川栄李奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かわえい りな
川栄 李奈
生年月日 1995年2月12日(20歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
身長 152 cm[1]
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ
活動期間 2010年9月 - 2015年8月
(AKB48として)
2015年 -
事務所 エイベックス・ヴァンガード
備考
元AKB48メンバー(元11期研究生→チーム4→チームA)

川栄 李奈(かわえい りな、1995年2月12日 - )は、日本女優女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。愛称は「りっちゃん」。

神奈川県出身。エイベックス・ヴァンガード所属。

略歴

2010年

2012年

2013年

2014年

2015年

  • 3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』において、AKB48から卒業することを発表する[24][25]
  • 4月8日、参加ユニット「ニャーKB with ツチノコパンダ」がアニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京)のエンディングテーマ「アイドルはウーニャニャの件」でシングルCDデビュー[26]
  • 6月27日、TBS系音楽番組「音楽の日2015」で8月2日のさいたまスーパーアリーナでの卒業コンサートと8月4日の劇場公演で卒業することを表明する[27]
  • 8月4日、AKB48劇場にて卒業公演が行われ、AKB48を卒業した[28]
  • 8月5日、AKSからエイベックス・ヴァンガードに移籍。

人物

キャッチフレーズは「弾ける笑顔で スマイルセンター。川栄李奈です」。 同期の小嶋菜月は、お互いに仲のよいメンバーに挙げる間柄。また同じ日に大場チーム4に昇格した高橋朱里(詳細は後述)・岩田華怜が、仲のよいメンバーのひとりとして川栄の名前を挙げている[29]ほか、先輩である横山由依とも仲がよく、自らコンビ名を「横栄」と称している[30]。『マジすか学園4』では、川栄、横山、木﨑ゆりあ、入山の4名が「マジ女四天王」として共演していたが、「すっごく仲良くて」収録の合間にずっと喋っていただけでなく、オフには4人でバッティングセンターやゲームセンターに行くなどしていたという[31]

「なんでもできる女優」志望で、大島優子を憧れの女優として挙げている[13]。また『ごめんね青春!』で共演した満島ひかりも憧れの女優に挙げており、共演したことが「(AKB48に入ってからの)5年間で一番うれしいお仕事でした」と語っている[31]。『セーラーゾンビ』で監督を務めた今泉力哉からは、川栄の演技について「本読みの時点から素晴らしい」[32][リンク切れ]との、企画・総合演出の犬童一心からは、「本当に、いわゆるスキルの高い女優さんという感じですね」「これから女優さんとしてやっていく人になるんだろうなというのは、僕はすぐにわかりました」「いわゆる本当に演技をするのが上手な人なんじゃないですかね」[33]との、また『ごめんね青春!』で共演した錦戸亮関ジャニ∞)からは、「ブチ切れる川栄さんの切れ味がすごい」との評価を受けている[34]

高橋朱里との関係

高橋朱里とは、お互いに仲がよいメンバー・気が合うメンバーに挙げる間柄[29]。趣味が同じ[35]、空腹になるタイミングが同じなのでよく一緒に食事に出かける[36]、方向が同じなのでよく一緒に帰る[36]など非常に仲がよいこと、雰囲気が似ている[35]ことなどから「姉妹みたい」と言われることもある[37]。年齢は3歳離れているが、同世代にしかわからない話はしないため、話が合わなくなることはないとのこと[36]。また尊敬する先輩メンバーも同じ前田敦子である。雑誌などの企画にセットで呼ばれる機会も多く[37]、AKB48メンバーを月替わりでひとりずつ紹介する企画ですらセットで特集されたほど[36]で、ふたりのニックネームを合わせて「じゅりっちゃん」というコンビ名をファンから付けられており、本人たちもそのコンビ名を売り込むまでになっている[36]。川栄は高橋を「メンバーじゃなくて親友」[38]と、高橋は横山を含めて川栄を「家族」[39]と表現している。AKB48からの卒業を発表した川栄の卒業ソング「君の第二章」が制作されることになり、発表された歌唱メンバーのなかに川栄と親しい高橋や小嶋菜月、同期メンバーが含まれていないことに一部ファンから疑問を呈する声が上がる[40]。最終的には、高橋が歌唱メンバーに追加されたことにより、同楽曲はAKB48グループでは例のない13人体勢の作品となった[要出典]

AKB48での参加楽曲

シングルCD選抜楽曲

アルバムCD選抜楽曲

  • ここにいたこと」に収録
    • High school days - 「チーム研究生」名義
    • ここにいたこと 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 1830m」に収録
    • 直角Sunshine - 「チーム4」名義
    • いつか見た海の底 - 「Up-and-coming girls」名義
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡」に収録
    • 確信がもてるもの - 「Team A」名義
    • 僕は頑張る
    • わたし リーフ
    • ぽんこつブルース
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録
    • 愛の存在
    • Oh! Baby! - 「Team A」名義
    • パナマ運河
    • 最初の愛の物語

その他の参加楽曲

  • シングルCD「意気地なしマスカレード」(「指原莉乃 with アンリレ」名義、2012年10月17日発売)
    • 意気地なしマスカレード
      歌唱はしておらず、ダンスのみの参加。「指原莉乃センターver.」(Type-Bの付属DVDに収録)と「川栄李奈センターver.」(Type-Aの付属DVDに収録)のミュージック・ビデオに出演。
  • So long!」に収録
  • シングルCD「アイドルはウーニャニャの件」(「ニャーKB with ツチノコパンダ」名義、2015年4月8日発売)
    • アイドルはウーニャニャの件(アニメ「妖怪ウォッチ」エンディング・テーマ)
    • 不幸中の幸い少女

劇場公演ユニット曲

研究生「シアターの女神」公演

  • ロッカールームボーイ
  • 嵐の夜には

チームA 6th Stage「目撃者」公演

  • ミニスカートの妖精(前座ガールズ)
  • 炎上路線
    指原莉乃のユニットアンダー
  • サボテンとゴールドラッシュ
    仲川遥香のユニットアンダー

チームK 6th Stage「RESET」公演

  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)
  • 心の端のソファー
    大島優子のユニットアンダー

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

  • 初恋よ こんにちは
    渡辺麻友のユニットアンダー
  • 嵐の夜には
    佐藤夏希のユニットアンダー

チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演

  • ヒグラシノコイ
    大場美奈のユニットアンダー
  • 僕とジュリエットとジェットコースター

篠田チームA ウェイティング公演

横山チームA ウェイティング公演

チームA 7th Stage「恋愛禁止条例」公演

  • 恋愛禁止条例

出演

テレビドラマ

バラエティ

映画

舞台

ネット配信

  • マジすか学園5(2015年8月25日 - 、Hulu[注 2] - バカモノ 役

イベント

公的機関

書籍

カレンダー

  • 卓上 AKB48-153 川栄李奈 カレンダー 2013年(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 壁掛 川栄李奈 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • 卓上 川栄李奈 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • 壁掛 川栄李奈 カレンダー2015年(2014年12月13日、ハゴロモ)
  • クリアファイル付 卓上 川栄李奈 カレンダー2015年(2014年12月13日、ハゴロモ)

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ シングルCD「ハロウィン・ナイト」の発売日前にAKB48としての活動を終了している。
  2. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信、全12話。テレビドガッチ(2015年7月17日)日本テレビ 「マジすか学園5」公式HP

出典

  1. ^ 講談社 MOOK『AKB48総選挙公式ガイドブック2015』より(P.156)。
  2. ^ 「ご報告」 - AKB48オフィシャルブログ(2012年3月24日)
  3. ^ “AKB48、過去最多36人で新曲初披露 HKT兒玉ら15人が初選抜”. オリコン. (2012年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2009050/full/ 2015年4月19日閲覧。 
  4. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  5. ^ HKT48指原莉乃、ソロ曲でセンター奪われ戸惑い……「全然納得できなかった」”. RBB TODAY. IID, Inc. (2012年9月26日). 2015年7月20日閲覧。
  6. ^ “AKB48「UZA」収録曲もWセンター 新体制オリジナル曲”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年10月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/10/29/kiji/K20121029004434940.html 2012年10月29日閲覧。 
  7. ^ “AKB48新組閣発足は11月1日、ウェイティング公演も決定”. ナタリー (ナターシャ). (2012年10月8日). http://natalie.mu/music/news/77879 2015年8月30日閲覧。 
  8. ^ “AKBたかみな総監督、チームA初日に「100点」 新キャプテン篠田も達成感”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年11月3日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2018373/full/ 2012年11月22日閲覧。 
  9. ^ “川栄李奈の珍回答「ハステとワステ」が新曲名に!”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2013年5月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20130516/akb13051605040000-n1.html 2013年5月18日閲覧。 
  10. ^ a b “AKBに新ユニット「BKA48」誕生 川栄ら『めちゃイケ』期末テスト下位7人で結成”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年4月28日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2024091/full/ 2013年5月18日閲覧。 
  11. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48選抜総選挙特設サイト(2012年6月8日)
  12. ^ AKBチャレンジユーキャン! 2014、AKB48で最もおバカキャラな川栄李奈が挑戦 - マイナビニュース(2014年1月1日)
  13. ^ a b AKB48川栄李奈、初の単独ドラマ出演!女優志望も恋愛シーンは「恥ずかしい」 - マイナビニュース(2013年12月23日)
  14. ^ “AKBに「チーム神奈川」発足”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年1月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140129-1250459.html 2014年1月29日閲覧。 
  15. ^ “AKB48 川栄&大島&岡田がJR横浜線各駅で構内アナウンス”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2014年1月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140129/akb14012913220000-n1.html 2014年1月29日閲覧。 
  16. ^ “「いいとも!」後番組タイトルは「バイキング」 全出演者も発表”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年3月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/03/20/kiji/K20140320007811550.html 2014年3月21日閲覧。 
  17. ^ “AKB48研究生・大和田南那、連ドラ主演に大抜てき「初体験の連続」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年2月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2034031/full/ 2014年2月18日閲覧。 
  18. ^ a b AKB握手会、川栄さんや入山さん襲われる 指や頭けが - 朝日新聞デジタル(2014年5月25日)2014年5月27日閲覧。
  19. ^ “【第6回AKB総選挙】川栄李奈、号泣登場でファンに感謝 コメント全文”. ORICON STYLE (oricon ME Inc.). (2014年6月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2038386/full/ 2014年6月8日閲覧。 
  20. ^ 川栄李奈 薬膳コーディネーターに合格 - デイリースポーツ(2014年7月24日)同日閲覧。
  21. ^ AKB川栄が劇場公演に復帰「暇してた」 - 日刊スポーツ(2014年10月8日)
  22. ^ AKB川栄、元気に劇場公演復帰「長い休みはもういい」 - オリコン(2014年10月8日)
  23. ^ ぱるるら7人で「ニャーKB」結成 『妖怪ウォッチ』ED曲デビュー - オリコン(2014年12月17日)
  24. ^ AKB48川栄李奈 卒業を発表「握手会に出られない…」東スポWeb(2015年3月26日)2015年3月26日閲覧
  25. ^ 川栄李奈さんAKB48卒業へ 襲撃事件が影響朝日新聞デジタル(2015年3月26日)2015年3月26日閲覧
  26. ^ ニャーKB親子でハマって「妖怪ウォッチ」コラボ - 日刊スポーツ(2015年4月4日)
  27. ^ “川栄李奈8・2卒業コンサート、4日劇場公演ラスト”. 日刊スポーツ新聞社. (2015年6月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1498774.html 2015年6月28日閲覧。 
  28. ^ 川栄李奈、涙と笑顏の卒業公演「前を向いて頑張ります」”. オリコン株式会社. 2015年8月4日閲覧。
  29. ^ a b 『AKB48 東京ドームコンサート オフィシャルムック AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』(文藝春秋[要ページ番号]
  30. ^ “AKBファンが注目「横栄」とは?”. web R25 (リクルート、メディアシェイカー、ヤフー). (2014年1月24日). http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20140123-00034358-r25 2014年10月9日閲覧。 
  31. ^ a b 、2015、「春色NEW STEP 川栄李奈」、『月刊エンタメ』5月号(167)、徳間書店 pp. 11-16
  32. ^ [1] - 今泉力哉twitter (2014年5月24日)
  33. ^ 『FREECELL 特別号28』(株式会社プレビジョン、2014年)9頁
  34. ^ AKB48川栄李奈、錦戸亮から“ブチ切れ”演技を絶賛される - モデルプレス(2014年10月3日)
  35. ^ a b AKB48のオールナイトニッポン』2012年3月23日放送分
  36. ^ a b c d e 『月刊ENTAME』2012年8月号(徳間書店) 62-65頁
  37. ^ a b 『週刊AKB』 Vol.17 特典映像
  38. ^ じゅりが飛んできてくれました。びゅーん。 - 川栄李奈Google+(2014年2月19日)
  39. ^ 大組閣で、チームB!!!!! - 高橋朱里Google+(2014年2月24日)
  40. ^ 「卒業をネタにした商売曲」? 川栄李奈の卒業ソング、選抜メンバーにファンがっかり”. RBB TODAY. IID, Inc. (2015年4月8日). 2015年7月20日閲覧。
  41. ^ セーラーゾンビ: 番組情報 : テレビ東京
  42. ^ 川栄李奈、舞台『AZUMI』主演 たかみなが涙で祝福”. オリコン (2015年8月2日). 2015年8月5日閲覧。
  43. ^ 第18回統一地方選挙における啓発事業の実施について 神奈川県選挙管理委員会 2015年3月23日告示

外部リンク