AKB48の劇場公演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AKB48 > AKB48の出演一覧 > AKB48の劇場公演

AKB48の劇場公演(エーケービー フォーティエイトのげきじょうこうえん)は、AKB48AKB48劇場を主たる会場として行っている劇場ライブである。

概要[編集]

AKB48は、東京・秋葉原ドン・キホーテ秋葉原店8階にある専用のAKB48劇場を本拠地として、2005年12月8日のチームAによる「PARTYが始まるよ」第1回公演以来、メンバーによる劇場公演を行い、2016年5月28日のチーム8による昼公演でAKB48劇場での劇場公演4,000回を達成した[1]

後述のとおり、特別公演やひまわり組などを除いて、通常の劇場公演は、原則としてチーム単位でオリジナルのセットリストによる公演を一定期間継続して行ってきた[2]。また、後述のように劇場公演セットリスト(演目)のなかには、他のチームで使用されたり、繰り返し使用されているものもある。

AKB48劇場での公演は、姉妹グループの出張公演などを含めて、2015年2月25日に総動員数100万人を超えた[3]

AKB48劇場での通常公演[編集]

各公演は、チーム名と序数詞を使用して、「A 1st」のように略記されることもある。なお、本節ではチームの構成メンバー再編を「組閣」と表現する。

メンバーが卒業する時には、卒業公演として通常の公演とは一部異なるセットリストおよび卒業セレモニーを組み込んだ公演が行われることがある[4]

チームA[編集]

  • 旧体制(全522公演)
  1. PARTYが始まるよ:2005年12月8日 - 2006年3月31日(98公演)[5]
    • リバイバル公演:2006年7月4日(1公演)
  2. 会いたかった:2006年4月15日 - 8月11日(69公演)[5]
  3. 誰かのために:2006年8月20日 - 2007年1月25日(83公演)[6]
  4. ただいま恋愛中:2007年2月25日 - 6月26日(31公演)[6]
  5. 恋愛禁止条例:2008年10月19日 - 2010年5月27日(154公演)[7]
  • 2010年組閣体制(高橋チームA)
  1. 目撃者:2010年7月27日 - 2012年10月29日(101公演)[8]
  • 2012年組閣体制(篠田チームA → 横山チームA)
    2013年7月22日までは篠田チームA、翌23日以降は横山チームAとして公演を行っている[注 1]
  • 2014年組閣体制(高橋チームA〈第2次〉)
  • 2015年組閣体制(横山チームA〈第2次〉)
  1. M.T.に捧ぐ:2016年2月10日[10][11][12][13] -

チームK[編集]

  • 旧体制(全451公演)
  1. PARTYが始まるよ:2006年4月1日 - 7月5日(61公演)[5]
    • リバイバル公演:2006年11月8日 - 12月14日(9公演)
  2. 青春ガールズ:2006年7月8日 - 11月6日(77公演)[5]
  3. 脳内パラダイス:2006年12月17日 - 2007年6月22日(64公演)[6]
  4. 最終ベルが鳴る:2008年5月31日 - 2009年4月4日(150公演)[7]
  5. 逆上がり:2009年4月11日 - 2010年2月21日(90公演)[8]
  • 2010年組閣体制(秋元チームK)
  1. RESET:2010年3月12日 - 2012年10月24日(205公演)[8][注 2]
  1. RESET:2014年5月7日[9] - 2015年8月26日(82公演)[8][10]
  • 2015年組閣体制(峯岸チームK)
  1. 最終ベルが鳴る:2015年11月30日[10][11] -

チームB[編集]

  • 旧体制(全542公演)
  1. 青春ガールズ:2007年4月8日 - 10月2日(94公演)[5]
  2. 会いたかった:2007年10月7日 - 2008年2月21日(73公演)[5]
  3. パジャマドライブ:2008年3月1日 - 2009年2月1日(209公演)[7]
  4. アイドルの夜明け:2009年2月8日 - 2010年4月16日(166公演)[7]
  • 2010年組閣体制(柏木チームB)
  1. シアターの女神:2010年5月21日 - 2012年10月22日(280公演)[8][注 3]
  • 2012年組閣体制(梅田チームB)
    • ウェイティング公演:2012年11月3日 - 2014年4月23日[9](89公演)[8]
  • 2014年組閣体制(倉持チームB)
  1. パジャマドライブ:2014年4月28日[9] - 2015年8月27日(80公演)[7][10]
  • 2015年組閣体制(木崎チームB)
  1. ただいま恋愛中:2015年12月26日[10][11][15] -

チーム4[編集]

  • 初代チーム4
  1. 僕の太陽:2011年10月10日 - 2012年10月25日(94公演)[7][注 4]
  • 峯岸チーム4
  1. 手をつなぎながら:2013年11月3日 - 2014年4月15日(64公演)[9]
  • 2014年組閣体制(峯岸チーム4〈第2次〉)
  1. アイドルの夜明け:2014年4月24日[9] - 2015年8月24日(106公演)[10]
  • 2015年組閣体制(高橋朱里チーム4)
  1. 夢を死なせるわけにいかない:2015年12月3日[10][11] -

チーム8[編集]

  1. PARTYが始まるよ:2014年8月5日[16] - 2015年8月16日(109公演)[10][注 5]
  2. 会いたかった:2015年9月5日[10] - 2017年8月20日(106公演)[17]
  • トップリード「君も8(エイト)で泣こうじゃないか」(トップリードプロデュース公演):2017年9月2日 - [18]

ひまわり組[編集]

  1. 僕の太陽:2007年7月1日 - 11月30日(124公演)[7]
  2. 夢を死なせるわけにいかない:2007年12月8日 - 2008年4月19日(108公演)[7]

リバイバル公演[編集]

研究生による劇場公演[編集]

AKB48劇場では、正規メンバーによる公演の他に、研究生を中心にした公演も行われている。研究生公演は、正規チーム公演の演目・衣装を借用して行う。

研究生による公演は、2008年5月22日に4期生と5期生によって試験的に実施されたのが最初であり、好評により継続された[21]

2009年に7期生の加入に合わせて研究生制度が改訂され、劇場公演を行う資格を判定するセレクション審査を合格したメンバーによってチーム研究生を結成し、劇場公演を行うことになった[22]。2009年3月からチーム研究生による公演が開始された。

2011年4月8日以降は正規チーム公演とチーム研究生公演という区別を取り去り、演目別の公演として正規メンバーの出演割合が低くても公演を実施できる体制に変更された[23]。その上で、研究生の参加数が過半数(9名以上)になると料金を一律1000円値下げして、実質的な研究生公演扱いとした。

この時期の研究生公演扱いの公演は、正規メンバー不足によりやむを得ず研究生が上回ってしまったものと、研究生とチーム4メンバー中心の以前からの研究生公演と同様なものが混在している。演目としては「シアターの女神」がほとんどで、チーム4が欠員状態で公演スタートしてからは「僕の太陽」がしばしば研究生公演扱いになった。

13期生加入後の2012年3月29日からは「RESET」を、14期生加入後は「僕の太陽」を演目にした事実上の研究生公演が再開された。2012年11月1日からは演目別からチーム別公演に戻り、「僕の太陽」も研究生公演の位置づけで継続された。

2013年3月20日からは「パジャマドライブ」が研究生公演として始まった。同年8月24日には14期生までの研究生16人が正規メンバーとしてチーム4に昇格したが同公演に継続して出演した。15期生が全員出演しても研究生は半数以下であったが、同年10月27日の千秋楽まで研究生公演として行われていた。

16期生加入後の2017年2月11日から「16期研究生公演」として約3年半ぶりに再開された[24]

  1. 研究生公演 ただいま恋愛中(A4th):2008年5月22日 - 10月7日(41公演)[6]
  2. チーム研究生公演 アイドルの夜明け(B4th):2009年3月6日 - 2010年4月12日(121公演)[7]
  3. チーム研究生公演 恋愛禁止条例(A5th):2010年4月17日 - 6月18日(30公演)[7]
  4. チーム研究生公演 シアターの女神(B5th):2010年6月20日 - 2011年4月3日(151公演)[8]
    • シアターの女神(B5th)(研究生公演扱い):2011年4月10日 - 2012年3月17日
    • RESET(K6th)(研究生公演扱い):2011年5月17日、6月18日
    • 僕の太陽(4 1st)(研究生公演扱い):2011年10月15日 - 2012年3月31日(12公演)
  1. RESET(K6th):2012年3月29日 - 9月8日(56公演)[8]
  2. 僕の太陽(H1st/4 1st):2012年8月19日 - 2013年3月17日(88公演)[7]
  3. パジャマドライブ(B3rd):2013年3月20日 - 10月27日(108公演)[7]
  4. 16期研究生公演:2017年2月11日[24] - 7月22日(45公演)[25]
  5. レッツゴー研究生!(村山彩希プロデュース公演):2017年7月28日 - [25]

CD/DVD販売[編集]

2017年2月28日現在

チーム CD/DVD 1st 2nd 3rd 4th 5th 6th 7th
A CD
DVD
K CD
DVD
B CD
DVD
4 CD
DVD
ひまわり CD
DVD

公演内容[編集]

公演フォーマット[編集]

2008年以降に初演の通常公演では、おおむね以下のようなフォーマットが取られている。なお、A6th・K6th・B5thではovertureの前に研究生によるオープニングアクト(A6th・K6thは前座ガールズ、B5thでは前座ガール)が入る。A7thでは自己紹介のパートが無く、MCパートで数人ずつ自己紹介をする。また、終演後に出演メンバー全員によるハイタッチ会やお見送りが行われるようになってからは、終演アナウンスが省略されている。

  1. 日替わりメンバーによる開演前アナウンス
  2. overture
  3. 全体曲(4曲程度)
  4. 自己紹介と本日のお題
  5. ユニット曲(5曲程度)
  6. MC(メンバー数人)
  7. 全体曲(3曲程度)
  8. MC(メンバー全員を2グループに分けて)
  9. 全体曲(1曲)
  10. (アンコール)
  11. 全体曲(2曲程度)
  12. アンコールのお礼
  13. 全体曲(1曲)
  14. 挨拶
  15. 日替わりメンバーによる終演アナウンス

演出[編集]

照明とセリ、ステージ後方のどんでん返しなどを使用した演出が行われる。 曲によっては、以下のような演出道具が使われることもある。

楽器演奏[編集]

公演の中で、メンバーが楽器演奏を披露するものがある。

生誕祭[編集]

メンバーの誕生日を祝うイベントのこと。通常は誕生日またはその前後にあたる公演日に行われる[注 6]。おおまかな流れとしては、通常通りの公演の最後の挨拶の途中で仕切り役のメンバー[注 7]により「ちょっと待った。今日は○○(メンバー名)の生誕祭です。」などと発言して挨拶を中断すると「涙サプライズ!」のBGMが流れる[注 8]。舞台袖からニセモノのバースデーケーキ[注 9]が用意され、ろうそくに火が灯される。観客と共に全員で「ハッピー・バースデー・トゥ・ユー」を合唱し、当人がろうそくの火を吹き消し、観客にお礼の言葉や今後の抱負などを話すという流れである。オーソドックスな演出ツールは、サイリウム、バースデーケーキ、花束の贈呈だが、メンバーの両親や公演に出演していないメンバーからの手紙が読まれるなどの演出が行なわれることがある。

演出と演出ツール
舞台の上での演出やケーキ、花束は劇場側が用意する。サイリウムなど客席での演出ツールは自主的に集まったファンたちが生誕祭の実行委員会を構成し、資金を出し合って調達する。
フラワースタンド
劇場ロビーにフラワースタンドが2006年10月ごろから設置されるようになった。手配をするのは生誕祭の実行委員会などである。劇場側が用意するものではない。

アンダー[編集]

メンバーが個人の仕事や体調不良などで休演する場合、アンダー(understudy:代役)を立てて公演を行う。

アンダーは、休演メンバーの担当部分すべてを一人で行う場合と、ユニット曲と全体曲とで別々に立てる場合とがある。アンダーは、基本的に研究生または同じチーム内のメンバーが務めるが、他チームのメンバーが務めることがある。チーム内でアンダーを務める場合、そのメンバーの元々のポジションに別のアンダーが入ることもある。

なお、ソロパートを持つメンバーが突然の体調不良などで欠席となった場合、公演中でも他のメンバーが、アンダーを演じたり、また、アンダーの手配が間に合わず、その曲目が中止になってしまうこともある。

チケット販売[編集]

劇場への入場チケットの販売方法は、現在は専用サイト(AKB48グループチケットセンター)による予約抽選制となっている。抽選後、当選のメールを受け取った者のみが、当該公演当日に劇場窓口(インフォメーション)でチケットを購入することができる[26]。 通常、公演チケット250枚の募集枠別の枚数は、以下の通りとなっている[26]

  1. 公式モバイルサイト「AKB48 mobile」会員枠 ・「二本柱の会」会員枠(100枚)
  2. 遠方枠(関東地方1都6県外居住者)(15枚)
  3. ファミリー・カップル枠(10枚)
  4. 女性および小学生・中学生枠(10枚)
  5. 一般枠(115枚)
  • 2・3・4は、指定された座席に座る。それ以外はロビーで行う入場順抽選によって劇場への入場順が決定する。
  • 女性客限定公演や遠方客限定(優先)公演、誕生月の人のみが応募できるお客様生誕祭公演なども実施されている。

シアターGロッソでの通常公演[編集]

2009年5月より、東京ドームシティアトラクションズシアターGロッソでも不定期で公演や握手会を実施していた。ただし、こちらは専用劇場ではなくスーパー戦隊シリーズキャラクターショー等との共用であった。

  1. シアターGロッソ公演 夢を死なせるわけにいかない:2009年6月4日[27] - 10月23日(40公演)

特別公演[編集]

AKB48劇場での特別公演[編集]

通常の公演とは異なるセットリストにより行われる。チームの枠を外されることが多い。 元旦(元日)公演(1月1日)[28][29]や周年記念特別公演(12月8日)など定期的に行われるものやCD購入特典やタイアップ企業のキャンペーン[30][31]など不定期に行われるものがある。2012年以降は、毎年3月11日に東日本大震災の復興支援特別公演が行われている[注 10]

記念特別公演(例)

  • AKB48劇場10周年記念特別公演(2015年12月8日)[32][33]
  • チームK 2期生10周年記念特別公演(2016年4月1日)[注 11][34]
  • 高橋みなみ卒業特別記念公演〜10年の軌跡〜(2016年4月8日)[注 12][35][36]
  • 3期生10周年公演(2017年4月8日)[37]
  • 4期生10周年公演(2017年5月26日)[38]

著名人が考案したセットリストによる公演[39]

〇〇プロデュース公演

高橋みなみプロデュース公演[57][58][59]

  • STAFF公演(2016年2月16日)[注 22]
  • お蔵入り公演(2016年2月17日)[注 23]
  • いちごちゃんず公演(2016年2月18日)[注 24]
  • ダンス選抜公演(2016年2月20日)[注 25]
  • ザ・アイドル公演(2016年2月22日)[注 26]
  • カオス公演(2016年2月25日)[注 27]
  • Saturday Night公演(2016年2月27日)[注 28]
  • 愛しのにゃんにゃんお誕生日おめでとう公演(2016年2月28日)[注 29]

第8回AKB48選抜総選挙における80位以内に入った最多議席数のグループメンバーによる公演

SKE48劇場(旧・SUNSHINE STUDIO)での特別公演[編集]

  • AKB48 in SUNSHINE STUDIO(2008年6月15日) - 選抜メンバー
  • SKE48公演開始まであとわずか!最後の気合いを入れにAKB48がやってきた!(2008年9月13日) - A・K選抜メンバー
  • AKB48研究生出張公演「パジャマドライブ」公演(2013年8月18日) - 相笠・岩立・内山・梅田綾・岡田彩・岡田奈・北澤・小嶋真・篠崎・髙島・西野・橋本・前田美・峯岸・村山・茂木
  • AKB48 チーム8 特別公演「PARTYが始まるよ」(2014年8月5日 - 7日) - 大西・北・近藤・谷口も・中野(5日・7日のみ出演)・永野(6日のみ出演)・長・橋本陽・濵・早坂・人見・廣瀬・藤村・山田・山本亜・山本瑠・横道

NMB48劇場での特別公演[編集]

  • AKB48研究生出張公演「パジャマドライブ」公演(2013年8月9日) - 相笠・岩立・梅田綾・大和田・岡田奈・北澤・小嶋真・佐藤妃・篠崎・高島・土保・西野・福岡・前田美・村山・茂木

HKT48劇場での特別公演[編集]

  • AKB48研究生出張公演「パジャマドライブ」公演(2013年7月22日) - 相笠・市川愛・内山・岡田彩・岡田奈・北澤・小嶋真・込山・高島・土保・西野・橋本・前田美・向井地・茂木・湯本
  • HKT48+AKB48合同公演「ただいま恋愛中」公演(2017年8月14日) - 柏木・木崎・坂口・竹内・朝長・馬・矢吹・山邊・渡辺麻+HKT48(駒田・坂口・指原・下野・田島・渕上・本村)

シアターGロッソでの特別公演[編集]

  • AKB48 in シアターGロッソ プレオープン特別公演:2009年5月29日 - 6月3日

TOKYO DOME CITY HALLでの特別公演[編集]

  • 「見逃した君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜(2011年5月24日 - 6月8日・10日 - 12日)
  • 「見逃した君たちへ2」〜AKB48グループ全公演〜(2012年5月3日 - 24日)
  • 「思い出せる君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜(2013年5月2日 - 25日)

ウェイティング公演[編集]

2012年11月に実施された二度目のチーム再編成に伴い、新チームでの新公演が始まるまでのつなぎとして実施された公演。通常公演に準じた扱いになっている。セットリストは、AKB48グループ全楽曲の中から各チーム毎にキャプテンが中心になって話し合い、選曲して構成された[61]

公演フォーマットは通常公演にほぼ則っているが、通常公演ではメドレー曲を除くとフルコーラス演奏が基本であるのに対し、ショートバージョンの曲も交えている[要出典]

各チームとも公演参加人数の16人よりもメンバーが多く、出演メンバーも固定していないため、研究生公演でも見られる複数ポジションを担当するメンバーが多いのもこの公演の特徴でもある[要出典]

この公演は前述の通りメンバー自身が公演を構成しているために、チームAは一部楽曲の変更とセットリストの変更、チームKは一部楽曲の変更、チームBはの曲順の変更をそれぞれ行った。更に、チームKは「最終ベルが鳴る」公演に演目を変更している[要出典]

当初、ウェイティング公演への研究生の出演は、楽曲のバックダンサーとしてのみとなっていた[注 31]が、2013年5月5日に状況によって研究生のアンダー出演を行うことが発表された[62]。さらに、2013年8月24日には、正規メンバーでもチームの垣根を越えたアンダー出演が可能となることが発表された[63]

2014年4月に実施された三度目のチーム再編成により終了。

ネット配信[編集]

AKB48劇場で行われる劇場公演は、特別公演など一部を除いて有料ネット配信で観覧することができる。ネット配信には、公演終了後に視聴期間限定で掲載されるアーカイブ配信と、劇場からリアルタイムで配信される生配信がある[64]

  • 2008年10月1日、劇場公演ネット配信「AKB48 LIVE!! ON DEMAND」を動画配信サイト「NETCINEMA.TV」で開始[65]
  • 2009年2月25日、動画配信サイトを「NETCINEMA.TV」から「DMM.com」に変更[66]
  • 2013年7月22日、劇場公演の生配信を開始[67]
  • 2015年12月21日、AKB48劇場10周年を記念し、AKB48・SKE48・NMB48・HKT48 LIVE!! ON DEMANDにて配信された劇場公演映像を対象としたリバイバル配信サービス「AKB48グループ REVIVAL!! ON DEMAND」を開始[68]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年10月11日までは篠田チームA当時と同じセットリストで公演を続けていたが、同月16日よりセットリストを変更した。
  2. ^ うち、60公演は出演メンバー全員が研究生・昇格メンバーの公演。
  3. ^ うち、58公演(チーム研究生としての公演は除く)は、研究生主体の公演。
  4. ^ うち、1公演は出演メンバー全員が研究生の公演。
  5. ^ このほか、SKE48劇場で23公演、NMB48劇場で11公演、HKT48劇場で10公演実施。
  6. ^ おおむね誕生日から2か月以内に行われるのが通例であるが、本人の仕事のスケジュールと所属チームの公演日程が合わず行われないこともある。また、複数のメンバーの合同生誕祭を行うこともある。2011年にはドラマ収録期間中(7月)に誕生日を迎えて劇場での公式生誕祭が出来なかった前田敦子のために、収録終了後の11月に非公式生誕祭として実施した例もある。
  7. ^ 生誕祭のメンバーと特に仲が良いメンバーが仕切り行うことが多い。
  8. ^ 2009年以降。それ以前は「誕生日の夜」をBGMとして使用していた。
  9. ^ 2013年8月18日のチームK公演、板野友美生誕祭にて、板野はバースデーケーキが涙サプライズで使ったニセモノであることを発言。
  10. ^ この日は日本国内にある48グループの劇場でも同様に復興支援特別公演が行われる。
  11. ^ 出演メンバー:秋元才加・梅田彩佳・大島優子・大堀恵・河西智美・小林香菜・佐藤夏希・高田彩奈・野呂佳代・松原夏海・宮澤佐江・倉持明日香(4期生)・近野莉菜(6期生 現JKT48チームKIII)・奥真奈美
  12. ^ 出演メンバーは、
    チームA:大和田南那・入山杏奈・小嶋陽菜・小嶋菜月・島崎遥香・田北香世子・谷口めぐ・中西智代梨・中村麻里子・平田梨奈・前田亜美・宮崎美穂・宮脇咲良(兼任)・横山由依・樋渡結依、
    チームK:相笠萌・石田晴香・市川愛美・木﨑ゆりあ・下口ひなな・鈴木まりや・高城亜樹・田名部生来・田野優花・中田ちさと・藤田奈那・峯岸みなみ・武藤十夢・茂木忍・山本彩(兼任)・湯本亜美、
    チームB:岩佐美咲・梅田綾乃・柏木由紀・加藤玲奈・後藤萌咲・達家真姫宝・田名部生来・横島亜衿・渡辺麻友、
    チーム4:飯野雅・伊豆田莉奈・岩立沙穂・大川莉央・岡田彩花・川本紗矢 ・北澤早紀・小嶋真子・込山榛香・佐藤妃星・高橋朱里・西野未姫・野澤玲奈・村山彩希、
    研究生:野村奈央・西川怜・高橋希良・久保怜音・山邊歩夢・千葉恵里、
    SKE48:松井珠理奈・佐藤すみれ・大場美奈、NMB48:市川美織、HKT48:指原莉乃、NGT48:北原里英、
    AKB48OG:板野友美・宇佐美友紀・浦野一美・大江朝美・大島麻衣・折井あゆみ・駒谷仁美・佐藤由加理・戸島花・成田梨紗・平嶋夏海・星野みちる・前田敦子・増山加弥乃・渡辺志穂(以上、1期生)、篠田麻里子(電話出演)、 松原夏海、片山陽加、倉持明日香
  13. ^ 初日出演メンバー:小嶋真子・峯岸みなみ・田野優花・向井地美音・茂木忍・大家志津香・高城亜樹・阿部マリア・名取稚菜・岩田華怜・大森美優・平田梨奈・岡田奈々・後藤萌咲・小笠原茉由・木﨑ゆりあ
  14. ^ 初日出演メンバー:小嶋菜月・大島涼花・加藤玲奈・大和田南那・佐々木優佳里・伊豆田莉奈・岩立沙穂・岡田彩花・川本紗矢・込山榛香・西野未姫・野澤玲奈・小栗有以・中西智代梨・中村麻里子・中田ちさと
  15. ^ 初日出演メンバー:谷口めぐ・川本紗矢・前田亜美・宮崎美穂・石田晴香・篠崎彩奈・鈴木まりや・高城亜樹・藤田奈那・内山奈月・田名部生来・飯野雅・岡田奈々・野澤玲奈・村山彩希・濵咲友菜
  16. ^ 初日出演メンバー:横山由依・田野優花・木﨑ゆりあ・小嶋真子・島田晴香・阿部マリア・永尾まりや・高橋朱里・加藤玲奈・武藤十夢・向井地美音・相笠萌・茂木忍・湯本亜美・達家真姫宝・樋渡結依
  17. ^ 初日出演メンバー:小嶋陽菜・大家志津香・小嶋菜月・谷口めぐ・中西智代梨・樋渡結依・宮崎美穂・阿部マリア・篠崎彩奈・島田晴香・中田ちさと・峯岸みなみ・伊豆田莉奈・大森美優・村山彩希・岡部麟・久保怜音
  18. ^ 初日出演メンバー:谷口めぐ・中西智代梨・市川愛美・武藤十夢・茂木忍・後藤萌咲・福岡聖菜・大森美優・岡田奈々・川本紗矢・込山榛香・村山彩希・大西桃香・岡部麟・清水麻璃亜・舞木香純
  19. ^ 初日出演メンバー:岡田奈々・早坂つむぎ・小田えりな・藤田奈那・峯岸みなみ・古畑奈和坂口理子・北澤早紀・本田仁美・横山結衣・神志那結衣・田野優花・後藤萌咲・横山由依・竹内美宥・小嶋真子
  20. ^ 「あおきー」とは、光文社の青木宏行のことである。
  21. ^ 初日出演メンバー:谷口めぐ・樋渡結依・市川愛美・湯本亜美・後藤萌咲・達家真姫宝・福岡聖菜・村山彩希・小栗有以・長久玲奈・久保怜音・西川怜・千葉恵里・田口愛佳・武藤小麟・山内瑞葵[56]
  22. ^ 出演メンバー:戸賀崎智信・茅野しのぶ・青木宏行・松村匠・チーム息切れ(熊谷隆宏・湯浅順司・三池智之・村若宏司)・高橋栄樹・松本伸夫・西山恭子・湯浅順司・松本沙也加・郡司善孝・北川謙二・牧野雄飛・紺田大輔・牧野彰宏・佐々木慎・岡田剛・山本学・高橋みなみ・宮崎美穂・小嶋陽菜(戸賀崎・宮崎・小嶋陽は一部出演)
  23. ^ 出演メンバー:横山由依・武藤十夢・入山杏奈・高橋朱里・下口ひなな・柏木由紀・峯岸みなみ・前田亜美・指原莉乃(HKT48)・竹内美宥・茂木忍・岡田彩花・岡田奈々・横島亜衿・北原里英(NGT48)・高橋みなみ・渡辺麻友(渡辺麻は一部出演)
    ゲスト:川崎希アレクサンダー駒谷仁美渡辺志穂
  24. ^ 出演メンバー:谷口めぐ・飯野雅・佐藤妃星・福岡聖菜・達家真姫宝・大川莉央・市川愛美・大和田南那・向井地美音・込山榛香・湯本亜美・高橋みなみ
    担任の先生(ナレーション):篠田麻里子(事前収録)
  25. ^ 出演メンバー:木﨑ゆりあ・田野優花・市川愛美・藤田奈那・岩田華怜・宮崎美穂・宮澤佐江(SNH48/SKE48)・本村碧唯(HKT48)・松井珠理奈(SKE48)・斉藤真木子(SKE48)・湯本亜美・平田梨奈・大島涼花・相笠萌・梅田綾乃・高橋みなみ
  26. ^ 出演メンバー:渡辺麻友・川本紗矢・小嶋真子・田北香世子・大川莉央・加藤玲奈・宮脇咲良・後藤萌咲・大和田南那・向井地美音・込山榛香・岩立沙穂・大森美優・北澤早紀・村山彩希・高橋みなみ
  27. ^ 出演メンバー:木下百花(NMB48)・田名部生来・松村香織(SKE48)・岩田華怜・伊豆田莉奈・西野未姫・市川美織(NMB48)・小笠原茉由・谷真理佳(SKE48)・中西智代梨・石田晴香・宮崎美穂・大家志津香・佐々木優佳里・島田晴香・野澤玲奈・高橋みなみ
    ゲスト:内田眞由美・秋元才加・西川貴教
  28. ^ 出演メンバー:渡辺美優紀・小嶋菜月・阿部マリア・鈴木まりや・永尾まりや・中田ちさと・中村麻里子・島崎遥香・横山由依・柏木由紀・岩佐美咲・篠崎彩奈・高橋みなみ(永尾・島崎は一部出演)
    ゲスト:なちゅ・大堀恵
  29. ^ 出演メンバー:小嶋陽菜・高橋みなみ・峯岸みなみ・向井地美音・伊豆田莉奈・篠崎彩奈・西野未姫(向井地・伊豆田・篠崎・西野は公演途中から出演)
    スペシャルゲスト:永野
    ビデオ出演:おぎやはぎ児嶋一哉アンジャッシュ)・ふなっしー・篠田麻里子・こじはるおじさん(overtureも担当)
  30. ^ 初日出演メンバー:入山杏奈・佐々木優佳里・横山由依・峯岸みなみ・向井地美音・武藤十夢・茂木忍・柏木由紀・加藤玲奈・岩立沙穂・岡田奈々・川本紗矢・小嶋真子・込山榛香・高橋朱里・倉野尾成美
  31. ^ チームK・ウェイティング公演の『片思いの対角線』・『Glory days』と、チームB・ウェイティング公演の『ごめんね ジュエル』のバックダンサー。

出典[編集]

  1. ^ “AKB48、劇場公演4000回達成 来場者に「四川(しせん)唐辛子」配布”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年5月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2072446/full/ 2016年5月30日閲覧。 
  2. ^ 劇場公演セットリスト”. AKB48公式サイト. 2016年5月30日閲覧。
  3. ^ 公演4000回以上! AKB劇場100万人動員 2015年2月26日、日刊スポーツ
  4. ^ “たかみな、劇場の床を撫で卒業 AKB人生3775日完全燃焼”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年4月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2069882/full/ 2016年4月18日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f 『涙は句読点 AKB48公式10年史』 日刊スポーツ新聞社、2016年3月25日、228頁。ISBN 97848172559212016年4月16日閲覧。
  6. ^ a b c d e 『涙は句読点 AKB48公式10年史』 日刊スポーツ新聞社、2016年3月25日、229頁。ISBN 97848172559212016年4月16日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m 『涙は句読点 AKB48公式10年史』 日刊スポーツ新聞社、2016年3月25日、230頁。ISBN 97848172559212016年4月16日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j 『涙は句読点 AKB48公式10年史』 日刊スポーツ新聞社、2016年3月25日、231頁。ISBN 97848172559212016年4月16日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h 千秋楽・初日公演 決定のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2014年4月6日). 2014年4月7日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j 千秋楽と初日のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年8月1日). 2015年8月2日閲覧。
  11. ^ a b c d 新チーム 初日公演の日程と演目につきまして”. AKB48オフィシャルブログ (2015年11月13日). 2015年11月14日閲覧。
  12. ^ チームA7th「M.T.に捧ぐ」公演 受付開始とチケット料金改定のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年12月15日). 2015年12月16日閲覧。
  13. ^ “【AKB新公演コメント】横山「第二章が始まる」 こじはる「久しぶりに必死」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2066677/full/ 2016年2月11日閲覧。 
  14. ^ 大島チームK 公演演目変更のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2014年2月13日). 2014年2月13日閲覧。
  15. ^ チームB初日公演 日程変更のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年12月12日). 2015年12月12日閲覧。
  16. ^ AKB48 チーム8がいよいよ劇場公演にも登場します!”. AKB48オフィシャルブログ (2014年7月16日). 2014年7月16日閲覧。
  17. ^ チーム8 「会いたかった」 千秋楽公演 出演メンバー”. AKB48オフィシャルブログ (2017年8月14日). 2017年8月21日閲覧。
  18. ^ トップリードプロデュース「君も8(エイト)で泣こうじゃないか」公演、初日メンバー決定! センターは太田奈緒!!”. AKB48 Team 8公式ホームページ (2017年8月8日). 2017年8月9日閲覧。
  19. ^ リバイバル公演決定!”. AKB48オフィシャルブログ (2016年7月8日). 2016年7月9日閲覧。
  20. ^ 「僕の太陽」公演 千秋楽のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2017年6月7日). 2017年6月7日閲覧。
  21. ^ 研究生公演を終えて - AKB48オフィシャルブログ(2008年5月23日)
  22. ^ 研究生オーディション - AKB48オフィシャルブログ(2009年1月5日)
  23. ^ 【劇場公演について】 - AKB48オフィシャルブログ(2011年4月2日)
  24. ^ a b 16期研究生 劇場公演スタート!”. AKB48オフィシャルブログ (2017年2月5日). 2017年2月5日閲覧。
  25. ^ a b 16期研究生 現行公演の千秋楽について”. AKB48オフィシャルブログ (2017年6月19日). 2017年6月21日閲覧。
  26. ^ a b AKB劇場チケット購入方法 AKB48公式サイト
  27. ^ 『涙は句読点 AKB48公式10年史』 日刊スポーツ新聞社、2016年3月25日、62頁。ISBN 97848172559212016年4月16日閲覧。
  28. ^ 元旦公演”. AKB48オフィシャルブログ (2007年12月28日). 2015年12月30日閲覧。
  29. ^ 2016年元日公演のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年12月28日). 2015年12月30日閲覧。
  30. ^ 【AKB48ステージファイター特別劇場公演】配信のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年12月10日). 2015年12月30日閲覧。
  31. ^ “AKB48「ステージファイター」特別公演に白間美瑠ら上位16人”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年10月26日). http://natalie.mu/music/news/164074 2016年4月18日閲覧。 
    “「生き残りそう」なメンバーは渡辺麻友?=ステージファイター特別劇場公演-AKB48”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年12月14日). http://www.jiji.com/jc/ak?s=news&k=2015121400755 2015年12月30日閲覧。 
  32. ^ “高橋みなみ「劇場は原点」、横山由依が総監督に=AKB48、10周年で特別公演”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年12月8日). http://www.jiji.com/jc/ak?s=news&k=2015120800943 2015年12月10日閲覧。 
    “この先の10年へ=AKB48、10周年公演開催”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年12月9日). http://www.jiji.com/jc/ak?s=movie&p=g150803 2015年12月10日閲覧。 
  33. ^ AKB48劇場10周年特別記念公演 出演メンバーについて”. AKB48オフィシャルブログ (2015年12月6日). 2015年12月10日閲覧。
  34. ^ 4月1日 チームK 2期生10周年記念特別公演についてのお知らせ - AKB48オフィシャルブログ 2016年3月17日
  35. ^ たかみな、劇場は青春のすべて「人生の糧に」 - ORICON STYLE 2016年4月9日
  36. ^ 高橋みなみ、10年前の自分に言いたいことは…?【一問一答】 - ORICON STYLE 2016年4月8日
  37. ^ “まゆゆ、10年前の再現芝居に観客爆笑 田名部卒業発表も泣いて笑って…”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2088844/full/ 2017年4月8日閲覧。 
  38. ^ “AKB4期生が10周年公演 瓜屋茜の結婚に驚き”. 日刊スポーツ. (2017年5月26日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1830114.html 2017年5月27日閲覧。 
    “AKB4期生「10周年公演」で倉持明日香らOG集結”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2017年5月26日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/689946/ 2017年5月27日閲覧。 
  39. ^ 千秋楽と初日のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年8月1日). 2015年9月10日閲覧。
  40. ^ AKB48劇場『春風亭小朝公演』のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年9月2日). 2015年9月2日閲覧。
  41. ^ “AKB“小朝選抜”が特別公演初日 南京玉すだれ、アカペラも披露”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年9月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2059063/full/ 2015年9月19日閲覧。 
  42. ^ a b c 著名人公演 千秋楽のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2017年2月21日). 2017年2月21日閲覧。
  43. ^ AKB48劇場『岩本輝雄公演』のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年9月9日). 2015年9月9日閲覧。
  44. ^ “AKB小嶋菜月、岩本輝雄の恋心一蹴 “テル48”公演キックオフ”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年9月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2059375/full/ 2015年9月19日閲覧。 
  45. ^ “AKB48「攻撃的」公演開幕 サプライズメンバーも<レポ・セットリスト>”. モデルプレス. (2015年9月18日). http://mdpr.jp/music/detail/1524636 2015年9月20日閲覧。 
  46. ^ AKB48劇場『田原総一朗公演』のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年10月9日). 2015年10月9日閲覧。
  47. ^ “AKB48“田原総一朗選抜”公演初日 次世代“さやめぐ”がWセンター”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年10月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2060804/full/ 2015年12月16日閲覧。 
  48. ^ AKB48劇場『田中将大公演』のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年11月5日). 2015年11月5日閲覧。
  49. ^ “AKB48マー君公演 登場曲で開幕 横山由依「NYでやりたい」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年11月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2061984/full/ 2015年11月17日閲覧。 
  50. ^ “マー君、AKBプロデュース公演で下を向いて生観劇”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞社). (2016年12月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1757575.html 2016年12月27日閲覧。 
  51. ^ 小嶋陽菜「好感度爆上げ」公演 初日のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2016年11月8日). 2016年11月21日閲覧。
  52. ^ “小嶋陽菜:AKB48劇場で「好感度爆上げ公演」 自身プロデュースも「スペシャルな寄せ集め」”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年11月21日). http://mantan-web.jp/2016/11/21/20161121dog00m200026000c.html 2016年11月21日閲覧。 
  53. ^ “こじはるP公演にゆきりんがゲスト出演 2人らしい絶妙な距離感に沸く”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2089198/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  54. ^ 外山大輔 初日公演のご案内”. AKB48オフィシャルブログ (2017年2月14日). 2017年2月15日閲覧。
  55. ^ 7月20日 井上ヨシマサ「神曲縛り」初日公演 出演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2017年7月8日). 2017年7月20日閲覧。
  56. ^ 8月16日 あおきープロデュース「世界は夢に満ちている」 初日公演 出演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2017年8月3日). 2017年8月6日閲覧。
  57. ^ 高橋みなみプロデュース公演 AKB48 42ndシングル「唇にBe My Baby」購入者 抽選ご招待 応募抽選受付 詳細決定!”. キングレコード (2015年12月7日). 2016年2月14日閲覧。
  58. ^ “AKB48高橋みなみプロデュース公演、最終日は小嶋陽菜の逆サプライズに涙”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年2月28日). http://news.mynavi.jp/news/2016/02/28/217/ 2016年2月29日閲覧。 
  59. ^ “たかみなプロデュース8公演完遂「やっぱり私は劇場が大好きだ」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2067630/full/ 2016年3月1日閲覧。 
  60. ^ “第一党のAKB48、汗だくの新規公演「サムネイル」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年5月12日). http://natalie.mu/music/news/232242 2017年5月12日閲覧。 
  61. ^ 新チーム体制発足 AKB48オフィシャルブログ(2012年10月7日)
  62. ^ 戸賀崎智信 2013年5月5日18:34投稿”. Google+. 2013年5月6日閲覧。
  63. ^ AKB48研究生昇格発表及び新チーム4発足のお知らせ AKB48オフィシャルブログ(2013年8月24日)
  64. ^ DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND DMM.com
  65. ^ 『会いにいけるアイドル』から、『パソコンでも会いに行けるアイドル』へ AKB48オフィシャルブログ(2008年9月24日)
  66. ^ 「AKB48 LIVE!! ON DEMAND」配信サイトの移行のお知らせ AKB48オフィシャルブログ(2009年2月25日)
  67. ^ 「AKB48 LIVE!! ON DEMAND」生配信スタートのお知らせ AKB48オフィシャルブログ(2013年7月19日)
  68. ^ AKB48グループ REVIVAL!! ON DEMAND DMM.com

外部リンク[編集]