奥真奈美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おく まなみ
奥 真奈美
プロフィール
生年月日 1995年11月22日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型[1]
公称サイズ(2018年[1]時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
活動
デビュー 2006年4月1日
所属グループ 元AKB48 チームB
活動期間 2006年 - 2011年、2018年 -
事務所 フレイヴ エンターテインメント
主な楽曲かたつむり
アイドル: テンプレート - カテゴリ

奥 真奈美(おく まなみ、1995年11月22日 - )は、日本ファッションモデルタレント、元アイドルであり、女性アイドルグループAKB48 チームBの元メンバーである。東京都出身。フレイヴ エンターテインメント所属。

略歴[編集]

2006年
2007年
  • 7月18日、4thシングル「BINGO!」で当時の最年少記録(11歳237日)で選抜メンバー入りを果たした。しかし、後に松井珠理奈SKE48・チームS)によって、この記録は破られ、後述の学業専念を理由に卒業が発表されたため、結果的にAKB48のメンバーとしては最初で最後の選抜入りとなった[2]
2009年
  • 4月下旬からオスグッド・シュラッター病のため、劇場公演を休演していたが、7月26日の公演で3か月ぶりに復帰を果たした。
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演にて、10月よりチームBに異動することが発表され、翌年5月21日に異動した。前所属のチームKと同様に、異動先のチームBでも最年少メンバーとなった。
2010年
  • 5月12日に「おぐまなみ」名義で、アニメ『おじゃる丸』(NHK教育)のエンディング・テーマ「かたつむり」でソロCDデビュー。しかし、デビュー当初からプロフィール・アーティスト写真などは一切公表されず、同年8月8日に開催されたイベントで「おぐまなみ」が奥真奈美であることが正式に公表された[3]。これに伴い、大堀めしべ増田有華に続くAKB48史上3人目のソロ歌手としてのCDデビューとなった。
2011年
  • 2月21日、進学と学業への専念、「普通の生活に戻りたい」ことを理由に「桜の木になろう」劇場盤握手会をもって卒業することを発表[4][5][6]
  • 4月8日の『チームB 5th Stage「シアターの女神」』公演が卒業公演となり、約5年間の劇場公演の最後となった。
  • 6月19日の「桜の木になろう」劇場盤握手会でAKB48としての活動と共に芸能活動を終了した。
2016年
  • 4月1日にAKB48劇場で開催された『チームK 2期生10周年記念特別公演』において卒業以来初めて公の場に登場し、一部の楽曲に参加した[7]
2018年
  • 3月5日に芸能事務所・フレイヴ エンターテインメントに所属して芸能活動を再開することを公表した[8]。復帰のきっかけは、以前一緒に仕事をしていたスタッフ「まだ若いから」と誘われたことだった[9]

人物[編集]

AKB48在籍時の参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

  • クラスメイト

チームK 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • 雨の動物園

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」公演

  • ほねほねワルツ

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • となりのバナナ
    ※小野恵令奈のスタンバイ

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • 初恋泥棒

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

  • 愛の色

THEATRE G-ROSSO 「夢を死なせるわけにいかない」公演

※出演せず

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

  • 初恋よ こんにちは
  • 夜風の仕業 ※
    柏木由紀のソロユニットアンダー

作品[編集]

AKB48のメンバーとしてはAKB48の関連作品を参照。

シングル[編集]

リリース日 タイトル 最高
週間
順位
形式 レコードNo: 備考
Nippon Crownレーベル
2010年5月12日 かたつむり 圏外 通常盤 CRCA-1011 おぐまなみ名義

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

広告[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b http://flave.co.jp/pages/talent/oku_manami/index
  2. ^ ただし、16thシングル「ポニーテールとシュシュ」のカップリング「マジジョテッペンブルース」(AKB48名義)では、奥は『マジすか学園』の主要キャストだったため、この作品には参加している。
  3. ^ ただし、2010年6月2日放送分の『AKBINGO!』でバッドボーイズの佐田正樹が、「おぐまなみ」が奥真奈美であることに触れている。
  4. ^ 【お知らせ】 - AKB48公式ブログ(2011年2月21日)
  5. ^ 「普通の生活戻りたい」AKB48・奥真奈美が卒業 産経新聞2011年2月21日
  6. ^ 握手会は東日本大震災の影響で4月の開催が中止され、最終日程は6月19日に順延された。奥真奈美 1LDK6人暮らしのブログ 秋元才加・梅田彩佳・奥真奈美・小林香菜・増田有華・宮澤佐江オフィシャルブログ 2011年4月4日付本人投稿記事
  7. ^ “AKB2期生、10周年で涙の全員卒業「最後まで伝説残せた」”. ORICON STYLE. (2016年4月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2069475/full/ 2016年4月2日閲覧。 
  8. ^ a b 元AKB48・奥真奈美が7年ぶり芸能界復帰 『関コレ』皮切りに活動再開へ - ORICON NEWS 2018年3月5日
  9. ^ a b CM NOW玄光社)2018年7 - 8月号 p.71

外部リンク[編集]