http://natalie.mu/eiga/news/209136 2016年11月14日閲覧。 
  16. ^ “山崎賢人&広瀬アリス主演『氷菓』新キャスト発表 古典部員に小島藤子&岡山天音”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2092196/full/ 2017年6月10日閲覧。 
  17. ^ “岸井ゆきの映画初主演作に岩松了や光石研が出演、主題歌はYogee New Waves”. 映画ナタリー. (2017年6月8日). https://natalie.mu/eiga/news/235919 2020年6月27日閲覧。 
  18. ^ “池田エライザが童貞たちのマドンナに!林遣都主演「チェリーボーイズ」で過激シーン挑戦”. 映画.com. (2017年11月24日). https://eiga.com/news/20171124/2/ 2019年4月20日閲覧。 
  19. ^ “荒井敦史と岡山天音がW主演、ロードバイクを題材とする青春映画「神さまの轍」”. 映画ナタリー. (2016年11月14日). http://natalie.mu/eiga/news/208968 2016年11月14日閲覧。 
  20. ^ 愛の病:作品情報”. 映画.com. 2022年1月10日閲覧。
  21. ^ “中村倫也、岡山天音らが波瑠×西島秀俊「オズランド」に出演、正式タイトルも決定”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年5月16日). https://natalie.mu/eiga/news/282295 2018年5月16日閲覧。 
  22. ^ “村上虹郎×広瀬アリス×武正晴監督! 中村文則デビュー作「銃」映画化”. 映画.com. (2018年6月11日). https://eiga.com/news/20180611/3/ 2018年6月23日閲覧。 
  23. ^ “本田翼、“初共演”松坂桃李と夫婦役! 『新聞記者』新キャスト”. シネマカフェ. (2019年3月11日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/03/11/60647.html 2019年6月22日閲覧。 
  24. ^ “the pillows結成30周年記念「王様になれ」で岡山天音が主演「深く根を張った作品に」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年3月14日). https://natalie.mu/eiga/news/323764 2019年6月7日閲覧。 
  25. ^ “有村架純×坂口健太郎「そして、生きる」再編集した劇場版が公開決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年9月1日). https://natalie.mu/eiga/news/345783 2019年9月2日閲覧。 
  26. ^ “岡山天音×武田玲奈×中村優一のダンスムービー「踊ってミタ」2020年初春公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月14日). https://natalie.mu/eiga/news/331285 2019年5月14日閲覧。 
  27. ^ “岡山天音と小野莉奈のW主演作「テロルンとルンルン」公開、孤独な若者の交流描く”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年8月9日). https://natalie.mu/eiga/news/391298 2020年8月14日閲覧。 
  28. ^ 青くて痛くて脆い公式ウェブサイト aokuteitakutemoroi-movie.jp(2020年4月18日).2020年4月20日閲覧。
  29. ^ “東出昌大、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎、『おらおらでひとりいぐも』出演へ ビジュアルも公開”. リアルサウンド 映画部. (2020年6月22日). https://realsound.jp/movie/2020/06/post-571697.html 2020年6月27日閲覧。 
  30. ^ “波瑠主演『ホテルローヤル』に松山ケンイチ、安田顕、伊藤沙莉、岡山天音ら”. cinra.net. (2020年6月26日). https://www.cinra.net/news/20200626-hotelroyal 2020年6月27日閲覧。 
  31. ^ 映画「FUNNY BUNNY」公式サイト”. entm.auone.jp. 2021年3月14日閲覧。
  32. ^ "映画『キングダム2』に岡山天音、三浦貴大、濱津隆之"初参戦" 信・羌かいと運命共同体となる"伍メンバー"に". ORICON NEWS. oricon ME. 3 March 2022. 2022年3月3日閲覧
  33. ^ “Mr.Childrenが「キングダム2」主題歌書き下ろし、タイトルは「自分でもびっくりするフレーズでした」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年3月14日). https://natalie.mu/music/news/469383 2022年3月15日閲覧。 
  34. ^ "のん主演『さかなのこ』に柳楽優弥、夏帆、磯村勇斗ら 新キャスト6名発表". シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ. 14 April 2022. 2022年4月14日閲覧
  35. ^ “のん、ハコフグをかぶり「ギョギョ~!!」話題の“さかなクン”役映像を初公開”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年5月10日). https://news.mynavi.jp/article/20220510-2342011/ 2022年5月10日閲覧。 
  36. ^ “長澤まさみ、決め手は「信頼」 映画『百花』菅田将暉と夫婦役で共演 永瀬正敏も出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年4月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2231969/full/ 2022年4月19日閲覧。 
  37. ^ “福山雅治主演、ガリレオシリーズ『沈黙のパレード』キャスト発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年6月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2237027/full/ 2022年6月2日閲覧。 
  38. ^ "福地桃子×岡山天音、海辺の町で喪失を抱えた男女が出会う「あの娘は知らない」公開". 映画ナタリー. ナターシャ. 8 July 2022. 2022年7月8日閲覧
  39. ^ ““伝説のハガキ職人”ツチヤタカユキの私小説が映画化、主演は岡山天音”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年8月14日). https://natalie.mu/eiga/news/440737 2021年9月2日閲覧。 
  40. ^ “中学生にドラマ出演のチャンス! 48年続くNHK『中学生日記』が生徒役オーディション開催”. ORICON NEWS (oricon ME). (2009年10月25日). https://www.oricon.co.jp/news/70080/full/ 2021年9月2日閲覧。 
  41. ^ 『まれ』俳優・葉山奨之、主演ドラマでストーカー(?)役”. オリコン (2015年9月22日). 2015年9月23日閲覧。
  42. ^ ドラマW この街の命に、WOWOW、2016年5月18日閲覧。
  43. ^ “飯豊まりえが「嫌われる勇気」スピンオフドラマに出演”. Smartザテレビジョン. (2017年1月11日). https://thetv.jp/news/detail/97643/ 2017年1月11日閲覧。 
  44. ^ 小河ドラマ織田信長”. 時代劇専門チャンネル. 2021年5月23日閲覧。
  45. ^ 浅香航大×岡山天音 (2017年9月1日). 『ひよっこ』漫画家コンビ、浅香航大×岡山天音「最初は役が恥ずかしくて」. (インタビュー). 週刊女性PRIME.. https://www.jprime.jp/articles/-/10487 2017年10月15日閲覧。 
  46. ^ ザ・ブラックカンパニー”. フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト). 2017年12月24日閲覧。
  47. ^ “ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』追加キャストに間宮祥太朗、小関裕太、加藤諒ら”. マイナビニュース. (2018年6月12日). https://news.mynavi.jp/article/20180612-645107/ 2018年6月12日閲覧。 
  48. ^ CAST ワンダーウォール
  49. ^ 番組エピソード 全国各地の魅力を凝縮!【地域発ドラマ特集】 -NHKアーカイブス
  50. ^ “岡山天音、男子中高生の恋愛バイブル「I”s」実写化で主人公に! 「僕なりに体現していきたい」”. シネマカフェ (イード). (2017年10月30日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/10/30/53578.html 2017年10月30日閲覧。 
  51. ^ ゆうべはお楽しみでしたね:本田翼×岡山天音W主演で実写ドラマ化 「ドラゴンクエストX」から始まるラブコメ”. まんたんウェブ (2018年11月28日). 2018年11月28日閲覧。
  52. ^ “光石研、初の単独主演連ドラに俳優大集合 欅坂46渡辺梨加も本人役で参加”. ORICON NEWS. (2018年12月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2125886/full/ 2019年1月10日閲覧。 
  53. ^ 週休4日でお願いします”. NHK. 2019年4月4日閲覧。
  54. ^ 有村架純×坂口健太郎『連続ドラマW そして、生きる』に岡山天音、萩原聖人、光石研、南果歩が出演”. Real Sound|リアルサウンド 映画部 (2019年5月31日). 2019年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月2日閲覧。
  55. ^ “竜星涼&岡山天音:「同期のサクラ」で高畑充希の同期に 熱い男&ネガティブ男役”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年9月4日). https://mantan-web.jp/article/20190903dog00m200054000c.html 2019年9月4日閲覧。 
  56. ^ 吉田鋼太郎『柳生一族の陰謀』主演”. 朝日新聞 (2019年12月2日). 2019年12月2日閲覧。[リンク切れ]
  57. ^ “金子大地、袴田吉彦、市川知宏、岡山天音が「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」に出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年7月9日). https://natalie.mu/eiga/news/386776 2020年7月9日閲覧。 
  58. ^ “福士蒼汰主演「神様のカルテ」新キャスト解禁、第1夜のゲスト情報も”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年1月21日). https://natalie.mu/eiga/news/413242 2021年1月21日閲覧。 
  59. ^ ドラマ 星影のワルツ”. 2021年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月7日閲覧。
  60. ^ “岡山天音&神尾楓珠:大幅減量! 「緊急取調室」で“まるで別人”なボクサー役”. まんたんウェブ. (2021年7月15日). https://mantan-web.jp/article/20210715dog00m200054000c.html 2021年7月22日閲覧。 
  61. ^ “緊急取調室 シーズン4:第3話 岡山天音&神尾楓珠がボクサー役で登場 タイトルマッチ目前に事件が…”. まんたんウェブ. (2021年7月22日). https://mantan-web.jp/article/20210721dog00m200041000c.html 2021年7月22日閲覧。 
  62. ^ "岡山天音&神尾楓珠、松本穂香"あかね"の日常をかき乱す!?「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」". シネマカフェ. イード. 17 June 2021. 2021年6月18日閲覧
  63. ^ "オダギリジョー脚本・演出の初オリジナル連続ドラマ今秋放送! 豪華キャストも発表". シネマトゥデイ. 10 June 2021. 2021年6月10日閲覧
  64. ^ “オダギリジョー脚本・演出のドラマ「オリバーな犬」NHKで放送、主演は池松壮亮”. シネマトゥデイ. (2021年8月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0131967 2022年9月16日閲覧。 
  65. ^ "岡山天音が金曜ドラマ『最愛』に出演決定!松下洸平演じる宮崎大輝の後輩役". TBSテレビ. 2 October 2021. 2021年10月2日閲覧
  66. ^ WOWOWオリジナルドラマ にんげんこわい” (日本語). WOWOW. 2022年1月19日閲覧。
  67. ^ “岡山天音&早乙女太一『ミステリと言う勿れ』で菅田将暉と同世代共演”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年2月14日). https://news.mynavi.jp/article/20220214-2271381/ 2022年2月14日閲覧。 
  68. ^ "「星新一の不思議な不思議な短編ドラマ」放送のおしらせ". ドラマトピックス. 日本放送協会. 18 February 2022. 2022年2月18日閲覧
  69. ^ “飯豊まりえ、岡山天音をレンタル彼氏に…新ドラマ『恋マジ』参戦”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年2月12日). https://news.mynavi.jp/article/20220212-2271161/ 2022年2月12日閲覧。 
  70. ^ “道枝駿佑主演「金田一少年の事件簿」白蛇蔵殺人事件に小野武彦やりょうが出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年5月15日). https://natalie.mu/eiga/news/477658 2022年5月16日閲覧。 
  71. ^ “「直ちゃんは小学五年生」岡山天音演じるはずちんが少し大人に、ウエンツ瑛士も仲間入り”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年9月27日). https://natalie.mu/eiga/news/495262 2022年9月27日閲覧。 
  72. ^ “染谷将太・町田啓太・松田龍平「いちげき」伊藤沙莉ら新たな出演者&キャラクタービジュアル解禁”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年10月31日). https://mdpr.jp/drama/detail/3432055 2022年10月31日閲覧。 
  73. ^ "『旅屋おかえり』長野編・兵庫編が放送決定 長濱ねる、岡山天音、玉置玲央ら出演". ORICON NEWS. oricon ME. 16 May 2022. 2022年5月16日閲覧
  74. ^ NHK オーディオドラマ過去作品アーカイブ / FMシアター「踏切の向こう側」(初回放送:2018年5月12日)”. NHK 日本放送協会. 2022年10月10日閲覧。
  75. ^ NHK オーディオドラマ過去作品アーカイブ / FMシアター「荒地のひと」(2019年9月7日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年10月10日閲覧。
  76. ^ NHK オーディオドラマ過去作品アーカイブ / FMシアター「桜、降るとき」(2020年3月7日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年10月10日閲覧。
  77. ^ 三谷幸喜「VAMP SHOW」が河原雅彦演出&新キャストで上演”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年5月27日). 2022年5月27日閲覧。
  78. ^ パルコ・プロデュース2022 『VAMP SHOW』 作品概要”. PARCO STAGE (2022年6月17日). 2022年7月1日閲覧。
  79. ^ “1月22日公開の映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」のスピンオフムービーを独占先行配信!” (プレスリリース), 株式会社ブックウォーカー, (2010年12月10日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000111.000001227.html 2021年9月2日閲覧。 
  80. ^ “「ハレウッドムービー」新作公開 東京で監督の前野朋哉さんらPR”. 山陽新聞. (2019年12月4日). https://www.sanyonews.jp/article/964537 2020年2月8日閲覧。 
  81. ^ 磯村勇斗 SNSと社会問題描くABEMAドラマで主演&語り手、17日スタート「箱庭のレミング」” (日本語). スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2021年6月10日). 2021年6月10日閲覧。
  82. ^ 【全4部作 オムニバスSNSスリラー】箱庭のレミング 第2部 『私刑倶楽部』” (日本語). ABEMA. AbemaTV (2021年6月10日). 2021年6月10日閲覧。
  83. ^ “木村佳乃、清野菜名、岸谷五朗、岡山天音、岸井ゆきのが豊川悦司×中村倫也『No Activity』出演決定 人物相関図も”. TV LIFE. (2021年11月7日). https://www.tvlife.jp/drama/426904 2021年11月7日閲覧。 
  84. ^ 低刺激洗浄料のロングセラーブランド 「ミノン®」洗浄シリーズ 主演・大島優子×監督・タナダユキ 第5 弾TV-CM「後輩」篇を放映開始 お弁当男子の後輩からの思わぬ指摘に、大島優子さんギクッ!?”. CM JAPAN (2015年12月7日). 2015年12月10日閲覧。
  85. ^ “西島秀俊が謎のサラリーマンとカップルに困惑!!”. Smartザテレビジョン. (2016年11月10日). https://thetv.jp/news/detail/92191/ 2016年11月10日閲覧。 

外部リンク[編集]