村山彩希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むらやま ゆいり
村山 彩希
150506 유이리 샤메회 짤줍 (1).jpg
ここがロドスだ、ここで跳べ!』劇場盤
発売記念大握手会&写真会にて
(2015年5月5日、パシフィコ横浜
プロフィール
愛称 ゆいりー[1]
生年月日 1997年6月15日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 O型[2]
公称サイズ(2016年[3]時点)
身長 / 体重 155 cm / kg
活動
デビュー 2011年12月8日
(AKB48研究生として)
所属グループ AKB48
でんでんむChu!
備考 元子役
AKB48 チーム4(元13期研究生)
事務所 AKS
アイドル: テンプレート - カテゴリ

村山 彩希(むらやま ゆいり、1997年6月15日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループAKB48チーム4のメンバーである。元子役。神奈川県出身。AKS所属。

略歴[編集]

2005年頃よりスマイルモンキーに所属し、子役として活動を開始した。同事務所所属時に村山 ゆいりと一度改名していた時期がある[4][5]

2011年

AKB48 第13期研究生オーディションに合格。

12月8日、AKB48劇場で開催された「AKB48 6周年記念公演」でお披露目される[6]

2013年

8月24日の『真夏のドームツアー〜まだまだやらなきゃいけないことがある〜』の東京ドーム公演3日目においてチーム4への昇格が発表される[7]

2014年

5月23日、『AKB観光大使』(フジテレビONE)のロケで長崎市を訪れた縁で、一緒に訪問した同市出身の森保まどかHKT48)と共に長崎市観光大使に任命される[8][9]

2015年

3月25日、さいたまスーパーアリーナで開催された『AKB48ヤングメンバー全国ツアー〜未来は今から作られる〜』の初日公演において、新しく結成された7人組ユニット「でんでんむChu!」への参加が発表される[10]

2016年

12月31日、第67回NHK紅白歌合戦において「夢の紅白選抜」企画の第30位にランクインし出場を果たした[11]

2017年

7月28日、自らプロデュースしたAKB48 16期生の研究生公演である「レッツゴー研究生!」の初日を迎えた[12]

人物[編集]

キャッチフレーズは、「真っ赤なゆいりんご」[13]

研究生からチーム4昇格初期に峯岸みなみの指導を受けた一人で、48グループの原点である劇場公演に自らの活動意義を見出し、AKB48 シングル選抜総選挙には2015年以降不参加とする一方で所属しているチーム4以外の劇場公演[注 2]にも出演している[11]。さらに16期研究生が行う劇場公演をプロデュースし、2017年7月28日に初日を迎えた[注 3]

親戚に満島ひかり(女優)・満島真之介(俳優)の姉弟がいる[16]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

1830m』に収録

  • さくらんぼと孤独 - 「研究生」名義
  • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義

次の足跡』に収録

  • チーム坂 - 「Team 4」名義

ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録

  • ここがロドスだ、ここで跳べ!
  • 涙は後回し -「峯岸Team 4」名義

0と1の間』に収録

  • 泣き言タイム - 「Team 4」名義
  • あれから僕は勉強が手につかない - 「でんでんむChu!」名義

サムネイル』に収録

  • あの日の自分

劇場公演ユニット曲[編集]

チームB 5th Stage「シアターの女神」

  • ロマンスかくれんぼ(前座ガール)

チームA 6th Stage「目撃者」

  • ミニスカートの妖精(前座ガールズ)

※全体曲は前田敦子のアンダー

チームK 6th Stage「RESET」

  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)
  • 逆転王子様(峯岸みなみのユニットアンダー)

チーム4 1st Stage「僕の太陽」

  • ヒグラシノコイ(竹内美宥のユニットアンダー)

研究生公演「RESET」

  • 逆転王子様

研究生公演「僕の太陽」

  • ヒグラシノコイ
  • 愛しさのdefense

研究生公演「パジャマドライブ」

  • 天使のしっぽ
  • 純情主義
  • てもでもの涙

チーム4 2nd Stage「手をつなぎながら」

  • チョコの行方

チーム4 3rd Stage「アイドルの夜明け」

  • 口移しのチョコレート

チームB 6th Stage「パジャマドライブ」

チームK 7th Stage「RESET」

春風亭小朝「イブはアダムの肋骨」公演

  • 黒い天使(チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」 前田敦子のポジション、峯岸みなみのアンダー)
  • ハート型ウイルス(岩田華怜のアンダー)
  • 禁じられた2人(茂木忍のアンダー)
  • 君だけにChu!Chu!Chu!(岩田華怜のアンダー)
  • 大声ダイヤモンド(アカペラ・ボイスパーカッッションver.)(峯岸みなみ・茂木忍のアンダー)

岩本輝雄「青春はまだ終わらない」公演

  • 青空カフェ(川本紗矢、伊豆田莉奈のアンダー)

田原総一朗「ド〜なる?!ド〜する?!AKB48」公演

チーム4 4th Stage「夢を死なせるわけにいかない」

  • Confession

チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」

  • She's gone(佐々木優佳里のアンダー)

チームB 7th Stage「ただいま 恋愛中」

  • 純愛のクレッシェンド(岩佐美咲のアンダー)
  • 7時12分の初恋(後藤萌咲のアンダー)

チームK 8th Stage「最終ベルが鳴る」

  • 初恋泥棒(中野郁海のアンダー)

リバイバル公演「僕の太陽」

  • アイドルなんて呼ばないで(久保怜音・小嶋菜月・平田梨奈のスタンバイ)[注 4]
  • 愛しさのdefense(下口ひなな・小嶋菜月のスタンバイ)
  • ヒグラシノコイ(大和田南那・竹内美宥のスタンバイ)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

DVDドラマ[編集]

舞台[編集]

イベント[編集]

CM・広告[編集]

ネット配信[編集]

  • マジすか学園5(2015年8月25日 - 10月27日、Hulu) - キャンディー 役[注 5]
  • ウェブ番組『F.Chan TV』(フットボールチャンネル) - MC(第25回・第26回)[21]

ミュージック・ビデオ[編集]

書籍[編集]

  • 授業づくりエンタテインメント! メディアの手法を活かした15の冒険(2014年12月5日、学事出版、著:藤川大祐) - 表紙モデルおよび対談。ISBN 978-4761920890
  • 実践! スマホ修行(2016年8月30日、学事出版、共著:藤川大祐・岩立沙穂・岡田彩花・飯野雅・大川莉央・込山榛香ISBN 978-4761922757

カレンダー[編集]

  • 卓上 村山彩希 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ AKB48 45thシングル選抜総選挙の第一党特典
  2. ^ チーム8公演、16期研究生公演、「サムネイル」公演[注 1]を除く。
  3. ^ 当初、在籍18名中16名を選抜して公演を行うと発表されていたが、パフォーマンスのレベルが不十分なメンバーがいたため、15名での上演となった[12][14][15]
  4. ^ 小嶋菜月・平田梨奈のポジションにスライドして出演することもある。
  5. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信、全12話。テレビドガッチ(2015年7月17日)日本テレビ 「マジすか学園5」公式HP

出典[編集]

  1. ^ AKB48公式プロフィール
  2. ^ AKB48公式プロフィールモバイル向け
  3. ^ 講談社 MOOK『AKB48総選挙公式ガイドブック2016』166頁
  4. ^ スマイルモンキー > 村山彩希”. 2009年3月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月5日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k スマイルモンキー > 村山ゆいり”. 2009年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月5日閲覧。
  6. ^ “13期生お披露目!AKB6周年記念公演”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年12月9日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20111209-874385.html 
  7. ^ AKB48研究生昇格発表及び新チーム4発足のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2013年8月24日). 2013年8月24日閲覧。
  8. ^ “長崎)長崎市観光大使にHKT森保さんら”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年6月19日). オリジナル2014年10月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141028140146/http://www.asahi.com/articles/ASG6K05FWG6JTIPE03S.html?ref=reca 2017年7月29日閲覧。 
  9. ^ “HKT森保まどかがチャイナドレスでPR”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年5月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140523-1305591.html 2014年5月25日閲覧。 
  10. ^ “AKB新ユニット「でんでんむChu!」結成 大和田&向井地ら7人組”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年3月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2050600/full/ 2015年5月13日閲覧。 
  11. ^ a b 阿部孝司「選抜を目指さぬ生き方」、『毎日夫人』2017年5月号、毎日企画サービス、2017年、 28-29頁。
  12. ^ a b “AKB村山彩希監修の研究生公演 あえて15人構成”. nikkanspors.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年7月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1863789.html 2017年7月29日閲覧。 
  13. ^ google+ 村山彩希 基本情報
  14. ^ 細井孝宏 (2017年7月28日). “「レッツゴー研究生!」公演 出演メンバーについて”. AKB48 オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2017年7月29日閲覧。
  15. ^ “村山彩希プロデュース、「劇場の良さ伝えたい」=16期研究生の新公演開幕-AKB48”. jiji.com「AKB48グループニュースワイヤー」 (時事通信社). (2017年7月29日). http://www.jiji.com/jc/ak?s=news&k=2017072801433 2017年7月29日閲覧。 
  16. ^ AKB48村山彩希、加入のきっかけは満島ひかりが親戚だから? 「お父さんが『うちの娘もイケるだろ』って…」 リアルサウンド、2015年6月21日
  17. ^ 金八先生新春スペシャル”. Monkey's soliloquy (スマイルモンキーオフィシャルブログ) (2008年1月6日). 2015年3月13日閲覧。
  18. ^ ★「ドラゴンファンタジー」2007★”. メガバックス. 2015年3月13日閲覧。
  19. ^ News”. YU-KI PROMOTION. 2015年3月13日閲覧。
  20. ^ “HKT森保 故郷で「皇后」に 長崎ランタンフェスティバル「皇帝パレード」に登場”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2015年2月28日). http://www.nishinippon.co.jp/nlp/hkt_news/article/152862 
  21. ^ 【FChan TV】 AKB48の小嶋真子がMCを務める次世代サッカー情報番組!! フットボールチャンネル、2016年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]